投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞秋 2017 出走予定馬:シャケトラ、宝塚記念は苦しい展開でも善戦…道悪でトップスピードを要求されなければチャンスも

日程:2017年10月29日(日)
第156回 天皇賞(秋) 東京芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞秋2017の予想用・出走予定馬一覧

 今年は日経新春杯2着から日経賞を制して重賞初制覇を果たしたシャケトラが天皇賞秋に出走予定だ。GIチャレンジとなった天皇賞春は9着に終わったが、前走の宝塚記念では4着とこのレベルの戦いに目途を立ててきた。今回は初めての府中で2000m戦というのがポイントになる。この条件でどう戦うか、ミルコの弟クリスチャン・デムーロの手綱さばきにも注目だ。


 タイプ的にはやはり府中の2000で狙いたいとは思わない。雨が降って道悪になればチャンスも増えるかもしれないが、そういうタイプが結構他にも多いからなあ。ただ宝塚記念の内容は結構評価したいところもある。年末の有馬とかになってくれば違うかな。


日経賞(GII) 1着 16頭7枠13番
中山芝内2500m良 2:32.8 61.6-60.1 S^1
6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

 まずは重賞初制覇となった3走前の日経賞から。この時は少し時計が掛かっていて、全体のペースは1.5とかなりのスローに肉薄、ラップ推移的にはポテンシャル戦で、ほぼ特化した形かなと。


 13番枠からやや出負け、そこから無理には進めないが下手には下げずに中団馬群の中で進めていく。スタンド前ではやや後方寄りだがレインボーラインを目標にしつつ向こう正面へ。向こう正面では外からじわっと進出する形、3~4角は大外から押し上げながら好位列に取り付いて直線。序盤で前で粘り込むミライヘノツバサ相手にジリジリと差を詰め、L1でグンと来てきっちりと捕えきった。


 内容的には前半ゆったり入らせて、後半のポテンシャル勝負で外外からロスがあってもきっちりと最後まで伸び切るという強い競馬だったと思う。この馬はどう見てもポテンシャル型で、ロンスパでしっかりと長くいい脚を使ってくるし、ロスがあっても問題ないぐらいのものを秘めていると。まあこの時のゴールドアクターがベストな状況ではなかったにせよ、ゴールドやレインボーラインをこの競馬で楽に撃破しているというのは素直に評価しないといけない。


日経新春杯(GII) 2着 14頭3枠3番
京都芝外2400m稍 2:25.7(+ハナ差) 60.2-60.9 M
12.8 - 11.5 - 11.3 - 12.2 - 12.4 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 12.0 - 12.5 - 11.8 - 12.1

 日経新春杯ではミッキーロケットとの叩き合いに競り負けた。このレースも後半はポテンシャル戦ではあるのだが、違いは前半のペース。前後半で0.7とややハイに肉薄するレベルでの平均ペースでそこそこ流れていたというのが違うところだろう。


 3番枠からまずまずのスタート、そこから無理せず控えて好位の後ろぐらい、少し掛かり気味になりながら、向こう正面では落ち着いていたかなと。そこから外目をじわっと進出。3~4角では好位の中目でミッキーロケットを目標、4角で外に出して緩い地点でミッキーに並びかけ直線を向く理想的な入り方。序盤で2列目から一気に先頭に立つが内のミッキーが仕掛けを待っていたのでL1でしぶとく抵抗、最後は差し返された。


 まあこれでも十分評価できる内容なんだが、基礎スピードがある程度問われた中でミッキーロケットがパフォーマンスを上げてきたという感はある。実際3着のモンドインテロは内容的に完封しているわけで、ステイヤー路線との比較で見れば十分トップレベルにあるといえる内容。この一戦も評価できるが、それでもミッキー相手に2kgの斤量差を貰っていたことはあるのでその辺りは差し引く必要がある。


宝塚記念(GI) 4着 11頭6枠6番
阪神芝内2200m稍 2:12.0(+0.6) 60.6-59.1 S^1
12.5 - 11.1 - 11.6 - 13.1 - 12.3 - 11.7 - 11.6 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 12.2

 宝塚記念阿ちょっともったいない競馬になった。結果的にはスローロンスパでこの馬にとって理想的な展開になっているんだが、阪神2200は1角までの距離が長く最序盤は速くなりやすい。ここでも前半3Fで見れば35.2と結構速いのだが、ここに乗って行ってしまったのは結果的に見てもこの馬としては苦しかったと思う。それでも踏ん張ったな、という印象だ。


 6番枠から五分に出てそこからじわっと促しつつシュヴァルグランの外につけて番手と積極策を展開。向こう正面で息を入れられたのも束の間、すぐにサトノクラウンのフェイクにキタサンが乗ってロンスパの展開となる。その流れを先頭列の中目で進めながらプレッシャーを受けつつ直線。序盤でしぶとく踏ん張っていたが流石にちょっと甘くなってきてL1では馬券圏外へ、それでも4着は楽に確保した。


 展開的にはまず後ろからのポテンシャル型有利な展開になっているし、3~4角でのロスも本来はある程度は響いている展開。それに前半の速い流れでスッと前に行ってここで脚を使ってしまっていることを考えると総合的にこの4着は価値が高い。パフォーマンス的には結構上げてきているなという印象で、前半脚を使っても息を入れならポテンシャル戦になり切っても対応できるのか、というのは面白い材料だったかな。距離はもうちょっとあった方が良かったと思うし、有馬記念が楽しみになる内容だったと思う。


2017天皇賞秋に向けての展望

 とはいえ、今回は府中の2000、基本的にはスローからのトップスピード戦になりやすいし、雨が降ってズブズブになればパワー型の基礎スピードも問われてくる。前半は宝塚記念で目途は立ててきているが、トップスピード戦でとなると不安が多い。特に美濃特別の感じからもエンジンの掛かりが少し遅いなというのは感じるし、まだあの時点で完成していなかったとは思うがL1のバテ差しもあまりインパクトが無かった。3~4角を丸々使ってのロンスパで勝負したいタイプだと思うので、適性的には合わないとは思っている。良馬場ならまず馬券的に手は出さないと思うがややこしいのが今週の天皇賞秋も台風の影響を結構受けそうだ、という点。完全に悪化しきってポテンシャル戦となると浮上するチャンスが出てくる。サトノクラウンとの比較では見劣ると思っているけど、ペース自体は宝塚の前半から対応できていた感があるので、淀みない消耗戦でのバテ差しになった時には警戒が必要となるかな。宝塚記念4着は弱い馬ではできない内容なので、個人的にはそこは怖い。素材を活かせるタフな馬場での消耗戦となれば連下では評価したい一頭かな。



 天皇賞秋予想の際ご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手はG1レースに何度となく騎乗していて、G1レースでの騎手心理など騎手ならではの観点で勝ち馬を見抜けるのだという。曰く、、「今年の天皇賞秋は絞って狙える!買うのはこの3頭だけでいい」とのこと↓↓

キタサン?サトノ??
勝つのはあの馬!
相手も完璧にツカんでいる

第156回天皇賞秋(G1)
『想定300倍以上』
【G1騎手大西直宏渾身】

◆東京は開幕週から絶好調
◇情報通りの万券ラッシュ!
府中牝馬S(G2)
◎クロコスミア
○ヴィブロス
▲アドマイヤリード
【1万9390円的中】

東京初日7R
穴アンジュリンブレス
(8番人気)
3万5880円的中!

京都3日目3R
穴ターフェルムジーク
(6番人気)
1万2840円的中!

東京3日目11R
穴ラストダンサー
(5番人気)
1万1480円的中!

G1のことはG1ジョッキーに聞け!

↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【天皇賞秋2017】追い切り情報 美浦ウッド追い切り馬に注目
天皇賞秋 2017 出走予定馬:サクラアンプルール、札幌記念は強い競馬…コーナーでの立ち回りで良さが出やすい印象で府中がどうか
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、毎日王冠は逃げて仕掛けが甘くなり…強気の仕掛けで再チャレンジできるか
天皇賞秋 2017 出走予定馬:グレーターロンドン、2週続けてロンドンブリッジの血筋?前走目途も強敵は多く
【天皇賞秋2017】最重要ディープインパクト産駒!出走予定馬を全頭紹介
天皇賞秋 2017 レース回顧・結果:キタサンブラック、出遅れもリカバーの仕方が抜群…直線入りの加速でサトノクラウンを出し抜いての粘り勝ち!
【天皇賞秋2017】枠順確定 キタサンブラックと武豊騎手は4枠7番
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ワンアンドオンリー、毎日王冠ラストは悪くない伸びで復調…も、やはり相手が手ごわく
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ネオリアリズム、2000では底見せず…ハイスロー何でもござれも、究極レベルのトップスピード戦は苦手で府中なら雨が欲しい
【天皇賞秋2017】予想参考 ディープも良いがミスプロも好調
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ミッキーロケット、2000の決め手勝負は微妙…雨が降れば活路ももうちょっと距離が欲しいか
天皇賞秋 2017 予想用ラップデータ:毎日王冠よりも仕掛けが少し遅くなりやすい傾向
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、好枠をGET、内枠から前半無理なく良い位置を取って、出し切る形なら不気味
【天皇賞秋2017】プレ予想 リアルスティール乗り替わりは不安
天皇賞秋 2017 追い切り・調教評価:我慢しながら追い出されて反応、四肢の捌き素軽く好気配!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP