投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

スワンステークス 2017 出走予定馬:レッツゴードンキ、激しい気性を何とかコントロールし、末脚を爆発させる形で安定

日程:2017年10月28日(土)
第60回 スワンステークス(GII) 京都芝外1400m
予想用・出走予定馬一覧
スワンステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 スプリント路線で強さを発揮、今年は2度のスプリントGIで2着と存在感を発揮しているレッツゴードンキがスワンステークスに出走予定だ。今年の冬には同じ京都1400mの重賞である京都牝馬ステークスを制していて適性面も問題ないだろう。新興勢力が台頭してきたこの路線だがスプリンターズステークスではレッドとともに台頭をはねのけた。ここも実力馬の威厳を見せたい。


 前走のスプリンターズSも休み明けで挑んでいるし、その点でも目標からの急降下という心配はあまりないかもしれない。1週前の坂路の時計がいまいちなので直前追い切りではしっかりとみておきたいけど。適性的にも1400は問題ないが、気性は前向きだけど基本的には前半無理をしたくないタイプなので。そこを上手く進められるかどうか。器用な馬で内からでも動けるし、噛み合えば強い。


スプリンターズS(GI) 2着 16頭1枠2番
中山芝外1200m良 1:07.6(+クビ差) 33.9-33.7 M
11.9 - 10.8 - 11.2 - 10.9 - 11.1 - 11.7

 まずは前走のスプリンターズS2着から振り返る。正直これで勝てなかったのは可哀想だなというぐらい上手く噛み合っていたと思うが、結局このペースで強烈な末脚を引き出してきたレッドファルクスに差し切られてしまった。ペースは平均で中山にしては遅い、ラップ推移的にもL3最速で4角地点での立ち回りは重要だったと思う。


 2番枠から五分に出てそこからじわっと無理はせずに進めて中団の内目を確保と理想的な入り方。無理はしたくない前半でペースが緩め、折り合いは苦労しつつも前にスペースを置くレベルにはコントロールできていて3角に入っていく。3~4角でも中団の内内を追走、4角で激しく手が動いて直線。序盤で左鞭連打で上手く最内に入り込み2列目、L1で前のワンスインナムーンを捕えたところに外から一気にレッドファルクスに来られて悔しい2着となった。


 これで差されたら相手を褒めるしかない、というぐらいの競馬だったと思う。内枠を利して上手くロスなく進められた、前半も無理なく入って持ち味である後半の末脚を引き出すことができた。この馬自身は強かったと思うが、こういうペースで後半のトップスピードの質、持続力を高めてきたレッドファルクスの方が一枚上だったという感覚かな。この馬自身も強い競馬はしているが、相手が悪かった。


京都牝馬S(GIII) 1着 18頭5枠10番
京都芝外1400m稍 1:22.5 35.8-34.7 S^2
12.6 - 11.6 - 11.6 - 12.0 - 12.0 - 11.2 - 11.5

 稍重で時計が掛かっていた京都牝馬Sでもワンスインナムーンを楽々撃破している。結果的にスプリンターズSの2,3着がここでの1,2着となっているが、ペースバランスは1.1で1400でもかなりのスローの分類、そこからのL2最速戦となっている。が、京都にしては3角の下りでむしろペースが落ちていて、そこからの12.0-11.2とギアチェンジを要求されているという点も注目が必要。


 10番枠からやや出負け、そこからじわっと促す程度で中団で進めていく。道中も中団馬群の中目でジェットスキーレベルで掛かっているが気性難はいつものこと。3~4角でも中団の外で我慢しながら出口で仕掛けて直線。序盤で外からしっかりと反応して2列目に並びかけてくる。L1でグンと来て流石の伸び、体1つ半ほどで出ての完勝だった。


 ここでは時計が掛かる馬場の中でペースも遅いので正直映像的にはかなり掛かっていた。ただそれでも前半を無理しないことで後半加速していく流れで鋭く、最後まで伸び切っている。L3-2の加速でも置かれずに2列目まで楽に取り付いてきたし、L1でも他が伸び切れない中でしっかりと抜け出す持続力を見せている。ターコイズSなんかでもL1で食い込んでくる辺りを踏まえても前半無理をしなければ後半のTS持続にもつなげてこられるタイプだろうと。だからマイルまでやれるんだと思う。


高松宮記念(GI) 2着 18頭2枠3番
中京芝1200m稍 1:08.9(+0.2) 33.8-34.9 H^2
12.3 - 10.3 - 11.2 - 11.4 - 11.3 - 12.2

 3走前の宮記念ではセイウンコウセイには敗れたものの強敵レッドファルクスの後ろから差す形で2着を確保と健闘した。ペースは1.1でかなりのハイ、ラップ推移的にはL3-2で誤差程度の加速となっている。パワー型の基礎スピードを高いレベルで要求されたが、それに対して前半無理をしないことで対応してきたと思う。


 3番枠から五分のスタート、そこからある程度は促したが途中で諦めて後方に下げてティーハーフの後ろぐらいで3角。3~4角で最内を立ち回って中団に取り付いて直線。序盤でそこから最内を突いてしぶとく伸びてレッドに並びかける。L1でレッドを競り落として2着を確保した。


 セイウンコウセイには完敗だったが、1200でハイペースでもタフな馬場で前半無理をしなければ高いパフォーマンスを見せてきたといえる。正直この流れでレッドを差すイメージは湧かなかったんだけど、レッド自身が前半少しだけ厳しい流れに乗り過ぎた感はあるし、こちらは前半を無理せずに35.0-33.9と1秒ぐらいの後傾バランスで走り抜けることができたのがレッドに対しての勝因かなと。


2017スワンステークスに向けての展望

 基本的には前半オーバーペースにならなければ安定していて、基礎スピードがありそうで案外ないのでそこだけ注意したい。過去で言うところの阪急杯で甘かった時も前半のハイペースに気持ちよく乗ってしまって脚がなくなった形だと思う。それと、地味に少し時計が掛かる馬場が合う。桜花賞を勝った時も少し雨が残っていたし、宮記念が強かったことからも少し渋った馬場の方が良いのだろう。もちろん高速馬場でも問題ないが、仕掛けが早くなって脚を出し切る形よりはL2最速で仕掛けのタイミングが少し遅れた方が良いだろう。スワンSはその辺がちょっと読みにくいところはあるが、基本的にはそこまで厳しい流れにはなりにくい舞台なので中団ぐらいで運べればオーバーペースにはならないと思う。後は内枠を引いてしっかりと立ち回りのうまさを活かしたい。昨年の宮記念では内内で詰まってしまったが進路が無かっただけで、内から加速するという器用さは持っている馬なのでそこは活かしたい。スプリンターズSが本番だったのでそこからのスワンS、というのがどうなるかだが適性的に不安は少ない。京都牝馬Sみたいに渋って仕掛けの意識が遅れる形が理想かな。1週前の坂路が少し時計的に不満があるが、内容が分からないので直前でしっかりとみておきたい。馬券的には外しにくいかな。


<PR>
【天皇賞】●●●●●●の軸馬信頼度93%【無料公開】PR.


レース後に後悔したくない人必見!
【信頼度93%の軸馬公開】

天皇賞でビシッと当てるなら
▽この競馬データは要チェック▽
https://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3381


天皇賞(秋)、キタサン軸は危険!?
…━…━…━…━…━…━…━……━…━…━…
今年の天皇賞、例年に比べて予想が難しい
メンバーが揃いましたね。

能力はNO.1だけど休み明けのキタサンブラック。
実績十分だけど、相性の悪いサトノクラウン。
毎日王冠1着のリアルスティール。
オークス圧勝のソウルスターリング。

どれもきそうだけど、不安材料がある・・・
けど消せない・・・どの馬を軸にしよう・・・

と悩んでるあなた。


\ \ \ \ \    / / / / /

能力・適正・血統・統計データを全て分析すると、
軸馬は●●●●●●以外考えられないんです!

/ / / / /    \ \ \ \ \


◎天皇賞の予想を無料公開。
的中率に特化した、軸馬選びに最適な競馬データ
https://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3381



軸馬を選ぶならこの競馬データは無視できない!
…━…━…━…━…━…━…━……━…━…━…

この競馬データはあらゆる要素を総合的に分析して、
勝つ馬がわかる競馬データ。

他の競馬データとの決定的な違いは“軸馬選びの精度”。

その精度はこの通り。
■──────────■
3連単  約37%
馬単  約58%
ワイド 約81%
複勝  約93%
単勝  約83%
■──────────■

複勝93%の実力で軸馬を選び抜き、
3連単を37%で的中させるハチャメチャなデータなんです。

プロ予想家の平均的中率が10%と言われている中、
その3倍以上の的中率を叩き出し続ける、信頼のデータ。

この競馬データをあえて見ない理由はありますか?
▽いますぐ無料登録する▽
https://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3381


10月はその的中率が爆発中
…━…━…━…━…━…━…━……━…━…━…
実は、10月はその的中率が限界突破。
三連単の的中率が

前人未踏の52.7%
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
と爆発してるんです。

いつもの1.5倍以上の的中率で3連単をあてまくっている
10月の成績がコチラ。

【10月の3連単の成績】

10/1  45.8%
10/7  37.5%
10/8  62.5%
10/9  62.5%
10/14 63.9%
10/15 44.4%

167レース中、88レース的中。

なんでこんなに正確な予想ができるのか。

詳細はココに全てあります。
【天皇賞の予想も無料で公開中】
▽いますぐクリック▽
https://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3381


投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ライジングリーズン、GI馬を破った末脚を2000mで引き出せるか?前半急かさずリズムを守りたい
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:ロサギガンティア、昨年もラストは甘く…一足をどこで使えるかがポイントになりそう
セントライト記念 2017 出走予定馬:サーレンブラント、春は少し物足りずも…バテ差しでどこまで食い込めるか
札幌記念 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、今年はV字回復…実績あるも詰めきれない札幌2000の舞台で真価を問う
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ビッシュ、厳しい流れ、ロンスパでポテンシャルを発揮できれば怖さはあるが
関屋記念 2017 出走予定馬:マイネルハニー、前走はスローに落としすぎてキレ負けも、マイルへの短縮がカギ…
平安ステークス 2017 出走予定馬:グレイトパール、ダートで無傷の5連勝となるか?総合力を見せつつ底を見せず…強敵相手にここが試金石
中京記念 2017 出走予定馬:ブラックムーン、一度エンジンが掛かればトップスピードの持続力は非凡だが…色々難しい馬
京阪杯 2017 出走予定馬:ソルヴェイグ、実力馬が復調の軌道に…一足は鋭いが荒れた馬場でラストの外差しを防ぎ切れるか
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ブラックスピネル
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ロンドンタウン、前走は厳しい流れで一定の目途…スローでポジションとれれば警戒
ローズステークス 2017 出走予定馬:ファンディーナ、秋初戦で再度怪物であることを証明できるか?高速馬場適性が微妙な感があり
カペラステークス 2017 出走予定馬:ノボバカラ、JBCスプリントは包まれてコーナー減速…芝スタートでスピードを活かし押し切りたい
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:クリスマス、洋芝は合うが、総合力で勝負だと他に強敵多く…少しギャンブルが要るかも
アンタレスステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:モンドクラッセ、展開のカギを握る逃げ馬…コーナーでの立ち回りに注目したい
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP