投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:スマートレイアーと武豊、悲願のGI奪取へ…淀で時計が掛かる馬場と条件は整った

日程:2017年11月12日(日)
第42回 エリザベス女王杯(GI) 京都芝外2200m
予想用・出走予定馬一覧
エリザベス女王杯2017の予想用・出走予定馬

 何度もGIタイトル奪取のチャンスがありながらも掌から零れ落ち…ここまで無冠のスマートレイアーと武豊がエリザベス女王杯に出走予定だ。今年も強敵相手に高いパフォーマンスを見せてきたが、GIのヴィクトリアマイルの舞台では苦杯を舐めた。重賞タイトルを数多く手にしているが、欲しいのはGIだ。3度目の挑戦となるエリザベス女王杯で、名手とともに悲願成就を狙う。


 舞台は最高に近い。この条件で負けたらもう運がないというほかないだろう。強敵も多く参戦しているし決して楽観視はしていないが、それでもこの馬の力を出し切るには条件が揃ってきたと思う。


京都大賞典(GII) 1着 15頭3枠4番
京都芝外2400m良 2:23.0 59.9-58.6 S^1
12.9 - 11.0 - 11.7 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 11.7 - 11.5 - 11.4 - 11.5

 何といっても前走の京都大賞典だろう。並み居る牡馬をまとめて面倒見る、という形での完勝。ペースは1.3でスローペース、ラップ推移的にも大きくは淀まず、そこからの4F戦で中間的な脚を4F分散して求められたし、そのうえでもう一段上の脚を使えたかどうかというところ。後半勝負のウエイトが高いと言っても前半ある程度のペースでは流れているので特化はしていない。


 4番枠からまずまずのスタート、そこから少し窮屈にはなったが外目に誘導しつつ最終的には後方馬群の中でという形になる。道中も流れ自体は比較的淡々としてのスローで、その中で後方で少しスペースを置きつつ内目を立ち回る。3~4角でも最内を立ち回って4F戦の中で上手く我慢して直線で最内を取る。序盤でそこからしぶとく伸びて2列目に並びかけ、L1で抜け出していたトーセンバジルに対して3馬身程の差、一気に切れてスパッと差し切った。


 恐らくL1で11秒前後の脚を使っているし、3~4角で上手く最内を立ち回ったのはあるにせよここでレース全体が早めの仕掛け、ペースアップでこちらも4F勝負に分散しながらもL1でもう一段鋭い脚を引き出してきたという競馬。もちろん上手く立ち回ったことが影響している面はあるだろうが、このパフォーマンスは素直に評価したい。同じトップスピード戦でも極端な2F戦、3F戦といった瞬間的なトップスピードの質を問われるよりも、後半早めの仕掛けからもう一段、というような感じの方が合っていると。噛み合ったとはいえシュヴァルグランを撃破するのは簡単ではないわけで。


鳴尾記念(GIII) 2着 10頭7枠8番
阪神芝内2000m良 1:59.4(+クビ差) 61.6-57.8 S^4
12.6 - 11.6 - 12.7 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.5 - 11.0 - 11.6

 同じトップスピード戦でも鳴尾記念では届かなかった。まあそれでもこの内容でもこの馬のこれまでと比べると十分パフォーマンスを上げてきていたと思うし、強い2着だったとは思うが結局はここまで速いラップを踏まれると流石に厳しい、という感じ。


 8番枠から五分に出てそこから促しつつの先行、最終的には控えて好位の外で進めていく。道中もドスローの流れなのだが折り合いは意外とついていて好位の外で3角に入っていく。3角以降は徐々に加速していく流れで外から仕掛けるが4角でコーナリングとともに加速するというところで少し置かれる。それでもL2の地点でジリジリと伸びて2列目、L1でそこから唯一ステイインシアトルを詰めて決定的に食い込んだが及ばなかった。


 ステイが完璧にレースを支配したのはあるし、このラップでL2で出し抜かれ加減になると難しい。良く食らいついた方だと思うが、ドスローまで落ちた時に瞬間的な切れ味を高めてくるというタイプではない。これは1400時代の阪神牝馬Sを勝った時もそうだが、全体的に流れた中でもう一段の脚を使ってくるので他がしんどくなる分相対的に鋭く見えるだけ、という感覚。総合力が問われやすい府中のヴィクトリアマイルでいまいち噛み合わないのも多分その辺だろうと思う。


ヴィクトリアマイル(GI) 4着 17頭1枠2番
東京芝1600m稍 1:34.1(+0.2) 47.9-46.0 S^2
12.6 - 11.2 - 11.8 - 12.3 - 12.2 - 11.1 - 10.8 - 11.9

 その3走前のヴィクトリアマイルだが、このレースでは噛み合い切らないことが多かった中、割と騎乗に関しては理想に近い入り方ができていたと思う。ただ結果的に見てもこの馬としては器用さをかなり問われたレースになったのと、L2最速10.8と瞬間的なトップスピードの質をかなり高いレベルで要求されてしまったのが痛かったとみている。


 2番枠から五分のスタート、そこから無理せずじわっとという感じで楽に好位の内を確保。そこから前のスペースが空いたのでじわっと押し上げつつ上手く2列目まで取り付いていく。3~4角でも内で進めていて各馬が馬場の良いところを取ったので楽に先頭に並びかけて直線となる。しかしここから一気に1秒近い加速となりここでソルヴェイグに対して置かれ気味。L2でも抵抗していたがアドマイヤリードに割られてしまってL1は甘くなって激しい2着争いを取りこぼしての4着となった。


 これでも頑張っているし成長を感じさせる競馬だが、究極的に見ればL2のキレ負け、L3-2地点でのギアチェンジの性能の差が出たなというのは感じる。流石にミッキークイーンほど顕著ではないんだけど、この馬が阪神で高いパフォーマンスを見せることが多いのは恐らく外回りで下り坂を活かして加速して入って行けるのが大きい。逆に言えば同じ下り坂がある京都でもL4地点なので仕掛けどころが遅れがちなエリ女で苦戦していたりするのもその辺かなと。ギアチェンジを要求されたり究極的な無酸素運動…トップスピードの質を要求されると、そこで体力をロスする感じはある。ある程度対応してはいるんだけどね。


京都記念(GII) 2着 10頭4枠4番
京都芝外2200m稍 2:14.3(+0.2) 60.2-61.3 H^1
13.0 - 11.5 - 11.9 - 11.8 - 12.0 - 12.6 - 12.9 - 12.4 - 12.3 - 11.9 - 11.8

 この京都記念も振り返っておきたい。何といってもサトノクラウン相手に好走しているわけで、ポテンシャル戦としてはかなり高いレベルだったと思う。字面の上ではややハイだがこれは単騎逃げ。実質的に離れたサトノの位置で見れば62秒ぐらいの通過なので少なくともかなりのスローぐらいには入っている。そこから3~4角でじわっと動いてL2でもう一段の脚を要求された感じ。稍重で時計も掛かっていてそこまで速い脚を要求されなかった。


 4番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと先行、最終的には2列目の内に入る形。道中は前2頭が離れていて3番手にサトノクラウン、それを見るような形で後ろで我慢して3角。3~4角でサトノの仕掛けに合わせて内から仕掛けて直線で中目に。序盤ではまだ伸びずに外のマカヒキの方が脚色が良い。しかしL1でマカヒキが伸びを欠き、内からサトノクラウンに食らいついて2着を確保した。


 この馬場での瞬間的な切れ味という点では恐らくマカヒキの方が上だった。ただ結局馬場が時計が掛かっていたこともあってその瞬間的なキレは一瞬しか引き出せない。そこからの減速で踏ん張ってポテンシャル面を活かせたスマートレイアーが上位に来たという点でもポテンシャルはこちらの方が上だろう。サトノクラウンがポテンシャル型としては恐らく現役でもトップクラス(ダイヤモンドがまともなら…というのはあるが、単純なポテンシャル勝負なら宝塚からもこの馬が一番だと思う)なのは間違いないわけで、それ相手にL1まで食らいつけたのは大きな収穫。


2017エリザベス女王杯に向けての展望

 条件が揃ったと前述しているが、ここ数年の傾向で見ればハッキリ言って微妙である。何せ仕掛けのタイミングが遅くなりやすいレースで、例えば昨年の様にドスローでシングウィズジョイが直線スッと加速、それ以上にしっかりと反応して切れたクイーンズリングといった瞬間的なギアチェンジやトップスピードの質を持った馬が近年は活躍している。ただ、今年は少し事情が違って、2週連続台風の影響もあって先週も良馬場で時計が掛かっていた。これがGI週で急に馬場造園課が張り切ってローラーしたりとかしなければ、先週通りの傾向ならば瞬間的なトップスピードの質や加速していくギアチェンジといったところはそこまで要求されない可能性が高い。3角の下りからじわっと加速してL3最速辺りの展開になれば、TS持続、ポテンシャルといったところが強みのこの馬としては非常に大きな追い風になるだろう。近年は前半無理をしないことと、段階的に脚を使うことで良さが出てきているので距離に関してはもっとあっても良いと思うし、2200が長いということはない。これは前走の京都大賞典勝ちからも間違いないと思う。ある程度タフな馬場での2200ならこの馬が中心になっていい。後は相手関係で、この馬場なら一番の強敵はミッキークイーンだろう。これは正直サトノクラウン相手の宝塚記念でも高いパフォーマンスを見せているので侮れない。出し切って良いタイプとしてはこれが最大のライバルだ。ヴィブロスは2200でどうかという面はあるが、タイプ的には恐らく問題ないしこれも出し切って良さが出るタイプとしては手ごわい。この2頭が目下のライバル、そのうえで3歳勢がどうかというところだろう。ただポテンシャル戦に関してはサトノクラウン相手に結構やれている2頭が強いと思っているので、後は当日の馬場次第。今週のような馬場なら本命・対抗、重い印を考えないといけないだろう。


<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第42回 エリザベス女王杯(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
 エリザベス女王杯を3点で獲れな
ければ2017年の全GIレースを無料配信

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

1995年まで3歳(現表記)牝馬限定GIとして京都芝2400Mで行われていたが、1996年に3歳牝馬限定GI秋華賞の新設により、エリザベス女王杯は3歳以上の牝馬限定に変更となり、距離も2200Mに。古馬牝馬が参戦できる牝馬限定GIとなった。
2006年に新設された牝馬限定GI・ヴィクトリアマイル(芝1600)は春の女王決定戦となり、エリザベス女王杯は秋の女王決定戦となる。過去の優勝馬ではメジロドーベル、ファレノプシス、スイープトウショウ、ダイワスカーレット、など牡馬とも互角に戦っていた名牝が多い。過去10年、1人気で勝ち上がったのは07年ダイワスカーレット、11年スノーフェアリーの2頭のみ。

気馬の成績では、1人気[2.4.1.3]、2人気[1.2.3.4]、3人気[2.1.0.7]と人気馬が総崩れするケースはないが、昨年は12人気シングウイズジョイが2着し3連単では15万馬券、09年には11人気クイーンスプマンテが1着、2着にも12人気テイエムプリキュアが入り馬連10万馬券、3連単150万馬券の特大馬券が出ている。ここ10年の年齢別の成績では3歳馬(4勝)、4歳馬(4勝)、5歳馬(2勝)、6歳(0勝)、7歳馬(0勝)。3歳馬と4歳馬がともに4勝しており互角の成績となっている。勝ち馬の前走出走したレースでは秋華賞組(3勝)、府中牝馬S(2勝)、オールカマー(2勝)、海外(2勝)、京都大賞典(1勝)となっている。

3歳馬VS古馬の戦いとなるエリザベス女王杯。今年は秋華賞上位組みディアドラ(1着)、リスグラシュー(2着)、モズカッチャン(3着)が揃って出走。古馬勢では、前走で牡馬を負かしてきたルージュバック(オールカマー1着)、スマートレイアー(京都大賞典1着)、府中牝馬上位組みのクロコスミア(1着)、ヴィブロス(2着)、宝塚記念3着のミッキークイーンなどが出走予定。混戦模様で人気割れ必至だが、競馬セブンでは確信の◎「断然1強」と言える強力情報馬の勝負情報を極秘入手!週末の情報はお見逃しの無いようにご注意ください!
騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『エリザベス女王杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第42回 エリザベス女王杯(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
 エリザベス女王杯を3点で獲れな
ければ2017年の全GIレースを無料配信

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:エリザベス女王杯350_200

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【エリザベス女王杯2017】出走予定馬 ディープ産駒は5年連続好走中
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:ミッキークイーン、馬は強い…後は鞍上が強気に早めの勝負を仕掛けられるかだけ
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:デンコウアンジュ、府中で見せた切れ味を今の淀で引き出すことができるのか?
【エリザベス女王杯2017】枠順確定 ヴィブロスは8枠16番からどう運ぶか
エリザベス女王杯 2017 予想用ラップデータ:今年は馬場が重めで、ここ数年の傾向からは少しずれるかも
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:モズカッチャン、タフな競馬となった秋華賞でも強い3着…2200への延長はプラス、馬場不問で警戒したい
【エリザベス女王杯2017】予想参考 今の京都で好調な血統
【エリザベス女王杯2017】追い切り情報 好走馬の追い切りパターンは?
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:ルージュバック、ムーア騎乗で本気ムードも…エンジンの掛かりが遅く高速馬場向きなのが今の馬場でどうか…
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:マキシマムドパリ、相手も手ごわいが前目につけられるようになったのは収穫…粘り込みでどこまで
【エリザベス女王杯2017】プレ予想 ルージュバックとムーア騎手の相性は?
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:ディアドラ、3歳秋の女王に真価を問われる一戦…強敵古馬相手に後方からまとめて差し切れるか?
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:クイーンズリング、昨年とは違う馬場に今年はパフォーマンスを落としていて…巻き返せるか?
エリザベス女王杯 2017 枠順確定:ヴィブロスは8枠16番と大外8枠からGI3勝目を狙う
エリザベス女王杯 2017 出走予定馬:トーセンビクトリー、5歳の秋に母が戴冠した舞台で母娘制覇となるか?
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP