投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

富士ステークス 2017 出走予定馬:グランシルク、前走の破壊的な末脚は覚醒か?嵌ったか?府中で真価を問う一戦

日程:2017 10/21(土)
第20回 富士ステークス(GIII) 東京芝1600m
予想用・出走予定馬一覧
富士ステークス2017の予想用ラップデータ


 重賞まで後一歩という状況を長らく続けたが、前走京成杯オータムハンデは田辺とのコンビで驚くほどに完勝してきたグランシルクが富士ステークスに出走予定だ。ようやく重賞の舞台で突き抜けたその勢いはここに入ってももちろん各馬にとって脅威となる。あの末脚を府中でも引き出せるかが焦点、晩秋の淀に向けて更に勢いを増したい。


 マイルでは基本的に流れた方が良いと思っていて、前走の京成杯AHも中京記念もそんな感じ。府中だと1400がベストな印象で、仮にマイルでスローからのTS持続になったとするとちょっと違うかも…という感じ。ただ前走は噛み合ったとは思うがそれでもあのパフォーマンスの高さなので…。ここにきて力をつけてきた感はある。今回一番扱いが難しい一頭かな。


京成杯AH(GIII) 1着 15頭4枠6番
中山芝外1600m良 1:31.6 45.8-45.8 M
12.5 - 10.9 - 11.2 - 11.2 - 11.3 - 11.5 - 11.6 - 11.4

 まず前走の京成杯オータムハンデから。見てもらってもわかると思うが、綺麗な平均ペースでラップ推移も淀みは全く無く、その中でL1を最速11.4で突き抜けてきた。もちろんレースラップだが、この馬自身もL1ではまだ先頭に立っていたわけではないのでL1はこれより速いラップを踏んでいることになる。単調な流れの中でラストまで脚を引き出す余裕があったということになるし、これが最大の勝因だろう。


 6番枠から好発、そこから下げながら中団と理想的なポジショニングになる。道中はダノンリバティの後ろぐらいで前にスペースを置いて余裕をもって3角。3~4角で中団の外からダノンリバティに並びかけて行って好位列で直線。序盤でスパッと切れてL1できっちりと突き抜けての完勝だった。


 淡々とした流れの中で楽についていく基礎スピードをまず褒める必要がある。そのうえで、4角では外から動いていっていて、この地点ではレースラップ上は減速している。ここでは4角入りでは動いているように見えるがそこまで大きく差は詰めていない。顕著に伸びてきていたのはL2の地点となる4角出口から直線入り。4角出口の残り400標識だと角度的に難しいが、推定4馬身はあったかなというところから一気に詰めてきてL1までに1馬身差ぐらいまでには詰めて、そこからL1は突き抜けた。上がり3Fが33.4で、L1がラップとの逆算から推定で11.2としても、L2地点が11.6で3馬身近いとなれば恐らく11秒前後。11.2-11.0-11.2ぐらいの感じとみている。鋭く見えるが超高速馬場状態なので10秒台も余裕で出ていい。ペースが速かったことで全体のFAで見ても11.45なので推定ではあるが最速11.0としてみても偏差は実は小さい。上がりだけ見ると分かりにくいが、恐らく全体のペースが相当速く流れたことで淡々とした中で、そこからでももう一段のギアを引き出せた、動いて見えるが突き詰めれば本仕掛け自体はそんなに早くなかったとみている。ちょっと違うけど、近いイメージで言うならエアスピネルの京都金杯で、速い流れの中でも鋭さを引き出せるので他が甘くなっている分だけ相対的に鋭く見せた形、という感覚かな。取り上げるべきはここで楽に末脚を引き出せた、つまり前半の基礎スピード面にあると個人的には思っている。


中京記念(GIII) 2着 16頭3枠6番
中京芝1600m良 1:33.6(+0.4) 46.3-46.9 M
12.4 - 11.1 - 11.2 - 11.6 - 12.1 - 11.3 - 11.3 - 12.2

 中京記念ではその辺が出たかなという感じはある。このレースではペース自体はそこそこ流れていたがこれは少し単騎気味に進めていたトウショウピストのもので、実際は少し離れていてややスローぐらいかなというところ。3角で内からウインガニオンが動いていったのでこの辺から2列目以降はペースが上がっているので、TS持続がそこそこ問われていると思う。


 6番枠からやや出負け、そこからじわっと促しつつ中団では入っていく。道中も中団馬群の中目で進めながら3角では外目から促しつつ直線。序盤で早めに抜け出すウインガニオン相手にこちらは3列目に並びかけてくるという程度。L1ではしぶとく伸びてきているのだが内のブラックムーンも手ごわく2着を何とか確保した、という形。


 まあ意外とL1までしぶとく伸びたともいえるんだけど、ウインガニオンとの比較でみてもやはり勝てる感じではなかった。前半出負けしたこともあって簡単ではなかったし、前走の京成杯オータムハンデほど極端に軽い馬場でもなかったので、そこも噛み合わなかったかなという感じはある。一応字面上は流れているが、実質で見ればややスローで各馬そこそこ余力があって後半型の競馬になった中でウインガニオンは前目から3~4角で勝負しながら楽に粘ってきた。この辺が本来はマイルはちょっと長いという所かなと感じる。超高速馬場で流れたことで噛み合ったのもその辺りのイメージ。


ダービー卿CT(GIII) 3着 16頭4枠8番
中山芝外1600m稍 1:34.8(+0.1) 48.2-46.5 S^2
12.8 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.6 - 11.6

 このダービー卿も同様で、スローペースから後半の4F戦というところ、L3最速でトップスピードはあまり問われない流れ、ポテンシャル戦とみていいだろうと。


 8番枠から出負けして後方からの競馬、道中もスローペースの流れの中で後方馬群の内内で我慢しながら3角。3~4角で中目に持ち出しながら進路を作りつつ、4角で仕掛けて直線。序盤で中団からしぶとく伸びて一気に2列目、L1でそこからもう一段と行きたかったが最後は2着争い僅差の中で何とか食い込んでの3着までだった。


 このレースの方がどちらかというとよりマイルはちょっと長いなと感じたところ。というのも全体のペース自体は1.7でかなりのスロー、その中で4Fで分散しているわけだから本来ならもうちょっとじりじり来そうなもんなんだけど、L2でグンと来て勝つかも?ってところからL1は甘くなっている。分かりにくいんだけど、ペースがゆったりだからと言って使える脚が長くなるタイプではない、という感じ。こういうタイプの馬は1400に短縮した方が良いと思っていたし、実際府中の1400の方が京王杯SCもだし、ウインガニオン比較でみてのパラダイスSでも末脚を活かせていた感じはあると思う。


2017富士ステークスに向けての展望

 マイルがどうこうというのもあるが、やはり前提としては全体のペースになると思う。本当にいい脚は瞬間的で前半ゆったり入ったからと言ってそれを高めてくるというほどではない。それと、どちらかというと坂の上りでグンと来る府中1400の方が末脚自体は目立っていた印象。それが前走の京成杯AHで目立つ脚を使ってきたのは超高速馬場下において非常に高いレベルの基礎スピードを問われた中で、もう一段の脚をこの馬だけ目立って使ってきた、というところにあると思う。絶対的には推定で11.0前後の脚であの当時の馬場ならこれぐらい出ても驚けないところなんだが、これを45秒台の平均ペースで使ってきたというところに価値がある。つまり、評価するうえで重要なのは前半の基礎スピード面との合わせ技で見せた鋭さ、と考えた方が良いだろうというところ。今回は府中のマイル戦に変わる。仮に全体のペースが上がったとしても3~4角では息が入っての直線勝負、というパターンにはなりやすいし高速馬場で流れた中山マイル程にはなりにくいかなと。タイプ的にはエアスピネルと近いかなとは思っているんだが、エアスピネルの場合は安田記念のレベルでL1でもしぶとく伸びてきたTS持続力は厄介になる。またエアスピネルもそんなにゲートが安定しているわけではないが、この馬はそれ以上に不安定なのでその辺りも厄介。スローで中団、後方からトップスピード持続戦でとなるとイスラやエアを差すのは簡単ではない。ただ、流れたときに前走の京成杯AHで強烈な脚を見せてきている以上、厳しい流れでは軽視できないという点で難儀な扱いになる。その辺りをどう考えていくか。まだ悩ましいが、枠の並び次第で変えていきたい。どちらかというと前哨戦の府中マイルよりも、マイルCS本番厳しい流れで内枠を引いたときの方が怖いかなという感じだ。


<PR>
───────────────────────
【秋華賞】◎ディアドラから1万4760円的中
【府中牝馬S】◎クロコスミアから1万9390円的中
───────────────────────

今年の菊花賞はダービージョッキー・大西直宏に任せろ!!

馬連でも30倍以上を狙う『勝負の1点』無料公開

『アルアインの2冠はあるのか!?』

その答えは大西直宏には完璧に見えている!

無料で教えます!


========================

先週の重賞は2戦2勝!

この秋のGIも2戦2勝!


========================

【先週】秋華賞(G1)
◎ディアドラ
△リスグラシュー
○モズカッチャン
【1万4760円的中】

【先週】府中牝馬S(G2)
◎クロコスミア
○ヴィブロス
▲アドマイヤリード
【1万9390円的中】

スプリンターズS(G1)
◎レッドファルクス
△レッツゴードンキ
△ワンスインナムーン
【7650円的中】

========================

それ以外にも万券多数!

========================

東京4日目1R
◎カナメ
◎ノーボーダー
2万9870円的中!

東京初日7R
◎マイネルクラース
3万5880円的中!

京都初日4R
◎スターリーステージ
3万0400円的中!

京都初日2R
◎ホウショウナウ
2万1550円的中!

京都初日12R
◎チェイスダウン
1万4360円的中!

京都3日目3R
◎ソシアルクラブ
1万2840円的中!

京都1日目1R
◎アスターソード
1万2820円的中!

その他的中多数!

【菊花賞】勝負の1点はコチラ
pngワールド:菊花賞300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

ローズステークス 2017 出走予定馬:ミスパンテール、チューリップ賞で見せた末脚は武器…ここ2走は噛み合わず、挽回を期待
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:セイウンコウセイ、駆け上がったGI馬、そのタイトルの名に恥じぬ走りができるか
ローズステークス 2017 出走予定馬:ファンディーナ、秋初戦で再度怪物であることを証明できるか?高速馬場適性が微妙な感があり
京王杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:タワーオブロンドン、馬場・ペース不問、ゲートに難も完成度自体は高い一頭
京都金杯2018 出走予定馬:クルーガー、骨折明け以降もバテ差しに存在感…ある程度流れてほしい
中山金杯2018 出走予定馬:デニムアンドルビー、ポテンシャルはまだまだ健在も…明け8歳馬で緩やかに下降線でもあり
阪神カップ 2017 出走予定馬:シャイニングレイ、短距離適性を示し、CBC賞のバテ差しは立派…休み明け、ゲート、折り合いと不安も多いが…
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:イッテツ、積極策に徹してどこまで…ゲート、二の足とも並で主導権を取れるか?
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ビッシュ、厳しい流れ、ロンスパでポテンシャルを発揮できれば怖さはあるが
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:モーニン、近走は中距離色が強く出てきた印象で…ただノリが無理をせずに入ると怖さはある
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウキヨノカゼ、1800mは長いと思うが…別定戦で地力最上位は間違いなく
平安ステークス 2017 出走予定馬:ピオネロ、後一歩の詰めは甘いが…全体のペースが上がっても使える基礎スピード型一足タイプか
中山金杯2018 出走予定馬:ダイワキャグニー、府中ではトップレベルも…唯一の右回り弥生賞の負け方は不満が多い
京都2歳ステークス 2017 出走予定馬:マイハートビート、ポテンシャルは底を見せず…キレ負けしない流れが理想
平安ステークス 2017 出走予定馬:クリソライト、地方交流では良いが中央の多頭数で良い位置を取れるかがポイント
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP