投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガナドル、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒

日程:2017年10月22日(日)
第78回 菊花賞(GI) 京都芝外3000m
予想用・出走予定馬一覧
菊花賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 春の中距離戦戦で台頭、夏のラジオNIKKEI賞で2着と賞金を積んだウインガナドルが菊花賞に出走予定だ。新潟記念では古馬に混じって4着に粘り込むなど力をつけたことを証明した。後はもちろん2000mまでしか実績がない中で一気に距離延長の3000mという舞台がどうか。ステイゴールド×メジロマックイーンの黄金配合で距離もこなしてしまえれば不気味。


 配合的には長距離も行けそうな感じはするが、この馬個体の走りでみた時には基礎スピードを活かすことで台頭してきた感があるだけに、3000でとなると少し不安はある。ただラジニケ賞は少し息を入れての4F戦という側面もあるし、セダブリランテス相手に結構頑張れたかなと。新潟記念も強敵相手。このメンバー構成なら力関係というだけなら通用すると思う。後は3000がどうかだけかなあ。


ラジオNIKKEI賞(GIII) 2着 12頭6枠7番
福島芝1800m良 1:46.6(+クビ差) 47.5-47.1 M
12.6 - 10.9 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 11.6 - 11.9

 まずは2走前のラジオNIKKEI賞から振り返りたい。このレースは1800m戦ではあるが1周コース、ペースも平均で流れているが中盤少し息が入って3角の緩やかなカーブから加速しつつの4F戦。基礎スピードとポテンシャルを問われた一戦だ。


 7番枠からまずまずのスタート、そこから押して押してハナを主張し取り切る形になる。道中も大きくは緩めないがそれでも2角の上りでは少しペースを落としてここで団子気味になって先頭をキープして3角に入る。3角でもじわっと促してペースを引き上げ始め、4角では手が動いて出し抜き気味に直線。しかし序盤からしぶとくセダブリランテスに食らいつかれ辛うじて先頭も、L1ではセダブリランテスに競り落とされての2着惜敗だった。


 内容的には全体のペースを平均で引き上げ、後半はポテンシャル戦に持ち込み4Fで分散してしぶとく踏ん張ったが、この流れでもセダブリランテスは手強かった、という感じ。ただ、基礎スピードを活かす形で結果を出してきたと言えるし、しっかりと前半でペースを引き上げて前後半のバランスで勝負した方が良いタイプだろうと。ここでも人気の一角となるサトノクロニクルやクリアザトラック辺りは楽に撃破できているし、力だけなら通用していい。


新潟記念(GIII) 4着 17頭8枠17番
新潟芝外2000m良 1:58.0(+0.1) 59.0-58.9 M
12.9 - 10.9 - 11.4 - 11.7 - 12.1 - 12.3 - 12.0 - 11.4 - 11.2 - 12.0 

 新潟記念では古馬相手に真っ向勝負の逃げの手で健闘した。ペースは平均で刻み、中盤少し息はいれたがそこからのL2最速トップスピード戦。ここでも後半のポテンシャル戦、トップスピード戦という違いはあるものの前後半のバランスを上手く取った逃げ方ができていると思う。


 17番枠からまずまずのスタートから大外、出して行って内のタツゴウゲキとの兼ね合いになるが上手く外から行き切った。そこからもペースを上手く平均にコントロールして淡々と進めて3角。3~4角でも極端ではないが少し息を入れて先頭をキープして直線。しかしすぐに外からタツゴウゲキに前に出られてしまって反応で見劣り2列目に一旦下がる。L2の地点でも速度負けしていたような感じで下がるかなと思ったが、L1では抵抗して最後は際どく踏ん張り4着だった。


 ここではこれだけのペースを作ったにもかかわらず結局新潟外回りなので直線での加速でトップスピード面も問われたというのが大きかったかなと。平均ペースに持って行ってこの馬自身の脚は出せていると思うんだが、恐らくここで鋭さを削ぐほどの競馬ができなかったと考えると後半部分で見劣ったということになる。ただ相手も強敵だったし、フルーキー、マイネルフロストといったところはこの路線では結構強敵。タツゴウゲキには要所の反応で完敗したけど、これが1周コースでトップスピードを問われなければわからないな、という感じの内容だった。


夏木立賞(5下) 1着 10頭5枠5番
東京芝2000m重 2:04.1 63.7-60.4 S^3
13.1 - 12.7 - 12.5 - 12.7 - 12.7 - 12.8 - 12.7 - 11.4 - 11.5 - 12.0

 重馬場だった夏木立賞は辛勝ではあったが何とか勝ち切った。ペースバランス的には2.7で超スロー、ラップ推移はL3最速なので仕掛けどころは早かったが緩い流れから急激な加速という形にはなっている。


 5番枠から好発を切って楽に内に切り込みハナを取り切る。そのままペースをドスローにコントロールして折り合って3角。3~4角では馬場の良いところに誘導しながら仕掛けを待って直線。序盤で一気に加速、という流れの中で先頭をキープ、L2で少し抜け出し掛けたが外から。ナンヨープルートーの強襲を受ける。それでもL1でしぶとく踏ん張って3着以下は引き離しナンヨーにも何とか踏ん張っての勝利。


 ここではスローからのL3最速戦で、重馬場ということを考えるとそこそこ速いラップを踏んでいるが仕掛けが早い競馬になっている。超スローでL3最速、L1は落ち込むラップの中で何とか強襲を防いでの勝利とは言えるが、レースレベル的には微妙なラインだし、京王杯SCと同日で重馬場と言ってもそこまで時計が掛かっていたわけではない。正直あまり評価はできないが、一応スローからの速めの仕掛けの競馬でも何とか踏ん張れたという点で距離もある程度は対応できそうな競馬はしている。


2017菊花賞に向けての展望

 血統的にはステイゴールド×メジロマックイーンの配合で言うまでもないが相性がいい。母系はかなり日本固有のマイナー血統で、カツラギエースやオグリキャップの父ダンシングキャップが組み込まれている。母タイムフェアレディ自体がフラワーC勝ち馬で1800前後で結果を出しているし、兄弟馬も大体そんな感じになっている。父ステイゴールドでステゴ牡馬なのである程度距離の融通は利くと思うし、この馬の気性面からも割とコントロール自体はしやすそうなので距離延長も対応はできそう。ここ3走で見ると基礎スピードを前半で問われた方がパフォーマンスが高い、というのは感じるので距離延長でも3000までとなると少々不安はあるかな。ただ、菊花賞は前半1000でみれば59秒台に入ることが多いレースなので、そこに対しては結構優位に進められそう。少なくとも単調なタイプではなく新潟記念でもラジニケ賞でも少し息を入れて再加速でという競馬ができているし、新潟記念もL1は盛り返し気味でどちらかというとトップスピード負けした感じ。距離延長でどこまでというのはもちろん少し不安があるが、3~4角で分散して4F戦ぐらいになりやすい菊花賞だと面白い面もあるかな。能力的には十分通用するレベルだと思っている、菊花賞に問われる前半の基礎スピード、そこから息を入れて後半勝負でもポテンシャル面で良さ、という点で見て馬券的には妙味アリと思っている。どこまでのレベルで狙うかは色々条件が必要かもしれないが、連下~3着ヒモ穴で狙うところまでは考えておきたいかな。



<PR>
───────────────────────
【秋華賞】◎ディアドラから1万4760円的中
【府中牝馬S】◎クロコスミアから1万9390円的中
───────────────────────

今年の菊花賞はダービージョッキー・大西直宏に任せろ!!

馬連でも30倍以上を狙う『勝負の1点』無料公開

『アルアインの2冠はあるのか!?』

その答えは大西直宏には完璧に見えている!

無料で教えます!


========================

先週の重賞は2戦2勝!

この秋のGIも2戦2勝!


========================

【先週】秋華賞(G1)
◎ディアドラ
△リスグラシュー
○モズカッチャン
【1万4760円的中】

【先週】府中牝馬S(G2)
◎クロコスミア
○ヴィブロス
▲アドマイヤリード
【1万9390円的中】

スプリンターズS(G1)
◎レッドファルクス
△レッツゴードンキ
△ワンスインナムーン
【7650円的中】

========================

それ以外にも万券多数!

========================

東京4日目1R
◎カナメ
◎ノーボーダー
2万9870円的中!

東京初日7R
◎マイネルクラース
3万5880円的中!

京都初日4R
◎スターリーステージ
3万0400円的中!

京都初日2R
◎ホウショウナウ
2万1550円的中!

京都初日12R
◎チェイスダウン
1万4360円的中!

京都3日目3R
◎ソシアルクラブ
1万2840円的中!

京都1日目1R
◎アスターソード
1万2820円的中!

その他的中多数!

【菊花賞】勝負の1点はコチラ
pngワールド:菊花賞300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

菊花賞 2017 出走予定馬:クリンチャー、すみれSからも長距離適性は高そうだが…前走の内容が不満で…
【菊花賞2017】予想参考 注目スタミナ型ノーザンダンサー系はこの馬
菊花賞 2017 出走予定馬:ベストアプローチ、青葉賞は面白い競馬も、神戸新聞杯の内容が悪く…少し評価を下げたい
noimage
菊花賞 2017 出走予定馬:トリコロールブルー、前走はタフな馬場で最後にバテ差しも…春は実績馬相手に完敗で
菊花賞 2017 出走予定馬:キセキ、夏の中京、新潟で圧巻も神戸新聞杯はラストの伸びに少し不満がある
菊花賞 2017 出走予定馬:サトノアーサー、後一歩の詰めの甘さ、折り合い面の不安もあり3000mをどう考えるか
菊花賞 2017 追い切り・調教評価:終い重点も首を下げつつ前肢を伸ばして柔らかいフットワークでしっかりと加速!
菊花賞 2017 出走予定馬:スティッフェリオ、狭き門を潜り抜け、内枠も確保と運を味方に波乱を演じられるか
【菊花賞2017】予想!スタミナ豊富トニービンの血統を狙います
菊花賞 2017 予想:本命10ベストアプローチ
菊花賞 2017 出走予定馬:クリノヤマトノオー、清滝特別は後方一気で強烈な末脚を引き出し…3000は全くの未知も不気味さアリ
【菊花賞2017】プレ予想 キセキとダンビュライトどちらのルーラーシップ産駒を選ぶ
菊花賞 2017 枠順確定:アルアインは8枠16番と大外枠で皐月・菊花賞2冠に向けて試練
【菊花賞2017】プレ予想 ミッキースワロー充実一途
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP