投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞秋 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、毎日王冠は逃げて仕掛けが甘くなり…強気の仕掛けで再チャレンジできるか

日程:2017年10月29日(日)
第156回 天皇賞(秋) 東京芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞秋2017の予想用・出走予定馬一覧

 2歳女王に君臨から桜花賞では3着もオークスでは他馬を圧倒して樫の女王に、ソウルスターリングが古馬、牡馬を相手に天皇賞秋に出走予定だ。前哨戦の毎日王冠では果敢の逃げの手も、牡馬の壁にぶち当たる8着と1番人気に応えることはできなかった。今回は距離を延ばして2000mの舞台となる。今度は逃げずにこの馬のスタンスで汚名返上と行きたい。


 まあ、この馬に関しては世代レベルも含めて微妙な面もある。ただ、毎日王冠に関しては逃げたこともあると思うし、それよりも仕掛けを主体的にできなかったことの方が痛かったように感じた。この馬は究極レベルできれる馬ではないと思っている。オークスのように仕掛けの主導権を握ってどこまでやれるか。タイプ的にはキタサンブラックが厄介になるのは当然だが、まずは自分のスタイルを貫いてどこまで通用するかの立場だろう。ペースを引き上げるのも一つの手だと思うが、飛ばす逃げ馬がいないのでロードヴァンドールが出られるか次第だがそこは難しいかもしれない。


オークス(GI) 1着 18頭1枠2番
東京芝2400m良 2:24.1 61.7-57.8 S^4
12.7 - 11.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 オークスは結構評価できるというか、この世代の牝馬の中では一番レベルの高い一戦ではあったはず。これは後半5Fの57.8という点と、上位勢が軒並み秋華賞戦線で活躍しているという点からもほぼ間違いないだろうと。その中でこのパフォーマンスというのは素直に評価できる。ただ、このレースのどこを評価するのか?というのが個人的には重要だろうと。4秒近い超超スローからの3F戦、仕掛けは分散していて最速は11.2と速くないがL1が11.6とあまり落ちていないのがポイントだろう。それと前半だけ非常に遅いというだけで、中盤以降はそれなりには流れていて、結構ステイヤー色が強いレースだったと思う。


 2番枠から好発、そこから様子を見ながら外のフローレスマジックを行かせてその後ろから2列目のポケットを確保、ドスローの段階でしっかりと内枠を利していい位置を確保。道中も前にスペースを置きながら余裕をもって3角。3角で少しのスキを突いて先頭列の間に入ってここでじわっとペースを引き上げる。11.6とある程度中間的なところまで引き上げつつ直線で外に持ち出す。序盤でそこからワンテンポ置いだしを待ってL2で仕掛けるとそこからしぶとく伸びて最後はモズカッチャンを離しての完勝だった。


 このレースで感じたのは、「切れ」たわけではないと。4Fで分散する形に持って行って、そこからL4の11.6と3角地点で一つ外から勝負に行きつつも本仕掛けではない。本仕掛けはL2の坂の手前まで待っていたと思うし、分散しながらもう一段の脚を取っていた感覚。実際直線半ばまではモズカッチャンに追い上げられていた。むしろ圧巻はL1で、ここではタイトに立ち回ってきたモズカッチャンを逆に引き離す、外から伸びてきていたアドマイヤミヤビにも差を詰めさせない。レースラップで見てもL1の11.6というのはかなりのレベルにあると思っている。本当に評価すべきは長くトップスピードを維持できるところかなと。個人的にはこれまでのベストバウトはチューリップ賞だったが、その時も46.4-46.8とある程度の流れ、ある程度離れた位置にいたが、そこから4角以降でじわっと勝負に行って究極的なトップスピード戦ではなく早めに勝負に行けるのが実は強みなんじゃないかなと。


毎日王冠(GII) 8着 12頭1枠1番
東京芝1800m良 1:46.1 47.8-45.6 S^2
12.8 - 11.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.1 - 10.7 - 11.7

 前走の毎日王冠が苦しい競馬になってしまったのには恐らく逃げたことというよりも逃げてしまったことで仕掛けの意識を持てなかった、というところにあると思う。このレースは2.2でかなりのスローだが、注目すべきは3~4角のL5-4でもペースが上がらず12秒台をキープ、そこからのL2最速10.7と直線半ばで相当なトップスピードの質を要求されている、という点にあると思う。そういう競馬になってしまったことがこの馬にとってはマズかったかなと。逃げたこと、休み明け、いろいろあるけど展開面からも十分負けるべくして負けているなと感じられる一戦だったと思う。


 1番枠からゲートは五分には出たか、という程度だが外の先行勢が速いので少し焦って早めにリカバー、そのままの勢いでハナを取り切る選択。そこからペースを落ち着けるところまでは良いが、3角でもペースを引き上げずにルメールの手綱も引かれたまま、4角でようやく軽く鞍上が促しているという程度で直線。序盤でもまだまだ追い出しを待っているが、そうこうしているうちに外のダイワキャグニーに並びかけられて本仕掛け。しかしL2の地点でもキレ負けして少し後退、L1も苦しくなって下がってしまった。


 L2地点では明らかにキレ負けしているし、緩い流れから一気にトップスピードに入れる必要があった中で噛み合わなかった印象。3~4角でじわっと動きながらトップスピードに乗せた方が恐らく長く脚を使えるのかなと。この馬自身ギアチェンジの性能自体はそこそこ持っていると思っていたが、極端なトップスピードが問われたしそこで無理をしてしまった感じはある。まあいずれにせよ4角出口の段階でリードが無い中で、これだけの面々を相手に勝負になるほど質の高いトップスピードは持っていないと思っていたし、むしろL2の段階では思ったより踏ん張ったなというぐらい。完全な無酸素運動になると使える脚が限定的な感じはした。オークスはむしろ超高速馬場でレースのラップとしてみても最速11.2は少し遅いぐらいだしね。


桜花賞(GI) 3着 17頭7枠14番
阪神芝外1600m稍 1:34.6(+0.1) 46.5-48.0 H^1
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 桜花賞の負けパターンも一応覚えておきたい。このレースでは結局タフな馬場の中で淀みなく進んで1.5とかなりのハイに肉薄するレベル。ラップ推移的にもL3最速で仕掛けは早いしトップスピードは問われていない。パワー型の基礎スピードをかなり高いレベルで問われている、前半要素を強く問われた。


 14番枠からやや出負け、そこからじわっと押して促していきつつ好位の外ぐらい。レーヌミノルを意識しながら悪くない位置で3角。3~4角では好位の外からレーヌミノルを目標にじわっと仕掛けて並びかけるところまでは行かず直線。序盤で追い出されるがここでレーヌに先に抜け出されてしまう。L1では更に外からリスグラシューの強襲を受け、3着を死守するのがやっとだった。


 ここでの敗因は恐らくだが前半の厳しい流れが響いていると思う。個人的にはマイルでもやれると思っているが、オークスとのパフォーマンスで比較した時にゆったり入って分散してステイヤー型で良さが出ていることを考えると距離に関しては長い方が良いかも、というのはある。もちろん恵まれたのはあるが。距離があることで前半のポジショニングが楽だし、4秒クラスのドスローでも折り合って前にスペースをとれていた。この辺りがこの馬の武器になってきている。桜花賞の場合はやはり結構タフな馬場で前半に基礎スピードを要求され、そこで追走に苦労していた感もあるしそこから脚を引き出す余裕がなかった。


2017天皇賞秋に向けての展望

 ここは消せないな、という感じはしている。もちろん、毎日王冠で通用の目途を立てたとは言えないのも事実なので、信頼は全くしていない。ただ、タイプ的に見ても桜花賞とオークスとの比較でみてゆったりから長めの勝負で仕掛けてパフォーマンスを引き上げていることから考えれば少なくとも長距離色の方が強いと思う。また分散して速いラップをそこまで踏まず、5Fで57秒台とかなり速いレースラップでまとめてきていることからもTS持続は高い。ただ究極レベルまでトップスピードを要求されるとそこで無理が生じるタイプかもしれない。敢えて言うならラストインパクトなんかもそうだが中間的、超高速馬場で11秒前半ならかなり長く連続できるけど、10秒台まで入ると長く脚を使ってこれない、というような感じはしているかな。なので、仕掛けどころを早くする必要があるタイプだろう。その点ではキタサンブラックと結構適性が近い印象で、前半は無理はしたくないし後半究極レベルのトップスピード戦は向いていない。3~4角からじわっと動く意識は必要だと思う。毎日王冠はそれを逃げたことでできなかったのが響いたと考えれば、キタサンを目標に突いていく意識で3~4角に入っていければ浮上してくるチャンスは十分あるだろう。個人的にはオークスのパフォーマンスは嵌っただけではできないと思っているし、しっかりとコーナーから勝負に行ければ怖さは大いにある一頭。毎日王冠でどこまで評価を落とすかだが、馬券的には狙いたいと思っている。ゲートが結構安定しないので、できればリカバーできる枠の並びが良いかな。内内で我慢して直線となると展開が嵌らないといけないので、番手外あたりが一番競馬はしやすい。


<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
  100名限定 特別無料配信
 天皇賞秋(GI)・3連複10点勝負

 プロが激走必至とジャッジした
キタサンを脅かす穴馬で万馬券も!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

10/15 新潟11R  3万9780円的中
10/14 新潟7R 2万1280円的中
10/9 東京10R 2万2940円的中
10/8 東京8R 1万7160円的中
10/7 東京7R  3万5880倍的中
10/1 凱旋門賞 1万0600円的中
9/24 阪神7R 4万1370円的中
9/23 中山6R 1万4270円的中

天皇賞秋の3連複10点勝負を見る
pngホースメン会議:天皇賞秋300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【天皇賞秋2017】追い切り情報 美浦ウッド追い切り馬に注目
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ワンアンドオンリー、毎日王冠ラストは悪くない伸びで復調…も、やはり相手が手ごわく
天皇賞秋 2017 予想用ラップデータ:毎日王冠よりも仕掛けが少し遅くなりやすい傾向
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ネオリアリズム、2000では底見せず…ハイスロー何でもござれも、究極レベルのトップスピード戦は苦手で府中なら雨が欲しい
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ミッキーロケット、2000の決め手勝負は微妙…雨が降れば活路ももうちょっと距離が欲しいか
天皇賞秋 2017 出走予定馬:サトノクラウン、勢いに乗るデムーロも…トップスピード戦では甘く良馬場府中は難しい
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ロードヴァンドール、キタサンブラックのハナを叩いて単騎でどこまで粘り込めるか?
天皇賞秋 2017 出走予定馬:サトノアラジン、大外からスムーズに出し切る形で覚醒も…できれば良馬場が望ましく、再度の台風襲来が…
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、好枠をGET、内枠から前半無理なく良い位置を取って、出し切る形なら不気味
天皇賞秋 2017 レース回顧・結果:キタサンブラック、出遅れもリカバーの仕方が抜群…直線入りの加速でサトノクラウンを出し抜いての粘り勝ち!
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ステファノス、2年連続馬券に絡む相性の良いレース…内枠からポジションを取れれば怖い
天皇賞秋 2017 出走予定馬:カデナ、3歳馬ながら果敢に参戦も…相手はかなりの強敵で苦戦は必至か
天皇賞秋 2017 枠順確定:キタサンブラックと武豊、天皇賞春・秋連覇に向けて絶好の4枠7番!
【天皇賞秋2017】プレ予想 リアルスティール乗り替わりは不安
【天皇賞秋2017】最重要ディープインパクト産駒!出走予定馬を全頭紹介
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP