投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

オブライエン厩舎 ディープ産駒「サクソンウォーリア」が英G1を優勝した件

97

 現地時間28日、イギリスのドンカスター競馬場で行われたレーシングポストトロフィーS(2歳・英G1・芝1600m・1着賞金12万2210ユーロ)は、R.ムーア騎手騎乗のサクソンウォリアー(牡2、愛・A.オブライエン厩舎)が無傷の3連勝で優勝した。

 同馬は日本産のディープインパクト産駒。母はクールモアスタッドが所有し、A.オブライエン調教師が管理したメイビー(父ガリレオ)。現役を退くと日本で繁殖生活をスタートし、ディープインパクトと交配。2015年1月26日に北海道安平町で生まれたのがサクソンウォリアーで、離乳が済んだ2015年10月にアイルランドに渡った。

 管理するA.オブライエン調教師はこれで年間G1勝利数を26とし、新記録を達成。また、この勝利によりサクソンウォリアーは、ブックメーカー各社が4~5倍のオッズを掲げて英ダービーの前売り1番人気に推されている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00000006-kiba-horse
続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【フェアリーS】3番人気フィリアプーラが追い込んで重賞初V!
ゴールデンバローズ、大井競馬に移籍 UAEダービー組ではエピカリスに続いて南関行き
【競馬】 木幡初広騎手「そっと辞めたかった」 あえてラストランの後に引退発表
【競馬】福永が『ベストファーザー賞』受賞
【競馬】 皐月賞馬アルアイン、川田騎手との新コンビで京都記念へ
ルメール「アーモンドアイは三冠狙える」
noimage
香港マイルを圧勝のビューティージェネレーションが安田記念視野
【北九州記念】アレスバローズが重賞2連勝!菱田騎手は重賞初V
タワーオブロンドン まさかの12着で英ロイヤルアスコット白紙
ロードカナロアがついに殿堂入り!平成30年度顕彰馬の選定
【神戸新聞杯】ダンビュライト音無師 追い切りに激怒!「指示した時計より2秒早い」
【シルクロードS】好位追走ファインニードル直線抜け出し快勝!重賞2勝目
noimage
【悲報】落馬負傷 戸崎、右肘開放骨折の疑い
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP