投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

リアルスティールは香港遠征を見送り、年内は休養 来年のドバイターフ目標

14

 天皇賞・秋で4着に敗れたリアルスティール(牡5歳、栗東・矢作芳人調教師)は、選出されていた香港カップ・G1(12月10日、シャティン競馬場・芝2000メートル)を辞退することが7日、分かった。同馬を管理する矢作調教師は、香港遠征辞退と同時に来年の現役続行、そして来春は16年に優勝しているドバイターフ・G1(3月31日、メイダン競馬場・芝1800メートル)を目標に調整を進めることを明かした。

 同馬は今秋初戦の毎日王冠を勝った後、国内G1初制覇がかかった天皇賞で4着に敗退。その後の路線については、年内引退のプランも含めてオーナーサイドと調整していた。矢作芳人調教師は「前走はああいう馬場(不良)での競馬になったので、その疲れも考慮して香港カップを辞めることにしました。来年のドバイに備えたいと思います」とコメントした。

 同馬は前走後の今月1日、滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧へ出された。前哨戦については未定だが、まずは16年にG1初タイトルを手にした土地での巻き返しへ向けて態勢を整えていく。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171107-00000107-sph-horse
続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【競馬】エアスピネル 次走はスワンステークス出走か!?
NHKマイル覇者ディープ産駒のケイアイノーテックがダート根岸Sに挑戦
菜七子争奪戦!新減量ルール3月1日から適用で騎乗依頼殺到中
noimage
【朗報】ディープインパクトとの種付けの為にクールモアがWinterとMindingを日本に派遣
【金鯱賞】ヤマカツエース1番人気に応え連覇達成!
【競馬】 美浦トレセン、大規模改修発表 坂路高低差大きく、ウッドは移設
【新潟記念】ベアインマインド、藤田菜七子で緊急参戦wwwww
【競馬】 ブレスジャーニー骨折… スプリングS出走表明したばっかなのに…
【訃報】94年の天皇賞馬ネーハイシーザーが死去
【競馬】 キタサンブラック、秋は天皇賞→JC→有馬の王道GI3連戦!
noimage
【ユニコーンS】2番人気9着グリム 川田「スペースがないまま終わってしまった」
【悲報】レイデオロは引退式してもらえず
デニムアンドルビー 次走金鯱賞がラストランの見込み
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP