投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

スワンステークス 2017 出走予定馬:サングレーザー、札幌でのギアチェンジ、前走の末脚は魅力、不気味さはあるが基礎スピードがどうか

日程:2017年10月28日(土)
第60回 スワンステークス(GII) 京都芝外1400m
予想用・出走予定馬一覧
スワンステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 1400m路線で開花、仲秋ステークスでは大外一気を鮮やかに決め込んで3連勝のサングレーザーがスワンステークスに出走予定だ。3歳ながら古馬を相手に高いパフォーマンスを続けている実力馬、もちろん今回はGI馬2頭を含めて相手が一気に強化されるなかで通用するかが焦点。強烈な輝きを放つ彗星のごとく台頭できるか。


 ここが正念場、という感じ。ただ正直タイプ的にはスワンステークスであまり狙いたいタイプではないなあというのが第一印象。基本的にこのコースで差し追込み馬に求められるのは基礎スピードとそこから高いレベルのトップスピードを引き出すことにあると思う。個人的にはこの馬は前半が少しネックになると思っていて、タイプ的には届かない可能性が高くなるかなと。相手関係もかなり強敵が揃っているので、結構簡単ではないと思う。基礎スピード的にも個人的には1400より長い方が良いかなと。前走の仲秋Sは前中盤で見て少し恵まれた面があったので。ここでも中弛みとか噛み合えばと思うし、結構器用な馬なので内内から直線で進路を作れればチャンスはあるとも思うが、本質的にはもうちょっと距離が欲しいと思う。ただ、不気味な馬なのは間違いない。


仲秋S(16下) 1着 12頭7枠10番
阪神芝内1400m稍 1:21.3 34.5-35.0 M
12.4 - 10.6 - 11.5 - 11.8 - 11.8 - 11.4 - 11.8

 前走の仲秋Sから振り返る。稍重ではあったがやや高速馬場ぐらいではあったと思う。ペースは平均ではあったが中盤で緩んでいてL2最速とペースが速い中で仕掛けが遅いパターン。3~4角の段階では緩い流れだったので前半無理せずここで取り付いていく形が噛み合っていたかなと。


 10番枠からやや出負けしたかなという感じ、行き脚も微妙で後方からの競馬となる。道中も後方で進めて3角だが、3~4角で前がペースを落としていく中で後方から前にスペースのある状況で内目を立ち回りつつ、4角で徐々に外に誘導、追い出して取り付いて直線。序盤で前がそこから一足を引き出す中でL2でしっかりと伸びて好位列、L1で突き抜けた。


 鮮やかに伸びてきたし、L2で加速していく流れでも伸びてきていたのは評価したい点。ただ4角で他がペースを落としている中でこちらは外から上手く勢いに乗せて行けたので反応が良かったのは恐らくミルコのワンテンポ早めの仕掛けが噛み合っていたとは思う。また前半は結構後ろで進めていて、ゲートもあまりうまくはなかった。ポジショニングはあまり期待できないだろう。前半は流れたがそこでついていけなくても中盤の緩みで取り付けている。


道新スポーツ賞(10下) 1着 11頭2枠2番
札幌芝1500m良 1:29.7 36.6-34.6 S^2
6.5 - 11.9 - 12.0 - 12.3 - 12.4 - 12.3 - 11.3 - 11.0

 同心スポーツ賞もトリッキーな競馬。札幌1500で2秒近いかなりのスロー、ラップ推移的にも完全な2F戦でL1最速と仕掛けが遅い。緩い流れからのギアチェンジ戦と言っていいだろう。


 2番枠からここでは五分に出て無理はせず、軽く促す程度で中団の内内、枠も良かったのでいい位置を確保した。3~4角でもペースが上がらない中で3列目の内内、進路がない状況で我慢して直線。序盤で3列目から最内を突くしかない状況で我慢。2列目からL1スパッと切れて突き抜けた。


 この加速ラップで前に壁がありながらも全く置かれなかったし、L1で鋭く伸びてきてこれがレースラップで11.0という点で見ても自身では10.7~10.8ぐらいは意識できる脚を使っていると。相当切れたなというのは感じた。一方でかなりスローペースだったし、その中で前半全く脚を使わなくても良かった。その中で鋭さを引き出してきているのをどう判断するか、というところはある。


デイリー杯2歳S(GII) 3着 10着7枠8番
京都芝外1600m良 1:34.6(+0.1) 48.4-46.2 S^2
12.5 - 11.4 - 12.0 - 12.5 - 12.1 - 11.5 - 11.2 - 11.4

 デイリー杯ではここでも出てくるジューヌエコールには完敗したが、悪くはない3着ではあった。ペースは2.2とかなりのスローで、ラップ推移的にはL2最速と仕掛けが遅めの競馬になっている。その中でL1でしぶとく伸びてきたのがこの馬。


 8番枠から五分のスタート、そこから掛かり気味になりつつも控えて2列目の外で進めていく。3~4角でも2頭分外を回しながら直線。序盤で2列目に並びかけてくるがここで内からすっとジューヌエコールに抜け出される。L1までしぶとく食らいついていたが及ばずの3着だった。


 内容的にはL2の地点に向けてはこちらの方がしっかりと入れていたし、それでもL2の最速地点ではジューヌエコールにキレ負けを喫していた感じ。L1ではしぶとく伸びてきていたけど、個人的にはこの段階では瞬間的な切れ味というよりは長く脚を引き出すイメージだったと。ただ、ここ2走の感じだと結構エンジンの掛かりが良くなっているイメージで、そこは上方修正が必要かもしれない。


2017スワンステークスに向けての展望

 ゲートに関しては不安定で悪い時も悪くない時もある、という点では微妙なライン。ただ基本的には後方から末脚を引き出す形でパフォーマンスを上げてきているというのはある。それと、2走前の札幌の1500m戦で見せた内からのギアチェンジの性能の高さは2歳時からはちょっと考えられなかった。これは不気味だなと思わせるには十分のパフォーマンスだったと思う。要所の反応の良さがあるので内内で我慢しながら直線入りでスッと内を突いて捌くというのは京都の外回り1400では結構な武器になる。ただし、やはり前半のペースが上がった時に対応できるかどうか。前走は平均ペースでも中弛みで取り付く形で噛み合っている。2走前の札幌戦もかなりのスローだ。平均ペースで進めて中弛みも小さい中で後方でとなると、このコースではなかなか差し込み切るのは難しいと思う。なのでその辺りが噛み合ってくればで、端的に言えば内枠引いてポンと出て、スローで好位の内目。この辺りまで嵌り込めばギアチェンジもあるし信頼度も高くなってくる。逆に出負けして平均で後方でとなると、まだ本格化してTS持続は未知数だが不安要素が大きくなる。レッツゴードンキは自身後傾ならかなり手ごわいし、それより後ろから差すのは簡単ではないだろう。その辺りを総合的に判断したい。現時点では消したいけど消すのは怖い、という感じかな。それぐらいの不気味さはある。


<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第156回 天皇賞・秋(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  天皇賞・秋を3点で獲れなけれ
ば2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

古馬は王道路線、春は大阪杯・天皇賞(春)・宝塚記念、秋は天皇賞(秋)・ジャパンC・有馬記念となる。この王道路線を3連勝した馬には内国産馬2億円、外国産馬1億円の褒賞金が交付される。春は大阪杯、天皇賞(春)を連勝したキタサンブラックが褒賞金のチャンスがあったが状態面に不安あり3戦目で敗戦。GI3連勝のカギを握るのは状態面となるだろう。

過去10年の成績では1人気[5.2.2.1]、2人気[0.3.2.5]、3人気[0.0.2.8]。1人気で勝ち上がったのはモーリス、ラブリーデイ、ブエナビスタ、ウオッカ、メイショウサムソンの5頭。1人気は7連対と安定した成績を残しているが、2.3人気は3連対のみと苦戦している。平均配当では馬連4740円、3連複1万1240円、3連単7万2900円と波乱傾向。昨年は7人気リアルスティール、一昨年は10人気ステファノスが連対しており人気薄の好走がありヒモ荒れとなっている。


古馬との対戦となる3歳馬は?

同レース、3歳馬の解放後、3歳馬による初制覇は96年のバブルガムフェロー(藤沢和厩舎)、02年にもシンボリクリスエス(藤沢和厩舎)が勝っているが、ここまでは藤沢和雄厩舎の2頭のみ。古馬相手に苦戦を強いられているが、馬券圏に好走したのは10頭[2.5.3.21]。過去10年の世代別の成績では4歳馬(4勝2着6回3着2回)、5歳馬(5勝2着2回3着4回)と圧倒的に4.5歳馬の活躍が目立つ。3歳馬がこの時期に古馬の一線級相手と互角に戦いをするのがいかに難しいかが分かる。

★3歳馬の好走暦

02年シンボリクリスエス1着
04年ダンスインザムード2着
06年アドマイヤムーン3着
08年ディープスカイ3着
10年ペルーサ2着
12年フェノーメノ2着
14年イスラボニータ2着


★ステップレース別の成績では

昨年は札幌記念からのローテーションでモーリスが優勝。一昨年は京都大賞典をステップに出走したラブリーデイが勝っているが、過去10年で5勝を挙げているのが毎日王冠組み。距離は違うが同じ舞台の東京で行われる重賞でもあり、ローテーション的にもステップレースとして一番勝ち馬を出している。また、休み明けだが宝塚記念からの直行組みが2勝(5連対)しており、GI戦線で活躍している馬は休み明けを苦にせず力を発揮している。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『菊花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

昨年の天皇賞(秋)は◎モーリスから馬連2420円、3連複7430円のダブル的中!ここ4年も3度的中しているドル箱レース。今年も確信の本命馬◎から人気薄激走情報馬、更には無印濃厚の爆弾情報馬の大駆け情報を極秘入手済ですので大きくご期待ください。

<天皇賞秋>アフェリエイト用
秋GIシリーズ第一弾スプリンターズSも馬連1760円的中!
競馬セブン 春GⅠの実績では
高松宮記念 馬連2150円的中   3連複3230円的中
大阪杯   馬連2320円的中   3連複4830円的中
皐月賞   馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
オークス  3連複4600円的中
安田記念  馬連1万0480円的中
重賞競走も陣営の思惑を知っていれば簡単に獲れるのです!簡単元競馬学校教官:徳吉一己を筆頭に業界随一の情報網を擁するから彼らが入手する情報は表に出回らない“ワケアリなヤリ話”を入手できるからこそ、毎週、万券情報をお届けできるのです。そして今回は特別も特別に【天皇賞秋・3点勝負】を無料公開!興味のある方は是非情報を入手することをオススメします。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第156回 天皇賞・秋(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  天皇賞・秋を3点で獲れなけれ
ば2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
pngホースメン会議:天皇賞秋300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ローズステークス 2017 出走予定馬:リスグラシューと武豊、ラスト1冠に向けて、前哨戦で成長を見せられるか?
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:タガノアスワド、ここ2走極端なスローだが、前目から引き出す一瞬のキレは非凡
エルムステークス 2017 出走予定馬:モンドクラッセ、夏の北海道は庭…強気の仕掛けでコーナーで勝負を決めたいが
マーメイドステークス 2017 出走予定馬:トーセンビクトリーと武豊、56kgはかなり見込まれたが、スローなら鋭く動ける魅力もある
新潟大賞典 2017 出走予定馬:サンデーウィザード、コーナーで動いていくところで良さ…新潟外回りの適性がカギに
ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬:アルバート、3連覇の偉業にムーアと挑む…動ける位置にいるかとフェイムゲームとの力関係がポイントか
エプソムカップ 2017 出走予定馬:マイネルミラノ、バランスを取るのが難しい馬だが、支配できれば能力は確かで丹内次第
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ベストアプローチ、なかなかかみ合わないが素質は確か…今回こそしっかりと末脚を出し切りたい
阪神カップ 2017 出走予定馬:サングレーザー、連勝ストップもGIで強さ…しかし使い詰めに高速1400がどう出るか?
七夕賞 2017 出走予定馬:ゼーヴィント、福島で内目でも立ち回れる器用さ、ペースへの対応力高く勝ち切れるかが焦点か
CBC賞 2017 出走予定馬:ティーハーフ、馬場不問、前半無理せず鋭さを引き出してくるがワンパンチ足りない
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、マイルへの短縮はカギも、芝スタートの方がスタート良くハイペースも得意で要警戒だ
エルムステークス 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、基礎スピードの高さは非凡…各馬の脚を削いで押し切っての4連勝となるか?
シンザン記念2018 出走予定馬:エアアルマス、距離延長の前走は直線ほぼ流してぶっちぎり…ラップ的にも優秀で素質は確か
目黒記念 2017 出走予定馬:カフジプリンス、ポテンシャルは非凡も…基礎スピードはやや不足、動き出し遅く展開次第の馬
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP