投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京介・菊池グリグリの「アルゼンチン共和国杯回顧!」


菊池 日曜日の東京ではアルゼンチン共和国杯が行われました。こちらの回顧をしていきましょう。

競馬大予言秋G1号

【G1特集】
菊花賞、天皇賞・秋、エリザベス女王杯

☆アマゾンでのお求めはコチラ↓
■競馬大予言17年秋G1号
http://amzn.asia/8UKJGNV
☆お得な電子版も販売中!

アルゼンチン共和国杯回顧



展望トークはコチラ
https://regimag.jp/s/blog_publisher_view/detail/blog/725/entry/129671

<天候・馬場について>

菊池 日曜日も良いお天気で。ありがたかったですねぇ、何だか。

京介 ずっと日が出ていたから非常に過ごしやすかった。土曜日に比べると風が出ていたから、肌寒さは日曜日の方がより感じたけれどね。午後になるとパドック側は日陰に入ってしまって寒くなるし。ただまあ、秋の東京開催はこれぐらいの好天で続いてほしいと切に感じたね。

菊池 芝は土曜日から、内を通る馬に有利な馬場で、外差しはきつかったですね。

京介 見た目には全面的に蹄跡が残っていて、かなりの大外ラインにまで持ち出さないと、芝の良いルートを通れない。そして最内近くはレースを終えてすぐに人員を入れて補正している。本当はどの部分も一緒、という馬場なんだけれど、内を通る有利とまだ4コーナー直線の芝を直している分、内が有利という状況だったね。

<パドックについて>

菊池 オッズからも上下差のハッキリしたメンバーでしたね。


京介 目立って活きのいい3歳馬2頭と、例年アルゼンチン共和国杯では不利な6歳以上馬ばかりというメンバー構成。そりゃあ、重賞で頭打ちがハッキリしている成績の馬がだいぶ多かったから。

京介 だけども3歳の2頭も、パドックで見て光って見える程とはちょっと思わなかったなあ。セダブリランテスは歩様が硬いし、スワーヴリチャードは整っているけれどトモがかなり薄いし…。今回はスカッと整っている古馬の方がいいんじゃないかと思ったんだけれどもね。

菊池 重賞を勝っていてハンデも背負っていただけに、不満が残ったような部分もありますかね。

京介 アルバートはこの馬自身の肉付きからは落ちてはいない。順調だったと思うよ。レコンダイト、カレンミロティックともに、重賞で勝ち負けという水準ではないけれども、ひと叩きして上向いた様子があった。だけど結果からは、造りや緊張感の甘い3歳馬の方がレースに出れば上だったと回顧せざるを得ない、ということかな。


続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

競馬チェックの重賞回顧~ユニコーンS~
京介・菊池グリグリの「東スポ杯2歳ステークス回顧!」
京介・菊池グリグリの「カペラステークス回顧!」
オクノ・菊池グリグリの「みやこステークス回顧!」
京介・菊池グリグリの「天皇賞(秋)回顧!」
京介・菊池グリグリの「ジャパンカップ回顧!」
オクノ・菊池グリグリの「チューリップ賞回顧!」
京介・菊池グリグリの「菊花賞回顧!」
京介・菊池グリグリの「青葉賞回顧!」
京都記念2019回顧~競馬チェック・オクノ・グリグリの重賞回顧~
宝塚記念2019回顧~競馬チェック・京介&グリグリの重賞回顧~
競馬チェックの「デイリー杯2歳ステークス回顧!」
京介・菊池グリグリの「フローラステークス回顧!」
フェブラリーステークス2019回顧~競馬チェック・京介&グリグリの重賞回顧~
共同通信杯2020回顧~競馬チェック・京介&グリグリの重賞回顧~
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP