投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

『高速化が進む日本競馬』むしろJRAは柔らかい馬場を目指している

51

因果な仕事だと思った。先日、競馬場の芝についてJRAの専門家に話をうかがう機会があった。
競馬場の馬場は予想をする上で重要なファクターながら、実際に話をうかがい、知らないことがたくさんあった。

みなさんはどう思うだろう。時計の出る芝はどのようなものなのか。硬いと連想する人は少なくないはずだ。
実際に硬い馬場は時計が出やすくなる。だからといって硬い馬場しか時計が出ないということではない。ここがポイントだ。

JRAが目指す馬場。公正に全出走馬が能力を発揮し、かつ安全であること重視している。
決してレコードや時計が出る馬場を歓迎しているわけではない。
馬場の均一性、平たん性、クッション性を追求し、進化に努めている。
時計が出ているだけに硬い馬場をつくっていると思われがちだが、それは真逆。むしろ柔らかい馬場を目指してやっている。

馬場のクッションを数値化するもので重力加速度というものがある。単位は加速度としても用いられる“G”。
東京競馬場の芝は約90Gとなっている。あまりピンとこない人もいるだろう。
東京競馬場のパドックに敷かれている人工芝が約190Gで一般的な学校の校庭で約600Gだ。
年代によって上下するものの、近年でもっとも硬かったのは90年代前半の芝で約130G。
そこから安全性を重視するようになり、05年からは80Gから90Gの間を推移している。
しかし、時計は年々、速くなる傾向にある。要するに、馬場の硬度と時計の速さに大きな相関性はない。
では、なぜ時計が速くなっているのか。


出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000037-dal-horse

続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
【訃報】オグリ、ネオユニ、サムソンなど手掛けた瀬戸口元調教師が死去
良血「トゥザフロンティア」が骨折
【速報】仏騎手のブドーがレイプ疑惑で事情聴取
アエロリット、米G1ペガサスワールドCターフ参戦決定
ルメール「風が強い日は他馬を風よけに使う“競輪乗り”が大事」
【有馬記念】ファン投票1位アーモンドアイ国枝栄調教師「使う方向で調整を進めている」
メイショウテッコンは日経新春杯で武豊と再タッグ
アンドレア・アッゼニ騎手とライアン・ムーア騎手に短期免許
ダノンプレミアム 次走はマイルチャンピオンシップ
今夜23時30分に我らミルコ様がテレビに出るぞ!!「エンジンオブマイライフ」
【オーシャンS】タワーオブロンドン大失速!ルメール「まだ重い」
【競馬】 ゴールドアクター、年内休養か 中川師「疲れが取れない」
コパノキッキング 次走も菜七子で大井「東京スプリント」
【訃報】テイエムオペラオー死亡
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP