投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

富士ステークス 2017 出走予定馬:サトノアレス、2歳マイル王者が府中のマイルで古馬相手に力試しの一戦…適性は合いそうだが

日程:2017 10/21(土)
第20回 富士ステークス(GIII) 東京芝1600m
予想用・出走予定馬一覧
富士ステークス2017の予想用ラップデータ


 昨年は朝日杯フューチュリティステークスを制して2歳王者に、夏の巴賞では古馬も撃破したサトノアレスが富士ステークスに出走予定だ。クラシック戦線は皐月賞で11着も見所ある末脚は見せ、函館記念はタフな展開で伸びあぐねたが末脚を活かす形が取れた巴賞では古馬相手にも互角以上にやれた。相手は強敵だがマイルの舞台でまずこの馬の末脚を引き出したい。


 タイプ的には厳しい流れで良さが出るよりはゆったりと運んでトップスピードを引き出したいタイプだとは思う。なので前哨戦で府中のマイルならそう厳しい流れにもならないだろうし、ここでどこまでやれるか見極めたい一頭かな。


巴賞(OP) 1着 8頭6枠6番
函館芝1800m良 1:46.5 47.2-47.2 M
12.2 - 11.1 - 11.9 - 12.0 - 12.1 - 12.6 - 11.8 - 11.3 - 11.5

 まずは巴賞から見ていこう。このレースは字面の上では綺麗な平均ペースなんだが、前がそこそこ単騎気味、L4の12.6で顕著に緩んでいてここで後続が取り付いてきたという面があるので実質はスローだろう。この馬のバランスで見ても3-3Fにはなるが36.3-34.1と2秒以上のスローバランスで入っている。


 6番枠から五分のスタート、そこから無理はせずにじわっと進めながら中団の外目でレースを展開。向こう正面でも前が離している中で無理せずちょうど中団ぐらいの外目を追走していく。3角で前が急激に減速、外から楽に取り付いて4角で仕掛けていき楽な手ごたえでそのまま2列目に並びかけて直線。序盤でスッと伸びてきて先頭列、L1でしっかりと抜け出しアングライフェンの追撃を振り切った。


 3~4角から勝ちに行く形に見えるが、L3では前が勝手に下がってきているだけだし、4角でペースは少し上がっていると言っても11.8。最速が11.3で4角後半から直線入り。ここでのロスは多少あったと思うが仕掛けどころ自体は大体4角ぐらいだと思う。ここでいい脚を使ってL1はちょっと甘くなったかなという感じ。この時の函館はかなりの高速馬場ではあり、実質スローからのトップスピード戦という感じの流れだったのでその辺りで鋭さを上手く引き出してきた。L2の最速地点でのキレが目立ったとみている。まあその点では相手は割と楽で、ポテンシャルタイプのアングライフェンやナリタハリケーンだったしまだ何とも言えない面もあるが。


朝日杯FS(GI) 1着 18頭8枠17番
阪神芝外1600m良 1:35.4 48.3-47.1 S^1
12.8 - 11.2 - 11.6 - 12.7 - 12.3 - 11.5 - 11.2 - 12.1

 結構遡るがマイル戦としてはやはり朝日杯を振り返っておくべきだろうと。年末の阪神でどうしても時計が掛かる馬場状態。ペースはそれでも1.2でスローペース、中間12.7と非常に遅いラップを踏みながらのL2最速トップスピード戦でL1は大きく落とす形。阪神外回りのマイルらしくTS持続力を高いレベルで問われた。


 17番枠から出負けして二の足がつかずに後方からの競馬となってしまう。ただ3角手前辺りから徐々に前がペースを落としてくれたのでここで取り付いていきつつ中団に近いことろで外外。4角でも大外から押し上げつつ勢いに乗って直線。序盤の最速地点でスッと伸びてきて一気に2番手まで押し上げほぼ先頭列。L1では甘くなったがそれでもしぶとく踏ん張ってモンドキャンノの追撃を振り切り勝利をものにした。


 このレースでも目立ったのは実はL2の最速地点でのキレ。もちろん4角でかなり外から動いているのでL1で踏ん張ったのも立派ではあるが、L2ではまだまだ4馬身ぐらいはあっただろうというところからほぼ先頭列なので、10秒台後半は確実に使ってきているわけだし、タフな馬場でも質の高いトップスピードを引き出せたな、という印象の方が強い。ただ、ボンセルヴィーソもラストは甘いし、モンドキャンノも古馬相手に結果を出せていないのでレベル的にどうかというのは少し不安もある。


皐月賞(GI) 11着 18頭7枠13番
中山芝内2000m良 1:58.4(+0.6) 59.0-58.8 M
12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

 皐月賞も振り返っておきたい。結果的に苦しい競馬になってしまったし位置取りも最悪だった。もちろんいい位置を獲れる馬ではないが流石にこれでは、という内容。ペースは平均だがそこから中弛みで取り付くチャンスがあった。そこからのL3実質最速戦で割と出し切りやすい展開だったと思う。


 13番枠から出負けして少し挟まれて最後方からの競馬と最悪に近い滑り出し。前半ある程度促していたが追走は簡単ではなく最後方で向う正面。向こう正面で緩んで団子気味になったので最高峰近くでも射程圏内という中でそれでもうごかず最後方で3角。3~4角で最後方から進めて外目を追走しつつなんとか少し押し上げて直線。序盤でそこから捌くのに苦労、L1でもなだれ込んでの11着だった。


 上がり最速で、もちろん最後方から進めたからというのはあるんだがそれでも3~4角のロスはそれなりにあった中で、これだけ脚を使えたというのは一定の評価が必要。ただし、当然だけどあの位置になってしまったのは痛すぎるし、スプリングS組との比較でみても大して変わってないので、その辺りを踏まえるともちろん過度な評価は危険。そこそこやれた、という程度だしレースレベルという観点で見ても強気にはなれないかなと。


2017富士ステークスに向けての展望

 前走の函館記念に関しては重馬場でタフなポテンシャル戦では辛いってのはスプリングSでもいまいちだったところから感じていたし、タイプ的には府中マイルに変わるのは面白いと思っている。ひとまず朝日杯にしてもそうだし巴賞にしてもそうだが、ゆったり入って徐々にエンジンをかけつつ、トップスピードに乗ると質は高いレベルにある。特に朝日杯は一頭だけ最速地点で切れるな、という感覚だった。ただし、この2走はどちらもレベル的に疑問がある。巴賞は適性的にトップスピード戦が不向きかなと思っていたアングライフェンやナリタハリケーンが上位だったし、朝日杯もボンセルヴィーソはペースを引き上げれば手ごわい相手だがスローではそれほどでもない。また世代レベルとしてみた時にこの路線の面々が古馬相手に通用している感じが今のところしない。ボンセルヴィーソが苦戦していて、適性的に1200がどうかだがモンドキャンノも重賞では難しく、ウインブライトも毎日王冠では良さが出ず。ある程度適性面の問題もあるので一概には言えないが、あまり世代レベルが高くないのかなとは結構早い段階で感じている。なのでちょっと怖さはあるけど、今のハイレベルのマイル路線でメンツが揃ったここで狙うには不安が先に立つ。内枠スローから最低限ポジションをとってのトップスピード勝負なら怖さはあるが…というぐらいかな。府中はベゴニア賞がスッと動いてエトル相手にギアチェンジ戦で完勝してきているので適性は高いと思う。後は相手関係かな。今回は様子を見つつ、狙うとしても多分3着ヒモで…というところまで。人気が無ければいいが、恐らくそこそこ人気するので。この馬に限らず3歳勢は少し評価を抑えめにしたい。


<PR>

 菊花賞予想の際ご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏擁する「ワールド競馬WEB」。大西騎手はG1レースに何度となく騎乗していて、G1レースでの騎手心理など騎手ならではの観点で勝ち馬を見抜けるのだという。曰く、、「菊花賞は混戦ですが、1点馬券で勝負できる」とのこと!↓↓


アルアインの2冠はあるのか?
その答えは完璧に見えている!

第78回菊花賞(G1)
『勝負の1点』
【G1騎手大西直宏渾身】

◆先週の重賞は2戦2勝
◇この秋のG1も2戦2勝
【先週】秋華賞(G1)
◎ディアドラ
△リスグラシュー
○モズカッチャン
【1万4760円的中】

【先週】府中牝馬S(G2)
◎クロコスミア
○ヴィブロス
▲アドマイヤリード
【1万9390円的中】

スプリンターズS(G1)
◎レッドファルクス
△レッツゴードンキ
△ワンスインナムーン
【7650円的中】


G1のことはG1ジョッキーに聞け!

↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってきたメール記載のURLをクリックで登録完了。
pngワールド:菊花賞300-250
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京都大賞典 2017 出走予定馬:サウンズオブアース、横山典弘と札幌記念で一つの目途、前目から一瞬のキレを引き出す競馬を期待
ファンタジーステークス 2017 出走予定馬:アマルフィコースト、器用に動け、前走も強敵撃破…完成度は高く相手関係がカギか
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:フィエロ、もうそろそろ重賞初制覇を成し遂げたいが…やはり末脚を出し切れるかが焦点…
京都新聞杯 2017 出走予定馬:ゴールドハットと武豊、2200mへの一気の延長は鍵も…2走前は強い内容
オールカマー 2017 出走予定馬:タンタアレグリア、ここ2走のパフォーマンスは高く力は最上位…ただ過程が怪しいので
東海ステークス2018 出走予定馬:アスカノロマン、中京で高いパフォーマンスも…今は昔、近走の内容を冷徹に判断したい
阪神大賞典 2017 出走予定馬・プレ予想:タマモベストプレイ、力は見劣るが積極策からリードを保ち切れるか
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:トリコロールブルー、フリージア賞で府中適性を示し…距離延長でゆったりと運べそうなのは好材料
七夕賞 2017 出走予定馬:フェルメッツァ、福島民報杯は最後までばてずに食い込む…2000mで前を取れたのは好材料
カペラステークス 2017 出走予定馬:ディオスコリダー、前走の西陣Sでは前半残して鋭く…ペースが上がり切らない方が良いかも
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:メイソンジュニア、スプリント戦での真価を問う…息が入れば鋭さを増すので札幌なら警戒
クイーンステークス 2017 出走予定馬:シャルール、平坦の札幌でいいスタートを切ることができるかに注目だ
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:ベストウォーリア、ルメールとの新コンビで活路を拓けるか…府中は良いがここ3走は物足りず
中山金杯2018 出走予定馬:ウインブライト、切れ味は全く無いがポテンシャルは非凡…早めのスパートで粘り込みたい
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:エテルナミノル、エリ女の負け方は距離か中1週の反動か?前目から決め手を活かして台頭なるか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP