投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞秋 2017 出走予定馬:リアルスティール、昨年2着の実力馬…瞬間的な切れ味は抜群で、府中の中距離で引き出し切りたい

日程:2017年10月29日(日)
第156回 天皇賞(秋) 東京芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞秋2017の予想用・出走予定馬一覧

 昨年の天皇賞秋でもモーリスの2着、今年は前哨戦の毎日王冠を制したリアルスティールが今年も天皇賞秋に出走予定だ。昨年はドバイターフを制して悲願のGI制覇、しかしまだ国内ではGIタイトルをす柱に収められていない。昨年は2着に終わったが、秋の盾が懸かる天皇賞秋はこの馬にとってはベストの条件と言っていいはずだ。ヴァンサン・シュミノーを背に豪華メンバーを華麗に打ち破れ。


 昨年の天皇賞秋の場合はこの馬の良さが出易かったかなと。また前走の毎日王冠も結果的にはこの馬としては仕掛けの遅い流れの中で上手く噛み合った感はある。個人的には加速していくまでの過程は長く脚を使えるんだけど、本当にいい脚は一瞬でそこからは甘い。


毎日王冠(GII) 1着 12頭6枠8番
東京芝1800m良 1:45.6 47.8-45.6 S^2
12.8 - 11.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.1 - 10.7 - 11.7

 前走の毎日王冠と昨年の天皇賞秋は近いイメージでいる。まず特徴として、全体のペースは2.2でかなりのスローペース、ラップ推移としてもL2最速で10.7と強烈なラップを踏んでいるようにトップスピードの質が問われているし、L4の段階ではまだ12秒台と全体のペースが緩いまま直線に入って一気にトップスピードに、という流れ。脚を出し切りにくい展開だった。


 8番枠から五分のスタート、そこから無理せず楽に中団を確保していく。道中も好位集団から少し離れた中団の一番前と理想的な位置で進めて3角に入っていく。3~4角で前がペースを引き上げない、という流れの中で中団外目で追走、ウインブライトの後ろから仕掛けを待って直線入りで外。そこからL2の最速地点でスーッと伸びてきて先頭列、L1では少しラップを落としたてサトノアラジンがしぶとく食らいつくが、最後は何とか踏ん張っての勝利。


 このレースがリアルスティールらしいなという感じ。後半の総合力が高く、トップスピードの質が非凡でギアチェンジが高いので直線外に出すまで馬なりに近い形で加速についていけていたし、そこからL2の最速地点で鋭く伸びた。大体L2入りで2馬身半~3馬身というところでそれがほぼL2の終わりで先頭に近いところに来ている。少なく見積もっても2馬身は詰めているので、10秒台前半を使っているか?というぐらい切れた。最後もサトノアラジンには食い込まれたがしっかりと残しての勝利だし、TS持続もある程度のレベルにあったと思う。ただやはり強烈なトップスピードの質が売りだろうし、そこまでスムーズに加速できるのが持ち味。なので仕掛けが遅い流れだったのは良かったと思う。


中山記念(GII) 8着 11頭4枠4番
中山芝内1800m良 1:48.3(+0.7) 50.3-46.2 S^4
12.6 - 12.2 - 12.6 - 12.9 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.7

 負けパターンとしてはこの中山記念かなと思う。このレースではラップ的に少し読みにくいところはあるんだが、L5でミラノが一気にペースアップ、そこから3~4角で少し息を入れているが、結局5Fで57.3と結構異常なレベルで後半5Fが速い(FA11.46)ので、3~4角でかなり脚を使わされている。リアルの場合いい脚を最後まで取っておきたいタイプだと思っているが、中山記念はそれができなかったから崩れたと見ている。


 4番枠からまずまずのスタートを切ってそこからある程度促しつつまずは好位で入っていく。道中もペースが上がらずドスローの中で団子状態、中団の中目で我慢する形。ただ下り終えたところぐらいからマイネルミラノが外から一気に動いてここで激流と化す。3~4角でミラノは少し息を入れているが、ここでロゴタイプらが外からじわっと差を詰めていく、その流れに好位の中目で押しながら追走も苦戦、そのまま4角で鞭が入るが苦しく下がって直線。序盤から良いところなく最後まで前との差は詰まらずの完敗だった。


 ここでは3~4角で流れている中でついていけずに鞭を入れてトップギアに入れてしまった感じ。恐らくL3辺りでこの馬としては相当無理をしていたと思うし、直線での一足をここで使う形になったので甘さが余計に目立ったかなというところ。ジャパンカップでも思ったより甘かったなという感じなんだが、これもL3最速戦で仕掛けが早かったことが影響している可能性が高い。この馬の好走例を踏まえても、皐月賞は流れたがL2最速で仕掛けが遅かったし、菊花賞もL2-1で加速ラップを踏む、ロンスパだが上がり切らず余力があった中での一足という勝負だった。ミッキースワローの菊花賞でも感じたがポテンシャル自体はあって、トップスピードの質も高いけどTS持続が甘い、という馬は少なからずいると思っていて、このリアルスティールもその傾向が強いと思う。ポテンシャルそのものは高いと思うし距離は3000でもやれると今でも普通に思っているが、本当にいい脚の使いどころが難しい馬だろうと。


天皇賞秋(GI) 2着 15頭7枠12番
東京芝2000m良 1:59.5(+0.2) 60.8-58.5 S^2
13.3 - 12.0 - 11.6 - 11.9 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.5 - 11.0 - 11.7

 昨年の天皇賞秋2着もこの馬の色が出ていたかなと思う。前走の毎日王冠と近いなと感じたのは、やはり仕掛けどころと直線勝負の割合が大きいところかな。ペースは2.3でかなりのスローでこれも近いし、そこから3~4角でペースが落ち着いていて12秒台でキープしてのL2最速11.0。速い脚を要求されたし、直線で加速していく過程。出し切りやすい感じではなくしっかりとギアを上げて行けたかどうかが問われている。


 12番枠からまずまずのスタート、そこから無理せず控えて、それでも下げ過ぎずに中団の外で進めていく。道中少し掛かっていたがモーリスの外からしっかりと意識できる位置を確保して3角。3~4角でもペースが上がらない中で後方に近い位置から進めるがモーリスとの間にアドマイヤデウスに入られて直線。序盤は少し反応が鈍かったが徐々に伸びてL2ではスパッと切れて一気に2列目に取り付いてくる。L1ではモーリスとの差はつまらなかったがそれでもL2の地点でキレを見せての2着だった。


 3着のステファノス比較でみても直線入りでは1馬身ぐらいの差を詰められて並ばれているのに、L2の地点では1馬身ほど前に出ていた。そこからは再度ステファノスもしぶとく食らいついていたが、比較でみても瞬間的な切れ味はステファノスより上のはず。坂の上りでのトップスピードの質はかなり高いレベルにあると思うし、スローでの決め手勝負なら現役でもトップレベルにあると考えてよさそう。


2017天皇賞秋に向けての展望

 マイルだと基礎スピード的にちょっと短いかなと思っていて、2000なら皐月賞を踏まえてもある程度流れても大丈夫だと思う。気性的にはむしろかかり気味に入る馬なので全体で流れても対応しやすくなるという点では良いと思うが、それでも持ち味がトップスピードの質になるので、基本はスローの方が良いだろう。それとギアチェンジも菊花賞の時点ではキタサンの方が上だったと思うが、それでも高いレベルにある馬で毎日王冠でも全く置かれずに坂の上りでグンと来ていた。ディープ×ストームキャットの仔はキズナ、サトノアラジンも含めて外から順々にというタイプが多いと思うが、この馬もギアの上げ方は上手いけど外から進めた方が良いタイプではあると思う。ゲートは近走安定してきているし、しっかりとポジションを取って仕掛けを待てれば理想。ただ今年はキタサンブラックやソウルスターリングという早めに動く可能性が高い馬がいる。L3最速戦になってしまったときに外外でとなるとジャパンカップがそうだったが少し甘くなる可能性は高い。2000ならとは思うけど、個人的にはやはりレース全体の仕掛けが遅い方が良い。例年毎日王冠がそうなりがちで本番が遅くなりやすいイメージだけど、今年は毎日王冠がレース全体の仕掛けが遅かったので、本番に各馬がどういう意識をしてくるか。武豊が強気に3~4角で引き上げて行くと個人的にはキタサン、ソウル、ネオリアリズムといった前目の馬にステファノス辺りも強敵になるかな。スローからのトップスピード戦ならある程度高いレベルで信頼できるけど、究極的にはトップスピードの質で勝負する馬なので馬場が軽い方が良い。台風の影響があった先週から今週の馬場、枠順や各馬の戦法などを踏まえて判断したい。現時点では連下では拾いたいと思っているし、重い印を打つ可能性もあるというラインかな。


PR【毎週重賞的中サイトがやらかした失態】

先週、数ヶ月ぶりに重賞外しました。
数ヶ月連続、毎週ここの重賞予想を買っておけば勝てるジンクスが止まった。
買い目がでたらそれを買うだけ。本当は誰にも言いたくない。
毎週おいしい競馬だった。

雨の責任、不良馬場の責任、ドロンコ試合。
キセキの好走とクリンチャーの好走はよめた。
しかし、ポポカテペトルはわからん。
1人気アルアインがまさかの7着。
宝塚記念のキタサンブラックよりひどい走りだった。

天皇賞秋は馬場を回復して良馬場の戦いになるだろう。
だったらこのサイトの買い目にのっておけば、また重賞的中ラッシュになるはず。
他のサイトに興味はない。間違いなくここが重賞に一番強いサイトと思う。
「競馬総本舗ミリオン」

先週の的中実績1部

22日(日)新潟11R 2,481,100円獲得
21日(土)東京11R 富士S 254,900円獲得
菊花賞・・・悔しすぎる。

天皇賞秋、スワンS、アルテミスS、このサイトは3連単をとる。
「競馬総本舗ミリオン」
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞秋 2017 出走予定馬:ネオリアリズム、2000では底見せず…ハイスロー何でもござれも、究極レベルのトップスピード戦は苦手で府中なら雨が欲しい
天皇賞秋 2017 予想用ラップデータ:毎日王冠よりも仕掛けが少し遅くなりやすい傾向
天皇賞秋 2017 出走予定馬:カデナ、3歳馬ながら果敢に参戦も…相手はかなりの強敵で苦戦は必至か
【天皇賞秋2017】予想参考 ディープも良いがミスプロも好調
【天皇賞秋2017】最重要ディープインパクト産駒!出走予定馬を全頭紹介
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、毎日王冠は逃げて仕掛けが甘くなり…強気の仕掛けで再チャレンジできるか
天皇賞秋 2017 出走予定馬:サトノクラウン、勢いに乗るデムーロも…トップスピード戦では甘く良馬場府中は難しい
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、好枠をGET、内枠から前半無理なく良い位置を取って、出し切る形なら不気味
天皇賞秋 2017 出走予定馬:サトノアラジン、大外からスムーズに出し切る形で覚醒も…できれば良馬場が望ましく、再度の台風襲来が…
天皇賞秋 2017 出走予定馬:レインボーライン、今年はまだ結果が出ておらず…宝塚記念が少し物足りない
天皇賞秋 2017 枠順確定:キタサンブラックと武豊、天皇賞春・秋連覇に向けて絶好の4枠7番!
天皇賞秋 2017 出走予定馬:サクラアンプルール、札幌記念は強い競馬…コーナーでの立ち回りで良さが出やすい印象で府中がどうか
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ミッキーロケット、2000の決め手勝負は微妙…雨が降れば活路ももうちょっと距離が欲しいか
天皇賞秋 2017 追い切り・調教評価:我慢しながら追い出されて反応、四肢の捌き素軽く好気配!
【天皇賞秋2017】追い切り情報 美浦ウッド追い切り馬に注目
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP