投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

菊花賞 2017 出走予定馬:アルアイン、混戦模様を皐月賞馬の意地が断つことができるか?

日程:2017年10月22日(日)
第78回 菊花賞(GI) 京都芝外3000m
予想用・出走予定馬一覧
菊花賞2017の予想用・出走予定馬一覧

 ダービーの上位3頭が様々な事情で不在の超混戦ムード漂う中で、今年の皐月賞を制したアルアインが菊花賞に出走予定だ。皐月賞ではダービーの勝ち馬レイデオロらを撃破する強い競馬で完勝。日本ダービーでは末脚を引き出し切れなかったものの皐月賞馬の存在感は見せた。セントライト記念はミッキースワローに完敗だが、唯一のGI馬の意地でゴールドシップ以来となる皐月賞&菊花賞の2冠達成を狙う。


 まあ今年のメンバーならチャンスはあるんじゃないかなと思う。3000がベストか?となると皐月賞のパフォーマンスの高さや母系がやはりシアトルスルー系ということもあってどうしても距離への不安はある。サトノダイヤモンドは昨年ディープ産駒初の菊花賞馬となったが、それに続くことができるかどうかだ。


皐月賞(GI) 1着 18頭6枠11番
中山芝内2000m良 1:57.8 59.0-58.8 M
12.1 - 10.8 - 12.2 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 11.4 - 11.7

 まずは何といっても皐月賞からだろう。この時の中山は超高速馬場状態で時計はこれぐらいは出ないと、というぐらい軽かった。ペースバランスは平均だが中盤は超高速馬場を考えれば12.4を踏んでいるように少し息を入れた流れにはなっている。ファンディーナが動いた4角辺りが最速地点になっていてここでの内での立ち回りが功を奏した要素かなと。


 11番枠からやや出負けしたがそこから二の足良くリカバーして先行争いに楽に入っていく。最終的には下げながら2列目の外から好位の中目を確保。道中は割と流れていたのだが向こう正面で少し息が入ったところで凝縮、団子気味になる中で好位中目で我慢。3~4角でファンディーナが動いた段階で好位列中目を通しながら2列目に押し上げて直線。序盤でそこからしぶとく伸びて先頭列に並びかけてくる。L1で内のペルシアンナイトとの叩き合いを制してしっかりと勝ち切った。


 前半ゲートは良くなかったが二の足が良くそこからしっかりとリカバーしたうえで、ペースダウンの流れの中で折り合うこともできたのは収穫。好位の中目で追走しながら3~4角でファンディーナが動いた段階で上手く我慢できたことが最終的にL1での伸びにもつながってきているだろうと。ただ仕掛けが早い流れの中でL1までしぶとく伸びてきていてポテンシャル面は結構高いレベルにあったと思うし、前半の基礎スピードと後半のポテンシャルのバランスが良かった。前半は二の足の速さも評価したいがゲートが甘かったことが課題には残ったかな。毎日杯でもゲートが悪かったので。上手く松山がバランスよく乗って勝利に導いたと言っていいと思う。


日本ダービー(GI) 5着 18頭4枠7番
東京芝2400m良 2:27.2(+0.3) 63.2-59.1 S^4
13.0 - 11.2 - 12.9 - 12.8 - 13.3 - 12.5 - 12.1 - 12.6 - 12.7 - 11.5 - 10.9 - 11.4

 一方で2走前の日本ダービーでは松山の甘さが出てしまった一戦。皐月賞では平均ペースで流れる中で厳しい競馬で良さが出たのに対し、ダービーは4秒前後と超超スローで極端に遅いペースを作ったその原因となってしまった。向こう正面でのポジションの変動はあったが、ラップ推移的にはほぼ直線だけの勝負になっている。ギアチェンジやトップスピードの質が大いに問われた。


 7番枠からまずまずのスタートを切って先行争いにすぐに加わり主導権を取っていく。最終的にはそこから下げて2列目の外と絶好位を取っていくのだが、そこからは前を突かずにスペースを取って我慢の競馬を展開。前にドスローに落とされて更に途中でレイデオロの捲りを誘発。ポジションダウンして3~4角では3列目の外外で勝負に行く形。序盤でそこから少し接触があり加速していく地点でもあっておかれてしまう。L2の地点でもキレで優位に立てずにここでアドミラブルに取り付かれてしまう。L1ではそこそこいい脚を使って伸び始めているんだがアドミラブルには交わされ5着と伸び切れなかった。


 馬に関してはトップスピード特化戦、それもギアチェンジを要求される中でスムーズさを欠く競馬でよくやったなという反面、やはり基礎スピードを全く要求されない競馬になるとポジション差で逆転された状況でレイデオロを差すというのは無理があったという感じ。皐月賞ではレイデオロやスワーヴリチャードに対してポジションで優位性を取っていたのに、ドスローで上がり勝負なのにあの位置でしかも接触しながら直線でスムーズに加速できなかったのは松山の責任。そもそもあそこまで緩い流れにしてしまったレースメイクが拙かった。皐月賞が上手かっただけに勿体なかったが、これだけで降ろされるのは少し可哀想ではある、というのが本音。


セントライト記念(GII) 2着 15頭4枠7番
中山芝外2200m良 2:13.0(+0.3) 61.8-58.1 S^4
12.3 - 11.1 - 12.4 - 13.1 - 12.9 - 12.8 - 12.1 - 12.0 - 11.7 - 11.3 - 11.0

 ルメールに替わったセントライト記念もダービーの敗戦と同じようにペースを支配できずにキレ負けを喫した形である。当時の中山は超高速馬場で、L1最速率が非常に高い状態だった。このレースも例外ではなくL1の坂の上りで最速ラップを踏んでいるように、直線勝負の度合いが非常にきつい。なにせL3の4角地点でもまだ11.7と超高速馬場としては速くないラップを踏んでいるので、直線2F戦でしかも本仕掛けもL1が最速なわけで非常に遅い。そういう競馬でも最低限やれたのは収穫と言えなくもないが。


 7番枠から五分には出たが少し接触があって掛かり気味に入っていく形となる。最終的には好位の外で落ち着かせながら進めるが折り合いを意識しすぎて序盤のペースが非常に遅くなる。3~4角でも仕掛けの意識を強く持たずに好位の外で仕掛けを我慢。先頭列3頭の外から4角でじわっと仕掛けながらだがそれでもまだまだ一気には来ない。直線で追い出されてここから加速、という流れでジリジリ。L1でもこの馬としては落としていないのだがミッキースワローに10秒台の脚を使われて万事休す。


 ダービーでもトップスピードの質やギアチェンジで勝負できたわけではないので、その辺りを考えても明らかにドスローで仕掛けを待ちすぎた。仮に3~4角で一気に勝負にいっていたら少なくともミッキースワローは外からしんどい競馬になっていたし、そういう駆け引きができずに直線だけの競馬に持ち込んでしまったのが敗因だろう。まあそれでもこの低調なメンツの中でとはいえ2着は楽に確保した辺りは最低限ともいえるが、良い騎乗とは到底言えない。馬自身はやはりもう少し長いスパンで仕掛けた方が良かったと思う。それは皐月賞のL1の踏ん張りからも見て取れると。


2017菊花賞に向けての展望

 課題はある。個人的には単純な能力的な意味で言えば3000はこなせると思うんだが、折り合い面である。特にこの馬の場合はダービー、セントライト記念と距離を2200以上の区間では前半からかなり力んでいた、というのはある。それをぶっ放していくというのはなかなか難しいしゲートが安定しない上にコントロールしながら入らざるを得ない、というのは一つの課題。ここ2走はそこそこ出ているのでかえって折り合いを意識しすぎている感じは両者ともにあった。変な話だが多分ダービーやセントライト記念よりも菊花賞の方が入りの1000は速くなる可能性が高いと思うので、最序盤はむしろ競馬はしやすいと思う。ただし、菊花賞はスタート後すぐ3角の下りを迎える。これは掛かり癖のある馬には難所といえるので、外枠で壁が作れないとここでリスクを背負って積極的にポジションをとっていくのは簡単ではないかもしれない。淀の長丁場は基本的には無条件で内枠歓迎だが、この馬の場合は特に壁を作りたいという点でも内目の方が最序盤は強気に行けるだろう。それと、菊花賞はそこまで速いラップを要求されにくい。雨開催の影響で今週がどういう馬場になるかにもよるが、過去10年でみても要所で11.4が最速ラップなので、皐月賞でもコーナーで分散する中で中目で立ち回ってL1で伸びてきていることを考えれば適性そのものは高い可能性は持っている。後は相手関係で、後半のポテンシャルというパフォーマンスで見れば皐月賞のダンビュライトはかなりの強敵だと思うが、ベストアプローチは神戸新聞杯が物足りなかったし、クリンチャーもセントライト記念でキレ負け以前にちょっと良くなかった。キセキやミッキースワローは今の段階ではトップスピードを要求された方が良い感はあるし、特にミッキーは瞬間的には良い脚を使えるけど長く分散してコーナーで勝負にというタイプではない。となると総合的に見れば普通に最上位の1頭だと思う。外枠だと気性面の不安があるけど、内枠を引けば重い印を打っても良い、という候補になる。


PR【人生が変わるかもしれない】競馬で勝ち続ける


今週、菊花賞予想を無料でお届けします。
公開はレース当日正午「北条のブログ」より。

三連単当たっていますか?

競馬業界全体での三連単平均的中率は10%程だそうです。

しかし、

こんな的中や、
====================================
単勝83.3% 複勝94.4% 馬連58.3% 

ワイド88.9% 馬単58.3% 

三連複38.9% 三連単38.9%
====================================

こんな的中が、
====================================
単勝83.3% 複勝100% 馬連66.7% 

ワイド83.3% 馬単66.7% 

三連複41.7% 三連単41.7%
====================================

毎週のように訪れたらどうですか?

三連単が3回に1回以上の確率で当たったら、
あなたの配当はどうですか?

競馬って勝てるものだと思いませんか。

これは「うまコラボ」という、
誰でも無料で会員になれる競馬サイトの成績です。

参考にする程度でもプラスになると思います。

今日から、
競馬で勝ち続けたいなら見てみてください。

▼無料会員登録はこちらから


※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の人。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

菊花賞 2017 出走予定馬:ポポカテペトル、阿賀野川特別で前目からしぶとく粘るポテンシャルの高さはここでは不気味
【菊花賞2017】予想参考 注目スタミナ型ノーザンダンサー系はこの馬
【菊花賞2017】出走予定馬 中心はスタミナ型サンデーサイレンス系
菊花賞 2017 出走予定馬:スティッフェリオ、狭き門を潜り抜け、内枠も確保と運を味方に波乱を演じられるか
菊花賞 2017 出走予定馬:ウインガナドル、中距離の厳しい流れで良さも…コントロールが利くし、前目での粘り込み警戒
菊花賞 2017 出走予定馬:ブレスジャーニー、末脚の鋭さ、持続力は世代屈指も、3000mと約1年ぶりの骨折明け…常識的には難しい
菊花賞 2017 出走予定馬:キセキ、夏の中京、新潟で圧巻も神戸新聞杯はラストの伸びに少し不満がある
菊花賞 2017 枠順確定:アルアインは8枠16番と大外枠で皐月・菊花賞2冠に向けて試練
菊花賞 2017 出走予定馬:マイスタイル、逃げを貫くことができるか?前半速く、仕掛けも3角下りからというのがどうか
【菊花賞2017】追い切り情報 ラスト1ハロン11秒台の馬に注目
【菊花賞2017】プレ予想 ミッキースワロー充実一途
noimage
菊花賞 2017 出走予定馬:サトノアーサー、後一歩の詰めの甘さ、折り合い面の不安もあり3000mをどう考えるか
【菊花賞2017】枠順確定 内枠有利だがアルアインは8枠16番
菊花賞 2017 出走予定馬:サトノクロニクル、前走は極端な展開でキレ負け…コーナーではあまり動けないがしぶとく粘るステイヤータイプの感
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP