投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

天皇賞秋 2017 出走予定馬:キタサンブラックと武豊、宝塚の悪夢から立て直し、天皇賞春秋連覇なるか?

日程:2017年10月29日(日)
第156回 天皇賞(秋) 東京芝2000m
予想用・出走予定馬一覧
天皇賞秋2017の予想用・出走予定馬一覧

 春シーズンのGI馬たちが勢ぞろいという超豪華メンバーの中でも注目馬はやはり春王道路線の中心に居座っていたキタサンブラック、秋初戦は天皇賞秋に出走予定。春は大阪杯、天皇賞春と連勝したが、宝塚記念ではその反動もあったかまさかの大敗を喫した。秋初戦にまずそのショックを振り払いたいところ。メイショウサムソン以来久々となる天皇賞春秋連覇がかかる一戦、現役最強馬の意地を見せたい。


 前走の宝塚記念で負けたというのも嫌な材料だが、それを抜きにしても個人的に信頼しにくい舞台にはなると思っている。府中の2000だとやはり基本的にはトップスピード戦になるし、このレースは傾向的にどうしても仕掛けが遅くなりやすい。キタサンブラック自身の適性としてギアチェンジはあると思っているが、究極レベルでトップスピードの質を持っているわけではないので、究極レベルでのキレ負けは懸念したいところ。ある程度ペースを引き上げてという競馬もアリだと思うが、2000だと厳しい流れに強い馬も多いので。適度に雨が降ってほしいかな。


<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第156回 天皇賞・秋(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  天皇賞・秋を3点で獲れなけれ
ば2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:天皇賞秋300_250
━━━━━━━━━━━━━━━
<PR>


大阪杯(GI) 1着 14頭4枠5番
阪神芝内2000m良 1:58.9 59.6-59.3 M
12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

 GIに昇格して初めてとなった今年の大阪杯から振り返る。距離は2000mで天皇賞秋と同じだが、1周コースという点では少し求められる適性が違う。ペースバランスは平均だがこれは単騎逃げのマルターズアポジーのもので、キタサンの位置では推定で61秒切るかどうかぐらいなので実質は超スローに近いレベルのバランスだったと思っている。


 5番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと楽に先行策で、ロードやマルターズを行かせて外に誘導もサクラアンプルールが蓋をしてくる形で最序盤は3列目の内内で離れた位置。道中も向こう正面で何とか外に持ち出しここで3番手の外に持ち出す。3~4角でもまだ離れた3番手でロードの外から仕掛けを待つ、4角で一気にロードの外から動いて2番手に押し上げ2馬身差ほどまで一気に詰める。序盤で堂々突き抜け、L1で迫ってくるステファノスをきっちりと振り払っての横綱競馬だった。


 ここではかなり強い競馬をしてきたが、パターンとしては3角まではそこまで動かず、3~4角中間ぐらいから4角にかけて一気に仕掛けてここで差を詰めてきた。L2でも速いラップを踏んでいると思うが、恐らく11.1-11.2-12.0ぐらいの感じで後半TS持続とみていいと思う。コーナー地点で速いラップを踏むことで後続にしっかりと脚を使わせたことと、3~4角の段階でポジション的に優位に立っていたこと。この辺りが良さとして出たかなと思う。瞬間的に切れたというより4角でしっかりと引き上げて後続にコーナーで脚を使わせることができたのが大きいだろうと。切れ味で勝ったわけではないとみている。


宝塚記念(GI) 9着 11頭8枠10番
阪神芝内2200m稍 2:12.7(+1.3) 60.6-59.1 S^1
12.5 - 11.1 - 11.6 - 13.1 - 12.3 - 11.7 - 11.6 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 12.2

 その後天皇賞春でもサトノダイヤモンドを撃破し頂点に君臨したが、その反動もあったか宝塚記念では想像できないほど完敗を喫した。展開としてはサトノクラウンが突き抜けたことからもわかるようにポテンシャル戦になってはいる。6Fでロンスパなのでかなりポテンシャルに特化しているが、それでもキタサンブラック自体ポテンシャルも高いレベルにある馬なので、勝ち負けまではともかくとしてここまで崩れるというのはちょっと考えにくい負け方だった。


 10番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと進めていくがいつもより行き脚が微妙でシュヴァルグランやシャケトラを行かせて2列目の外で進めていく。道中少し掛かり気味になっているところで外からサトノクラウンがフェイクの仕掛けをしてきたことに対抗してキタサンが前目にプレッシャー、ペースが上がる。そこからはロンスパポテンシャル戦で先頭列雁行状態の外外を回される形、4角で手が動いてシャケトラの外から直線。序盤で外から来るサトノクラウンに併せようとするがあっさり交わされてしまう。後は失速した。


 分析的には超ロンスパの中で終始3~4角でも外外になったし6F戦なので難しい競馬だったことは間違いない。騎乗としても掛かりながら入って2角手前でミルコに上手くけしかけられてしまったし、良い騎乗とは言えない。それはそれとして、それでもここまで崩れる馬ではなかったと思う。菊花賞でも実際6~7Fの超ロンスパの中でもう一段の脚を使ってきた。あの時は高速馬場、宝塚は雨の影響があったとはいえ、仮にポテンシャル特化になったとしてもここまで大きく崩れる馬ではないと思っている。


ジャパンカップ(GI) 1着 17頭1枠1番
東京芝2400m良 2:25.8 61.7-58.9 S^3
13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

 府中ではやはり昨年のジャパンカップを見ておきたい。この時も開催最終週でしかも雨の影響があって時計が標準レベルで掛かっていた。ペースも超スローで、ラップ推移的に見てもL3最速のTS持続特化戦と言っていいだろう。


 1番枠から好発を切って外目に誘導しつつ様子を見ながら、最終的にはハナを取り切っていく形。道中も超スローなのだが上手くレースを支配して単騎気味に3角に入っていく。3~4角でも仕掛けを待たずにじわっと段階的にペースを引き上げて直線。ここで馬なりだが最速地点、L2で追い出されて減速地点となるがここで突き放しにかかる。L1ではサウンズオブアース、シュヴァルグランが差を詰めようとするがほとんど影響なく、完勝だった。


 イメージとしてはこれで、基本的には瞬間的な切れ味ではなくしっかりと早めに仕掛けてTS持続で勝負したい。前目からトップスピードを長く使えるのが持ち味で、ギアを上げて行くのも早い。これは大阪杯でも見せていたと思う。ただし、瞬間最大のトップスピードの速度が速いというタイプではないと思っていて、実際ここでも自身の走破で11.2が最速。大阪杯でも推定だが10秒台には入っていないはず。


京都大賞典(GII) 1着 10頭1枠1番
京都芝外2400m良 2:25.5 62.0-58.6 S^3
12.7 - 11.5 - 12.0 - 13.0 - 12.8 - 12.2 - 12.7 - 13.0 - 11.9 - 11.1 - 11.1 - 11.5

 もう一戦、昨年の京都大賞典を振り返っておきたい。この時は超高速馬場で雨の影響が少し残っていたはずだが当日も速い時計、ラップが普通に出ていた。そのなかで3.4と超超スローに近いレベルで、L3最速タイではあるが3F戦に近い中で最速が11.1。


 1番枠から好発、スッとハナを窺うが、最終的にはヤマカツライデンを行かせて番手で進める形を選択。道中もドスローなのだがしっかりとコントロールして番手で追走、3角の下りで流石にペースを少し引き上げるがそれでも11.9、4角でもう一段加速してここで馬なりでプレッシャーをかけて直線。序盤でも楽な手ごたえ、追い出されてしぶとく伸びる。L1ではアドマイヤデウスに追撃を喰らうがクビ差残しての勝利。


 まあ、きっちり勝ち切ったんだが、この時武豊が仕掛けを待つ形で内のアドマイヤデウスを閉じ込める形にはなっていた。ここで仕掛けを待たされたデウスが苦しそうな感じだったし、これは豊のファインプレーだったと思う。極端なドスローの3F戦としては馬場を考慮に入れると最速ラップの11.1はそんなに速くない。サウンズオブアースが後ろからになったのもあるし、デウスが出し切れなかったのもある。いずれにせよ究極レベルの切れ味勝負には一抹の不安があるとは思っている。


2017天皇賞秋に向けての展望

 今回ポイントになるのは3点。まず一つはやはり状態面だろう。宝塚記念の惨敗の原因が天皇賞春の反動、という可能性は十分にあると。立て直せているかどうかがまず1点。更に府中の2000でレースを支配できるかどうか。今回は同型がロードヴァンドールとソウルスターリングになる。ロードはどうしても逃げたいだろうが、キタサンとソウルはそんなに逃げに拘る馬ではない。特にソウルは番手~2列目が理想だろう。キタサンとしてはその中でどういうポジションをとって実質的にどういうペースを刻んでいくか。2点目。最後に仕掛けどころ。レースを支配して仕掛けの主導権を握れるかである。イメージ的には昨年のジャパンカップを意識したいところで、3~4角でしっかりとペースを引き上げて直線入りで最速に持って行きたい。これをしないと、3~4角でゆったり入らせて直線勝負に集中されてしまう。坂の上りで楽に10秒台の脚を使ってくるリアルスティールやトップスピードの質も高いレベルにあるサトノアラジンはかなり手ごわくなってくる。もちろん早めに仕掛ければヤマカツエースやステファノスといったところが台頭するが、相手関係や自身の適性と比較してしっかりと判断したい。個人的には直線勝負にシフトしすぎると勝ち負けまで残るというのは難しいかもと思っている。しっかりとコーナーで分散したいし、できれば少し渋ってトップスピードの質をそこまで問われにくい条件になってほしいかな。秋3戦で一番不安が多いレースだが、同型に飛ばしたい馬も少ないし差し馬が多いメンバー構成。主導権を握るのはそんなに難しくないと思う。後は仕掛けを主体的にできるかどうか。多分今回は連下ぐらいでの評価になるかな。後は追い切りを見て判断したい。


<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第156回 天皇賞・秋(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  天皇賞・秋を3点で獲れなけれ
ば2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

古馬は王道路線、春は大阪杯・天皇賞(春)・宝塚記念、秋は天皇賞(秋)・ジャパンC・有馬記念となる。この王道路線を3連勝した馬には内国産馬2億円、外国産馬1億円の褒賞金が交付される。春は大阪杯、天皇賞(春)を連勝したキタサンブラックが褒賞金のチャンスがあったが状態面に不安あり3戦目で敗戦。GI3連勝のカギを握るのは状態面となるだろう。

過去10年の成績では1人気[5.2.2.1]、2人気[0.3.2.5]、3人気[0.0.2.8]。1人気で勝ち上がったのはモーリス、ラブリーデイ、ブエナビスタ、ウオッカ、メイショウサムソンの5頭。1人気は7連対と安定した成績を残しているが、2.3人気は3連対のみと苦戦している。平均配当では馬連4740円、3連複1万1240円、3連単7万2900円と波乱傾向。昨年は7人気リアルスティール、一昨年は10人気ステファノスが連対しており人気薄の好走がありヒモ荒れとなっている。


古馬との対戦となる3歳馬は?

同レース、3歳馬の解放後、3歳馬による初制覇は96年のバブルガムフェロー(藤沢和厩舎)、02年にもシンボリクリスエス(藤沢和厩舎)が勝っているが、ここまでは藤沢和雄厩舎の2頭のみ。古馬相手に苦戦を強いられているが、馬券圏に好走したのは10頭[2.5.3.21]。過去10年の世代別の成績では4歳馬(4勝2着6回3着2回)、5歳馬(5勝2着2回3着4回)と圧倒的に4.5歳馬の活躍が目立つ。3歳馬がこの時期に古馬の一線級相手と互角に戦いをするのがいかに難しいかが分かる。

★3歳馬の好走暦

02年シンボリクリスエス1着
04年ダンスインザムード2着
06年アドマイヤムーン3着
08年ディープスカイ3着
10年ペルーサ2着
12年フェノーメノ2着
14年イスラボニータ2着


★ステップレース別の成績では

昨年は札幌記念からのローテーションでモーリスが優勝。一昨年は京都大賞典をステップに出走したラブリーデイが勝っているが、過去10年で5勝を挙げているのが毎日王冠組み。距離は違うが同じ舞台の東京で行われる重賞でもあり、ローテーション的にもステップレースとして一番勝ち馬を出している。また、休み明けだが宝塚記念からの直行組みが2勝(5連対)しており、GI戦線で活躍している馬は休み明けを苦にせず力を発揮している。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『菊花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

昨年の天皇賞(秋)は◎モーリスから馬連2420円、3連複7430円のダブル的中!ここ4年も3度的中しているドル箱レース。今年も確信の本命馬◎から人気薄激走情報馬、更には無印濃厚の爆弾情報馬の大駆け情報を極秘入手済ですので大きくご期待ください。

<天皇賞秋>アフェリエイト用
秋GIシリーズ第一弾スプリンターズSも馬連1760円的中!
競馬セブン 春GⅠの実績では
高松宮記念 馬連2150円的中   3連複3230円的中
大阪杯   馬連2320円的中   3連複4830円的中
皐月賞   馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
オークス  3連複4600円的中
安田記念  馬連1万0480円的中
重賞競走も陣営の思惑を知っていれば簡単に獲れるのです!簡単元競馬学校教官:徳吉一己を筆頭に業界随一の情報網を擁するから彼らが入手する情報は表に出回らない“ワケアリなヤリ話”を入手できるからこそ、毎週、万券情報をお届けできるのです。そして今回は特別も特別に【天皇賞秋・3点勝負】を無料公開!興味のある方は是非情報を入手することをオススメします。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■第156回 天皇賞・秋(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  天皇賞・秋を3点で獲れなけれ
ば2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:天皇賞秋300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

天皇賞秋 2017 出走予定馬:シャケトラ、宝塚記念は苦しい展開でも善戦…道悪でトップスピードを要求されなければチャンスも
天皇賞秋 2017 予想用ラップデータ:毎日王冠よりも仕掛けが少し遅くなりやすい傾向
天皇賞秋 2017 レース回顧・結果:キタサンブラック、出遅れもリカバーの仕方が抜群…直線入りの加速でサトノクラウンを出し抜いての粘り勝ち!
【天皇賞秋2017】最重要ディープインパクト産駒!出走予定馬を全頭紹介
天皇賞秋 2017 速報・結果:キタサンブラックと武豊、まさかの出遅れから内を強襲強烈な出し抜きで完全復活を成し遂げた!
天皇賞秋 2017 出走予定馬:グレーターロンドン、2週続けてロンドンブリッジの血筋?前走目途も強敵は多く
天皇賞秋 2017 出走予定馬:マカヒキ、ダービー馬の復活はあるのか?…毎日王冠が物足りず
【天皇賞秋2017】プレ予想 キタサンブラック瞬発力勝負では分が悪いか
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ワンアンドオンリー、毎日王冠ラストは悪くない伸びで復調…も、やはり相手が手ごわく
【天皇賞秋2017】枠順確定 キタサンブラックと武豊騎手は4枠7番
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ヤマカツエース、好枠をGET、内枠から前半無理なく良い位置を取って、出し切る形なら不気味
天皇賞秋 2017 出走予定馬:サトノアラジン、大外からスムーズに出し切る形で覚醒も…できれば良馬場が望ましく、再度の台風襲来が…
【天皇賞秋2017】予想参考 ディープも良いがミスプロも好調
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、毎日王冠は逃げて仕掛けが甘くなり…強気の仕掛けで再チャレンジできるか
天皇賞秋 2017 出走予定馬:ステファノス、2年連続馬券に絡む相性の良いレース…内枠からポジションを取れれば怖い
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP