投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

菊花賞 2017 出走予定馬:トリコロールブルー、前走はタフな馬場で最後にバテ差しも…春は実績馬相手に完敗で

日程:2017年10月22日(日)
第78回 菊花賞(GI) 京都芝外3000m
予想用・出走予定馬一覧
菊花賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 春はトライアルレースで結果を出せずに涙を呑んだが夏の終わりに1000万下を勝ちあがって菊花賞に出走予定なのがトリコロールブルーだ。前走のはタフな札幌最終週の洋芝を利して中団からしぶとく伸びて勝利をもぎ取ってきた。淀の長丁場はこの馬も歓迎できそうだが、春の力差を埋めるほどの成長を証明できるか。


 雨が降れば…という感じはある。ただ、正直青葉賞の内容やスプリングSのレベルを考えても、上がり馬の取捨という中では微妙な立ち位置にいると思う。枠は悪くないし、これならある程度の位置は獲れそうだけど、淀でそこまで時計が掛からない程度なら他に面白い馬が多いと思う。


日高特別(10下) 1着 16頭2枠3番
札幌芝2000m良 2:03.3 62.7-60.6 S^2
13.0 - 11.5 - 12.8 - 12.9 - 12.5 - 12.3 - 11.8 - 12.0 - 11.9 - 12.6

 前走日高特別は最終週の札幌で時計が掛かっていた馬場状態。ペースは2秒近いかなりのスローで、ラップ推移的にはL4最速のポテンシャル戦とみていいだろう。タフな馬場で仕掛けも早めの競馬だった。


 3番枠からゲートはまずまず、二の足も普通で好位を楽に確保した。道中は好位馬群の中から進めるがスローで団子、外からレッドローゼスが動いた段階で好位の外目からその直後を狙って2列目で直線。序盤でレッドの後ろに絞ってL1で外に持ち出ししぶとく伸びて勝利をものにした。


 ポテンシャルで捻じ伏せた形だけど、この流れを外からレッドローゼスが作って行ったし3角の地点ではまだ外には出しておらず中目を追走していた。ワンテンポ待ってロスを小さくしつつ外に誘導できたのもあるので、3角地点で中目を通しながら馬場の良い外まで誘導した上手さというのはルメールの良いところだろうと。ポテンシャル戦としての評価が難しいところだが、スズカヴァンガードがちょうど九十九里特別のマイネルヴンシュに0.5差の完敗。こちらはスズカに0.2差、というのをどう捉えるかというのは一つ物差しになるかもしれない。それとタフな馬場でのポテンシャル戦だった、ということも考えておく必要があると。


青葉賞(GII) 7着 12頭7枠11番
東京芝2400m良 2:25.5(+1.9) 59.7-59.2 M
12.5 - 11.2 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 11.4 - 12.0

 青葉賞では実際に春の実力馬相手に完敗している。もちろんロスはあったが脚もなかった。ただペースが2400にしては速く、平均ペースで淀みも小さく割と一段で入っていた。基礎スピードは結構要求されている。


 11番枠からやや出負けという程度、そこからは無理をせずに中団の外目で普通に進めていく。道中も淡々と流れている中で少し掛かり気味で前に壁を作れずに3角に入っていく。3~4角では外からアドミラブルが動いてきたのでそれに合わせて仕掛けるが押し上げられてしまって内外から接触を受けてしまう。直線でそのまま伸びる脚はなくの完敗だった。


 まあ戸崎が酷いってのはあるが、3~4角でアドミラブルが動いてきた段階でこちらが動こうとしても動く余力がなく抵抗できなかったという感もある。流れとしては最悪の形だが、全体のペースが速かった中で追走して脚を削がれたかなという感じ。上位勢からはかなり離されていて、これは結構悲観的に見るべきレースかなと。


スプリングS(GII) 5着 11頭8枠11番
中山芝内1800m良 1:48.7(+0.3) 48.6-48.1 M
12.6 - 11.7 - 12.1 - 12.2 - 11.7 - 11.8 - 12.1 - 11.8 - 12.4

 結果的にやや低調なメンツだったかもしれない、スプリングSでも完敗だった。中山1800で平均では流れた、という中でのL5最速戦。コーナーで少し息が入ってそこからの再加速という流れではあるが、正直ウインブライトには完敗だった。


 11番枠から坂スタートで出負けして後方からの競馬。向こう正面で上手く動いていくウインブライトを目標にしながら進め、3~4角でもウインから一頭分内を通して少し狭くはなったが直線まで持ってきた。それでもL1での伸びがいまいちで、なだれ込むだけの5着完敗だった。


 少なくともポテンシャル戦としては、結果的にあまりハイレベルとは言えないメンバー構成の中でウインブライトに正攻法で普通にL1まで良いところが無かった。まあここも平均では流れていたので、という言い訳はできるんだが、この馬の位置ならかなりの後傾バランスだし、ウインの押し上げに乗じながらどの地点でも足りなかった、そのウインブライトやアウトライアーズ辺りが現状足りていないわけで、春はかなり物足りないのは事実だと思う。


2017菊花賞に向けての展望

 トップスピード面が足りない馬ではあると思うし、フリージア賞は字面は速く見えるけど、超高速馬場だった2月の府中で出し切ってのもの。シーズララバイ辺りですら33秒台の脚を使ってきているわけで、当てにしづらい。青葉賞もスプリングSも平均で流れた中で良さが出なかったなら長距離が合う、という発想もできるが、菊花賞の場合前半はそこそこ流れるのでそこもクリアできるかどうか?という点で微妙になる。もちろん京都3000で幾らか春の差を埋めてくることはできると思っているし、春の実績馬が枠なり状態面なりで軒並み不安だらけ、ある程度どの馬にもワンチャンスあるとは見ている。それでも、この馬を強く狙いたいとまでは思わないかな。材料が乏しい。敢えて言えば前走の札幌最終週のタフな馬場でポテンシャルでバテ差してきた、というところから先週の秋華賞ぐらいまで渋ってくれば…という感じかな。また道悪実績と単純には結び付けてはいけないけど、少なくともパンパンの量馬場でとなると良い馬が多い。この辺は同じポテンシャルタイプでもマイネルヴンシュとは適性が逆かな。こちらは時計が掛かった方が良いと思う。雨の程度次第で考えたいところ、それでも3着ヒモで拾うかどうかのラインかな。春のパフォーマンスは物足りないし、前走も変わったなと思えるほど強い競馬でもない。そこまで雨の影響がないならマイネルヴンシュを上位に取りたいと思っている。人気も多分トリコロールブルーの方がしそうだしなあ。



 菊花賞予想の際ご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手はG1レースに何度となく騎乗していて、G1レースでの騎手心理など騎手ならではの観点で勝ち馬を見抜けるのだという。曰く、、「菊花賞は混戦ですが、1点馬券で勝負できる」とのこと!↓↓


アルアインの2冠はあるのか?
その答えは完璧に見えている!

第78回菊花賞(G1)
『勝負の1点』
【G1騎手大西直宏渾身】

◆先週の重賞は2戦2勝
◇この秋のG1も2戦2勝
【先週】秋華賞(G1)
◎ディアドラ
△リスグラシュー
○モズカッチャン
【1万4760円的中】

【先週】府中牝馬S(G2)
◎クロコスミア
○ヴィブロス
▲アドマイヤリード
【1万9390円的中】

スプリンターズS(G1)
◎レッドファルクス
△レッツゴードンキ
△ワンスインナムーン
【7650円的中】


G1のことはG1ジョッキーに聞け!

↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。
pngワールド:菊花賞300-250
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【菊花賞2017】出走予定馬 中心はスタミナ型サンデーサイレンス系
noimage
菊花賞 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、前走は極端な展開でキレ負け…コーナーではあまり動けないがしぶとく粘るステイヤータイプの感
菊花賞 2017 出走予定馬:マイネルヴンシュ、前走ポテンシャルで捻じ伏せたが、意外と速い脚もそこそこ使え…内枠も良く
菊花賞 2017 出走予定馬:ミッキースワロー、極上の切れ味を淀の長丁場で引き出せるかが焦点となる
【菊花賞2017】プレ予想 ミッキースワロー充実一途
菊花賞 2017 出走予定馬:ブレスジャーニー、末脚の鋭さ、持続力は世代屈指も、3000mと約1年ぶりの骨折明け…常識的には難しい
noimage
菊花賞 2017 出走予定馬:アルアイン、混戦模様を皐月賞馬の意地が断つことができるか?
菊花賞 2017 出走予定馬:キセキ、夏の中京、新潟で圧巻も神戸新聞杯はラストの伸びに少し不満がある
菊花賞 2017 出走予定馬:ポポカテペトル、阿賀野川特別で前目からしぶとく粘るポテンシャルの高さはここでは不気味
【菊花賞2017】追い切り情報 ラスト1ハロン11秒台の馬に注目
【菊花賞2017】枠順確定 内枠有利だがアルアインは8枠16番
菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガニオン、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
菊花賞 2017 予想:本命10ベストアプローチ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP