投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

秋華賞 2017 枠順確定:アエロリットは1枠1番、ゲートは少し不安定で一歩目がカギになる枠

2017秋華賞の枠順確定
秋華賞2017の枠順確定


 秋華賞の枠順が確定し、NHKマイルカップの覇者アエロリットは1枠1番と最内枠を引き当てた。大外枠よりはいいと思うし、できれば適度な内枠の方が自由度は高かったかなとは思うがまずまずいい枠。ただし、ここ最近はそうでもないが一歩目で遅れることがあるのでしっかりと出てほしい。枠の並び的には内枠に先行馬が少ないし、同型カワキタエンカは8番枠と少し距離があるので多少の出負けならリカバーして前目というのはそう難しくないはず。基礎スピード型か言うまでこれを武器にしっかりとペースを引き上げる形が理想で、包まれてスローになると内枠と言えども危うい面も出てくるので注意が必要。60秒は最低限切っていく必要があるし、理想を言えば59秒前後で前目の競馬をしていきたい。


 ローズSの覇者ラビットランは1枠2番と内枠を引き当てた。アエロリットやブラックオニキスは前に行くとして、モズカッチャンやブラックスビーチ辺りとの位置取り争いになる。ブラックスビーチに前にはいられると面倒で、枠の並び的にもモズカッチャンの後ろを確保できれば理想。特にモズはミルコ・デムーロなので早めに動く意識を持って入ってくると思うし、その後ろならミルコの直後を突いていく選択肢と、ミルコが動いて内でスペースが生まれるのを待つ選択肢と2つ持てるのは良い材料かな。この馬自身はトップスピードに乗せてしまいたいタイプだから、ミルコの直後でついていく形が安全だとは思う。内枠で包まれるリスクはあるけど、並びとしては結構良い方だと思うしモズカッチャンをある程度意識してほしいね。


 リスグラシューと武豊は4枠7番と中目の枠を引き当てた。今回ポジションをどう取ってくるのかが一つカギになるが、内に入り込んで中団を狙うのか好位~中団馬群の中で外から動ける位置を狙うのかで結構変わってくるかもしれない。前走のローズSは後ろからの競馬になって詰めきれなかったし恐らくもうちょっと前での競馬を狙ってくるとは思うんだが、今回はアエロリットにせよファンディーナ、カワキタエンカにせよある程度前で勝負する馬が人気、目標となるとディアドラは後ろからになるリスクがあるし、内のモズカッチャンやラビットランの後ろ辺りを狙っていくのかな、という感じはある。まあそれでもある程度ながれるとみてスペースも広がっていくならこの枠から好位~中団を意識してはいれば自然と外過ぎない位置に入れそうな気はする。まずまずいい枠。


 フラワーカップ勝ち馬ファンディーナは8枠16番と大外8枠を引き当ててしまった。二の足が速いタイプだけど、流石にアエロリットやカワキタエンカといった速い馬がいるのでそれよりも更に外からとなると最序盤は結構難しい。仮に入りが速くなってしまうとこの馬としては高速馬場で質の高い基礎スピードでとなると不安が出てくるし、3~4角でも外から勝ちに行く形になる可能性が高くなってしまった。使える脚が瞬時に鋭く動けるが本当に一瞬なので後ろからじわじわ上がっていく形は好ましくない。正直悪い枠だと思う。


 オークス2着のモズカッチャンは2枠4番と内目の枠を引き当てた。結構いい枠だなと。まず逃げ馬アエロリット、恐らく前に行くブラックオニキスが内にいるのでひとまずこれの後ろにはスペースが生まれるし、そこを取ってラビットランより前に入れればいい。そのうえでブラックオニキス辺りが前にはいってくると3~4角での動きの地点でどこまで当てにできるかというのはあるが、ひとまず3列目のポケットを取るところまではそう苦労しないかもしれない。後はペースが流れてしまうと基礎スピード的に苦しいと思うので、その辺りだけかな。昨年のような展開がベターだと思う。枠は良い。


 ローズS2着のカワキタエンカは4枠8番と中目の枠。アエロリットとの兼ね合いがどうかで、内のアエロリットは一歩目はともかく二の足が速い。行く気なら最初からがんがんと押して内に切り込んでしまいたいところ。アエロリットはブラックオニキスとの比較できっちりと前に出切るかどうかもポイントだし、仮にアエロリットが一歩目遅れて外に出せず、カワキタがレースメイクで支配できればスローもあり得るな、というところ。こちらの方がゲートは安定しているので、この馬の出方が展開のカギを握ると思う。ただこの馬自身スローだと末脚勝負ではTS持続が甘いのでその辺りのバランスをどう取るか。アエロリットにレースを作ってもらった方がこの馬にとっては楽かもしれないし悩ましいところだ。


 紫苑Sの覇者ディアドラは7枠14番と外目の枠。まあ紫苑Sを見ても外から勢いをつけて長くトップスピードを持続してきていることを考えれば、多少外でも構わないとは思う。ただ最序盤はどうしてもポジション取りで難しくなるし、特に今回は内の先行馬が多いので内にスペースを取っていける内枠の差し馬の方が1~2角での立ち回りは楽になるし、こちらはどうしてもコーナーワークで下がりながらになると思うので最序盤のポジション取りがポイントになる。内に切り込んでしまうと後ろの方でリスグラシューやラビットランは内目で自身より前という形になるし、それらを差すのは骨が折れる。そういう点でも勝ち切るところまで、というのはちょっと難しくなったかもしれない。


 桜花賞馬レーヌミノルは6枠12番と外目の枠。ん~これどういう出方をするかだなあ。ローズSは好位から進めて案の定甘くなった、リスクを背負ってでもある程度ペースを引き上げて前目でという選択を取るのか、とりあえず無理せず流れに乗ってという形をとるのか。逃げてレースを作る形が理想だと思うし、TS持続がこの距離では明らかに足りないのでできればペースもハイまで引き上げてというところだが現実的には難しいかもしれない。内枠で2列目ポケットから流れている中で我慢してとかならちょっと目はあるかもと思ったが、この枠だと乗りにくいだろうなと。


 3戦3勝無敗のリカビトスは7枠13番と外目の枠。まあこれまでのパフォーマンスを見てもエンジンの掛かりがそんなにいい方じゃないし、相手関係は未知数で当たって砕けろのレベルだから外枠で出し切りやすい、ディアドラを意識しながら入っていけるというのは悪くないんじゃないかな。勝ちを狙うならディアドラより前を狙うという選択肢が本当は欲しいところで、ゲートの拙さをどこまで改善できるか。まあ余程出遅れなければディアドラの後ろは狙えるので、そうなればある程度脚は引き出せるかも。



<PR>
【秋華賞】アエロリットで本当に大丈夫?

昨年の1人気ビッシュは10着大敗で波乱の決着!


今年もカンタンには決まらない!!

ソウルスターリング・アドマイヤミヤビが不在なら

■■■■■■波乱の主役はこの馬だ!■■■■■■

―――――――――――――――――――――――

≪大ヤリの超穴馬≫を今すぐ無料で教えます!

―――――――――――――――――――――――

========================
東京・京都開幕週も
情報通りの万券ラッシュ!
========================

【先週】東京初日7R
穴アンジュリンブレス
(8番人気)
3万5880円的中!

【先週】京都初日4R
穴ヤマニンヌヌース
(6番人気)
3万0400円的中!

【先週】京都初日2R
穴サンリットデュー
(5番人気)
2万1550円的中!

【先週】京都初日12R
穴スーパーライナー
(7番人気)
1万4360円的中!

【先週】京都3日目3R
穴ターフェルムジーク
(6番人気)
1万2840円的中!

【先週】東京3日目11R
穴ラストダンサー
(5番人気)
1万1480円的中!

その他的中多数!

秋華賞の大ヤリ超穴馬はコチラ
pngワールド:秋華賞300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

秋華賞 2017 予想:本命01アエロリット(変更有)
秋華賞 2017 追い切り・調教評価:全体で出しつつも、終い力強く反応からの強烈な加速ラップ!
秋華賞 2017 出走予定馬:ヴゼットジョリー、昨年新潟2歳Sの覇者も…2000mへの延長も不安、上位相手に物足りないところもあり
秋華賞 2017 出走予定馬:ラビットラン、芝の高速馬場でトップスピードに乗って強烈な末脚…出負け癖がネック
秋華賞 2017 出走予定馬:アエロリット、総合力の高さは抜群…ギアの上げ下げ上手く、そのうえで最後までトップスピードを維持できるのが強み
秋華賞 2017 予想:本命01アエロリット
秋華賞 2017 出走予定馬:ポールヴァンドル、前目からも内からも器用に立ち回れるのは強み…枠順次第で圏内食い込み警戒か
秋華賞 2017 出走予定馬:モズカッチャン、ノってるミルコ・デムーロで不気味も…絞れるかと流れに対応できるか
noimage
秋華賞 2017 予想用ラップデータ:ペースが速くなりやすく…基礎スピードをもって中団前後で進められる馬が有利
【秋華賞2017】予想参考 京都芝コースはダンチヒ系が好調
秋華賞 2017 出走予定馬:メイショウオワラ、ローズS5着はこのレベルに目途、立ち回りが噛み合えば怖さはある一頭
秋華賞 2017 出走予定馬:ディアドラ、ルメールに乗り替わりがどう出るか?前走は厳しい流れを差し切り地力強化の感あり
秋華賞 2017 出走予定馬:カワキタエンカ、前走は絶妙な平均ペースでしぶとく粘り込む…2000でも強気の競馬を貫けるか?
秋華賞 2017 出走予定馬:リカビトス、3戦3勝唯一の無敗馬…弱点は多いが最後は必ず突っ込む素材の魅力は確か
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP