投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【エリザベス女王杯2017の有力馬診断(中篇)】&馬場考察&レースレベル&【常勝競馬の真髄】今を時めく中内田厩舎転厩初戦で自己ベストの走り「モンドシャルナ」など[激走]要チェック馬

☆エリザベス女王杯の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

☆完全版《1週500円台で予想[その他重賞OP予想&平場厳選推奨馬]・展望[第二重賞の有力馬診断]・回顧[重賞回顧&平場次走チェック馬]を週5長文配信》のご案内はコチラから
--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速~C並~F超低速]の7段階表記) ]

東京…土日共にやや内有利/B
京都…金はイーブン、日はやや外有利/B
福島…金土共にやや内有利/B

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
東京…6週目/Bコース/伸び所はイーブン~やや内有利/馬場差はB
福島…2週目/Aコース/伸び所はやや内有利→イーブン/馬場差はB→C
京都…6週目/Bコース/伸び所はイーブン~やや外有利/馬場差はB

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
(※完全版で渾身配信中のチェック馬リスト内からのサンプル(抜粋)提供になります)
[金曜京都9R(1000万下)] 5着モンドシャルナ
角居厩舎→中内田厩舎への豪華転厩で前進を見せた。
前々から『若駒の頃から小柄な馬体で非力さあって、良績は小倉や京都などの平坦舞台(急坂阪神では上位人気ばかりで[0-0-0-6])。小回り向きのネオユニ産駒で、外回りマイル戦でも不振(京都外回りマイルでは全て人気よりも下位に沈み[0-0-0-4])。』などと書いてきたが、その京都外回り舞台条件での今回5着は自己ベストの結果である。
ここからベストだろう平坦小回り条件への転戦となればチャンス大と見る。

[土曜福島8R(500万下)] 8着アンリキャトル
これまで本年は9レースに出走して[ラスト3Fに13秒台以上のラップが複数ある消耗戦では3戦3好走]⇔[それが無い非消耗戦では6戦0好走]という一目瞭然のバテ差しタイプ。
今回は本年の自己最速の上がり3F37.7で追い込んでも全く届かない展開(レース質)では止む無しの凡走と言える。
冬場の低速ダートでの浮上の目はあるはず。

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは日曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題wgab

【エリザベス女王杯の有力馬診断(中篇)】
※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します
―クインズミラーグロ 牝5 藤岡康 56 美北 和田道
距離2200適性も外回りコース適性も低い。
前走府中牝馬Sでは外回り1800舞台条件で、ラスト1F過ぎ辺りでは勝利まで有り得そうな脚色だったが、ラスト100mで急失速で12着という凡着順に。
OP昇級後のキャリアはほぼ極端内枠を引いて使える脚が短いという欠点を覆い隠す好立ち回りで好走結果を実現させてきた経緯で、唯一の非内枠だった福島牝馬Sでも展開ド嵌まりの幸運あったモノだった。
仮に枠順好転しても、今回の距離延長・外回りコースを乗り越えるコトは至難と言わざるを得ない。


▽ジュールポレール 牝4 幸 56 栗東 西園
まずは前々走ヴィクトリアマイル◎推奨見解を参照↓
『ポイントとしては「現4歳のクラシック路線馬の低レベル」と「古馬の上級路線馬の地盤沈下」という状況。
それらに該当する馬は思いのほか強くない可能性が割りとあって、ならばVM前哨戦の中で最もレベル高かった阪神牝馬Sで確かな急上昇を見せ付けたコノ馬が難なく突き破れる薄い壁しか存在していないのだと。

ソラを使う面があるので3走前までは派手な結果は無かったが、2走前は直線で抜け出してソラを使いながらのアノ結果で一皮むけた感があって、そして前走でも1頭で抜け出す様な難しい競馬になったのも響いた印象。逆に言えば大雑把な話ですが横綱ミッキークイーンよりもスピード感は見せていたくらいでした。
前走はレースの流れと直線での駆け引きで相手に分がありましたが、今回はよりスピードという要素が問われてくる条件且つ中上位馬が揃っていますので得意の競り合いの形になるはずのレースで…このいきなりのG1挑戦でも好勝負は十分に視野に入ると見ます。』

・・・
その後に降級して降級初戦勝利からまたも一気にG1挑戦となる今回。
その前走準OP戦では0.0秒差の辛勝でしたが、それは上記の通り着差を付け辛い自身性質による小着差なので、少なくともソレで大したコト無い馬だとは見るべきではありません。
なので能力的にはココでも決して見劣らない馬だと見たいですが、不安要素としては距離面(中長距離)が挙がります。
VMでもスピード能力を評価して阪神牝馬Sからのノビシロを見込んだ評価をしましたが、それだけに今度はVM当時ほどは走れないという見方をしなければなりません。
昨年エリ女は非距離適性馬クイーンズリングが勝利しましたが、それは枠順と鞍上と展開が全てピタリと嵌まったモノなので…その上で相手関係も昨年以上に揃っているので完全マイラー適性馬の出番はあまり見込めないと見ます。


★○○○○○○(←エリザベス女王杯の穴◎候補馬)の馬名は人気ブログランキングへランキングで公開中!
エリ女の穴パターンの一つは、牡馬混合G2京都大賞典での凡走馬狙い…そもそもコノ馬は本年の古馬牝馬距離二千重賞をダブル制覇しているだけに、距離適性的には最もエリ女向きの馬だと言える一頭です。

前々走はレース3週前にフレグモーネで4日間お休みという順調さを欠いた調整過程。「休んだのは1日だけだから大丈夫」みたいな談話はよく耳にすると思いますが、その感覚で言えば(実際にもそのはずですが)4日間ってのは大きいに決まっています。まして、それが栗東ではなく(調教施設整っていない)函館滞在時なので、通常以上に尾を引く事象だったはず。そういう状態面での瑕疵か、そもそも小回り1800が距離不足だったのもその通りだと思いますが、前半からの追走力不足露呈で最後も全く上位に迫るような脚を見せずの敗走でした。

前走は牝馬は負けて良いレースなので9着でも悪くないですが、その上で「落ち着きすぎ」「これまでで一番緩い」など状態面でネガティブな話がわんさか出ていた出走過程でもありました。

明らかに近2走は走れる状況になかったというのが全てなので、予ねてからの大目標であるエリ女に向けての叩き2戦目の確かな上昇話があれば飛び付きたいエリ女穴パターン馬なのですが…そこから先は最終追い切りまで踏まえなければ何とも言えないのですが、素材としては予ねてからエリ女(特に道悪なら尚良し)でこそと見ていた一頭なので候補として見ています。

--------------------
☆エリザベス女王杯の穴◎候補馬の馬名は人気ブログランキングへココをクリックで開く人気ブログランキング(現在6位)で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!


--------------------

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
【函館記念】エアスピネルさん…
◆17日【日】マイルCS(G1)について考えてみる◆【購入馬券】
noimage
日経新春杯の予想 買いデータ&データ消去法まとめ
なんでワグネリアンは弱いことになってるの?
◆【スパーキングレディーC】単勝回収率156%データなど◆
USD/CAD Technical Analysis For July 30, 2020 By FX Empire
noimage
【競馬予想】[1]第69回 スプリングステークス(G2) /2020
noimage
【悲報】東幹久やらかす
8月13日(日)大井競馬 全レース予想
noimage
4月7日(金)【川崎競馬予想】
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP