投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

スワンステークス 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、馬場不問、1200は追走に少し苦労していてこの距離は面白そう

日程:2017年10月28日(土)
第60回 スワンステークス(GII) 京都芝外1400m
予想用・出走予定馬一覧
スワンステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 ダートから芝に転戦後は時折面白い競馬を見せてくる、前走のオパールステークスでもしぶとく伸びて2着を確保したヒルノデイバローがスワンステークスに出走予定だ。阪急杯でもタフな流れで2着に食い込み、道悪の京王杯スプリングカップでも逃げて4着かと思えば高速馬場のUHB賞でも強い競馬。掴みどころのない不気味な存在がここにきて覚醒となるか。


 まだまだ掴み切れていない面もあるが、噛み合ったときは結構通用しているなという印象。京王杯SCは少し恵まれたにせよ結構ハイレベル戦だったと思うし、その中で戦えた。そして前走のオパールSの内容が良かった。阪急杯では厳しい流れで良さが出た感じだったが、前走や京王杯から一概に決めつけない方が良さそう。馬場もタフだろうが高速だろうが関係なく来ているし、本当に厄介な存在。


オパールS(OP) 2着 13頭7枠10番
京都芝内1200m良 1:07.5(+クビ差) 34.3-33.2 S^2 
12.2 - 11.0 - 11.1 - 11.2 - 10.8 - 11.2

 前走のオパールSは結構特殊な競馬になった。京都1200は上がりにくいコースだが、それにしても1.1とかなりのスローというのは流石に遅い。そこからのL2最速10.8というのはかなり速く、ここでトップスピードの質を要求されている。重要なのはポジショニングとそこからの決め手の質。


 10番枠から出負けして押して押しての追走、最序盤は後方にいたが3角までには一気に取り付いて好位の外。3~4角でも好位の外から押して押して4角出口で大外に持ち出し直線。序盤ではまだジリっぽかったがそれでも2列目の外。L1でそこからしぶとく伸びて最後は完璧な競馬をしたソルヴェイグに詰め寄っての2着だった。


 意外にもトップスピード戦でここまでラスト伸びてきたな、という感じ。もちろん京王杯スプリングCでも逃げてそれなりにやれていたけど、最速地点でもしぶとくついてきてL1で11.2とそう落ちていない中で差し込んできたのは高く評価したい。ただし、前半がスローという中でポジショニングでは苦労した。ゲートがいまいちで、そこからかなり押して押して好位の外。スローだったので良かったけど、これで33秒台に入っていたらリカバーは難しいなという感じの競馬だった。思ったより切れたとは思うが、本質的に1200が合っている、という感覚はなかったかな。


キーンランドC(GIII) 12着 13頭4枠4番
札幌芝1200m良 1:10.6(+1.6) 33.5-35.5 H^2
12.0 - 10.5 - 11.0 - 11.6 - 11.7 - 12.2

 ただ札幌の重賞キーンランドCでは完敗を喫した。タフな馬場でペースも2.0と超ハイに肉薄するレベル。ラップ推移的にも淀みない前掲ラップで消耗戦の色合いが濃い。パワー型基礎スピードをかなり高いレベルで問われた。


 4番枠から出負け、そこから押して押しての追走となるのだが前が飛ばすのでついていくのが難しい。終始最後方列の最内を通して3~4角でも前にスペースがある状況なのだがむしろ詰まらず最後方列のまま直線。そのままばてた馬を交わしたという程度で終わって12着完敗だった。


 この内容からも1200m戦でここまで上がってしまうと追走に苦しむ。阪急杯でもタフな馬場の1400ではハイペースでも前半無理せずなんとか進められたが、流石に1200でこのレベルのハイペースになると追走に汲々としていた感じ。基礎スピード的に無理があったかなと。この一戦からも本質的に見てスプリンターとは思っていない。前半部分で基礎スピードが足りない。


京王杯スプリングC(GII) 4着 13頭1枠1番
東京芝1400m重 1:23.6(+0.4) 36.4-34.2 S^3
12.8 - 11.3 - 12.3 - 12.6 - 11.6 - 11.1 - 11.5

 この京王杯スプリングCはおやっ?と思わせる内容だった。阪急杯で結果を出してはいたのでタフな馬場でもある程度やれるとは思っていたが、結果的に2.2の超スローからのトップスピード戦、という中で思ったよりもやれたな、というのが率直な感想。


 1番枠から好発を切ってそこから押して押しての先行策、流石にハナを切れたのは道悪の影響で各馬が探りながらだったのが大きいだろうがそれでも主導する。3~4角でもペースを落とすぐらいの感じで団子状態で直線。序盤で馬場の良い中目から追いだされるが反応は鈍くここで並ばれてしまう。L2で下がるかなと思いきやここでは抵抗していてまだ先頭列に近いところ。L1は甘くなったがそれでも激しい4着争いを制した。


 流石に前受する形になったのでどうしても他より仕掛けが遅く、要所の反応で甘さが出ていたのは否めない。それでも坂の上りの最速地点では悪くなかったので逃げてペースを落として一気に加速、というギアチェンジ面の適性が微妙だった感じはある。ただ強敵が揃っていたし、この一戦は結構侮れないかも。


2017スワンステークスに向けての展望

 阪急杯、京王杯スプリングCと渋った馬場で厳しい流れ、ドスローと異なる流れの中でも結果を出してきた。また前走のオパールSでは京都1200でも極端な高速馬場で34.3-33.2と1.1のかなりのスローの流れで外からL1まで鋭く伸びてきた。一方で崩れているのがキーンランドCや宮記念。どちらも共通しているのは程度の差はあるがタフな馬場での基礎スピード戦。かなりのハイ以上の流れになっているし、その中で1200では難しかった、というところかもしれない。阪急杯では1400で馬場、ペースともにタフな状況でしぶとく伸びてきている。京王杯スプリングCの内容から踏まえても個人的には1200は忙しい、と考えるべきで後傾バランスでトップスピードを引き出せれば辛うじて対応できるという感じ。なので1400は合うと思う。後は相手関係と展開で、少なくともゲートはかなり不安定菜のはネックになる。ここ2走は出負けしているし、厳しい流れになると取り付くのは簡単ではない。四位よりもノリとの方が少なくともゲートは相性が良さそう。スワンSは結構スローになることも少なくないので、全体が35-34ぐらいのバランスで自身で36-33ぐらいというのは狙えなくもないかな。3走前のUHB賞から高速馬場ならある程度時計勝負になったとしても対応してくるし、上手く流れに乗ってくれば結構怖い存在。馬場は不問なのでまた台風の影響がありそうな週末でも不安はそんなにない。この距離では怖さが増してくる感じはあるので、馬券的には連下~3着ヒモでは拾いたい一頭。それ以上もあり得るが、今回は結構面白い馬が多いからなあ。




 天皇賞秋予想の際ご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手はG1レースに何度となく騎乗していて、G1レースでの騎手心理など騎手ならではの観点で勝ち馬を見抜けるのだという。曰く、、「今年の天皇賞秋は絞って狙える!買うのはこの3頭だけでいい」とのこと↓↓

キタサン?サトノ??
勝つのはあの馬!
相手も完璧にツカんでいる

第156回天皇賞秋(G1)
『想定300倍以上』
【G1騎手大西直宏渾身】

◆東京は開幕週から絶好調
◇情報通りの万券ラッシュ!
府中牝馬S(G2)
◎クロコスミア
○ヴィブロス
▲アドマイヤリード
【1万9390円的中】

東京初日7R
穴アンジュリンブレス
(8番人気)
3万5880円的中!

京都3日目3R
穴ターフェルムジーク
(6番人気)
1万2840円的中!

東京3日目11R
穴ラストダンサー
(5番人気)
1万1480円的中!

G1のことはG1ジョッキーに聞け!

↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

七夕賞 2017 出走予定馬:ゼーヴィント、福島で内目でも立ち回れる器用さ、ペースへの対応力高く勝ち切れるかが焦点か
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンバジル、昨年3連勝の勢いは不気味も…3000mでどういう競馬をしてくるか
フェアリーステークス2018 出走予定馬:トロワゼトワル、前走折り合いに苦労も4着…速い脚を持っているわけではないが総合力は高く
平安ステークス 2017 出走予定馬:グレイトパール、ダートで無傷の5連勝となるか?総合力を見せつつ底を見せず…強敵相手にここが試金石
みやこステークス 2017 出走予定馬:ローズプリンスダム、消耗戦でもばてずに一足…テイエムのペースなら怖い一頭
平安ステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、後一歩の詰めは甘いが…全体のペースが上がっても使える基礎スピード型一足タイプか
中山金杯2018 出走予定馬:ダイワキャグニー、府中ではトップレベルも…唯一の右回り弥生賞の負け方は不満が多い
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:ブランボヌール、返ってきた三浦とともに華麗なる復活を遂げられるか?
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:クイーンズリング、トップスピードの質は最上位…ここ2走の出負け癖が解消できるかが勝敗を分けそう…
ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬:フェイムゲーム、現役屈指のステイヤー…初参戦もこの舞台で真価を発揮しそう
中山金杯2018 出走予定馬:デニムアンドルビー、ポテンシャルはまだまだ健在も…明け8歳馬で緩やかに下降線でもあり
紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ポールヴァンドル、器用に立ち回って一瞬の脚を上手く引き出したい
レパードステークス 2017 出走予定馬:アディラートと武豊、なかなか勝ち切れないが…レースを支配して勝機を掴め
京成杯2018 出走予定馬:デルタバローズ、1戦1勝もセンスある突き抜け方は魅力、中山2000克服なるか?
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:クリスマス、洋芝は合うが、総合力で勝負だと他に強敵多く…少しギャンブルが要るかも
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP