投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

菊花賞 2017 出走予定馬:サトノアーサー、後一歩の詰めの甘さ、折り合い面の不安もあり3000mをどう考えるか

日程:2017年10月22日(日)
第78回 菊花賞(GI) 京都芝外3000m
予想用・出走予定馬一覧
菊花賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 早くから期待されていた素質馬だが重賞では善戦どまり、最後の一冠は何としても手中に収めたいサトノアーサーが菊花賞に出走予定だ。前走の神戸新聞杯では好位から勝ちに行く競馬を展開するも、その分いつもの末脚の鋭さを欠いた感があり3着と権利を取るところまでにとどまった。菊花賞は譲れない…勝負にいくのか、折り合い重視で自分の競馬に徹するか。


 ん~前走の神戸新聞杯の負け方からやっぱり正統派のディープ産駒って感じはするんだよね。悪くはないんだけど、結局分散するとちょっと良さが出にくい感じ。この辺はコーナーで分散しながらの競馬でパフォーマンスを上げる馬が多いステイゴールドとは逆の傾向。距離延長で分散していく競馬が合うかとなると微妙。やっぱり前半無理せず溜めてトップスピードに乗せてからの持続力で勝負したいタイプだと思う。前半速く中盤緩んで、それで3角からの4F戦でとなるとやはりこの馬の良さが出にくいかなと。少なくとも後方一気の競馬ではポテンシャル面が問われる今回簡単ではないと思っている。


毎日杯(GIII) 2着 8頭1枠1番
阪神芝外1800m良 1:46.6(+0.1) 47.4-46.4 S^1
12.5 - 11.1 - 11.6 - 12.2 - 12.7 - 12.0 - 11.1 - 11.3 - 12.0

 まずは毎日杯から見ておきたい。このレースは一応表記の上ではややスローという程度だが、離れた2列目にいたアルアイン辺りで実質的に測れば48秒半ばぐらいなので実質はかなりのスロー~超スローまでは行っていると思う。そこからのTS持続特化戦というイメージでいい。


 1番枠からやや出負けという程度、そこから二の足がいまいちで後方で進めていくという形になる。道中も最後方で集団の後ろで進めて3角。3角で2列目勢のアルアインらが逃げ馬との差を詰めると同時に好位列との差を広げに掛かる中でこちらは動かない選択。4角の下り坂でじわっと促して最後方で直線という形。序盤でそこから追いだされるが反応は地味で徐々に伸びてL1の入りで2列目。そこからも最後まで伸びてきてはいたがアルアインを捕えるところまでは行かずの2着だった。


 まあこれに関しては川田の動きが遅かったし最序盤の段階でもう少しアイデアがいる。外外を回してはいなかったのでL1まで食い込めたかもしれないが、仕掛けが早かった割にはL2でまだ速いラップを踏んでいたところでの伸びはいまいちで、少なくともスパッと切れるイメージを持つのは危険。あくまでトップスピードに乗ってからの持続力が売りだろう。


日本ダービー(GI) 10着 18頭3枠6番
東京芝2400m良 2:27.6(+0.7) 63.2-59.1 S^4
13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4

 日本ダービーの場合は川田どうこう関係なく枠も悪かったしこうなってしまうといかんともしがたい。ペースは4.1で超超スロー、ラップ推移的にも極端なギアチェンジ戦となっていて、動き出しの良さが問われたし、L1も落ちていないので究極的なトップスピードの質がないと後ろから差すのはまず難しかった。


 6番枠から出負けして何とかある程度の位置を取っていく意識を持ってはいたが、結局中団馬群の真ん中で進めていく。道中はドスローでスペースがない状況、折り合いを気にしているうちに向こう正面で外から各馬が上がって行って相対的にポジションダウン。3~4角でも後方馬群の外目で進めているがまだ前が壁の状況で直線。序盤でアドミラブルの直後を獲れたので進路は苦労しなかったが反応ができずにアドミラブルにおいていかれる。そのままL1までなだれ込んできてトップスピードの持続力は流石に良いものを見せたがこれでは、という10着だった。


 あの位置取りになってしまった段階で難しいし、それがこの馬の前半の弱点でもあり、枠の並びもこの状況でドスロー、動けないまま向こう正面の緩い地点で外から各馬に動かれてこちらは動けない。直線であの位置になってしまうのも致し方ないが、結局はアドミラブルの後ろからアドミラブルが加速するのを待ってからの競馬になってはそりゃ届かん。こればっかりは運がないというしかないし、それを打開できない前半のゲート、ポジショニングや折り合い面の不安といったところがネックだったと思う。


神戸新聞杯(GII) 3着 14頭2枠2番
阪神芝外2400m良 2:25.1(+0.5) 61.4-58.6 S^3
12.9 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 11.3 - 11.4 - 11.8

 神戸新聞杯ではこれまでのイメージを一新する積極的な競馬を展開してきたが3着とやや物足りない内容に終わった。ペースが2.8で超スロー、ラップ推移的には前半が遅く、中盤は淀みなく進んでそこからの4F戦。L3最速で11.3とそこまで速いラップは求められていない。個人的には超高速馬場だったのでもうちょっと上がり5Fが速いか、もしくは最速ラップが速いか、というどちらかは欲しかったかなという感はあるが…。


 2番枠からふらつきながらもまずまずのスタート、そこから折り合いを重視しつつも下げ過ぎずに2列目の内ポケットを確保する。そこからは少し下げて最終的には3列目のポケットで進めていくが、やはりちょっと掛かりながらで口を割っている状況が続く。3~4角では少し外に出してレイデオロの後ろから仕掛けを待って直線で外。序盤でそこから追いだされるがここでの反応自体も少し地味でレイデオロとの差はじわっと広がってしまう。L1でもしぶとく踏ん張ってはいるが差はつまらないし内で脚を残していたとはいえキセキに差し込まれての3着だった。


 まあ、神戸新聞杯の性質的に前哨戦ではあるし、この馬の場合は賞金的には足りているので文字通り叩き台の一戦。その中でいつもには無い好位策で進めて最後まで踏ん張って3着、という結果自体は悪くないと思っている。ただし、ディープ産駒の場合は基本的に神戸新聞杯で少なくとも第2グループ相手には完封できるレベルのパフォーマンスを見せてこないと、なかなか本番でそれ以上のパフォーマンスというのは難しいと思っているので、その域には入ってこなかったと思う。リアルスティールやサトノダイヤモンドは少なくとも3着以下に対してはしっかりと離していた。もちろんレイデオロやキセキというところは世代の中で強敵だったと思うし、ダンビュライト相手にはしっかりと先着できたのは悪くない材料ではあるが、少なくともこれで菊花賞が楽しみだなと言えるレベルではなかったと思う。


2017菊花賞に向けての展望

 まあ端的に言えば2,3着で狙う分にはありかな、という感じ。ただ気性的な不安があるのはもちろんだし、ポテンシャルで抜きん出ていない以上、3角の下りからの4F戦に対して前目で運べてジリジリ長く脚を使える適性面で逆転を狙える馬が多くなる。特にダンビュライトなんかは淀だと序盤の立ち回りのうまさが活きてくると思うし、ポポカテペトルやクリンチャー、ウインガナドルといった先行勢、それらを見ながらアルアインがじわっと動いて、こちらに対してリードを取って3角を迎えた時に、こちらが中団~後方で3角外から動いてまとめて捕える…というような絵は浮かばない。結局は内目で我慢して3~4角でどううまく立ち回れるか?というところになってくるんだが、前走を収穫と陣営が言っているのでもしかしたらポジションも中団ぐらいは獲ってくるかもしれない。個人的には怖がらずにそれぐらいの距離を取って内目を確保する、というスタンスで進めてほしいかな。エンジンの掛かりが良い方ではないのでできれば進路を確保して早めに、という馬ではあると思うが京都の外回りだと余程ポテンシャルで突出している馬でないと外から動くのはリスクが大きい。例外的に3~4角で我慢した方が良いと思う。能力的にはもちろんここなら最上位の一頭なんだが、これまでの内容からもトップスピード戦の方が高いパフォーマンスにあると思っているので、ベストの条件ではないと思う。こなせるかどうか、というラインで判断したい。


<PR>
───────────────────────
【秋華賞】◎ディアドラから1万4760円的中
【府中牝馬S】◎クロコスミアから1万9390円的中
───────────────────────

今年の菊花賞はダービージョッキー・大西直宏に任せろ!!

馬連でも30倍以上を狙う『勝負の1点』無料公開

『アルアインの2冠はあるのか!?』

その答えは大西直宏には完璧に見えている!

無料で教えます!


========================

先週の重賞は2戦2勝!

この秋のGIも2戦2勝!


========================

【先週】秋華賞(G1)
◎ディアドラ
△リスグラシュー
○モズカッチャン
【1万4760円的中】

【先週】府中牝馬S(G2)
◎クロコスミア
○ヴィブロス
▲アドマイヤリード
【1万9390円的中】

スプリンターズS(G1)
◎レッドファルクス
△レッツゴードンキ
△ワンスインナムーン
【7650円的中】

========================

それ以外にも万券多数!

========================

東京4日目1R
◎カナメ
◎ノーボーダー
2万9870円的中!

東京初日7R
◎マイネルクラース
3万5880円的中!

京都初日4R
◎スターリーステージ
3万0400円的中!

京都初日2R
◎ホウショウナウ
2万1550円的中!

京都初日12R
◎チェイスダウン
1万4360円的中!

京都3日目3R
◎ソシアルクラブ
1万2840円的中!

京都1日目1R
◎アスターソード
1万2820円的中!

その他的中多数!

【菊花賞】勝負の1点はコチラ
pngワールド:菊花賞300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【菊花賞2017】追い切り情報 ラスト1ハロン11秒台の馬に注目
【菊花賞2017】出走予定馬 中心はスタミナ型サンデーサイレンス系
菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガニオン、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
菊花賞 2017 出走予定馬:アルアイン、混戦模様を皐月賞馬の意地が断つことができるか?
菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガナドル、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
【菊花賞2017】予想!スタミナ豊富トニービンの血統を狙います
noimage
菊花賞 2017 出走予定馬:マイネルヴンシュ、前走ポテンシャルで捻じ伏せたが、意外と速い脚もそこそこ使え…内枠も良く
菊花賞 2017 出走予定馬:マイスタイル、逃げを貫くことができるか?前半速く、仕掛けも3角下りからというのがどうか
菊花賞 2017 予想:本命10ベストアプローチ
菊花賞 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、前走は極端な展開でキレ負け…コーナーではあまり動けないがしぶとく粘るステイヤータイプの感
【菊花賞2017】予想参考 注目スタミナ型ノーザンダンサー系はこの馬
【菊花賞2017】枠順確定 内枠有利だがアルアインは8枠16番
菊花賞 2017 予想用ラップデータ:近年は中盤1000mも緩まないケースあり…3~4角までに良い位置を取りたいレース
菊花賞 2017 出走予定馬:スティッフェリオ、狭き門を潜り抜け、内枠も確保と運を味方に波乱を演じられるか
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP