投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞秋 2017 出走予定馬:サトノアラジン、大外からスムーズに出し切る形で覚醒も…できれば良馬場が望ましく、再度の台風襲来が…

日程:2017年10月29日(日)
第156回 天皇賞(秋) 東京芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞秋2017の予想用・出走予定馬一覧

 なかなかGIタイトルに手が届かなかったが、今年の安田記念では大外一気を決め込んでようやく悲願のGI馬となったサトノアラジンが天皇賞秋に出走予定だ。距離を再び延ばして臨んだ毎日王冠でも鮮やかに大外から末脚を引き出しての2着。更にもう1F延ばして2000mがどう出るか、得意の府中で大外一気、2つ目の願い…中距離での戴冠を実現できるか?


 う~ん…雨がなあ…。まあ京王杯スプリングCの負け方は雨がどうこうというよりも単純に進路どりが拙かった、というところでそこは気にしていない。ただ、この馬はやっぱり基本はトップスピードの質で勝負するタイプだし、安田記念でも超高速馬場での平均ペースで良さが出ているからなあ。正直良馬場なら重い印を、とも思っていた一頭なんだけど、台風の影響がどう出るかだろう。


安田記念(GI) 1着 18頭7枠14番
東京芝1600m良 1:31.5 45.5-46.0 M
12.2 - 10.6 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.0 - 11.3 - 12.1

 大外一気を決め込んだ2走前の安田記念から見ていきたい。超高速馬場でペースは平均だが淀みが余りない、タフな流れとなっている。その分L1が12.1と超高速馬場を考えればかなり落としている。前半のペースについていってなおかつそこから脚を引き出せたかどうか、更にL1まで踏ん張れたか。


 14番枠からやや出負けという程度、そこから無理せず控えて後方で進めていく。道中も淡々と流れている中で後方外目、ちょうどレッドファルクスと同じような列で3角に入っていく。3~4角でも後方外目でロスを気にせず4角でゴーサイン、後方で直線。序盤で底からしぶとく伸びてきて中団に取り付く。L2の減速地点でもしぶとく伸びて2列目、L1でロゴタイプが甘くなったところを大外強襲、レッドファルクスの追撃も振り切ってしっかりと勝ち切った。


 正直厳しい流れではマイルCSの感じ(不利を考慮に入れても)からもちょっと難しいかなと思っていたんだが、超高速馬場で後方から外外を回すことでパフォーマンスを上げてきていると考えるべきかなと。この馬に関して言えば多少のロスがあってもしっかりと外からスムーズに出し切ることが重要な感じはある。厳しい流れで追走、3~4角もそう緩んでない中で外外、ロスが多くてもそれを跳ね返すだけの末脚を引き出してきたからの勝利であると。入りからL1まで終始優勢だったし、全体的に一枚上だったと考える必要がある。まあ勿論超高速馬場が合っていた可能性も高いが。


毎日王冠(GII) 2着 12頭8枠12番
東京芝1800m良 1:45.6(+クビ差) 47.8-45.6 S^2
12.8 - 11.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.1 - 10.7 - 11.7

 前走の毎日王冠では距離を久々に1800mに延ばしたが、結果的に力を証明したと言っていいだろう。ペースは2.2でかなりのスロー、3~4角でもペースが上がらず、L2最速10.7は相当速いラップ。究極的なトップスピードの質にギアチェンジも要求された形だ。


 12番枠からやや出負け、そこから無理せずじわっと促す程度で後方で進めていく。道中もリアルスティールをマークするような感じで中団の外までじわっと押し上げながら3角に入っていく。3~4角でも外外からリアルスティールマークで直線。序盤でその外から追いだされるがここでスッとリアルに並びかける。しかし坂の上りの地点でリアルが抵抗して若干離される。L1でもう一度喰らいついて最後はクビ差の2着だった。


 負けはしたがスローからの究極レベルのトップスピード戦でリアルスティールに対してここまでやれたなら、少なくとも究極レベルの切れ味勝負ならステファノスより上かなという感じの競馬だった。L1までしぶとく食らいつけていたのも好感だ。外から脚を自分のリズムで乗せて行って引き出していく形の方がパフォーマンスが高いので、多少ロスがあったとしてもこのパターンを貫いた方が良いのだろう。


京王杯スプリングC(GII) 9着 13頭4枠4番
東京芝1400m重 1:23.6(+0.4) 36.4-34.2 S^3
12.8 - 11.3 - 12.3 - 12.6 - 11.6 - 11.1 - 11.5

 京王杯スプリングCは道悪ということもあったがペース自体は2.2と超スローでラップ推移的に見てもL4で12.6と緩い流れからの最速11.1、かなり偏差が大きい流れになっていてギアチェンジも要求されている。その中で不発だったのは馬場もあるかもだが、進路どりだろう。


 4番枠からまずまずのスタートを切っていたが行き脚が微妙で後方馬群の中目で進めていく。道中も後方馬群の真ん中でスペースがない状況で掛かりながら3角。3角でもペースが上がらず4角の緩い地点で包まれてスピードを落としている状況で直線に入ってくる。序盤で内のスペースを狙っていくが狭い。L2辺りでかなり反応が悪くジリジリとしか伸びてこない。L1も良いところなくなだれ込むだけだった。


 道悪もあり得るが、この馬は内内で我慢してとなるとどうも良さが出ない印象はある。例えば結構前のレースになるがエプソムCなんかはスムーズに進めていたが2着でもディサイファとの比較で物足りなかったし、ダービー卿3着時も展開的には噛み合っていたが内内でいまいちだった。昨年のマイルCSも悪くはなかったがディサイファ比較で微妙、どちらも不利を受けてしまったので何ともだが、安田記念や毎日王冠でのパフォーマンス、また少し渋っていても大外一気でズドンときたスワンSとの比較でみてもちょっと物足りない。


2017天皇賞秋に向けての展望

 雨に関してはプラスにはならないと思っている。どこまでマイナスになるか、というのは微妙だが雨をプラスにできる馬が多い今回は狙いとしては結構下がってくるかなと。ただ外枠はこの馬にとっては歓迎で、3角以降は少なくとも外から自分のリズムで入って行った方が良い。トップスピード戦なら最上位の一頭になると思っていたが、どうも台風がまた襲来しそうで天気が良くない。長距離適性も高いレベルで見せているリアルスティールと比較すると、雨が降って絶対的に時計が遅くなることは安田記念とは真逆になるわけで良い材料ではないと思う。その辺を踏まえるとやはりちょっと評価を下げざるを得ないかな。雨が降って極端なトップスピード戦でない、という条件ならネオリアリズム、サクラアンプルール、ヤマカツやミッキーロケット、シャケトラ、もちろんサトノクラウン辺りまでが対応できてしまうと思うので、先週ぐらいとまではいわないまでも11秒台前半が最速、というぐらいのレベルの馬場ならやはり狙いは下げたい。良馬場でやりたかったなあ。


<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第156回 天皇賞・秋(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  天皇賞・秋を3点で獲れなけれ
ば2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

古馬は王道路線、春は大阪杯・天皇賞(春)・宝塚記念、秋は天皇賞(秋)・ジャパンC・有馬記念となる。この王道路線を3連勝した馬には内国産馬2億円、外国産馬1億円の褒賞金が交付される。春は大阪杯、天皇賞(春)を連勝したキタサンブラックが褒賞金のチャンスがあったが状態面に不安あり3戦目で敗戦。GI3連勝のカギを握るのは状態面となるだろう。

過去10年の成績では1人気[5.2.2.1]、2人気[0.3.2.5]、3人気[0.0.2.8]。1人気で勝ち上がったのはモーリス、ラブリーデイ、ブエナビスタ、ウオッカ、メイショウサムソンの5頭。1人気は7連対と安定した成績を残しているが、2.3人気は3連対のみと苦戦している。平均配当では馬連4740円、3連複1万1240円、3連単7万2900円と波乱傾向。昨年は7人気リアルスティール、一昨年は10人気ステファノスが連対しており人気薄の好走がありヒモ荒れとなっている。


古馬との対戦となる3歳馬は?

同レース、3歳馬の解放後、3歳馬による初制覇は96年のバブルガムフェロー(藤沢和厩舎)、02年にもシンボリクリスエス(藤沢和厩舎)が勝っているが、ここまでは藤沢和雄厩舎の2頭のみ。古馬相手に苦戦を強いられているが、馬券圏に好走したのは10頭[2.5.3.21]。過去10年の世代別の成績では4歳馬(4勝2着6回3着2回)、5歳馬(5勝2着2回3着4回)と圧倒的に4.5歳馬の活躍が目立つ。3歳馬がこの時期に古馬の一線級相手と互角に戦いをするのがいかに難しいかが分かる。

★3歳馬の好走暦

02年シンボリクリスエス1着
04年ダンスインザムード2着
06年アドマイヤムーン3着
08年ディープスカイ3着
10年ペルーサ2着
12年フェノーメノ2着
14年イスラボニータ2着


★ステップレース別の成績では

昨年は札幌記念からのローテーションでモーリスが優勝。一昨年は京都大賞典をステップに出走したラブリーデイが勝っているが、過去10年で5勝を挙げているのが毎日王冠組み。距離は違うが同じ舞台の東京で行われる重賞でもあり、ローテーション的にもステップレースとして一番勝ち馬を出している。また、休み明けだが宝塚記念からの直行組みが2勝(5連対)しており、GI戦線で活躍している馬は休み明けを苦にせず力を発揮している。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『菊花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

昨年の天皇賞(秋)は◎モーリスから馬連2420円、3連複7430円のダブル的中!ここ4年も3度的中しているドル箱レース。今年も確信の本命馬◎から人気薄激走情報馬、更には無印濃厚の爆弾情報馬の大駆け情報を極秘入手済ですので大きくご期待ください。

<天皇賞秋>アフェリエイト用
秋GIシリーズ第一弾スプリンターズSも馬連1760円的中!
競馬セブン 春GⅠの実績では
高松宮記念 馬連2150円的中   3連複3230円的中
大阪杯   馬連2320円的中   3連複4830円的中
皐月賞   馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
オークス  3連複4600円的中
安田記念  馬連1万0480円的中
重賞競走も陣営の思惑を知っていれば簡単に獲れるのです!簡単元競馬学校教官:徳吉一己を筆頭に業界随一の情報網を擁するから彼らが入手する情報は表に出回らない“ワケアリなヤリ話”を入手できるからこそ、毎週、万券情報をお届けできるのです。そして今回は特別も特別に【天皇賞秋・3点勝負】を無料公開!興味のある方は是非情報を入手することをオススメします。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第156回 天皇賞・秋(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  天皇賞・秋を3点で獲れなけれ
ば2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:天皇賞秋300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞秋 2017 出走予定馬:グレーターロンドン、2週続けてロンドンブリッジの血筋?前走目途も強敵は多く
【天皇賞秋2017】プレ予想 リアルスティール乗り替わりは不安
【天皇賞秋2017】枠順確定 キタサンブラックと武豊騎手は4枠7番
天皇賞秋 2017 出走予定馬:リアルスティール、昨年2着の実力馬…瞬間的な切れ味は抜群で、府中の中距離で引き出し切りたい
天皇賞秋 2017 出走予定馬:マカヒキ、ダービー馬の復活はあるのか?…毎日王冠が物足りず
天皇賞秋 2017 出走予定馬:シャケトラ、宝塚記念は苦しい展開でも善戦…道悪でトップスピードを要求されなければチャンスも
天皇賞秋 2017 出走予定馬:サトノクラウン、勢いに乗るデムーロも…トップスピード戦では甘く良馬場府中は難しい
【天皇賞秋2017】最重要ディープインパクト産駒!出走予定馬を全頭紹介
天皇賞秋 2017 予想:本命03ネオリアリズム
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ステファノス、2年連続馬券に絡む相性の良いレース…内枠からポジションを取れれば怖い
天皇賞秋 2017 速報・結果:キタサンブラックと武豊、まさかの出遅れから内を強襲強烈な出し抜きで完全復活を成し遂げた!
【天皇賞秋2017】追い切り情報 美浦ウッド追い切り馬に注目
天皇賞秋 2017 出走予定馬:キタサンブラックと武豊、宝塚の悪夢から立て直し、天皇賞春秋連覇なるか?
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ネオリアリズム、2000では底見せず…ハイスロー何でもござれも、究極レベルのトップスピード戦は苦手で府中なら雨が欲しい
天皇賞秋 2017 出走予定馬:カデナ、3歳馬ながら果敢に参戦も…相手はかなりの強敵で苦戦は必至か
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP