投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

府中牝馬ステークス 2017 レース回顧・結果:クロコスミア、レースをドスローに支配し直線でしぶとく出し抜いて悲願の重賞制覇!

毎週日曜の22:00からツイキャスでの秋華賞など重賞レース回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net


2017 府中牝馬ステークス(GII) 東京芝1800m稍
レース回顧・結果

1:48.1 49.5-46.2 S^3
12.9 - 11.6 - 12.3 - 12.7 - 12.4 - 12.5 - 11.2 - 11.0 - 11.5

 雨は残っていたがそれでも馬場にはほとんど影響なく、結果的にペースの意識、仕掛けの意識が下がって直線勝負に特化した形。最序盤のポジショニングとそこから12.5-11.2と一気にギアチェンジできたかどうか、L2でトップスピードの質も高いレベルで問われている。前がこのラップでまとめてきたわけで後ろの馬は切れるがギアチェンジでトップスピードにすぐに乗ってこれたかどうか、この辺りが問われた。


1着クロコスミア


 11番枠から好発を切ってじわっと内に切っていきながらペースをドスローに持ち込む岩田逃げ。抑えて自身でも掛かり気味なぐらいだがそれでもペースを緩い状態に持ちこんで3角。3~4角でもまだまだ手綱を引っ張って馬群を引き付ける。4角でも誰も仕掛けてこないのでペースを上げずに直線。序盤で軽く促しながら、L2で追い出されるとここでしっかりと先頭をキープ、L1で追いすがるトーセンビクトリーを楽に振り切り抜け出したところに流石にヴィブロスには食い込まれたがそれでもセーフティを保っての勝利。


 この馬に関しては予想通りというか、雨で渋ったことで各騎手の意識が下がってくれば一番前で仕掛けを待ててL2で追い出し最速ラップ、というところまで持ち込めるしそうなると強い。ローズSではL1でシンハライトを最後まで苦しめる粘りを見せていたし、1800ぐらいならペースが多少早くても問題ないし、今回みたいに緩くしても府中でギアチェンジを活かしてしっかりと出し抜ける。前走で2000でもやれたからこの感じならエリ女に出たとしても楽しみが出てきたかなという感じはあるね。いかに仕掛けを待てるか、そのために前半どの程度までペースを引き上げられるかといったところも含めて今後注目したい。今回は天気の恩恵で仕掛けを各騎手が待ってくれたから楽だったというのはあるし、L1はやっぱりどうしてもちょっと甘くはなるので、3~4角で勝負する形は避けたいね。


2着ヴィブロス


 1番枠から五分のスタート、そこから様子を見ながら前に馬を入れていきつつ3列目のポケットを確保する。道中も折り合って前にスペースを保ちながら3角。3角の段階でもまだペースが上がらずここでじわっとスペースが詰まってくる。4角でもまだまだペースが上がらない中で我慢を強いられて3列目で直線。序盤で包まれてなかなか苦しい展開も前のトーセンが外に出たのでそのスペースを使いつつ徐々にエンジンをかけてくる。L1では何とか外に出してトーセンを交わして2番手に上がって、という2着。


 エリ女への前哨戦として考えれば上々の2着と言っていいかな。ハッキリ言ってこの枠でこの展開になってしまった段階でちょっと難しかったと思うし、進路確保もなかなか難しい状況だった中で出来たところでしっかりと伸びてきたし、これ以上を望むのはちょっと難しかったと思う。外に出してからの伸びは間違いなかったし、能力は高いんだけどこれを出し切れる展開になるかどうか、というのがポイントにはなりそうだ。秋華賞を勝った時みたいに3~4角で外からじわっと勢いに乗せていく形の方が良いかな。ロスなく立ち回れたし、そのなかで思っていた以上には器用に伸びてきたので個人的には収穫のあった2着だと思っている。


3着アドマイヤリード


 7番枠からやや出負けしたかな、という感じ。そこから無理はせずに後方に下げていく。道中も後方馬群の中で包まれて苦しい展開で3角。3~4角でもペースが上がってこず馬群の真ん中で進路確保できないまま直線。序盤で外に持ち出すまでの意識も酷くL1でようやく進路を確保しきるとそこからの伸びは随一、グングン伸びて3着を確保した。


 The戸崎圭太やね。こういう競馬になると進路の引き出しがないのに前のスペースを詰めているから他の馬の動きに合わせられない。直線に入った瞬間でも怪しい進路を取って窮屈で追えず、下げて外外ってあんな感じではどうしようもない。流石にこれだけドスローだとトップスピードの質が違うから最後は伸びてきたけどね…。馬は強かったしエリ女でも楽しみだけど、もうちょっと何とかならんかったかこれ。


4着クイーンズリング


 4番枠から出負けして後方からの競馬を余儀なくされる。道中流石にスローの流れの中で外に持ち出してリカバーする意識をもって3角に入っていく。3~4角でもペースが上がらない中で我慢しながらやや消極的な感じで直線。序盤でそこから追いだされるがいつものキレがない。L2の段階ではそこから流石にスッと伸びてきたが去年ほどのインパクトはなく、最後はアドマイヤリードにあっさり交わされて4着までだった。


 ん~ちょっとリズムが悪い競馬になってしまったなと。もちろん出遅れが響いているのはあるんだが向こう正面の段階で外に出したはいいけど半端な感じで押し上げるわけでもなく掛かり気味。3~4角でも緩い流れだったのでここで動くという選択肢もミルコならありそうな感じだったけどしなかった。まあ基本的には良い脚を溜めて瞬間的に弾けさせたい馬だからわからなくはないんだが、流石に雨が降って各騎手の仕掛けの意識が遅い中で逆を突かないとリカバーができない。それぐらいギャンブルしても良かったかもしれんね。まあそれだけでなくL1の地点でアドマイヤリードにあっさり差されて要るわけで、やっぱり昨年ほどの出来には無かったとも思う。人馬ともにちょっと物足りなかったかな。


5着トーセンビクトリー


 5番枠から好発を切ってそこから無理なく楽に2列目のポケットを確保する。ドスローの流れの中で前にスペースを置いて仕掛けのタイミングを待ちながら3~4角でも我慢して直線。序盤で進路をクロコスミアの外に持って行ってL2で追いだされると一瞬伸びかけるがL1で甘くなって失速、最後は3着争いにも残れずの5着だった。


 まあ流れの中では上手く乗ったと思うんだけど、結局ここまでドスローで直線勝負に特化してしまうとL1のTS持続で甘くなってしまうかなという感じ。まあここは上位勢がかなり強敵ではあったと思うんだけど、それでもリズムを欠いたアドマイヤリード辺りに完敗だったことを考えるとやっぱり現時点では小さくない差があるのかもしれない。もうちょっと距離を延ばしてペースを少し上げて縦長に持ち込んで勝負してどこまでやれるか、というのは見たいかな。トゥザヴィクトリーの仔だし距離自体はもうちょっと長くても良い可能性は十分にあると思う。


10着ワンブレスアウェイ


 12番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。道中もドスローの流れの中で中団馬群の外外で進めざるを得ない。3~4角でも中団の外目でクイーンズリングと併せて直線に入ってくる。序盤で一瞬は良い脚を使ってきたのだがL2の地点ではキレ負けしていてL1では更に甘くなった。


 う~ん、これまでの感じからもじわっと段階的に加速しながらもう一段の脚を使える、というのは良い馬なんだけどここまで極端に直線勝負になってしまうと瞬間的な脚では足りなかったという感じ。それでも緩い地点から一気にトップスピードには乗れていた感覚で、最序盤はスッとクイーンズリングを引き離していた感じは悪くなかった。出負けしてあの位置からだと難しいけど、本仕掛けまでにしっかりといい位置を確保したいね。今日の展開なら3~4角でやっぱりある程度動いていく必要はあったかもしれない。


PR【人生が変わるかもしれない】競馬で勝ち続ける


今週、菊花賞予想を無料でお届けします。
公開はレース当日正午「北条のブログ」より。

三連単当たっていますか?

競馬業界全体での三連単平均的中率は10%程だそうです。

しかし、

こんな的中や、
====================================
単勝83.3% 複勝94.4% 馬連58.3% 

ワイド88.9% 馬単58.3% 

三連複38.9% 三連単38.9%
====================================

こんな的中が、
====================================
単勝83.3% 複勝100% 馬連66.7% 

ワイド83.3% 馬単66.7% 

三連複41.7% 三連単41.7%
====================================

毎週のように訪れたらどうですか?

三連単が3回に1回以上の確率で当たったら、
あなたの配当はどうですか?

競馬って勝てるものだと思いませんか。

これは「うまコラボ」という、
誰でも無料で会員になれる競馬サイトの成績です。

参考にする程度でもプラスになると思います。

今日から、
競馬で勝ち続けたいなら見てみてください。

▼無料会員登録はこちらから


※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の人。
受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

シリウスステークス 2017 レース回顧・結果:メイショウスミトモ、出来の良さと展開がマッチし強烈なバテ差しで番狂わせ!
アルゼンチン共和国杯 2017 レース回顧・結果:スワーヴリチャード、内内で我慢し直線で瞬時にかつ強烈に弾けて古馬を撃破!
スワンステークス 2017 レース回顧・結果:サングレーザー、内を上手く立ち回って接戦を制し嬉しい重賞初制覇!
函館2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:カシアス、しぶとく最後まで伸び切って重賞初制覇!
スプリンターズステークス 2017 レース回顧・結果:レッドファルクス、ゆったり入って坂の上りで推定10秒台の強烈な切れ味を引き出しての勝利
シンザン記念2018 レース回顧・結果:アーモンドアイ、異次元の末脚を道悪で発揮しまとめて差し切る圧巻の競馬!
ユニコーンステークス 2017 レース回顧・結果:サンライズノヴァ、中弛みで上手く取り付いて強烈な末脚、ラスト11秒台で完勝!
目黒記念 2017 レース回顧・結果:フェイムゲーム、ルメールここでも主役…早仕掛けの流れで出し切って古豪復活!
エプソムカップ 2017 レース回顧・結果:ダッシングブレイズ、因縁の地、東京の舞台で浜中とともに全てを払拭する悲願の重賞初制覇!
京成杯オータムハンデ 2017 レース回顧・結果:グランシルク、田辺復活の重賞V…淡々とした流れの中で鋭さを引き出し完勝!
ステイヤーズステークス 2017 レース回顧・結果:アルバート、力の違いを見せての3連覇達成!
サウジアラビアRC 2017 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、激流でも堂々突き抜けクラシックを意識させるレコード勝ち!
マーメイドステークス 2017 レース回顧・結果:マキシマムドパリ、スローで積極策、早めに動いてねじ伏せた!
noimage
フォワ賞 2017 敗因分析・レース回顧:サトノダイヤモンド、馬場に泣いた可能性が高い…ペースはスローからのポテンシャル戦だったが…
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP