投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

菊花賞 2017 出走予定馬:スティッフェリオ、狭き門を潜り抜け、内枠も確保と運を味方に波乱を演じられるか

日程:2017年10月22日(日)
第78回 菊花賞(GI) 京都芝外3000m
予想用・出走予定馬一覧
菊花賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 夏は北海道で古馬にもまれて地道に結果、セントライト記念4着から抽選を潜り抜けてきたスティッフェリオが菊花賞に出走予定。北海道シリーズでも下級条件で勝ったり負けたり、しかし噛み合ってくると侮れない面もある。前走セントライト記念は4着と完敗を喫したが、父ステイゴールドの血が淀の3000で後押しとなるか。


 この馬は直接的ではないんだけど、ステイゴールドにダンジグが入っている組み合わせ。個人的な血統分析として、ステゴ×ダンジグ系牡馬はコーナーで勝負できる馬が多いと思う。イメージとしてはフェノーメノだったりマイネルミラノだったり、ウインガニオンだったり。セントライト記念の敗因は本来もうちょっと早く仕掛けるべきだったのがコーナーで仕掛けられなかったうえでのキレ負けだと思っている。前走自体は酷い馬場だったので騎手にそれは求められなかったが、菊花賞では前目から3~4角で勝負をできる条件。実力的にはまだちょっと微妙に足りないかなとも思っているが、この馬も適性的には怖さがある一頭になる。


500万下 1着 12頭7枠10番
函館芝2000m良 1:59.8 60.4-59.4 S^1
12.5 - 10.9 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 11.8 - 11.9 - 12.0 - 11.7 - 12.0

 イメージ的にはロンスパの競馬の中でしぶとく伸びてきた500万下の感じは面白さはある。ペースは1秒のスロー、L5で11秒台、少し減速はあったが5Fのロンスパポテンシャル戦という枠組みで良いと思う。


 10番枠から出負けして無理はできずに後方からの競馬となってしまう。道中もややスローの流れで後方で進めながら3角。3角では先に動いていたビクトリーミノルの後ろを追走し、4角で外から動いて直線。序盤からジリジリと伸び続け、L1までしっかりと脚を維持しての完勝。


 ポテンシャルという点では高いものを見せてきたかなとは思う。もちろん相手関係は楽だったし、外に出したのは4角地点なので派手ではないがきっちりとスローからのロンスパで結果を出してきたのは良い材料。また距離に関しても前半の運び方から2000はちょっと短いかも?という感じも受けたので、距離を延ばしてゆったりとポジションを前目で取れれば、という感覚ではあった。


セントライト記念(GII) 4着 15頭8枠15番
中山芝外2200m良 2:13.3(+0.6) 61.8-58.1 S^4
12.3 - 11.1 - 12.4 - 13.1 - 12.9 - 12.8 - 12.1 - 12.0 - 11.7 - 11.3 - 11.0

 距離延長でかつ超超スローとかなり緩い流れになったセントライト記念では序盤は楽に進められた。ただ馬場が異常に軽かった中でコーナーで仕掛ける意識を強く持てなかったことで直線での切れ味勝負になってしまった感はある。


 15番枠から五分のスタート、そこから促しつつ楽な手ごたえで2列目の外から最終的には番手を確保する。ただ思った以上に楽に番手でコントロールできたこともあったし、3~4角でも逃げ馬の手ごたえが悪くなったことで馬なりでコントロールしながら直線。序盤で手ごたえほど追われて伸びず、L1でキレ負けしての完敗だった。


 余力は抜群に残っていたと思う。ただそれは他の馬も同じで直線勝負でヨーイドンになるとキレ負けした、というイメージでいいと。動けていたし3~4角ではむしろ一気に前に行かない様にコントロールしていたことで、後続にとってはここで押し上げるのが楽になってしまった。直線勝負に特化してキレ負けしてしまったイメージかなと。


2017菊花賞に向けての展望

 この2戦を見る限りでも、また前走の松前特別なんかでも、基本的にはスローは歓迎できるけど、出し切って良さが出るイメージでいいと。そのうえで、2200に延長したこと、ペースが遅かったことで楽に主導権をとれていることを考えるとやはり距離延長がプラスに出てくる可能性は高い。またポテンシャルも底を見せていないので、内枠を引いたし怖さは少し上がってきた。ただ、同世代のレベルで考えると前走は展開不向きとはいえ完敗を喫したし、春の実績なんかでも大寒桜賞で悪くない流れでアドマイヤウイナーに1.4差は痛すぎる。青葉賞組の2頭は内容的にアドマイヤより1枚上かなというパフォーマンスを見せていたと思うので、その辺りを踏まえてもそれ以上の評価はしづらい。確かにベストアプローチも状態面に疑問はあるし、アルアインやサトノアーサーも気性面の課題がある。それでも、ここ3走を高く評価するとしても、やはり上位とは少し差があるとみるべきだろう。青葉賞上位のパフォーマンスをしている2頭と、1000万下で少なくとも勝ち切ってきた上がり馬。この辺りが第2グループとしてそれ寄りは一段下とみたい。適性でそれを伸ばしてきて、内枠が噛み合ったとして、それでも3着ヒモ穴狙いまででとどめるのが妥当なところかなと。


PR【菊花賞過去データを分析した結果】10月21、22日馬券的中を量産する方法

このデータを見つけたときは鳥肌が立ちました。
菊花賞にも他の全レースにも、このデータは使えると思います。

参考にしているデータは、このコラボ指数です。
コチラ

先に結論から言うと、今年の菊花賞や他の全レースを当てる為のポイントは、

1、コラボ指数30以下の馬をすべて選択
2、コラボ指数31以上の馬で単勝オッズ20倍以下の馬を追加選択


この2つです。説明すると
1、コラボ指数30以下は、過去競走データや血統からそのレースで走れると判断された馬。(図:赤線)
2、コラボ指数31以上は、過去競走データや血統からそのレースで走れないと判断された馬ですが、 単勝オッズ20倍以下になるという事は、過去データや血統からは拾い切れない走れる新鮮な条件が世の中で噂になっているという証拠。つまり穴馬になり得る馬。(図:青線)

コラボ指数と単勝オッズを組合せて見るだけで、上の条件が拾えるようになります。
※図は見やすいように、右から着順別にデータを並び替えてます。

■2014年菊花賞結果データ


■2015年菊花賞結果データ


■2017年10月14日(日)20万馬券以上決着のレース



すべて僕が指摘した条件通りにレースが決まっています。
コラボ指数をそのまま使っても拾え切れないデータが必ず出てきます。
でも、コラボ指数と単勝オッズを組合せただけですごいデータを拾う事ができます。

今週の菊花賞、そして平場、特別戦、的中馬券を量産する為に、
参考にしてみてはいかがでしょうか。
コチラ

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

菊花賞 2017 出走予定馬:ダンビュライトと武豊、日本が誇る名手の意地でデムルメの牙城を崩せるか…?大きく淀まない流れが理想
菊花賞 2017 枠順確定:アルアインは8枠16番と大外枠で皐月・菊花賞2冠に向けて試練
菊花賞 2017 出走予定馬:ミッキースワロー、極上の切れ味を淀の長丁場で引き出せるかが焦点となる
菊花賞 2017 出走予定馬:ベストアプローチ、青葉賞は面白い競馬も、神戸新聞杯の内容が悪く…少し評価を下げたい
【菊花賞2017】プレ予想 キセキとダンビュライトどちらのルーラーシップ産駒を選ぶ
菊花賞 2017 出走予定馬:トリコロールブルー、前走はタフな馬場で最後にバテ差しも…春は実績馬相手に完敗で
【菊花賞2017】プレ予想 ミッキースワロー充実一途
菊花賞 2017 出走予定馬:アルアイン、混戦模様を皐月賞馬の意地が断つことができるか?
noimage
菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガナドル、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
菊花賞 2017 予想:本命10ベストアプローチ
菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガニオン、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
菊花賞 2017 出走予定馬:ポポカテペトル、阿賀野川特別で前目からしぶとく粘るポテンシャルの高さはここでは不気味
菊花賞 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、前走は極端な展開でキレ負け…コーナーではあまり動けないがしぶとく粘るステイヤータイプの感
【菊花賞2017】追い切り情報 ラスト1ハロン11秒台の馬に注目
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP