投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

菊花賞 2017 出走予定馬:マイスタイル、逃げを貫くことができるか?前半速く、仕掛けも3角下りからというのがどうか

日程:2017年10月22日(日)
第78回 菊花賞(GI) 京都芝外3000m
予想用・出走予定馬一覧
菊花賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 弥生賞で直線序盤あわやの出し抜きで逃げ粘り2着、ダービーでも4着と今回も展開のカギを握りそうなマイスタイルが菊花賞に出走予定。前哨戦の神戸新聞杯では逃げの手を打てずに7着と消化不良の結果に終わったが、やはりこの馬は逃げてこそだろう。3000mの舞台は不安もあるだろうが、それでも果敢に逃げるのみ。淀の観衆に悲鳴をあげさせることができるか。


 3000で逃げ馬に求められるのは瞬間的な反応よりも3角下りからじわっと再度加速しても長く脚を使えるかどうか、というところだと思っている。この馬はダービーや弥生賞の感じからも瞬時の出し抜きが武器なので、微妙かな。マイネルデスポットぐらい余程恵まれたらわからんが、本質的には合ってないと思う。後は上手く噛み合ってどこまで粘れるか。


弥生賞(GII) 2着 12頭7枠10番
中山芝内2000m良 2:03.3(+0.1) 63.2-60.0 S^3
12.4 - 11.4 - 12.8 - 13.2 - 13.4 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.7

 弥生賞がこの馬らしい競馬だったかなと。ペースバランスは3.2で超スロー、ラップ推移的には中盤まで13秒台を刻みそこから徐々に加速しながら進めてL2最速の11.4。ここまでずっと加速という過程を踏んできている。


 10番枠から好発を切ってそこから内に切り込んでいきながら上手くハナを取り切る。そこから上手くドスローに持ち込んで向こう正面半ばからじわっと加速していく流れに持ち込む。3~4角でも徐々に徐々にペースを引き上げて行きながら団子状態に持ち込んで直線。序盤で一気に加速してここで出し抜きを狙う。L1ではカデナがしぶとく伸びてきてこれには差し込まれたが3着以下は問題とせずの2着確保だった。


 このレースではノリのレースの支配の仕方が尋常じゃなく上手かった。普通はここまでドスローだと流石に向こう正面で各馬が捲る意識を持つんだが、ここでは徐々に徐々に、でも一気にではなく徐々にの加速で進めていたので後続もなかなかそこで動き切るという選択を取りにくかったと思う。団子状態で動くに動けず宙ぶらりんになっている状況で3~4角でもじわじわと加速しながらで直線でもう一段加速する流れ。L3の4角入り地点ではペースが上がったと言っても11.9なので実は長く加速はしているんだけど速いラップを踏むことがないまま直線近くまで持ってきている。だから直線でもう一段上げることができたと。コーナーまでに仕掛けを待つ布石を打てていたと思うしこの辺りがノリの素晴らしいところかな。馬としても結局加速性能を活かした競馬にはなっていて、実際L1はカデナに差し込まれているように減速地点では甘くなっているのも事実。


日本ダービー(GI) 4着 18頭2枠3番
東京芝2400m良 2:27.2(+0.3) 63.2-59.1 S^4
13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4

 2走前の日本ダービーも4着だったがイメージ的には近い。このダービーではそういった段階的な加速はあまりなくて向こう正面でレイデオロが上がってきたときに一瞬ペースが上がったという程度。それでも3~4角では再び減速して息を入れて12.7と遅いラップを踏んでからの直線ギアチェンジを要す急加速、という展開に持ち込んだ。


 3番枠から好発を切ってそこから押して押してのハナ主張、しっかりと皐月賞の借りを返す逃げの形を展開。道中は各馬が折り合いを意識しているところを逆手にドスローに持ち込むが、途中でルメールのレイデオロが上がってきたので流石にここで抵抗、少しペースを上げるがそれでも高速馬場で12秒台と緩い流れのままをキープ。3~4角ではむしろそこから一旦ペースダウンして引き付けるだけ引き付けて直線。最序盤で緩い流れから一気に加速、最内を一頭だけ進めて一旦は出し抜いて先頭をキープ。L2の段階でもまだ先頭列で踏ん張っていたがL1で流石に伸びを欠いて最後はアドミラブルにギリギリ差し込まれて圏内を逃す4着となった。


 このレースでも言えるのはギアチェンジ面、緩い流れから一気に加速するというところで上手く脚を引き出してきている。最序盤では一旦前に出ていたと思うしL2の最速地点ではレイデオロ辺りに並ばれてL1で甘くというように、加速地点で良さ、最速地点でも悪くないが減速地点で甘くなる。この辺からも瞬間的な脚は優秀だけどなかなかそれを長く維持するところまでは簡単ではない、という感じ。もっともこれで4着ということ自体、TS持続も最低限のレベルにはあるからできる芸当とは思うが、少なくとも武器はそこではないだろう。


神戸新聞杯(GII) 7着 14頭6枠9番
阪神芝外2400m良 2:25.4(+0.8) 61.4-58.6 S^3
12.9 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 11.3 - 11.4 - 11.8

 前走の神戸新聞杯は逃げられはしなかったがそんなに悪くない位置では競馬ができた。ただペースは超スローでもL3最速と仕掛けのタイミングが早かったことでこの馬の良さが出なかったという認識かな。


 9番枠からここでは五分には出たがいつもよりは遅い、そこからリカバーしつつも結局は諦めて2列目で進め、最終的には内内で単独の3番手という形。道中もドスローだが比較的縦長で理想的に入っていきながら3角。3~4角でも最内を通して前にスペースを置きながら仕掛けを待ちつつ直線。序盤で追い出されて進路がない状況、しかし前のダンビュライトが伸びてくれたのでスペースが生まれるのだが反応する余力がない感じ。ラストまでジリジリと伸びずばてずで7着と完敗を喫した。


 まあめちゃくちゃ悲観するほど悪くはないけど、L3の最速地点でロスなく立ち回れたのは展開的には良かったと思うし、それでいてラストまで良いところが無かった。物足りないなと思ったベストアプローチにも差されているのは不満が多い。賞金的には足りる立場だったので、その辺りを考慮に入れる必要はあるし、言うほどL1も大きくは落としていないので悪くはない。それでも早めに減速する流れでは苦戦していたなというのは感じる。


2017菊花賞に向けての展望

 ペース自体これまでゆったりとした流れの中で良さが出ているのは言うまでもないし、本当に良い脚…最速ラップを踏んでからはどうしてもL1はちょっと甘くなる傾向でこれは間違いないと思う。それと自力加速が得意な印象でギアチェンジを活かして緩い流れから一気に加速というのが得意だろう。ダービーなんかもそれで一瞬はレイデオロらを出し抜きかけているし、L2の最速地点では並ばれてしまってL1では甘くなってという感じ。これをできるだけゴール板に近いところで引き出すことができれば良い。ただし、府中の場合は下り坂が3角地点とはいえL5とまだまだ仕掛けるには速いポイント。むしろここで減速して上手くコントロールしたからこそ直線で一気にギアチェンジに持ち込めた。ただ京都の場合は流石に3角の下りの地点では各馬も仕掛けてくるのでここで我慢して減速なんてのは菊花賞の流れでは難しい。3角以降で分散しながら進めていくとなると流石にこの馬としては直線入りで出し抜く脚を用意する、というのは簡単ではないかなと。神戸新聞杯で先行して踏ん張った馬というのは個人的には穴目で面白いと思っているんだが、この0.8差というのはかなり際どいところだと思う。少なくとも前目で進めるという点では前目で息を入れて長く脚を使えるダンビュライトとの比較で考えれば向こうに分がある。それと、菊花賞は前半の1000は結構早くなりやすく、59秒台もあり得る。皐月賞でも前に行けなかったし、行けたのは弥生賞とダービー、どちらも顕著にスローであるという点も気にはなる。自分のレースに支配できる可能性も今回はあまり高くないだろう。恐らく人気はしないので穴目で全く怖くないかと言われると微妙だが、それでもこの馬の競馬はしにくい舞台だしレースメイクという点ではノリと四位ではやはりノリの方が信頼しやすい。現時点では買わない予定だ。


<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第78回 菊花賞(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
   菊花賞を3点で獲れなけれ
ば2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年はダービー上位組みが不在。神戸新聞杯を快勝したダービー馬レイデオロはジャパンCを目標にされ菊花賞は回避。ダービー2着馬スワーヴリチャード(アルゼンチン共和国杯出走予定)、ダービー3着馬アドミラブル(故障)も回避。また、皐月賞2着馬ペルシアンナイトも回避しており、春のクラシック上位組みが不在となる。近年は菊花賞の距離を嫌い別路線に向かう陣営も多く、春のクラシック上位馬が不在になることも多い。


菊花賞の王道であるトライアルレースは神戸新聞杯。ここ10年、神戸新聞杯組の菊花賞の成績は1着8頭と圧倒的な成績を残している。セントライト記念組みからの優勝馬は15年のキタサンブラックのみで、この成績からも神戸新聞杯組みが中心となっている。今年は神戸新聞杯上位組みからキセキ、サトノアーサー、ダンビュライト、セントライト記念組では、ミッキースワロー、アルアイン、サトノクロニクルが参戦予定。今年は神戸新聞杯の優勝馬でありダービー馬のレイデオロが不在となるだけにセントライト記念組にもチャンスはあるか!?

過去10年のステップレースの成績

神戸新聞杯   【8・6・5・54】
セントライト記念【1・2・2・40】
1000万条件 【1・0・3・39】
京都大賞典   【0・1・0・0】
札幌記念    【0・1・0・1】
1600万条件 【0・0.0・7】
オープン    【0・0・0・2】
500万条件  【0・0・0・2】
ダービー    【0・0.0・1】
オールカマー  【0・0・0.1】

過去10年の菊花賞は西高東低の成績。3着以内に好走した30頭の中では関東馬の連対はなし。関東馬で馬券圏に好走したのは07年のロックドゥカンプ(3着)、14年ゴールドアクター(3着)の2頭のみ。この2頭の共通点としては、ロックドゥカンプが新馬からセントライト記念まで4連勝して菊花賞へ、ゴールドアクターは500万→1000万条件を連勝して菊花賞へ向かっており連勝中の勢いがあった。今年は関東馬の出番はあるのか!?

ここ10年の東西馬の成績
1着 関西馬10 関東馬0
2着 関西馬10 関東馬0
3着 関西馬8  関東馬2

競馬セブンでは菊花賞に出走する陣営の公にはならない裏情報を独占入手。ダービー馬の不在で「アノ馬がいないのならウチの馬で十分勝てる」と豪語するヤリ情報を入手。ダービー馬不在で浮上する穴馬とは?当日最終情報をお楽しみに!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『菊花賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第78回 菊花賞(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
   菊花賞を3点で獲れなけれ
ば2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
png七騎の会:菊花賞300_250

━━━━━━━━━━━━━━━
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガナドル、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
noimage
【菊花賞2017】枠順確定 内枠有利だがアルアインは8枠16番
菊花賞 2017 出走予定馬:スティッフェリオ、狭き門を潜り抜け、内枠も確保と運を味方に波乱を演じられるか
菊花賞 2017 出走予定馬:マイネルヴンシュ、前走ポテンシャルで捻じ伏せたが、意外と速い脚もそこそこ使え…内枠も良く
菊花賞 2017 出走予定馬:アルアイン、混戦模様を皐月賞馬の意地が断つことができるか?
【菊花賞2017】予想参考 注目スタミナ型ノーザンダンサー系はこの馬
菊花賞 2017 出走予定馬:ポポカテペトル、阿賀野川特別で前目からしぶとく粘るポテンシャルの高さはここでは不気味
菊花賞 2017 出走予定馬:トリコロールブルー、前走はタフな馬場で最後にバテ差しも…春は実績馬相手に完敗で
菊花賞 2017 出走予定馬:ベストアプローチ、青葉賞は面白い競馬も、神戸新聞杯の内容が悪く…少し評価を下げたい
菊花賞 2017 出走予定馬:クリンチャー、すみれSからも長距離適性は高そうだが…前走の内容が不満で…
菊花賞 2017 出走予定馬:ブレスジャーニー、末脚の鋭さ、持続力は世代屈指も、3000mと約1年ぶりの骨折明け…常識的には難しい
菊花賞 2017 追い切り・調教評価:終い重点も首を下げつつ前肢を伸ばして柔らかいフットワークでしっかりと加速!
noimage
菊花賞 2017 出走予定馬:ダンビュライトと武豊、日本が誇る名手の意地でデムルメの牙城を崩せるか…?大きく淀まない流れが理想
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP