投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

菊花賞 2017 出走予定馬:ポポカテペトル、阿賀野川特別で前目からしぶとく粘るポテンシャルの高さはここでは不気味

日程:2017年10月22日(日)
第78回 菊花賞(GI) 京都芝外3000m
予想用・出走予定馬一覧
菊花賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 春はクラシック本番に参加できず、夏も使い続けて新潟の阿賀野川特別で完勝してきたポポカテペトルが菊花賞に出走予定。菊花賞向きの前目から長く脚を使えるという武器を、古馬の1000万下クラスでも見せることができたのは収穫。混戦菊花賞だけにダークホースが求められるが、テイエムオペラオー以来久々の中央GI制覇を狙う和田竜二とともに番狂わせを狙う。


 タイプ的にはステイヤー色が強く出ていて、ディープ産駒の中でも割と異色な感じ。前走の阿賀野川特別は2200での勝利だがゆったり入れて後半の良さを引き上げてきているので、この馬のイメージとしても距離延長は合うと思う。青葉賞も悪くなかったし有力各馬に不安がある中で不安が小さいこの馬が台頭するチャンスは大いにあると思う。


阿賀野川特別(10下) 1着 12頭8枠12番
新潟芝内2200m良 2:11.7 60.6-59.0 S^2
12.8 - 11.4 - 11.9 - 12.1 - 12.4 - 12.1 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 11.6 - 11.8

 まず前走古馬相手に完勝を収めてきた阿賀野川特別から。ペースは1.6でかなりのスロー、ラップ推移的には前半が遅いぐらいで中盤以降は大きく淀まず。そこからのロンスパという傾向だ。1角までの距離が比較的長いので早くなりやすい前半が少し遅かったのも良かったかなと思う。


 12番枠から五分には出た、という感じでそこからじわっと促し先行集団の外に絡んでいって最終的には2列目の外で進めていく。道中もゆったりした流れの中で2列目の外で前3頭を見ながら先行集団の流れの中、後方からは差を作って3角に入っていく。3~4角でも2列目の外からロンスパの流れで勝負に行って2列目の外で直線。序盤でスッと伸びて加速、L1で外から追い込んできたカレンラストショーもほとんど寄せ付けずの完勝だった。


 内容的にはステイヤー的な競馬になったが前半スローの段階で良い位置につけられたというのも一つ評価できるポイント。ただ道中も淀みなくは進んでいるし、向こう正面から後半ラストまでペースを落とさずにしっかりと走り切っているようにポテンシャルの高さを見せた。また淀の長丁場だと場合によってはL2でもう一段のケースもあるが、ここでは内回りらしい感じでL2最速でもスッと動けていたし、余力があってトップスピードを問われなければ結構器用かもしれない。L1を11.8でまとめているのももちろん好感。ポテンシャルを高いレベルで持っているのは春の段階でも見せていたが。


青葉賞(GII) 4着 12頭4枠4番
東京2400m良 2:24.2(+0.6) 59.7-59.2 M
12.5 - 11.2 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 11.4 - 12.0

 青葉賞も淀みない展開にはなっているんだが、敢えて違いを言えば前半から速かったのが青葉賞。ここで流れに乗って前半で脚を使いながらもそこそこやれた、というのは個人的には評価したい材料かな。菊花賞を考えるといい負け方だったと思う。このペースから上位はL2でもう一段の脚を使っているがどちらもついていっていたといっても後ろから行っていたからね。


 4番枠から何とか五分、そこから促しつつ速い流れの中でも好位の中で進めていく形。道中も淡々とした流れ、好位馬群の中目で折り合いもかなり楽な感じで3角に入っていく。3~4角でも前に壁の状況で内目を立ち回って直線、序盤で前が少し邪魔になって狭いところを突いてくる。それでも最低限反応してL2では2列目から置かれずしぶとく食らいついてくる。最後は甘くなったがそれでも踏ん張り、3着争いでわずかに見劣っての4着だった。


 ここでも結構厳しい流れだったと思うんだが、一歩目はともかく二歩目以降の二の足はこの路線としては結構速かったと思う。そのうえで淀みない流れに乗って最後まで抵抗できていたし、要所で加速という中で窮屈なところから捌いて抜け出す脚は見せていた。これなら淀の長丁場で良い位置を確保してそこから4角出口の内からスッと、というのは結構狙いやすいんじゃないかなと。良い感じの競馬だったし、前半でちょっと無理があったと考えれば基礎スピード面がもう少し楽になる3000なら…というのは当然出てくる。またここで2着のベストアプローチが前哨戦の神戸新聞杯でいまいちだった、という点からも青葉賞組では浮上してくるかなと。


木曽川特別(10下) 5着 18頭4枠7番
中京芝2200m良 2:13.3(+0.2) 60.9-59.8 S^1
12.4 - 11.3 - 11.5 - 12.9 - 12.8 - 12.4 - 12.4 - 12.0 - 11.7 - 11.5 - 12.2

 木曽川特別はちょっと物足りない競馬にはなった。1秒程度でややスロー、そこからはL2最速戦で坂の上りが最速。L1は少し落ちているし悪くない入り方をしていたがちょっと物足りなかったかな。


 7番枠から五分のスタート、そこから先行争いで外に誘導しつつ2列目を確保するという感じで結構良い入り方。最終的には好位の外で進めながらで、3~4角では好位の外から3~4頭分ぐらい外を進めて勝負に行って直線。その勢いで序盤はしぶとく伸びてきて2列目。そこからL1でもう一足が無くジリジリと伸びずばてず、最後は外差しも喰らって5着と完敗だった。


 この一戦は個人的にはもうちょっと頑張ってほしかったかなとは思っているんだが、そこそこ強敵が相手というのはあったし、青葉賞から少し間隔が空いていたというのもあったかもしれない。それと、前半はそこそこ速かったのでそこでポジションをとったことで少し脚を使う形になったのも響いたのかなと。青葉賞よりも入りの3Fを1秒速く、という流れでもあった。


2017菊花賞に向けての展望

 ディープ産駒ではあるが、ポテンシャル寄りではある。トーセンラーやデニムなんかもそうだが意外とディープ×ミスプロは長距離が結構いけたりするので、個人的には全兄のマウントロブソンのポテンシャル面からもこの馬の個体の適性も含めて3000は面白いと思っている。このレベルまで来ると前目で運べると言っても最序盤のゲートや二の足といった所が問われてくるが、この馬の場合は少なくとも青葉賞であの位置をとれているのでそう心配しなくていいかな。その点では信頼度は結構高い方だと思う。序盤は恐らく1000mでも59秒台の流れを単騎逃げ馬が作るイメージで良いし、離れた4、5番手なら大体61秒ぐらいで入れると思う。それなら序盤はそう難しくないだろう。相手関係も青葉賞組ではベストアプローチの状態次第だが、先行勢では一番評価すべきかなと思っているし、菊花賞の穴パターンという観点で見れば噛み合ってくる可能性は高いと思う。枠は外枠なんだが、この馬の場合は一歩目があまり安定していない感じもする、折り合いはそう苦労しないので、外から様子を見ながらスペースに入っていければ面白いかな。一発のチャンスはあると思うし、ポテンシャルは結構侮れない、割と前目を取るのに苦労をしていない、という点も含めて連下前後で考えている。例年なら3着ヒモで押さえるかどうか、というラインだけど今年の条件・面子で付け入るスキは出てきたと思う。



 菊花賞予想の際ご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手はG1レースに何度となく騎乗していて、G1レースでの騎手心理など騎手ならではの観点で勝ち馬を見抜けるのだという。曰く、、「菊花賞は混戦ですが、1点馬券で勝負できる」とのこと!↓↓


アルアインの2冠はあるのか?
その答えは完璧に見えている!

第78回菊花賞(G1)
『勝負の1点』
【G1騎手大西直宏渾身】

◆先週の重賞は2戦2勝
◇この秋のG1も2戦2勝
【先週】秋華賞(G1)
◎ディアドラ
△リスグラシュー
○モズカッチャン
【1万4760円的中】

【先週】府中牝馬S(G2)
◎クロコスミア
○ヴィブロス
▲アドマイヤリード
【1万9390円的中】

スプリンターズS(G1)
◎レッドファルクス
△レッツゴードンキ
△ワンスインナムーン
【7650円的中】


G1のことはG1ジョッキーに聞け!

↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。
pngワールド:菊花賞300-250
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【菊花賞2017】プレ予想 ミッキースワロー充実一途
菊花賞 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、前走は極端な展開でキレ負け…コーナーではあまり動けないがしぶとく粘るステイヤータイプの感
菊花賞 2017 出走予定馬:サトノアーサー、後一歩の詰めの甘さ、折り合い面の不安もあり3000mをどう考えるか
菊花賞 2017 出走予定馬:クリノヤマトノオー、清滝特別は後方一気で強烈な末脚を引き出し…3000は全くの未知も不気味さアリ
【菊花賞2017】予想参考 注目スタミナ型ノーザンダンサー系はこの馬
noimage
菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガニオン、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
菊花賞 2017 出走予定馬:トリコロールブルー、前走はタフな馬場で最後にバテ差しも…春は実績馬相手に完敗で
【菊花賞2017】予想!スタミナ豊富トニービンの血統を狙います
菊花賞 2017 出走予定馬:クリンチャー、すみれSからも長距離適性は高そうだが…前走の内容が不満で…
菊花賞 2017 出走予定馬:ミッキースワロー、極上の切れ味を淀の長丁場で引き出せるかが焦点となる
【菊花賞2017】プレ予想 キセキとダンビュライトどちらのルーラーシップ産駒を選ぶ
菊花賞 2017 予想:本命10ベストアプローチ
菊花賞 2017 出走予定馬:ベストアプローチ、青葉賞は面白い競馬も、神戸新聞杯の内容が悪く…少し評価を下げたい
【菊花賞2017】追い切り情報 ラスト1ハロン11秒台の馬に注目
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP