投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:カフジテイク、府中で見せる破壊力ある末脚は魅力…前走不満も直線の長い舞台でエンジン全開なるか

日程:2017年11月11日(土)
第22回 武蔵野ステークス(GIII) 東京ダ1600m
予想用・出走予定馬一覧
武蔵野ステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 強烈な末脚を武器にダートマイル路線で活躍をしてきた実力馬カフジテイクが武蔵野ステークスに出走予定だ。今年は根岸ステークスで鋭く切れての重賞初制覇、フェブラリーステークスでも上がり最速で3着と力は示した。前走の南部杯は不発だったが立て直して府中のマイル、強烈な末脚を再度引き出したい。


 前走の南部杯がいまいちだったなあというのはあるが、勢いをつけて入って行った方が良いタイプだとは思うので、その辺りが噛み合えば。前半のポジションを取ることよりも、3~4角での動きの意識をしっかりと持って入ってほしい。本質はトップスピードの質の高さで勝負するタイプだと思う。


根岸S(GIII) 1着 16頭2枠3番
東京ダ1400m良 1:23.0 35.0-36.1 H^2
12.2 - 11.0 - 11.8 - 11.9 - 11.9 - 12.0 - 12.2

 まずは5走前になる根岸ステークスから振り返る。東京1400でもちろんダートスタート、ペースはそれでも1.1とかなりのハイに突入。ラップ推移的には淀みなく進んでL1も12.2とそこまでは落ちていない。それでも基礎スピードを結構高いレベルで問われた一戦であると言えそうだ。


 3番枠から出負けして後方からの競馬はいつもの通り。3角までには外に出して、後方でじわっと促して外から入っていく。4角でもそのまま外目を追走もまだ大外には出さずに最後方列で直線。序盤で大外に持ち出してからじわっと伸びてくると、L2の坂の上りでグンと来て一気に中団まで取り付く。L1でその勢いそのままに楽にベストウォーリアを捕えての完勝だった。


 3着以下は千切っているし、その3着以下にいるのが今は亡きエイシンバッケンや強敵キングズガード、更に先週JBCスプリントを制したニシケンモノノフというわけで、これら強敵を末脚だけでまとめて粉砕しているという点でも後半のトップスピードの持続力が非凡。またL2の地点、坂の上りでグンと来ていてここで後方から中団より前に一気に伸びてきている。レースラップや上がりから推測しても11秒台半ば、或いは前半まで入ってきていても驚けない。自身で見れば36.6-34.5と2秒以上で超スローバランスで後半の末脚を高めてきているように、本質的には前半無理をしたくない。それと3~4角でも外から立ち回りながら比較的スムーズに直線に入ってきたが、伸び始めは遅かったのでエンジンの掛かりが微妙に遅い、というのがこの馬の一つネックになる要素ではあると思う。


フェブラリーS(GI) 3着 16頭5枠10番
東京ダ1600m良 1:35.2(+0.1) 46.2-48.9 H^3
12.1 - 10.5 - 11.4 - 12.2 - 12.8 - 11.8 - 12.0 - 12.3

 今年のフェブラリーSではそれなりには伸びたが根岸Sのインパクトを超えることはできず、3着に甘んじた。ペースが2.7で超ハイに突入、ラップ推移的にはL4で少し息が入ってはいるが全体の超ハイをごまかせるレベルではないし、L3最速で仕掛けも早い。その流れの中で末脚が若干削がれたかなという感じ。それでも緩みが少しでもあったこと、上がり最速なので十分ではあるが。


 10番枠から出負けして後方からのスタート、最低限リカバーしていくが中団の集団にはなかなか取り付けず後方で進めていく。道中も中団からは少し離れた位置でエイシンバッケンの後ろで外目を追走。3~4角で促しつつエイシンバッケンの直後を通すもここで少し置かれて最後方で直線。序盤での伸び始めは地味で、それでもL2の坂の上りでようやくさを詰めてくる。それでもL1で破壊的な伸びは見せられず、差を詰めたが3着までだった。


 もちろんL1までしっかりと伸びてきたのは一定の評価は必要だけど、直線入りの段階では団子気味で結構良い流れだったと思う。L3の地点での伸び始めが遅かったのはある程度覚悟していたが、前がL1を12.3と最低限落としていたので、もうちょっとL1で食い込んでほしかったかな、というのが正直な感想かもしれない。根岸Sでも同じようにL1で12.2と落としてきた中でしっかりと伸びていたんだが、それと比べるとちょっと伸びが削がれていたかなと。少し淀みはあったがそれでも全体のペースが速かったことが影響しているかもしれない。マイルと1400、芝スタートとダートスタートで違いはあるんだが。


プロキオンS(GIII) 2着 15頭5枠8番
中京ダ1400m良 1:23.2(+0.3) 34.2-36.9 S^3
12.2 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 12.1 - 12.4 - 12.4

 個人的には2走前のプロキオンSでハッキリしたかなという感じで、やはり基礎スピード的にあまり無理ができないタイプなんだろうと思う。昨年の上位が抜けたのだが、昨年のプロキオンS組が上位を占めたという形で基礎スピード戦としては正直レベル的には昨年の方が上だったと思っている。その中で昨年より上げてきたけど、結局昨年と同じで末脚は削がれている。


 8番枠からここでは五分に出て進めていくが、中団の外目といつもより積極的にポジションを取っていく感じ。それでも最終的には後方馬群の中で進めて3角。3~4角では内目を通しながら最短距離を待っ和して直線で外に誘導。窮屈ながらも上手くs十に持ち出すが坂の上りでの伸びは地味。L1でようやく伸び始めるがそれでも前のキングズガードとの比較でも物足りず完敗だった。


 基本的にはエンジンの掛かりが悪い馬なので3~4角で内から直線で外にとなるとやはりこの馬としては動き出しに不安がある。ただこのラップ推移なので3~4角でも緩まないとなると外に出しては物理的に届かない。その中では現実的な選択だったと思う。ただ、L1の段階では出し切っていたのに伸びてこなかったのだからキングズガード比較で前半要素が足りないとなる。またキングズガードのさらに上にニシケンモノノフや良い頃のノボバカラがいたということになるので、恐らく基礎スピードは最上位で高いレベルには無い。ただ、ドバイ遠征明けというのもあったのでその辺りを少し考慮に入れたいが、それでも恐らく淀みのない基礎スピード戦がベストではないと思う。


2017武蔵野ステークスに向けての展望

 一応前走の南部杯を軽く触れておくと(ラップが無いのでここで)3~4角で多分ペースが上がっていたと思うんだが、ここで福永が外にいこうとする馬を必死に内に誘導していた。多分だがあまりコーナリングが得意ではないんじゃないか、というのとそこで気を張っていたので直線入りでやはりそんなに伸びてこなかった。L1は伸びていたので悪くはない、という感じかな。東京マイル自体は合うと思うんだがその理由としては3~4角で息が入りやすいのでここで取り付きやすいのと、単純に直線が長いのでエンジンの掛かりが遅い馬でも対応しやすいというのはある。特にこの馬の場合コーナーでそんなに動けない感じはするので、その点でも直線500m以上あればL2の地点ではエンジンがかかるのでそれなら質的にも高いレベルにあるのでメンツ次第だがL1でも届く。ただし、それを引き出すには前半そこまで速くない、という条件が欲しいと思う。チャンピオンズCでも結構やれていたぐらいなので、恐らく距離に関しては芝スタートの1400よりは1800の方が合っていると思うし、マイル自体は歓迎のはず。後は展開で、淡々とした厳しい流れにならないこと、できればコーナーで少し息が入る中で外から取り付く感じが理想かな。末脚の質量的に見ればどちらも現役トップクラス。L2の坂の上りでグンと来るのはここでは武器なので、これが噛み合えば。単調な基礎スピードタイプが天敵になると思う。メンツと枠の並びを見つつ最終的に判断したいが基本的には連下では狙いたい。



【穴馬発見方法】エリザベス女王杯と武蔵野S [PR]

使う指数は、3連単的中率3割~4割の実績がある
的中率特化型指数「コラボ指数」
■公式サイト⇒コチラです。
※メールが届かない場合は迷惑メールを確認してください。
※メールが不要になった場合は解約フォームからすぐに解約できるので安心です。

☆エリザベス女王杯(G1)

万馬券だろうが十万馬券だろうが、
基本的にはコラボ指数上位6頭で馬券が構成されています。
ですが、穴馬が1頭入りやすい傾向が見られます。

2016年 12人気 オッズ61.6倍 09番 牝馬4歳
2015年 06人気 オッズ15.2倍 12番 牝馬4歳
2014年 コラボ指数上位6頭で3連単的中

その穴馬特徴をコラボ指数でひも解いていくと共通点が見つかりました。

牝馬4歳 コラボ指数値30台 中~外枠優勢

該当馬は
2016年 2着(9番)
2015年 1着(12番)7着(17番)15着(5番)

去年はこの穴複勝でも12倍もの配当がついています。
3連単は1589.3倍、15万馬券です。
穴馬発見と3連単的中のヒントにしてみてください。

他の全レースもこのような方法でひも解いていくと、
面白いくらい的中をもってこれるようになるので試してみてください。
例)
※2017年10月5日(日)東京02R 予想時間1分
1万5千円楽に勝った!と思ったら、
単複を間違えて買うという痛恨のミスはご了承ください。。。
単勝4.2倍 複勝1.6倍 コラボ指数7位

うまコラボが推奨していないコラボ指数7位を
なぜ1点で買い、1着を的中させることができたのか。
サイト内の過去のコラボ指数から「指数とオッズの矛盾」を見つけてください。


■公式サイト⇒コチラです。
※メールが届かない場合は迷惑メールを確認してください。
※メールが不要になった場合は解約フォームからすぐに解約できるので安心です。

☆武蔵野S(G3)
14日(土)東京11R ダート1,600m

エリザベス女王杯同様、
基本的にはコラボ指数上位6頭で馬券が構成されています。
ですが、穴馬が1頭入りやすい傾向が見られます。

先に答えを言うと、
コラボ指数値30台のコラボ指数9位予想が穴として
馬券にからみやすい傾向がありました。

2016年:1着 オッズ36.6倍
2015年:7着 オッズ163.7倍
2014年:4着 オッズ62.4倍

さらに絞ると、外枠についたときは
より高確率で馬券になる傾向がありました。

2016年:1着 外枠12番
2015年:7着 内枠01番
2014年:4着 外枠13番

的中の為、参考データとして使ってみてください。
■公式サイト⇒コチラです。
※メールが届かない場合は迷惑メールを確認してください。
※メールが不要になった場合は解約フォームからすぐに解約できるので安心です。

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:ヴィブロス、世界を制した末脚は魅力も…瞬間的な反応や鋭さという点では強敵が多く試金石の一戦
クイーンステークス 2017 出走予定馬:アエロリット、府中マイルGI馬同士の対決…3歳牝馬の強さをここで見せつけたい
愛知杯2018 出走予定馬:マキシマムドパリ、ここ2走はキレ負け…56kgカギももう少し意識的に仕掛けたい
金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ステファノス、スローで末脚を出し切れれば現役でも屈指の実力馬
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ディーパワンサ、実績は最上位も…ゲート不安定で強敵も多く安泰とは言えないか
金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ロードヴァンドール、前走は厳しい流れに乗って案外しぶとく…
クイーンステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロ、総合力を高めてきて抜群の安定感…内枠で五分に出れば
紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ホウオウパフューム、寒竹賞で見せた切れ味は非凡だが…ここ2走の内容が悪すぎて…
みやこステークス 2017 出走予定馬:モルトベーネ、末脚は一級品も…ハイペース適性微妙にシリウスSが負けすぎなのも…
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クロコスミア、前走はタフな流れで完勝も…息を入れて鋭く出し抜ける馬でもありここも不気味
NHKマイルカップ 2017 出走予定馬:プラチナヴォイス、皐月賞は刺さり癖もマシ…未勝利のレコード勝ちの内容からもマイルへの短縮は不気味
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:カデナ、春のクラシックは不満…ダービーもラストがいまいち、阪神外回りの2400で逆襲できるか?
フィリーズレビュー 2017 出走予定馬・プレ予想:カラクレナイ、デムーロだと出負け癖が目立つが…流れても脚を使えるのは魅力
ローズステークス 2017 出走予定馬:リスグラシューと武豊、ラスト1冠に向けて、前哨戦で成長を見せられるか?
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:アロンザモナ、桜花賞から果敢に参戦も距離延長がどうか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP