投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

富士ステークス 2017 レース回顧・結果:エアスピネル、これがこの馬の走り…前目から早めに仕掛けて堂々抜け出した!

2017 富士ステークス(GIII) 東京芝1600m不
レース回顧・結果

1:34.8 47.8-47.0 S^1
12.6 - 11.3 - 11.7 - 12.2 - 12.0 - 11.2 - 11.2 - 12.6

 不良馬場ではあったが日曜と違って土曜はまだ現実的な道悪。ペースバランスもややスローではあり、L3最速タイ、馬場が悪かった割に仕掛け自体はそこそこ早かったなという印象。L1は大きく落としていてこれは流石に道悪の影響が大きかったと思う。パワー型の基礎スピードをある程度問われ、そこからしっかりとトップスピードに乗せられたかどうか。


1着エアスピネル


 6番枠からまずまずのスタート、様子を見ながら好位の中目で追走しつつ、最終的には2列目の中目で折り合いつつ進んでいく。道中も少し息が入った3~4角で少し掛かり気味だがここで進路を早めに確保して先頭列に並びかけつつ外に誘導。直線早めに仕掛けて大きく離れていた内のレッドアンシェルとの勝負。L2の終盤から優位に立ってラストはきっちりと突き抜けイスラを寄せ付けずの完勝。


 完璧に乗られてしまったなあ、という感じ。まあ想定より少し重い馬場ではあったし、バランス的にはそこそこ流れた。ただここまで突き抜けた要因はやはり武豊のバランスのとり方が抜群に良かったというところだと思う。そこそこの流れの中でしっかりと2列目を確保できた。イスラより前に出てイスラより先に仕掛けてL3最速タイまで持って行けたことで持ち味を最大限に活かせたと思う。イスラは瞬間的には良い脚を使えても後ろから差すだけのTS持続は持ってないからね。その点でも前半のポジショニング、後半の仕掛けを主体的に持って行ったことがここまで完勝できた要因だと思う。時計が掛かる馬場でもやれたのを証明できたし、元々マイル以上で走っていた馬。軽い馬場でも基礎スピード的にやれるけど、タフな馬場でこれでもコントロールしてバランス的に平均に近い中で末脚を削がれなかった。今回上位勢は中距離路線で結果を出してきたというのはあるけど、タフな馬場で前半をコントロールしながら入る必要があったのが大きいと思うね。強かったし、やっぱり前半ある程度無理が利く馬だから、ある程度気性に任せてポジションをとってしまった方が良いと思うね。


2着イスラボニータ


 15番枠から好発、そこからある程度促していたが自然と中団ぐらいに下がる感じになってしまう。道中そこからリカバーしつつだがやはり道悪で団子状態になってしまって雁行状態の好位の外。3~4角でも好位の外でクラリティシチーの後ろから直線。序盤でエアスピネルの直後をとってからの伸びは地味。ラストまでエアスピネルとの差は詰まらず、クルーガーに若干詰められたが2着は楽に確保した。


 ん~まあ許容範囲内の騎乗かな。大外枠で道悪でどうしても団子状態、内に入り込むのはまず難しいし、下手に内を狙って下げ過ぎると良くないのでまああの位置なら許容範囲内。ただ、やはりエアスピネル相手に前、内を取れずに仕掛けも早めに動かれてしまうとこの馬としては手が打てなかった。馬場は違うけど去年の富士Sと同じで前に早めに仕掛けられて踏ん張られるとどうしても持ち味のギアチェンジが使いづらい。12.0-11.2で馬場を考えれば結構加速しているんだが、道悪の影響もあったとは思うし、L1の減速の方が目立つからね。前受けして仕掛けを待ちたい、内目で我慢してという競馬がやっぱり合っていると思うね。まあそれでもタフな馬場でもやれるのは強みだし、流石だなという面は見せた。


3着クルーガー


 13番枠からやや出負けして促しつつも後方からの競馬になった。道中団子状態の中で最後方に近い位置で進めて3角。3~4角でも最後方で進めて外目を回しながら最後方列で直線。序盤でそこからイスラボニータの直後を突いてしぶとく伸び始める。L2では中団に取り付いてL1でばてずにしぶとく伸び、最後は3着まで上がった。


 イスラに対しても最後は詰めていたし、トップスピードの持続力は高いレベルに合ったなと。もちろん休み明けでどうかというのはあったが、前回時と比べれば明らかに追い切りも良かったし、陣営も自身がある感じのコメントだったので、これは信じることができて良かった。それと、この馬も中距離的な競馬で良さが出ていた馬なので、今回時計が掛かって前半をコントロールしながらでも平均のバランス、仕掛けのタイミングも早かったというのが結構噛み合ったかなというのはある。後はやっぱりイスラの近くの枠で、ゲートはいまいちでも要所までに上手く目標にすることができたのが良かったと思う。


4着レッドアンシェル


 2番枠からまずまずのスタート、そこから無理にはいかないが様子を見つつ最終的にじわっと促してハナを取り切る形になる。3~4角でも一頭だけ完全に最内をキープして先頭で直線に入ってくる。序盤では内外離れていたので何ともだが先頭に立っていて、L2辺りで徐々に怪しくなってエアスピネルに並ばれる感じ。L1は流石に甘くなって4着完敗だった。


 前目で上手くレースを作れたとは思うが、それにしても強敵相手に結構やれたなという印象は受けた。末脚には少し限界があるなと思っていたんだが、それを前で進めることでレースを作ってしっかりと一足を使ってきたというのは好感かな。もちろん馬場が渋ったことでレースメイクの意識を各馬があまり持てなかったのも良かったと思うし、良の高速マイルでこれができるかはまだ疑問はある。今回のようなバランスだと個人的には良馬場なら1800ぐらいの方が合っていると思うので、次走マイルでは基礎スピード負けを懸念しつつ、1800への延長なら狙いたいかな。前半を上手く運べるようになれば今回みたいにペルシアンナイトに先着というのも今後狙うチャンスはあると思う。


5着ペルシアンナイト


 5番枠から五分のスタート、そこからじわっと促しつつ好位馬群の中に入り込む形で最終的には2列目のポケットの位置。3~4角で前のエアスピネルが外に行ってくれたことで進路は完璧に開いて直線。序盤で底から追いだされるが反応がいまいちでレッドに出し抜かれるレベル。L1でもジリジリと伸びずばてず、レッドとの差は少し詰まったが掲示板がやっとだった。


 懸念していた要所での動きがこのクラス相手で見ると足りなかったかなという感じだし、L1の伸びもいまいちだった。休み明けなのであまり悲観する必要はないけど、同世代のレッドアンシェルに前に行かれたとはいえ完敗したのは物足りないかな。アーリントンCは少し時計が掛かっていた中で強かったと思うし、このバランスもこの馬にとっては結構理想的だったかなと思っているが、もしかしたら前半に脚を使ってしまったかもしれない。アーリントンCの時は後ろから行っていたし皐月賞も中弛みで取り付いた形だしね。ん~まあもう一戦様子を見たい。この世代では中距離路線ではトップレベルのはず。



9着グランシルク


 11番枠からやや出負け、そこから無理はせずじわっと追走で中団馬群の真ん中で3角を迎える。3~4角でもペースがコントロールされている中で中団馬群の中で待たされつつイスラの直後を狙って直線。序盤でイスラの内から馬群を割ってというところだがいまいち伸び切れない。L2の段階では流石に伸びかけたがL1で甘くなっての完敗だった。


 難しいところで、個人的には今回の追い切りはいまいちだったと思っていて、単純に状態面が良くなかったという面もあると思う。ただ、展開的にも結構最悪に近い競馬になったと思っていて、タフな馬場は良いが全体のペースは平均に近いレベルのややスロー、そしてL3最速タイで前が早めに仕掛けたのでその辺りもこの馬の良さが削がれたと思う。この馬は本当にいい脚は一瞬だと思うし、マイルで全体である程度分散、仕掛けも早仕掛けで後方からでは、という感じ。前走の京成杯AHみたいに超高速馬場で全体が速い流れになってもそこからもう一段引き出せるタイプなので、今回みたいに各馬がコントロールしている状況で直線早めに仕掛けて出し切る形では良さが出にくいと思う。不良でも淡々とした流れならもうちょっとやれたかもしれんし、京王杯SCみたいに仕掛けが遅ければ一瞬は良い脚を使えるし、という感じなんだけど今回はレース全体の仕掛けが早かったのがね。


12着ロードクエスト


 8番枠から出遅れて後方から、リカバーしつつ中団馬群の中に入り込む。道中団子状態の中で動けず、3~4角でも好位列の中目を通してある程度押し上げつつ直線では進路をすぐに確保。序盤で底から追いだされるのだが反応が薄い。L2の坂の上りでも伸びはなく、L1まで良いところなくの惨敗だった。


 う~ん…追い切りは良く見えたんだけどな…。不良馬場で鋭さが削がれたというのもあるけど、この馬も突き詰めれば京成杯AHを勝った時みたいに全体で流れた中での直線勝負が合っているのかなという感じはある。少なくとも府中の直線勝負では全く結果が出せていない。NHKマイルC2着時も全体で流れていたなかでのもので、トップレベルでのパフォーマンスとなるとあまり緩急が無い方が良いのかな。それにしても物足りなかったし、う~ん…。まあ半信半疑だったから重くは狙ってないんだけど、この分だともうちょっと様子を見ないといかんね。



PR【人生が変わるかもしれない】競馬で勝ち続ける


今週、天皇賞(秋)の予想を無料でお届けします。
公開はレース当日正午「北条のブログ」より。

三連単当たっていますか?

競馬業界全体での三連単平均的中率は10%程だそうです。

しかし、

こんな的中や、
====================================
単勝83.3% 複勝94.4% 馬連58.3% 

ワイド88.9% 馬単58.3% 

三連複38.9% 三連単38.9%
====================================

こんな的中が、
====================================
単勝83.3% 複勝100% 馬連66.7% 

ワイド83.3% 馬単66.7% 

三連複41.7% 三連単41.7%
====================================

毎週のように訪れたらどうですか?

三連単が3回に1回以上の確率で当たったら、
あなたの配当はどうですか?

競馬って勝てるものだと思いませんか。

これは「うまコラボ」という、
誰でも無料で会員になれる競馬サイトの成績です。

参考にする程度でもプラスになると思います。

今日から、
競馬で勝ち続けたいなら見てみてください。

▼無料会員登録はこちらから


※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の人。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
noimage
フローラステークス 2017 レース回顧・結果:モズカッチャン、中団内目から外に持ち出しラストにしぶとく差し切って波乱の主役に!
京王杯2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:タワーオブロンドン、エンジンがかかってからが凄い…大外からL1で突き抜け完勝!
ターコイズステークス 2017 レース回顧・結果:ミスパンテール、直線で待たされながらも進路確保から鋭く反応と新たな一面を見せての勝利!
アルテミスステークス 2017 レース回顧・結果:ラッキーライラック、現時点での完成度の高さを見せつけての完勝!
noimage
シンザン記念2018 レース回顧・結果:アーモンドアイ、異次元の末脚を道悪で発揮しまとめて差し切る圧巻の競馬!
京王杯スプリングカップ 2017 レース回顧・結果:レッドファルクス、直線まで我慢もしっかり加速し突き抜ける完勝!
noimage
エプソムカップ 2017 レース回顧・結果:ダッシングブレイズ、因縁の地、東京の舞台で浜中とともに全てを払拭する悲願の重賞初制覇!
noimage
京都大賞典 2017 レース回顧・結果:スマートレイアー、武豊がインベタズドンで同一重賞勝利最多記録!
日経新春杯2018 レース回顧・結果:パフォーマプロミス、2列目ポケットからラストに鮮やかに差し切り重賞初制覇!
セントウルステークス 2017 レース回顧・結果:ファインニードル、上手く立ち回って直線で抜け出し嬉しい重賞初制覇!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP