投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

菊花賞 2017 出走予定馬:ベストアプローチ、青葉賞は面白い競馬も、神戸新聞杯の内容が悪く…少し評価を下げたい

日程:2017年10月22日(日)
第78回 菊花賞(GI) 京都芝外3000m
予想用・出走予定馬一覧
菊花賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 青葉賞では素質馬アドミラブル相手に途中まではいい勝負を見せたベストアプローチが菊花賞に出走予定だ。ダービーでは包まれて下げながら直線を迎える苦しい展開となって不完全燃焼。しかし秋初戦の神戸新聞杯では物足りない結果に終始しての6着だった。叩いて上昇は必須条件だが、この距離でステイヤー血統の血が一気に騒いで波乱の主役に抜擢となるか。


 前走の負け方がもうちょっと良ければ菊花賞では本命にしたいな…と思っていた一頭。クリンチャーとこのベストアプローチはダービー、菊花賞である程度流れを作っての早仕掛けで怖いなと思っていただけに…神戸新聞杯の内容が悪かったのがなあ。今はちょっと悩んでいるところ。


青葉賞(GII) 2着 12頭7枠9番
東京芝2400m良 2:24.0(+0.4) 59.7-59.2 M
12.5 - 11.2 - 11.8 - 11.8 - 12.4 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 11.9 - 11.8 - 11.4 - 12.0

 何といっても3走前の青葉賞で、これはかなり強い競馬だったと思う。ペースも前が飛ばす形で、しかも結構各馬がこれについて行って縦長の展開。そこからも淀みなく進んでL2最速だが11.4とトップスピードは問われない。基礎スピードとポテンシャルのバランスを高いレベルで問われているし、この流れでアドミラブル相手にそこそこやれたのは立派だと思っている。


 9番枠からやや出負け、もっさりした感じではあったし無理せず抑えて後方でという競馬になる。道中も無理せずに後方で進めているが、ペースの割には一団で進める形、そう離れていない位置で3角に入っていく。3角で先に外からアドミラブルが動く形、そこで一頭分内で仕掛けを我慢。レース全体の流れもそこまで速くない中で4角でアドミラブルの後ろを取って直線。序盤でアドミラブルの外から喰らいついていくと、L2の地点では一旦は半馬身差ぐらいまで追いすがるがここで寄られたこともあって最後は少し甘くなり、2着は楽に守ったが完敗だった。


 内容的には全体のペースが速い中、1000通過の段階でこの馬の位置でも61秒ぐらいだったと思うので結構流れていたし淀みがない。単調な流れの中で後半のポテンシャル戦でワンテンポ待ったのはあるにせよ上手くL2の地点では伸びてきた。アドミラブルに対して一瞬は互角にやれていたし、タフな流れの中で良さが出ているなと。これまで詰まって脚を出し切れないことが多かったが、ここで素材的にある程度高いレベルにあることを証明できたと思う。元々血統的にもステイヤー的な競馬の方がとは思っていたので。


日本ダービー(GI) 9着 18頭5枠10番
東京芝2400m良 2:27.6(+0.7) 63.2-59.1  S^4
13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4

 青葉賞が厳しい流れで良さが出ただけに、真逆の競馬となったダービーで器用さを問われては如何ともしがたい競馬となった。ペースは4秒前後でドスローだし、捲りがあった中でも結局3~4角では緩んでしまって直線で相当なギアチェンジを要求された。


 10番枠から五分には出てそこからポジションを取りに行かずに抑えて中団の中目という選択を取る。ただ道中も極端にスローペース、馬群で折り合いを意識しているうちに外からレイデオロに上がられてこちらは動けないというパターン。相対的にポジションを下げて後方で3角。3~4角でも後方馬群の中で前を向けないまま直線で進路を探す形。序盤で上手くアルアインの後ろは獲るが反応が鈍い。L2の地点でも究極的な切れ味勝負で見劣って、L1はそれなりに伸びてきたがなだれ込む程度の9着に終わった。


 これだけドスローの中で最序盤悪くないスタートを切りながらも中団馬群に入り込んでしまってはどうにもならなかったな、という感じ。このダービーに関しては正直この馬だけではないにせよ展開的に運が無かったなというほかない。極端なギアチェンジを問われているのにこちらは直線で進路を作るところで後手を踏んでいるし、L2で最速10.9とここまでトップスピードの質を問われてしまうと…というところ。


神戸新聞杯(GII) 6着 14頭3枠4番
阪神芝外2400m良 2:25.4(+0.8) 61.4-58.6 S^3
12.9 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 11.3 - 11.4 - 11.8

 神戸新聞杯はむしろ逆で、悪くない流れの中で思った以上にダメだった、というパターン。ペースはもうちょっと早い方が良かったとは思っているが、それでもスローでL3最速、4Fである程度分散しているしポテンシャル面をある程度問われている。


 4番枠から五分には出たが少し接触があり、そこからある程度促しつつ好位には入っていく。道中もペースが遅い割には縦長という中で中団の内内で折り合っているというより少し促しながらの競馬で3角に入っていく。3~4角でも中団の内内で前にスペースがある状況と結構良い流れなのだが追走で苦労している感じ。4角でも最内を立ち回って3列目で直線。しかしここで置かれて良さが出ない。L1は減速していく流れなのだがだらだらとなだれ込むのみで、伸びずの6着完敗だった。


 正直悪くない流れだったと思っている。入りはスローだったんだがそれでも仕掛けは割と早い方だったしコーナーでロスなく立ち回る形も展開的には合っていた。また少し置かれることはあっても内から伸びてくること自体はできる馬で、弥生賞なんかでも良い流れではない加速が続いていく中で置かれていても直線で進路を作ってからはダンビュライトと比べても差を詰めてきていた。それがL3最速の流れであからさまに動けず、L1も良くなかった。アドマイヤウイナーとの比較でみてもパフォーマンスを落としていることは明らかで、状態面の問題を懸念すべきかな。もちろん賞金は足りていた立場だが。


2017菊花賞に向けての展望

 父はベストアプローチでガリレオ経由のサドラー系。母系もフォルリ系で更にシルヴァーホークとロベルト系も重ねていてステイヤー色が強い印象。なので、青葉賞のパフォーマンスも良かったし、この世代でアドミラブル、レイデオロがいないのであればやはり適性的にチャンスがあるかなと思っていた…のだが、やはり前走の神戸新聞杯は物足りない。なので今回は追い切りをかなり重視してみておきたいと思っている。適性的に見れば青葉賞の様に淡々とした流れの中である程度離れず進めながらも後半いい脚をしっかりと使えているし、前半の1000は流れやすい菊花賞という舞台は合うと思う。青葉賞で見せたように流れた中で要所の脚が良かった印象なので、勝ち切るところまでとなると状態面が春に戻ってきているという前提でやはり3~4角の立ち回りが問われると思う。内枠は欲しいタイプだろう。ゲートは上手くはないが安定して微妙な感じなので内枠を引けば枠の並び次第でリカバーは可能だと思うし、青葉賞の感じならある程度ついて行った方が良いだろう。ポテンシャルが絶対的にあるというより前半流れた中でも引き出せるという感じ。理想のパターンはサウンズオブアースが2着したような感じの競馬ができれば今年ならチャンスはある…と思っていたが、後はこの馬の出来と枠次第といったところ。一応状況が揃えばとも思うが本命は流石に推しにくくなったかな。クリンチャーも含めて良いなと思った馬が秋初戦ここまで微妙だとなかなか難しい面が出てきた。どちらも春に優位に立っていた相手にパフォーマンス的に見ても落としているのが気がかりだなあ。



 菊花賞予想の際ご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手はG1レースに何度となく騎乗していて、G1レースでの騎手心理など騎手ならではの観点で勝ち馬を見抜けるのだという。曰く、、「菊花賞は混戦ですが、1点馬券で勝負できる」とのこと!↓↓


アルアインの2冠はあるのか?
その答えは完璧に見えている!

第78回菊花賞(G1)
『勝負の1点』
【G1騎手大西直宏渾身】

◆先週の重賞は2戦2勝
◇この秋のG1も2戦2勝
【先週】秋華賞(G1)
◎ディアドラ
△リスグラシュー
○モズカッチャン
【1万4760円的中】

【先週】府中牝馬S(G2)
◎クロコスミア
○ヴィブロス
▲アドマイヤリード
【1万9390円的中】

スプリンターズS(G1)
◎レッドファルクス
△レッツゴードンキ
△ワンスインナムーン
【7650円的中】


G1のことはG1ジョッキーに聞け!

↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。
pngワールド:菊花賞300-250
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガナドル、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
菊花賞 2017 出走予定馬:トリコロールブルー、前走はタフな馬場で最後にバテ差しも…春は実績馬相手に完敗で
菊花賞 2017 出走予定馬:マイスタイル、逃げを貫くことができるか?前半速く、仕掛けも3角下りからというのがどうか
菊花賞 2017 出走予定馬:キセキ、夏の中京、新潟で圧巻も神戸新聞杯はラストの伸びに少し不満がある
菊花賞 2017 枠順確定:アルアインは8枠16番と大外枠で皐月・菊花賞2冠に向けて試練
菊花賞 2017 出走予定馬:アルアイン、混戦模様を皐月賞馬の意地が断つことができるか?
【菊花賞2017】枠順確定 内枠有利だがアルアインは8枠16番
【菊花賞2017】プレ予想 ミッキースワロー充実一途
【菊花賞2017】プレ予想 キセキとダンビュライトどちらのルーラーシップ産駒を選ぶ
菊花賞 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、前走は極端な展開でキレ負け…コーナーではあまり動けないがしぶとく粘るステイヤータイプの感
菊花賞 2017 予想用ラップデータ:近年は中盤1000mも緩まないケースあり…3~4角までに良い位置を取りたいレース
菊花賞 2017 出走予定馬:クリンチャー、すみれSからも長距離適性は高そうだが…前走の内容が不満で…
菊花賞 2017 出走予定馬:ブレスジャーニー、末脚の鋭さ、持続力は世代屈指も、3000mと約1年ぶりの骨折明け…常識的には難しい
【菊花賞2017】出走予定馬 中心はスタミナ型サンデーサイレンス系
【菊花賞2017】追い切り情報 ラスト1ハロン11秒台の馬に注目
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP