投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

菊花賞 2017 出走予定馬:ダンビュライトと武豊、日本が誇る名手の意地でデムルメの牙城を崩せるか…?大きく淀まない流れが理想

日程:2017年10月22日(日)
第78回 菊花賞(GI) 京都芝外3000m
予想用・出走予定馬一覧
菊花賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 皐月賞では12番人気ながら3着と健闘、ダービーでも6着と存在感は見せていたダンビュライトが名手武豊とのコンビでクラシック最後の一冠菊花賞に出走予定だ。秋初戦の神戸新聞杯では2番手から積極的な競馬を展開も4着と完敗。そこからの逆襲に向けて、武豊と陣営がどういう競馬を展開してくるかに注目。デムルメに対抗できる日本人の第一人者の手腕と意地が、淀の長丁場でサプライズを起こせるか。


 前走の神戸新聞杯の負け方は基本的には好意的に見ているが、それでも3000となるとちょっと長いかもとは感じる。ただ菊花賞は神戸新聞杯で圏外の馬の巻き返しが結構多いレースで、結局は3角までにいい位置を獲れるかどうかが肝心。その点ではこの馬には武器があると言えるし、後は好位の内内で我慢を利かせて3~4角でロスなく立ち回ってくればワンチャンス出てくるとみている。


皐月賞(GI) 3着 18頭5枠10番
中山芝内2000m良 1:57.9(+0.1) 59.0-58.8 M
12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

 まずはベストバウトと言っていい皐月賞。これだけ強い競馬ができたというのは結構意外だった。ペースは平均で流れていて中間少し息が入っていてその分仕掛けのタイミングが早くL3で11.4と最速タイ。仕掛けが早くなって全体のペースも速いのでそこまで速いラップを踏んでいない。基礎スピードとポテンシャルを問われた一戦だろう。


 10番枠から五分のスタート、そこから軽く促しながら楽に好意を確保していく。道中はアルアインの外ぐらいで進めて好位列の外外、凝縮していく流れでファンディーナとともに3~4角で外外から勝負に行って一気に押し上げて直線。序盤で一瞬はファンディーナの脚が良いがそこからジリジリと飲んびて先頭列に並びかけてくる。L1の坂の上りで一瞬内の2頭に出し抜かれるが最後までしぶとく伸びての3着だった。


 L3の地点が4角なのでここで外から勝ちに行ってこれというのは結構強い競馬だったと思う。アルアインはともかくペルシアンナイトなんかは内内を完璧に立ち回っていたわけで、これを相手に結構最後までしぶとく食らいついてきていたし、3~4角で終始ロスがある中でこれだけやれたのは驚きだった。恐らくファンディーナに対してプレッシャーをかけに行く意識が強かったとは思うんだが、それにしても最後まで伸びてきたポテンシャルは高いレベルにあるなと。ただし、ここでは前半の基礎スピード面もある程度高いレベルで要求されている。各馬が余力をもった状態での末脚勝負ではどうか?というのがダービー、神戸新聞杯に繋がってくると。


日本ダービー(GI) 6着 18頭1枠1番
東京芝2400m良 2:27.3(+0.4) 63.2-59.1 S^4
13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4

 ダービーでは結果的に内枠が痛かった。包まれてどうにもならず、ペースもドスローで直線ギアチェンジを問われる完全な直線だけの競馬となってしまった。皐月賞では厳しい流れで良さが出ていただけに悔しい展開ではあったと思う。


 1番枠から好発、そこから下げ過ぎずに上手く2列目のポケットを確保して進めていく。序盤は前にスペースを置いて折り合いつつ進めていくが、向こう正面でレイデオロらが動いていく過程の中でトラストが下がってきて3列目のポケットと一列後ろで3角。3~4角でも3列目で我慢を強いられる展開、外に誘導しつつ中目で直線。序盤で追いだされるがいまいち反応できず。L2の地点でも伸びは地味で馬群の中から喰らいつく。L1までキレでは優位に立てずに完敗だった。


 まあこういう競馬ではね、という感じ。内枠で突ける立場にいなかったしドスローの中でスペースを取っていたのは良かったが結果的にそれが向こう正面での動きの中でトラストにとっておいた加速スペースを入られるという最悪の事態を誘発してしまったし、直線までスペースがない状況ではなかなか加速ができなかったという感じ。色々噛み合わなかったしこれはある程度仕方のない敗戦かなと。


神戸新聞杯(GII) 4着 14頭3枠3番
阪神芝外2400m良 2:25.2(+0.6) 61.4-58.6 S^3
12.9 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 11.3 - 11.4 - 11.8

 前走の神戸新聞杯はバランス的にはダービーと近い感じで2.8の超スローに分類される。ただ絶対的には前後半ともに高めてきているのでその辺りはちょっと違う面もある。後半の5Fで58.6というのはそこそこ速いし、その中でL3最速戦。ただし、時計的にもラップ的にもだが、この週は超高速馬場だったので、思っていたよりはラップ的にはちょっと物足りないなというのはある。ハイレベルの世代である程度仕掛けが早ければ後半5Fは58秒台前半は出てほしい、もしくは最速ラップで11秒前後まで入ってほしかった。それぐらい馬場が軽かったので。


 3番枠からまずまずのスタート、そこからじわっと出して行って楽に先行、番手を確保する。道中もドスローなのだが結構縦長に持ち込め悪くない進め方で3角に入っていく。3~4角でも番手外でいつでも動けるというような形で4角の坂の下りも楽な手ごたえで直線。序盤で追い出されて先頭に立つが地味な脚色でレイデオロに楽に並ばれてしまう。そこからは甘くなって最後は完敗だった。


 一応前哨戦だがこの馬の賞金だと権利が欲しかった立場だと思う。そこそこには仕上げていたと思うし、その中で番手で勝負にいった。展開的にもペースが噛み合わなかった可能性はあるがこの馬の位置で前受出来たこと、4角で引き上げてしっかりと後続に脚を使わせるところまで行っている。ダービーは辛かったと思うが坂の下りで前を向いて主体的に勝負にいけたし、そんなに悪くない流れの中でいまいちだったというのはちょっと不満。


2017菊花賞に向けての展望

 皐月賞が抜けて高いパフォーマンスを示していて、ダービー、神戸新聞杯は距離というのもあるが前半が非常に緩い流れの中で後半勝負にウエイトが掛かると難しかった。この辺を考えるとどちらかというと前半の基礎スピードを高いレベルで問われた方が良いのは間違いないだろうと。菊花賞の場合は前半は結構流れることが多いが、この馬のパターンで行くなら中盤もあまり顕著に淀まない方が良い気がする。3角下りからの仕掛けで分散する形になりがちなレースなので、速度的に足りないこの馬としてはありがたい材料だし、京都の外回り長距離戦は基本的に3~4角での立ち回りの影響が大きく、多少の力差ならひっくり返すチャンスとなりやすい。この馬もゲートはまずまず安定してきているし、二の足も早い。またスローでもダービーで前にスペースを置けるぐらいには折り合っていたし、3000mを考えると意外と乗りやすいんじゃないかなと思う。少なくとも気性的に不安が多いアルアインよりは気性的に3000mではやりやすい方だと思う。内枠が望ましいが、外枠からじわっとポジションをとって内のスペースに入り込んでいければ面白い。血統的にはルーラーシップの仔、キングカメハメハの系譜にはなるがトニービン色が強いイメージなので距離自体はこなせそうな感じはしている。最終的にステイヤーになれるかは別だが、3歳世代限定、混戦模様だとそれよりも序盤のポジショニング、3~4角での立ち回りが大きいし、皐月賞の感じなら全体がある程度流れてという競馬なら怖い。今年は菊花賞という条件でこれといった信頼できる馬がいないと思っているので、この馬も十分チャンスはある。


PR【菊花賞過去データを分析した結果】10月21、22日馬券的中を量産する方法

このデータを見つけたときは鳥肌が立ちました。
菊花賞にも他の全レースにも、このデータは使えると思います。

参考にしているデータは、このコラボ指数です。
コチラ

先に結論から言うと、今年の菊花賞や他の全レースを当てる為のポイントは、

1、コラボ指数30以下の馬をすべて選択
2、コラボ指数31以上の馬で単勝オッズ20倍以下の馬を追加選択


この2つです。説明すると
1、コラボ指数30以下は、過去競走データや血統からそのレースで走れると判断された馬。(図:赤線)
2、コラボ指数31以上は、過去競走データや血統からそのレースで走れないと判断された馬ですが、 単勝オッズ20倍以下になるという事は、過去データや血統からは拾い切れない走れる新鮮な条件が世の中で噂になっているという証拠。つまり穴馬になり得る馬。(図:青線)

コラボ指数と単勝オッズを組合せて見るだけで、上の条件が拾えるようになります。
※図は見やすいように、右から着順別にデータを並び替えてます。

■2014年菊花賞結果データ


■2015年菊花賞結果データ


■2017年10月14日(日)20万馬券以上決着のレース



すべて僕が指摘した条件通りにレースが決まっています。
コラボ指数をそのまま使っても拾え切れないデータが必ず出てきます。
でも、コラボ指数と単勝オッズを組合せただけですごいデータを拾う事ができます。

今週の菊花賞、そして平場、特別戦、的中馬券を量産する為に、
参考にしてみてはいかがでしょうか。
コチラ

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

noimage
【菊花賞2017】予想参考 注目スタミナ型ノーザンダンサー系はこの馬
菊花賞 2017 出走予定馬:アルアイン、混戦模様を皐月賞馬の意地が断つことができるか?
菊花賞 2017 予想:本命10ベストアプローチ
菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガニオン、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
菊花賞 2017 出走予定馬:クリノヤマトノオー、清滝特別は後方一気で強烈な末脚を引き出し…3000は全くの未知も不気味さアリ
菊花賞 2017 出走予定馬:マイネルヴンシュ、前走ポテンシャルで捻じ伏せたが、意外と速い脚もそこそこ使え…内枠も良く
【菊花賞2017】追い切り情報 ラスト1ハロン11秒台の馬に注目
菊花賞 2017 出走予定馬:キセキ、夏の中京、新潟で圧巻も神戸新聞杯はラストの伸びに少し不満がある
菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガナドル、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
菊花賞 2017 出走予定馬:クリンチャー、すみれSからも長距離適性は高そうだが…前走の内容が不満で…
菊花賞 2017 出走予定馬:マイスタイル、逃げを貫くことができるか?前半速く、仕掛けも3角下りからというのがどうか
【菊花賞2017】プレ予想 ミッキースワロー充実一途
菊花賞 2017 追い切り・調教評価:終い重点も首を下げつつ前肢を伸ばして柔らかいフットワークでしっかりと加速!
菊花賞 2017 枠順確定:アルアインは8枠16番と大外枠で皐月・菊花賞2冠に向けて試練
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP