投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

菊花賞 2017 出走予定馬:クリノヤマトノオー、清滝特別は後方一気で強烈な末脚を引き出し…3000は全くの未知も不気味さアリ

日程:2017年10月22日(日)
第78回 菊花賞(GI) 京都芝外3000m
予想用・出走予定馬一覧
菊花賞2017の予想用・出走予定馬一覧


 菊花賞と言えば上がり馬の台頭…500万下、1000万下と連勝でここまでたどり着いてきたクリノヤマトノオーが菊花賞に出走予定だ。前走の清滝特別ではこれまでとは少し趣の違う走り、直線で届かないかというところから一気に伸びて勝ち切った。2000までしか実績がないだけに3000mの菊花賞でどうかというのはあるが、成長は確かで不気味さは大いにあるぞ。


 前走は結果的に後方からの競馬になって直線の段階では怪しい感じだったが最後まで伸び続けて驚かされた。後半特化で1000万下でも結構強敵相手に撃破してきたし、ジャンポケの仔なので距離適性自体は長めの可能性もある。怖さはあるかもというところ。


白百合S(OP) 2着 7頭6枠6番
京都芝外1800m良 1:46.6(+ハナ差) 47.0-47.6 M
13.0 - 10.9 - 11.0 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.9 - 11.6 - 11.9

 敢えて時系列順に、白百合Sから見ていきたい。ここでは最後の最後でサトノクロニクルに差し込まれたが内容は悪くはない。ペースは平均で流れていて、これは少し離して逃げたダイシンクイントのものだが、それでも番手で見てもほとんど差のない位置で実質的に見ても平均ぐらいだったと思う。その流れの中でL2最速、顕著ではないが加速が問われていてそこでしっかりと脚を引き出せたかどうか。


 6番枠から五分に出てそこから先行争いに加わっていく。ただ、最終的にはそこからスーッと引いて中団から後方まで下げる形になる。3~4角でも後方馬群の内内で進めて徐々に中団に取り付いて直線。序盤で最内に進路を切ってスッと伸びて先頭列まで並びかけてくる。L1でそこからしぶとく抜け出したところに外差しのサトノクロニクルに差し込まれて僅差の2着となった。


 勝ったかも?というぐらいの競馬ができたのだが、ペースがある程度流れている中で内からスッと反応できていたし器用さという点でも面白いものを見せた。ラストが甘くなったのが課題ではあったが、結果的にこれが前走の清滝特別で違う形の競馬を見せることで解消してきているのは良い材料。ここではペースが速い中でしっかりと脚を引き出してきたことを評価したいし、相手も一応サトノクロニクルを相手に互角にやれた。距離延長がプラスならば面白い。


500万下 1着 15頭4枠6番
阪神芝外1800m良 1:47.3 49.4-45.7 S^4
12.9 - 12.0 - 12.0 - 12.5 - 12.2 - 11.8 - 11.4 - 11.0 - 11.5

 この500万下戦ではポジションは前目で競馬をしたが、ペースとしては超々スローと非常に遅い中で後半特化の競馬となった。その中で前走が流れた中でのものだったので意外とやれたな、という印象。L2最速戦で11.0なのでトップスピードの質も問われている。


 6番枠から好発を切ってそこから外の各馬を行かせてというところだが、結構顕著に掛かってしまう。下げてからも何度か首を上げてという感じで苦労している。3~4角では2列目のポケットで折り合いつつもスペースがない状況で。直線。序盤でもまだ進路確保できずに苦労していたがL1の手前で最内を確保、そこからするっと抜け出して大接戦を何とか勝ち切った。


 5頭ほど雁行状態で大接戦ではあったにせよ、ドスローの上がり勝負に普通に対応してきたなという認識。ド掛かりしていたがここまで極端に緩いとある程度仕方のない面もある。菊花賞を考えると少し不安な面なのは確かだが。ただ2列目ポケットからしっかりと加速していく流れで置かれなかったように、ここ2走で器用な面を見せてきているのは良い材料だ。


清滝特別(10下) 1着 13頭8枠12番
京都芝外1800m良 1:45.6 46.9-46.5 M
12.5 - 11.2 - 11.4 - 11.8 - 12.2 - 11.8 - 11.5 - 11.3 - 11.9

 この清滝特別は結構意外だった。ここ2走が内から器用に立ち回って出し抜いて一瞬の脚で良さが出ていた印象だったので、このようにラストでグングン来るっていうイメージは全く無かったかな。ペースは平均で中盤少し息が入ったが3角の下りから徐々に加速していく形。そこでL1で絶望的な位置から届いた。L1は結構落としているので届いたともいえるが、この馬の脚で考えれば恐らくL1でかなり速い脚を使っているはず。


 12番枠からやや出負けしたかなという感じ、そこから無理はせずに後方で進める選択を取る。道中も前がそこそこ飛ばす中で後方の内内で我慢。3~4角でも後方の内内で進めていたが馬群の中で包まれて直線。序盤で進路が無くて外に持ち出すのにワンテンポ遅れるがそこから追いだされてするっと伸びてくる。L1で4馬身はあるかなというところから一気に伸びて捕えきった。


 L1で恐らく推定11.1~11.2ぐらいの脚を使っていると思うし、L2でも進路確保してから伸びてきていたがそれでもL2-1での減速はほとんどないと思う。全体のペースは平均で流れているのだが、その中で自身では無理せず後半特化(3-3Fで36.7-33.7)の競馬でL1まで長く脚を使って底を見せなかったというのであればこの清滝特別の様にもう少しゆったり入って後半の末脚をMAXに引き出す方が良いかもしれない。その点でも菊花賞まで距離が延びてどうかだが1800から距離を延ばすこと自体は面白そう。相手関係を見ても適度に流れたブランドベルグは強敵だと思っているし、動機のライバルスズカメジャーは圧倒している。春のはなみずき賞は外から勝ちに行って甘くなっていたが、あの頃から成長してきた感はあるし、この勝ち方を信じてあまり急かさず入る形の方が良いと思う。


2017菊花賞に向けての展望

 とはいえ流石に3000mとなると2200以上で結果を出している馬と比べると明確に不安がある。その辺りは血統から判断するしかない。この馬個体の適性で見れば距離延長は2400ぐらいなら合うと思っている。血統的にはジャングルポケット×アグネスタキオン。ジャンポケは言うまでもないが比較的ステイヤー色が強い血統になるし、ノーザンのインブリードもあってノーザン色も強い方なので、割と長距離寄りになっても驚けないかな。まあ走ってみないと分からないが、後半勝負にシフトして良さが出ている面は菊花賞で不気味さはあるというのは感じる。相手関係という点で見ても、レイデオロが思ったより強かったとしても神戸新聞杯やセントライト記念の感じから1000万下で強い競馬ができていたら通用するチャンスはある。弱点としてはやはり2走前で掛かっていたように最序盤上手くコントロールできるかどうか。武器としては前目内内から鋭く要所で動くこともできるし、前走の様に後方で我慢して末脚の絶対量を高めてきたりと、展開の幅が広い。折り合い面の不安はともかく、混戦模様の3000を走るうえでは結構欲しい武器があると思うので、後は相手関係一つ。クリンチャーやベストアプローチといった菊花賞で面白そうな面々が軒並み秋初戦でパフォーマンスを落としているし、ポポカテペトルやマイネルヴンシュといったところとの比較で色々考えていきたい。今の段階では一応ヒモ穴候補の一頭として扱っておきたい。



PR【外厩情報はやっぱりすごかった!】15日(日)500万!

9月最終週30日中山1Rで単勝440円的中や
10月15日(日)東京1Rで単勝380円的中の無料予想もありますが、


9月には障害戦で、400万。


10月15日(日)には未勝利戦で500万獲得の結果をだしました。


未勝利戦はご存知の通り1R~3Rくらいにあります。
障害戦は今週は、土曜日に2鞍、日曜日に1鞍あるのでしっかり早起きしてください!

この機会を逃さず、今当たる情報をタイムリーで手に入れて、
一発大逆転を狙ってみてはいかがですか?

外厩仕込みの競馬「遠藤氏の予想」は、
コチラ(無料登録)


10月に入ってからの僕の結果は400万500万とまではいかないですが、
638,500円の獲得結果です!
-------------------------------
10月7日(土)京都1R
三連単フォーメーション 30点/1点1,000円
638,500円獲得
-------------------------------

500万ほしい!400万でもいい!!

このサイトには遠藤氏がいるので、他にはマネできない強みがあります!

それは、外厩から携わり、直接競走馬に騎乗できる遠藤氏であれば、
【実際に乗りこなした能力差の判断が可能】
【騎手間の情報交換が可能】

過去データなどではなく、外厩からの情報は【最新でレースに直結する有力な情報】です。

今週の競馬予想のプラスになるはずです。
⇒コチラ(無料)

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

菊花賞 2017 出走予定馬:ベストアプローチ、青葉賞は面白い競馬も、神戸新聞杯の内容が悪く…少し評価を下げたい
【菊花賞2017】プレ予想 キセキとダンビュライトどちらのルーラーシップ産駒を選ぶ
菊花賞 2017 出走予定馬:ミッキースワロー、極上の切れ味を淀の長丁場で引き出せるかが焦点となる
noimage
【菊花賞2017】プレ予想 ミッキースワロー充実一途
菊花賞 2017 追い切り・調教評価:終い重点も首を下げつつ前肢を伸ばして柔らかいフットワークでしっかりと加速!
菊花賞 2017 出走予定馬:クリンチャー、すみれSからも長距離適性は高そうだが…前走の内容が不満で…
noimage
菊花賞 2017 枠順確定:アルアインは8枠16番と大外枠で皐月・菊花賞2冠に向けて試練
【菊花賞2017】枠順確定 内枠有利だがアルアインは8枠16番
【菊花賞2017】追い切り情報 ラスト1ハロン11秒台の馬に注目
菊花賞 2017 予想用ラップデータ:近年は中盤1000mも緩まないケースあり…3~4角までに良い位置を取りたいレース
菊花賞 2017 出走予定馬:スティッフェリオ、狭き門を潜り抜け、内枠も確保と運を味方に波乱を演じられるか
菊花賞 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、前走は極端な展開でキレ負け…コーナーではあまり動けないがしぶとく粘るステイヤータイプの感
菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガニオン、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP