投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

スワンステークス 2017 レース回顧・結果:サングレーザー、内を上手く立ち回って接戦を制し嬉しい重賞初制覇!

毎週日曜の22:00からツイキャスでの回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

 
2017 スワンステークス(GII) 京都芝外1400m重
レース回顧・結果

1:22.4 34.9-35.8 H^1
12.2 - 11.0 - 11.7 - 11.7 - 11.7 - 11.9 - 12.2

 すみません、体調不良なので少し更新スピードを落とします…。夜までには秋の天皇賞も回顧したい。スワンSは馬場が悪化していてその中で内外が相当広くなっていた。直線では結局各馬が外過ぎるところを回す中で上手く内を突いた馬が上位に来ている印象で、これは日曜に天皇賞秋や道悪の高松宮記念なんかでも見られる現象。こういうケースは内を突いた方が良いんだろうなと。ペースは0.9でややハイの範囲内。ラップ推移的に淀みなく進んで消耗戦寄りの競馬にはなっている。パワー型の基礎スピード勝負となった。


1着サングレーザー


 3番枠からやや出負け、そこからじわっと促しつつだが序盤は後方の内内でという形になる。3角手前までに中団馬群には取り付くがそれでも後方で3角。3~4角では後方馬群の1頭分外ぐらい、仕掛けを待ちつつ4角でも外には出さずに内目を狙って直線。序盤でコーナーワークで好位列から一気に先頭列に並びかけてくる。L1で前にいたヒルノデイバローを競り落としての嬉しい重賞初制覇となった。


 外を回した馬が全滅している中で結果的にいいポジション取り、特に3~4角で動かずにタイトに内を回せたことで直線入りまでにポジションを押し上げられていた。ロスもないし押し上げられていたのだからある程度恵まれた面はあると思っている。正直このレース、レベル的に微妙かなとは思っていて、ドンキがこの展開で3着に来ているというのもあるし、ビップライブリーも通用しているからね。まあこの一戦だけでどうこうとはまだ決めつけられないかな。ただタフな馬場での基礎スピード戦で結果を出せたのは収穫だし、この馬場になったことでもうちょっと長めの距離でのハイペース適性が問われていると思うので、これならマイル路線に向かってもいいんじゃないかなと。


2着ヒルノデイバロー


 4番枠からやや出負けもそこから果敢に先行していって馬場も味方に好位まで上げて行く。3~4角までには2列目のポケット、各馬が外にという中で内内を狙って直線で先頭列。序盤でそこからは少し反応微妙だったがL1までしぶとく食らいついてサングレーザーとの叩き合いも惜しくも2着だった。


 阪急杯でもタフな馬場での消耗戦で差し込んできていたので適性がマッチしていたというのはあるのと、3~4角でやはりロスなく立ち回れたのが良かったかな。L2の地点では少し伸び悩んでいたがあの地点で既に先頭列まで押し上げていたというのが3~4角でのコース取りに依るところだと思うからね。こういうレースはなかなか評価が難しいが、色んな競馬に対応できるようになってきているのは事実だと思う。一度マイルまで延ばしてみてもいいかもしれんけどね。


3着レッツゴードンキ


 2番枠から五分に出てそこからじわっと促しながらの競馬だが、馬場の影響で各馬も探り探り、その中で好位の内目まで押し上げていく形となる。3~4角でも3列目の内内で立ち回って直線。序盤で2列目から追いだされるが反応は地味でジリジリと2列目のまま。L1でも2列目から抜け出し切るところまでは行かず何とか3着は確保した。


 ドンキは展開的にあのポジションは良かったと思うんだけど、この馬の適性的にはちょっと前につけすぎたかなと思う。この馬はあまり流れると良くないタイプで、宮記念ではハイペースでも後方で進めていたから良かった感じ。これが今回は3列目で結構前と同じような位置で入ってしまったからね。本来は折り合い面で苦労しつつもそれが起爆剤になって反応でグンとくるタイプ(京都牝馬Sなんかそんな感じ)だけど今回それが無かったのはペースが速かった、流れに乗ってしまったからだと思う。敗因としてはその辺かな。


4着ビップライブリー


 1番枠からまずまずのスタートを切ってそこから軽く促しつつ、好位の内目から最終的にはドンキを行かせての中団で進めていく。3~4角でも中団の内内で我慢して直線で最内に切っていく。序盤で2列目に近い位置から伸びてくるがサングレーザーには見劣る。L1では何とか食らいついていたがドンキに差されての4着だった。


 内容的には悪くはないし、サングレーザーとの比較では見劣っているけどひとまずパワー型の基礎スピード戦で結果を出してきた。ただL1はちょっと甘かったし、個人的にはむしろ前半の流れに乗ってしまった方が良かったかもしれないなと。基礎スピードは持っている馬なので、この流れに前目で乗ってどこまでやれるかは見てみたかった。個人的にはレースレベルは微妙かなと思っているので(このハイペースで流れに乗ってのドンキ比較で見るとちょっと物足りない)、その辺りかな。


5着ダノンメジャー


 15番枠から好発を切ってそこから様子を見つつ、トウショウピストを行かせてその外に並びかけていくという形。3~4角でもトウショウの外から進めて先頭列で直線。序盤で馬場の外目から追いだされるとしぶとく先頭列をキープする。しかしL1では甘くなって最後は3着争いからも少し見劣った。


 1400でもやれた辺りはダイワメジャー産駒だなあという感じはある。早い段階で前目に行って3~4角でも外過ぎない位置を確保していたのも良かったかなと。ただやはりこの距離では基礎スピード面で優位に立ってきた馬も多かったし、3~4角で上手くロスなく立ち回れた馬が上位(4着まで1~4番枠で占めている)だったのもあるのでその辺りが3着ぐらいではちょっと響いた気はする。


14着セイウンコウセイ


 11番枠から五分に出て二の足でスッと先行、そこから下げて好位の外目で進めていく。3~4角でも好位の外目で進めて直線。序盤で追い出されるが反応がない、そのまま下がっての14着惨敗だった。


 これはちょっと失敗したかな。やっぱりスプリンターズSの内容が良くなさ過ぎたから、短期間での復活を求めたのは間違っていたかもしれない。少しペースは早いかなと思ったが、それでも宮記念ではそこからの一足を見せていたし、そこまで速いペースではなかったと思う。少なくとも一伸びはしてほしかったがそれができなかった。逆の先物売りみたいな感じになるが、こういうところで買わないっていう選択肢がギャンブルでは重要かな。ジューヌエコールは上手く消せたんだけど。


16着カラクレナイ


 18番枠からまずまずのスタートから道中も中団馬群の外目で少し掛かりながら入ってしまう。3~4角でも中団の外外でロスを作りながら直線。序盤で一瞬は食らいついてきたがL1で失速してしまった。


 ん~…もうちょっと対応できると思っていたんだけど、どうも桜花賞以降のパフォーマンスが物足りないし、少しスランプに入ってしまっているのかなという感じ。まあ桜花賞ではマイルのハイペースで良さ、フィリーズレビューも後方から中弛みで取り付く感じにはなったので1400で単調な流れでは合わなかったかもしれんが。もうちょっとやれると思っていたが、不満が残る結果になった。まあ3~4角であれだけ外だとしんどい競馬だったのは間違いないと思うけどね。



【多くて5頭】アルゼンチンは少点数で3連単がとれるレース [PR]

最近の荒れ競馬で学んだことは、的中率の向上。
新聞やネットで公開している印がどれだけあてにならないか実感しました。

全レースで言えることですが、私のこの検証方法を使えば、
どんな荒れたレースも的中へ近づけることができるでしょう。

では、今年のアルゼンチン共和国杯(G2)
オッズと、的中率と言ったらコラボ指数。この2つを使って検証します。
■公式サイト⇒コチラ
※メールが届かない場合、迷惑メールを確認してください。
※メールが不要になった場合は、解約フォームからすぐに解約できるので安心です。

比較的荒れる事がなく、3連単的中率は高いでしょう。
点数を絞って当てたいところです。

過去3年を見ると、
============
2016年 芝:良
・馬券内:単勝人気順/コラボ指数の順位
【2-4-3人気 / 1-2-6位】

コラボ指数上位6頭で馬券購入
3連単 11-05-13 8,290円 的中
コラボ指数1位 単勝390円 的中

ーーーーーーーー
2015年 芝:重
・馬券内:単勝人気順/コラボ指数の順位
【1-4-3人気 / 1-15-4位】
コラボ指数上位6頭で馬券購入
3連単 15-14-18 14,570円 不的中
コラボ指数1位 単勝210円 的中

ーーーーーーーー
2014年 芝:良
・馬券内:単勝人気順/コラボ指数の順位
【2-4-3人気 / 1-2-4位】

コラボ指数上位6頭で馬券購入
3連単 03-09-11 14,480円 的中
コラボ指数1位 複勝230円 的中

============
これをまとめると、
アルゼンチン共和国杯(G2)の3連単的中へ最も確率の高い馬券構成は、
・単勝オッズ 1.2.3.4人気
・コラボ指数1位.2位.4位

さらに、2017年アルゼンチン共和国杯(G2)11月5日(日)は晴れ予報。
芝:良 となるはずなので、
・単勝オッズ 2.3.4人気
・コラボ指数 1位.2位


この5頭まで絞れる。
さらにこの5頭がかぶれば、4頭or3頭と頭数を絞って高確率で3連単的中を狙える。
アルゼンチン共和国杯(G2)3連単的中を狙うなら、
コラボ指数、1.2位をチェックしてもらいたい。


全レース対応、的中率特化型「コラボ指数」
調べれば調べるほど、穴馬もまるわかりです。

■公式サイト⇒コチラ
※メールが届かない場合、迷惑メールを確認してください。
※メールが不要になった場合は、解約フォームからすぐに解約できるので安心です。
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ターコイズステークス 2017 レース回顧・結果:ミスパンテール、直線で待たされながらも進路確保から鋭く反応と新たな一面を見せての勝利!
金鯱賞 2017 レース回顧・結果:ヤマカツエース、変則連覇達成、余勢を駆っていざ大坂春の陣へ!
noimage
アルゼンチン共和国杯 2017 レース回顧・結果:スワーヴリチャード、内内で我慢し直線で瞬時にかつ強烈に弾けて古馬を撃破!
京都新聞杯 2017 レース回顧・結果:プラチナムバレット、ドスローの流れで一閃…直線大外一気を決め込んだ!
サウジアラビアRC 2017 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、激流でも堂々突き抜けクラシックを意識させるレコード勝ち!
フェアリーステークス2018 レース回顧・結果:プリモシーン、外から強烈に突き抜けクラシックを意識できるパフォーマンスで勝利!
noimage
noimage
函館2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:カシアス、しぶとく最後まで伸び切って重賞初制覇!
noimage
noimage
エルムステークス 2017 レース回顧・結果:ロンドンタウン、ぴったり内を立ち回って鮮やかに差し切り!
noimage
シリウスステークス 2017 レース回顧・結果:メイショウスミトモ、出来の良さと展開がマッチし強烈なバテ差しで番狂わせ!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP