投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞秋 2017 出走予定馬:ワンアンドオンリー、毎日王冠ラストは悪くない伸びで復調…も、やはり相手が手ごわく

日程:2017年10月29日(日)
第156回 天皇賞(秋) 東京芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞秋2017の予想用・出走予定馬一覧

 栄光の日本ダービー馬ながらも神戸新聞杯勝利以降、本来の姿から遠ざかってしまっているワンアンドオンリーが天皇賞秋に出走予定だ。ただ、前走の毎日王冠は7着ながらも一筋の光明が差し込む程度には最後伸びてきていた。更に強敵が犇めく天皇賞秋でとなると現実的ではないかもしれないが、栄光を掴んだ府中の舞台で取り戻せるか。


 毎日王冠のラストの伸びは確かにこれまで全然だった中では一定の評価はしたい。ただ、あくまで一定だしグレーターロンドンとの比較でみても見劣るわけで、強くは推せないのが現状。ここでどういう競馬をして次につなげることができるかに注目したい。


日本ダービー(GI) 1着 18頭1枠2番
東京芝2400m良 2:24.6 59.6-60.2 M
12.5 - 10.6 - 11.8 - 12.2 - 12.5 - 12.1 - 12.7 - 13.6 - 12.2 - 11.6 - 11.1 - 11.7

 3年前になるので流石に少し忘れていると思うがもう一度良い頃を思い出しておこう。高速馬場でペースは平均だが途中で故障したエキマエが刻んだもの。離れた番手で見て1000通過で60秒後半ぐらい、恐らくややスロー~かなりのスローぐらいだろう。そこからの直線勝負でL2最速ギアチェンジ戦。


 2番枠からまずまずのスタートを切りながら先行争いに上手く入っていく。向こう正面では前にサウンズオブアースを置く形で3列目のポケット、3角までに一つ外に出して上手くイスラの直後を取る。3~4角でもペースが上がらない中でイスラの直後から直線。序盤でイスラの外に出してL2の坂の上りでスッと伸びて先頭に立つ。L1でそのまましぶとく抜け出しイスラボニータを破っての戴冠だった。


 正直後にも先にもここまで器用に直線で鋭く抜け出してきたのはないと思う。このイスラボニータは多分一世一代のパフォーマンスだったとみるべきで、前走の毎日王冠でもそれなりには伸びたがL1でのもの。ギアチェンジが問われた中でイスラ以上に反応して伸びてきたというのは今振り返っても現実離れしているなという感じ。この時の出来が余程良かったんだと思う。これを今求めるのは正直酷な話で、現実的にはL1でしぶとく伸びるTS持続でどこまでやれるかかな。


毎日王冠(GII) 7着 12頭7枠10番
東京芝1800m良 1:46.0(+0.4) 47.8-45.6 S^2
12.8 - 11.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.1 - 10.7 - 11.7

 長い年月が経って前走の毎日王冠で幾らか復調したかも、とは思わせた。と言ってもまだまだ最上位相手に勝負になるレベルではないのだが。ペースは2.2でかなりのスロー、L2最速のトップスピード戦で究極的な切れ味、ギアチェンジが問われたという点では意外とダービーに近かったかもしれない。


 10番枠から五分には出たかなという程度、そこから促されつつも中団やや後ろで外目から上手く内目に入り込む。3~4角でも前にかなりスペースがある状況で内内を立ち回りつつ、4角でもマカヒキの後ろからスペースを保って直線。序盤で進路を探りつつだが置かれているのでスペースはたっぷり、L2の地点でサトノの直後に持ってきて最後は前のスペースをジリジリと詰めて伸びての7着だった。


 ダービーと違うのはL2までの地点では伸びる気配はなくもっさりとしていた。ただ、L1の地点ではそれなりに伸び始めていて最後は掲示板圏内までそう差のないところに来ていたのでマカヒキやヤングマンパワーとの比較で見ればパフォーマンスを戻してきているのかも、という内容。ただし、L1の伸びも決定的とは言えず、総合的に見ればやはりギアチェンジやトップスピードに質が足りていない。


2017天皇賞秋に向けての展望

 正直不調期をあまり長々と語っても仕方がない。内容的に見て毎日王冠が直近でベストで、それでもちょっと難しい、というのが正直なところ。また良い頃はポテンシャルが最大の売りだと思っていたんだが、少なくとも近走はその競馬では勝負にならない。まだトップスピード戦の方がマシなので、その点で秋の天皇賞ではまだパフォーマンスを発揮しやすいだろうと。特に今回はギアチェンジ面をそこまで問われない可能性が高く、キタサンやソウルが早めに動く形を取ればこの馬としては毎日王冠よりもパフォーマンスを上げてくる可能性が出てくるかなと。L1の伸びを考えると、全くノーチャンスとは思わないが、という評価。L1の伸びで考えるとマカヒキよりは上の評価をしてもいいかもしれないが、ダービー馬2頭ともにここでは序列を下げざるを得ない状況。遊ぶにしたって3着ヒモ扱いまでが最大限の評価だろう。流石に勝ち負けまでとなると近走の内容を見ても難しいと思う。また枠も大外を引いてしまったので、今の実力を出し切ることはできても恵まれることは難しいと思う。消す可能性が高いかな。


PR【毎週重賞的中サイトがやらかした失態】

先週、数ヶ月ぶりに重賞外しました。
数ヶ月連続、毎週ここの重賞予想を買っておけば勝てるジンクスが止まった。
買い目がでたらそれを買うだけ。本当は誰にも言いたくない。
毎週おいしい競馬だった。

雨の責任、不良馬場の責任、ドロンコ試合。
キセキの好走とクリンチャーの好走はよめた。
しかし、ポポカテペトルはわからん。
1人気アルアインがまさかの7着。
宝塚記念のキタサンブラックよりひどい走りだった。

天皇賞秋は馬場を回復して良馬場の戦いになるだろう。
だったらこのサイトの買い目にのっておけば、また重賞的中ラッシュになるはず。
他のサイトに興味はない。間違いなくここが重賞に一番強いサイトと思う。
「競馬総本舗ミリオン」

先週の的中実績1部

22日(日)新潟11R 2,481,100円獲得
21日(土)東京11R 富士S 254,900円獲得
菊花賞・・・悔しすぎる。

天皇賞秋、スワンS、アルテミスS、このサイトは3連単をとる。
「競馬総本舗ミリオン」
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【天皇賞秋2017】追い切り情報 美浦ウッド追い切り馬に注目
天皇賞秋 2017 出走予定馬:リアルスティール、昨年2着の実力馬…瞬間的な切れ味は抜群で、府中の中距離で引き出し切りたい
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、好枠をGET、内枠から前半無理なく良い位置を取って、出し切る形なら不気味
【天皇賞秋2017】枠順確定 キタサンブラックと武豊騎手は4枠7番
天皇賞秋 2017 枠順確定:キタサンブラックと武豊、天皇賞春・秋連覇に向けて絶好の4枠7番!
天皇賞秋 2017 出走予定馬:キタサンブラックと武豊、宝塚の悪夢から立て直し、天皇賞春秋連覇なるか?
天皇賞秋 2017 速報・結果:キタサンブラックと武豊、まさかの出遅れから内を強襲強烈な出し抜きで完全復活を成し遂げた!
天皇賞秋 2017 出走予定馬:サトノアラジン、大外からスムーズに出し切る形で覚醒も…できれば良馬場が望ましく、再度の台風襲来が…
天皇賞秋 2017 追い切り・調教評価:我慢しながら追い出されて反応、四肢の捌き素軽く好気配!
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ネオリアリズム、2000では底見せず…ハイスロー何でもござれも、究極レベルのトップスピード戦は苦手で府中なら雨が欲しい
天皇賞秋 2017 出走予定馬:マカヒキ、ダービー馬の復活はあるのか?…毎日王冠が物足りず
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、毎日王冠は逃げて仕掛けが甘くなり…強気の仕掛けで再チャレンジできるか
【天皇賞秋2017】プレ予想 キタサンブラック瞬発力勝負では分が悪いか
天皇賞秋 2017 出走予定馬:サトノクラウン、勢いに乗るデムーロも…トップスピード戦では甘く良馬場府中は難しい
天皇賞秋 2017 出走予定馬:シャケトラ、宝塚記念は苦しい展開でも善戦…道悪でトップスピードを要求されなければチャンスも
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP