投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

富士ステークス 2017 出走予定馬:イスラボニータ、ラストは甘いが瞬時の反応はトップクラスの器用な馬

日程:2017 10/21(土)
第20回 富士ステークス(GIII) 東京芝1600m
予想用・出走予定馬一覧
富士ステークス2017の予想用ラップデータ

 今年はマイラーズカップで久々に勝利の美酒を浴びた皐月賞馬イスラボニータが、富士ステークスに出走予定だ。昨年の富士ステークスでも2着と健闘、抜群の安定感でマイル路線を渡り歩いてきたが、前走の安田記念では8着と久々に掲示板を外す結果となった。ここで立て直して秋のマイルチャンピオンシップに向かえるか、注目の一戦だ。


 タイプ的にここで大きく崩れるということはあまり考えにくいが、やはり安田記念の様に外枠で厳しい流れで外外、脚を残す余力を持てないと総合力の高さを活かしにくくなるかなと。スローならトップスピードの質も持続力もある程度高められるし、何よりギアチェンジが最大の武器なので崩れる心配は少ない。内枠で適度なスローが理想だろう。


マイラーズC(GII) 1着 11頭8枠11番
京都芝外1600m良 1:32.2 47.4-44.8 S^3
12.4 - 11.2 - 11.7 - 12.1 - 11.4 - 11.3 - 10.8 - 11.3

 2走前のマイラーズCから振り返る。京都マイルでこの当時は超高速馬場状態。ペースは2.6で超スローに突入、ラップ推移的には2段階加速気味にL4の3角の下りから12.1-11.4-11.3とペースが上がってそこからL2でもう一段の10.8というトップスピードの質を問われた。ただL3-2でも0.5とそこそこの加速度はあるので、内で立ち回るにはここで置かれないギアチェンジ能力が問われているといえる。


 11番枠から好発を切ってある程度出して行こうとしたが前は難しいので控えて好位列の後ろに入り、最内まで切り込み中団という選択を取る。エアスピネルが外からという中でこちらは内内でジッと我慢し3列目。3~4角でも3列目で我慢して直線。序盤で狭い内で我慢を強いられ先にエアスピネルが外から来て締めようとするがそこを何とか割ってくると、L1でしぶとく伸びての勝利だった。


 豊はイスラを締めようとしていたが、狭いところをすっと割って入れたのがこの馬の武器。狭いところを内から突くには前が壁の状況の中でスペースがない中すぐに加速するという能力が問われる。この地点ではL3の4角11.3から10.8まで加速していく地点なのでここであの競馬なら普通の馬なら反応できない。ただ、イスラの場合はそこから瞬時にトップスピードに乗せられるので内を立ち回るリスクが小さくなる。もっとも、それをわかったうえで内まで一気に誘導するルメールの判断が素晴らしかったと思うし、豊としても外から勝負に行って早い段階で進路を塞いでしまおうという選択を取っていたので見ごたえはあった。イスラの良いところはトップスピードまで瞬時に持って行けるというのと、トップスピードの質そのものもかなり高いレベルにあるというところだと感じている。


安田記念(GI) 8着 18頭7枠15番
東京芝1600m良 1:31.9(+0.4) 45.5-46.0 M
12.2 - 10.6 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.0 - 11.3 - 12.1

 前走の安田記念はこの馬にとってはかなりつらい展開だったと思う。まず一つは外枠。そして道中の淀みが小さい流れ、L3最速戦、最後に直線半ばまで進路が無かった、という点。ペースは平均だが45秒台に入っているように質の高い基礎スピードを問われているし、L3最速なのでギアチェンジ面よりもL1の12.1の減速に対して踏ん張れるかどうかのTS持続の方が色濃く問われた。


 15番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと追走しつつ出来ればマイラーズCの様に内を狙いたかったが好位が雁行状態で内目まで入れず、好位馬群の真ん中で進める形になる。3~4角でも大して減速せず息が入らないまま直線。序盤の最速地点で進路確保で苦労して追い出せない。L2の地点でもまだ進路がない状況で置かれたのでようやくスペースが生まれる。しかしL1で伸びる脚はもうなかった。


 もちろんL3の地点で進路があれば一脚は使える馬なのでもうちょっといい着順にはなったと思う。ただ、結局L2の半ばではスペースができていたけどそこでもう脚が無くなってしまっていたという点でも、使える脚がそんなに長くないなと。余力を持っている段階でしっかりと進路があればスッと加速できるのが強みだが、ここでは進路が無くそこで追走に脚を使ううちに持ち味の一足を使い切ってしまった感じ。レース全体の仕掛けが早い中でこちらは上手く流れに沿った競馬ができなかったのが掲示板も外した要因になると思う。仕掛けの早い競馬になるとどうしてもラストの甘さが目立つ。前半も少し速かったかなという感はあるかな。


富士ステークス(GIII) 2着 11頭4枠4番
東京芝1600m良 1:34.1(+0.1) 48.1-45.9 S^2
13.0 - 11.5 - 11.8 - 11.8 - 11.7 - 11.2 - 11.2 - 11.8

 昨年の富士ステークスを振り返っておこう。この負け方がイスラの甘さの典型的なパターンだと思っている。もちろん安定していい脚を使えるんだけど…。ペースは2.2でかなりのスロー、ラップ推移的には前半が遅いぐらいで中盤以降はそこそこ流れたうえでのL3実質最速戦。ペースは遅かったが仕掛けどころが早かった、という点では前走の安田記念と同じ。


 4番枠から五分に出てそこから無理はせずに2列目のポケットと理想的な入り方になる。ただ、そこから折り合いを意識していると前にいたヤングマンが下がってきて1列後退、3列目で3角。3~4角でもヤングマンの後ろを通しつつ中団に近い3列目で直線。序盤でヤングマンが内から先頭列に並びかける中でその直後から内を通してするするとL2で伸びかける。しかしそのキレは一瞬、L1では甘くなってヤングマンとの差は詰まらずの2着だった。


 この時は一応対ヤングマンで1kg重い状況ではあったし、あくまでもたたき台ではある。ただ、それでも仕掛けが早い中で加速地点では伸びてきたし、L2の坂の上りでは流石というところも見せたがL1では甘かった。結局はTS持続力がこの路線でも若干の弱点にはなっているといえると思う。


2017富士ステークスに向けての展望

 まあ、安田記念のようなパターンになると微妙だが、それでも総合力が高く大きく崩れる要素はあまり考えられないというのが率直なところだ。昨年の富士Sでも甘くはなったが、最序盤の2列目からヤングマンが下がってきて3列目となったのもあるし、それでも直線勝負でスッと反応して自分の脚を使えるのは強み。また2走前のマイラーズCの様に上がり切ってない中で内で我慢して、動きたいときにスッと反応できれば最速地点の10.8の地点でもしっかりと置かれず伸びてきている。トップスピードの質、ギアチェンジはマイル路線(中距離路線でも)ではトップクラスになる。ただし、半面でやはり出し切ってしまうと甘い。なので最序盤のポジションが重要なタイプの馬。もちろんペースが上がればポジションはそこまで気にしなくていいし、昨年のマイルCSでも46.1-47.0とややハイの中でも好位外外から鋭く一脚を使ってきている。ある程度基礎スピードの幅は持っていると思うし、流れてもある程度の信頼はできるはず。安田記念の場合は超高速馬場の中で45.5の入りはしんどかったかもだが、それ以前にL3最速だったり進路が無かったりというのもある。阪神Cの内容からも平均ペースの範囲なら問題ないはず。富士Sの傾向からも大きくは崩れないと思うが、L3最速戦で外外を回されるケースでは甘くなるし、枠順次第で印の重みを変えていくというのが無難かな。捌ける、坂加速が抜群に上手いので内枠の方が断然良い。



PR【人生が変わるかもしれない】競馬で勝ち続ける


今週、菊花賞の予想を無料でお届けします。
公開はレース当日正午「北条のブログ」より。

三連単当たっていますか?

競馬業界全体での三連単平均的中率は10%程だそうです。

しかし、

こんな的中や、
====================================
単勝83.3% 複勝94.4% 馬連58.3% 

ワイド88.9% 馬単58.3% 

三連複38.9% 三連単38.9%
====================================

こんな的中が、
====================================
単勝83.3% 複勝100% 馬連66.7% 

ワイド83.3% 馬単66.7% 

三連複41.7% 三連単41.7%
====================================

毎週のように訪れたらどうですか?

三連単が3回に1回以上の確率で当たったら、
あなたの配当はどうですか?

競馬って勝てるものだと思いませんか。

これは「うまコラボ」という、
誰でも無料で会員になれる競馬サイトの成績です。

参考にする程度でもプラスになると思います。

今日から、
競馬で勝ち続けたいなら見てみてください。

▼無料会員登録はこちらから


※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の人。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

金鯱賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ロードヴァンドール、前走は厳しい流れに乗って案外しぶとく…
ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬:シルクドリーマー、前目から上手く立ち回っての粘り込警戒も…上位とは少し差がある
クイーンステークス 2017 出走予定馬:クロコスミア、格上挑戦もペースを支配できれば不気味…アエロリットの出方がカギか
ローズステークス 2017 出走予定馬:モズカッチャン、オークスは上手く噛み合った…強敵相手、仕掛けどころがポイントになりそう
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:サトノアーサー、ゲートが甘く動き出しも遅い…下りで勢いづく阪神で人馬とも正念場の一戦
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:カフジテイク、府中で見せる破壊力ある末脚は魅力…前走不満も直線の長い舞台でエンジン全開なるか
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、素材は面白いが要所の反応が鈍く4角で置かれないかがポイント
エルムステークス 2017 出走予定馬:テイエムジンソク、基礎スピードの高さは非凡…各馬の脚を削いで押し切っての4連勝となるか?
七夕賞 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、57.5kgのトップハンデでも参戦…大阪杯の惨敗は気になるが
エプソムカップ 2017 出走予定馬:ヒストリカル、ハイペースでも対応、L1まで食い込む末脚は不気味で差し込み警戒だ
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:ヒルノデイバロー、先行策も打て幅は広がる…ゲートが拙いのでリカバーできる枠が欲しい
シリウスステークス 2017 出走予定馬:トップディーヴォ、道悪巧者…内で器用に立ち回れれば勝負に絡んでくるチャンス
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:リエノテソーロ、芝でもダートでも頂点を争ってきた実力…伏兵陣をまとめて返り討ちにできるかが焦点だ
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ハナレイムーン、クイーンCは十分健闘…1800と馬場適性がポイントか
京王杯2歳ステークス 2017 出走予定馬:カシアス、2走前の未勝利勝ちの印象強く、1400への延長は歓迎できそう
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP