投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

菊花賞 2017 出走予定馬:キセキ、夏の中京、新潟で圧巻も神戸新聞杯はラストの伸びに少し不満がある

日程:2017年10月22日(日)
第78回 菊花賞(GI) 京都芝外3000m
予想用・出走予定馬一覧
菊花賞2017の予想用・出走予定馬一覧


 春は勝ち切るところまで足りなかったが、夏に古馬に揉まれて強い勝ち方で連勝、神戸新聞杯でも2着と結果を残したキセキが菊花賞に出走予定だ。夏の活躍は目覚ましく、勝っただけでなく内容も濃い勝ち方で成長をアピールした。神戸新聞杯ではダービー馬に完敗も、そのダービー馬は不在となれば最大のチャンス到来。大舞台に強い鞍上を背に、淀の長丁場で末脚を爆発させたい。


 前走の神戸新聞杯の負け方はちょっとだけ気になったところがある。夏の2走でこれは本物かなと思ったんだが、超高速馬場で速いラップを踏んだ方が良いタイプなのかな、という感じは少しするので雨で時計が掛かると不安があるのと、やはり淀の3000で分散すると?基本はトップスピードに乗せたいタイプだと思うので。


信濃川特別(10下) 1着 14頭4枠5番
新潟芝外2000m良 1:56.9 58.2-58.7 M
12.6 - 10.9 - 11.4 - 11.4 - 11.9 - 12.1 - 12.2 - 11.9 - 10.6 - 11.9

 この信濃川特別では平均ペースではあるが1000通過が58.2と非常に速い。もちろんこの馬の位置ではそうでもないが、ならば当然後半5Fを相当速く上がってこないといけない、ということになる。この馬は目視では難しかったが、恐らく前後半のバランスで大体だが60秒は切れてないと思うので、後半は56秒台に入っていると思う。


 5番枠から出負けして後方からの競馬になる。道中は前と後ろではっきり分かれる展開、後方集団でも後ろの方で3角に入っていく。3~4角では縦長となっている中で出来るだけ内目を立ち回りつつ、4角で外に出して直線。序盤で大外に持ち出してそこからは馬なりに近い感じでするすると伸びてきてL2の地点でもほぼ馬なりで先頭に立つ。そこから追いだされて最後の踏ん張り、きっちりと抜け出して完勝してきた。


 直線でのキレもさることながら、やはり1頭だけ後方から最後まで長く脚を維持してきたようにトップスピードの持続力の高さも素晴らしい。前半1000も自身では超スローバランスではあるものの、それでも60秒台には入っていると思うので、そこで脚を使わされずにこれだけえげつない脚を維持してきたのだからかなり高いパフォーマンスとみていいと思う。


神戸新聞杯(GII) 2着 14頭4枠5番
阪神芝外2400m良 2:24.9 61.4-58.6 S^3
12.9 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 11.3 - 11.4 - 11.8

 神戸新聞杯ではダービー馬レイデオロとの戦いとなったが結果的には完敗となった。ただそれだけでなく、この神戸新聞杯に関しては全体的にちょっと疑問があって、この当日はマイルでも1分32秒台が出ていたし、時計も全体的に超高速馬場と言って良いレベルで時計、ラップが優秀だった。それと比べると個人的には例年からはちょっと物足りないラップ推移。それでも1000で58.6と超高速とは言えそれなりの5Fの上がりにはなっている。


 5番枠から出負けして後方からの競馬はいつも通り。道中は中団馬群の内内に入り込んでリカバーしながら向こう正面。縦長の展開の中で最終的には後方内目でというところで3角に入っていく。3~4角でペースがじわっと上がっていく中で中団の最内まで取り付きながら最速地点でロスなく立ち回って直線。序盤で内から進路を上手く取って追い出されるとしぶとく伸びて2列目の一角には加わってくる。L1でもう一段の脚と行きたかったが、レイデオロが少し甘くなった中で食い込む脚は見せられずの2着完敗だった。


 サトノアラジンのようなケースもあるので何とも言い難いが、内内で上手く立ち回った方が良いラップ推移ではある。L3の4角地点が最速なのでここで上手くロスなく進められたし、直線でも少し狭かったところもあるが概ねスムーズに進路を取ってきた。その割にはちょっと物足りないL1の伸びではあったかなと。馬場も軽かったし新潟の外回り2000とはいえ推定後半5F56秒台を出してきたトップスピードの持続力を考えると、勝てないにせよラストはもうちょっと詰めてほしかったんだが。2400mで早めのスパートになっている中で少し持ち味を削がれているとなると3000はちょっと不安もある。もしくは使い詰めてきたのでパフォーマンスを落としてきたか。


すみれS(OP) 3着 7頭5枠5番
阪神芝内2200m良 2:15.0(+0.9) 61.3-60.4 S^1
12.5 - 11.1 - 12.1 - 12.7 - 12.9 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 11.8 - 11.9 - 12.3

 すみれSがこの馬を評価するうえで微妙なレースになっている。ペースはややスロー、ラップ推移的にもL3最速戦で、基礎スピードを最低限問われてのポテンシャル勝負になっている。またこの時は雨の影響で少し時計が掛かる馬場ではあった。


 5番枠から出負けして後方からのスタート、最終的には後方馬群の中で進めていく。向こう正面では団子状態で後方と言ってもポジション的にそう差はない流れで3角。3角で外からじわっと動きだしていくが反応がいまいちで押し上げられない。4角でも激しく手が動くが差を詰められないまま5番手で直線。序盤でそこから最低限には伸びてくるが目立たない。L1までジリジリとは伸びて単独3着は楽に確保したがタガノアシュラは捕まえられず、クリンチャーははるか前だった。


 この辺りからも全体のペースが最低限上がって分散して、更にコーナーで早めの仕掛けで分散してと、直線勝負に集中できなかったのはあると思う。この馬の場合トップスピードに乗ってしまってそこから持続力を活かしてくるという感じのイメージで、実際中京、新潟で強い勝ち方をしたときはいずれも超高速馬場でその中で後半しっかりと勢いに乗せて自身で後半4~5Fのスパンで非常に速い上がりを見せてきている。これはタフな馬場だと活かせない可能性は高いと思う。実際このすみれSではよくなかったからね。


2017菊花賞に向けての展望

 少なくとも3歳世代の中ならトップクラスのパフォーマンスは見せているはず。ただ神戸新聞杯はその中ではラップ的にL1の差し込みがちょっと物足りなかった。正直中京や新潟でのパフォーマンスの方が時計やラップ的な観点でみるとえげつなかったし、超高速馬場が合っているというのは一つあるかもしれない。その点でもまず天気が心配で、台風の影響次第では難しいレースになるかも。それと、ゲートが安定して下手。いい位置を取ろうと思うと菊花賞の場合は入りが速くなりやすいので、最低限ゲートか二の足、どちらかが良くないと…というところでこの馬はどちらも下手なので、ポジショニングに関しては楽観視できないだろう。13番枠とかなり外枠を引いてしまったので、最序盤の段階で出して行くと壁を作れなければ3角の下りで掛かるリスクが大きくなるし、あまり強気には攻めにくい。トップスピードの持続力は高いと思うんだが、ポテンシャル面を見せていないのが気がかり。菊花賞や春の天皇賞、有馬なんかはそうだが、仮に要所でトップスピードを問われることがあっても段階的な加速でポテンシャルを要求される流れになってからのもう一段、という感じになる。前走を見ると4Fで分散してという中で、持ち味の破壊力が削がれていたことを考えると、長距離向きではないかもしれない。ルーラーシップの仔はある程度距離があった方がと思っていたんだけど、上手く立ち回った割にいまいちだった前走をどう判断するかかな。ミルコの積極性は京都とは結構会わないことが多いし、外枠やゲートの拙さ、近代の淀の長丁場ということを考えると、個人的には今回は消して妙味とみたい。



PR【菊花賞過去データを分析した結果】10月21、22日馬券的中を量産する方法

このデータを見つけたときは鳥肌が立ちました。
菊花賞にも他の全レースにも、このデータは使えると思います。

参考にしているデータは、このコラボ指数です。
コチラ

先に結論から言うと、今年の菊花賞や他の全レースを当てる為のポイントは、

1、コラボ指数30以下の馬をすべて選択
2、コラボ指数31以上の馬で単勝オッズ20倍以下の馬を追加選択


この2つです。説明すると
1、コラボ指数30以下は、過去競走データや血統からそのレースで走れると判断された馬。(図:赤線)
2、コラボ指数31以上は、過去競走データや血統からそのレースで走れないと判断された馬ですが、 単勝オッズ20倍以下になるという事は、過去データや血統からは拾い切れない走れる新鮮な条件が世の中で噂になっているという証拠。つまり穴馬になり得る馬。(図:青線)

コラボ指数と単勝オッズを組合せて見るだけで、上の条件が拾えるようになります。
※図は見やすいように、右から着順別にデータを並び替えてます。

■2014年菊花賞結果データ


■2015年菊花賞結果データ


■2017年10月14日(日)20万馬券以上決着のレース



すべて僕が指摘した条件通りにレースが決まっています。
コラボ指数をそのまま使っても拾え切れないデータが必ず出てきます。
でも、コラボ指数と単勝オッズを組合せただけですごいデータを拾う事ができます。

今週の菊花賞、そして平場、特別戦、的中馬券を量産する為に、
参考にしてみてはいかがでしょうか。
コチラ

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

菊花賞 2017 出走予定馬:ブレスジャーニー、末脚の鋭さ、持続力は世代屈指も、3000mと約1年ぶりの骨折明け…常識的には難しい
【菊花賞2017】枠順確定 内枠有利だがアルアインは8枠16番
【菊花賞2017】予想参考 注目スタミナ型ノーザンダンサー系はこの馬
菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガナドル、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
菊花賞 2017 出走予定馬:ミッキースワロー、極上の切れ味を淀の長丁場で引き出せるかが焦点となる
菊花賞 2017 出走予定馬:クリノヤマトノオー、清滝特別は後方一気で強烈な末脚を引き出し…3000は全くの未知も不気味さアリ
noimage
菊花賞 2017 出走予定馬:マイスタイル、逃げを貫くことができるか?前半速く、仕掛けも3角下りからというのがどうか
菊花賞 2017 出走予定馬:スティッフェリオ、狭き門を潜り抜け、内枠も確保と運を味方に波乱を演じられるか
菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガニオン、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
菊花賞 2017 出走予定馬:サトノアーサー、後一歩の詰めの甘さ、折り合い面の不安もあり3000mをどう考えるか
菊花賞 2017 出走予定馬:ポポカテペトル、阿賀野川特別で前目からしぶとく粘るポテンシャルの高さはここでは不気味
【菊花賞2017】予想!スタミナ豊富トニービンの血統を狙います
菊花賞 2017 予想:本命10ベストアプローチ
菊花賞 2017 予想用ラップデータ:近年は中盤1000mも緩まないケースあり…3~4角までに良い位置を取りたいレース
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP