投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

秋華賞 2017 出走予定馬:リスグラシュー、名手武豊の手で牝馬三冠最後…秋の女王の座を奪取となるか?

2017 10/15(日)
第22回 秋華賞(GI) 京都芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
秋華賞2017の予想用・出走予定馬一覧


 2歳時にアルテミスステークスを制してから長らく同世代の中心の一角を担ってきた実力馬リスグラシューと武豊が秋華賞に出走予定。桜花賞では2着、オークスでも5着と意外にもメンバー中で2冠ともに掲示板を確保しているのはこの馬だけ。三冠最後の秋華賞こそは是が非でも手中に収めたいタイトル、どこまでもしぶとく伸びる末脚で秋の女王に君臨となるか。


 意外と基礎スピードがあるタイプの馬で、前走のローズSでも下がりながらの競馬になったのは痛かったが平均ペースで脚自体は使えている。桜花賞でも要所で置かれたがしっかりとL1では食い込んできているように基本はポテンシャルやTS持続力が武器。ただトップスピード戦では足りないかなというところはあるので、この舞台だと平均~ややハイぐらいで流れて後半に速い脚を要求されない方が良いと思う。


桜花賞(GI) 2着 17頭3枠6番
阪神芝外1600m稍 1:34.6(+0.1) 46.5-48.0 H^1
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 稍重で時計が掛かっていた桜花賞から振り返りたい。この時は顕著に時計も掛かっていたし、道中も12秒台を踏まない厳しい流れ。トップスピードを要求されることのないパワー型の基礎スピード戦で、このペースについていって脚を削がれなかったかどうかというのが重要なレースだった。


 6番枠から五分には出てそこからある程度ついていきつつ最終的には中団という感じで悪くない位置取りで進めていく。道中もレーヌミノルを意識しながら乗れる位置で3角。3~4角では中団馬群の中でレーヌミノルやソウルスターリングの直後を追って直線。ただ序盤で前に離されて中団列に吸収されかける。ただそこからL1でのバテ差しが顕著でここでレーヌミノルとの差を際どく詰めての2着だった。


 厳しい流れについていってもしっかりと脚を使えているように、意外と基礎スピードが高いなというのが率直な感想。ただし、要所では置かれていてこの馬の弱点が少し出ていたのは確かかな。チューリップ賞では平均ペースだがそこから鋭くという脚を要求されてソウルスターリングに完敗していたのがタフな馬場で淀みなくという競馬になったことできっちりと捕えてきたといえるし、単調な競馬の方がハイレベルでは合っているのかもしれない。


オークス(GI) 5着 18頭7枠14番
東京芝2400m良 2:24.9(+0.8) 61.7-57.8 S^4
12.7 - 11.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 オークスでは逆に極端なドスローからの4F戦。ロンスパ気味にはなっているがそれでも後半5Fで57.8を前にいたソウルスターリングが刻んできた時点で後ろからではちょっと難しかったと思う。それでもアドマイヤミヤビは何とか3着に来ているようにその比較でみても少し差はあった。


 14番枠からここでは出負けして後方から、それでもある程度はリカバーの意識をもって中団の中目で進めていく。道中は少し掛かり気味だがここまでドスローだとある程度仕方ないという感じ。3角以降はソウルが早めに先頭に並びかけて行ったことでペースが上がっていく中で中団の中目で上手くスペースを見つけて直線、序盤で少し接触があったがそれでも伸びはよく、L2でもしぶとく伸びていたがL1ではアドマイヤミヤビにTS持続で見劣って掲示板確保までがやっとだった。


 ドスローからのトップスピード戦ではあるのだが、5Fで57.8というのは相当速い。それであの位置からとなってしまうと苦しかったかな。とはいえ仕掛けが早かったこともあるが直線序盤で馬群を割りながらしっかりと伸びてくるとは思っていなかったのでこれが意外で良い材料。しっかりとエンジンをかける形になればそこまで反応が悪い馬ではないと。もしかしたら左回りの方がコーナーから直線に入って加速するのが得意なのかもしれないが。アルテミスSでもそんなに感じなかった。


ローズS(GII) 3着 18頭3枠6番
阪神芝外1800m良 1:45.8(+0.3) 46.4-46.9 M
12.4 - 10.9 - 11.3 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.3 - 12.0

 前走のローズSではやっぱりちょっと要所の反応が良くなかった。ペースは平均で流れていたし、それが功を奏して基礎スピードで末脚を削がれず伸びてきたので届いたが、やっぱり直線までの入り方がいまいちだったかなと。平均からL2最速ではあるが単騎気味のものだし、ファンディーナが動いたL3辺りで2列目以降は速い脚を使っているはず。


 6番枠から五分には出たのだが軽く促していって最終的に後方という形。道中も後方馬群の内々で進めていくのだが、3角ではそろそろ動き出したいところで進路確保ができずに後方の内目で下がってしまって直線。序盤で後方2列目という相当後ろからの競馬になったがここで一列前にいたラビットランに1馬身ほどの差を広げられてしまう。L1の坂の上りでようやく伸びてはきたが及ばずの3着完敗だった。


 もともと軽い馬場でのトップスピード戦ではオークスやチューリップ賞から世代でも最上位とは言えないレベルだったと思うが、今回も平均で流れたので圏内確保できたにせよL2の地点でキレ負けしていた感じ。また3~4角で少し下げながらの競馬になってしまったのもこの馬としては良さが出にくい競馬になってしまったかなと言える。出し切って良さが出る馬だとは思うし、平均~ややハイペースでもやれる基礎スピードが武器ではある。ローズSの様にワンターンでとなると平均で流れても息が入って速い脚を要求されるケースも多いし難しいところ。それに賞金的には足りているわけで、秋初戦で本番が秋華賞という立場を考えれば上々ともいえる。少なくともファンディーナやモズカッチャンがペースが上がって本来の末脚を引き出せなかったことを考えれば本番に向けてアドバンテージと言っていいだろう。


2017秋華賞に向けての展望

 ラビットランが強かったので後半要素はそれ以上の評価はしづらいのだが、本来もう少しいい位置を獲れる馬で本番は出負けしなければ武豊も中団ぐらいは意識してくると思う。3角の下りからじわっと加速する形になるのは良いと思うし、オークスも結局4F戦だからじわっと加速する形に持って行けて早めに反応できたという感じもあるし、右左の巧拙も考慮にはいれるが阪神外回りでトップスピードを問われるよりは京都の2000、内回りでコーナーで分散しながらの方が合う可能性は高いんじゃないかなと。それと秋華賞は流れる傾向が強いレースなので、平均ペース以上で流れても最後まで脚を使ってきているという点はやはり他のローズSで崩れた実力馬に比べて大きなアドバンテージだし、2400の4F戦でも一定の目途を立てていて距離の不安もないという点ではラビットランより信頼しやすい条件にはなると。渋ってもやれるし極端なトップスピード戦にならなければ大きく崩れることはないとみている。後は力関係だろう。桜花賞のパフォーマンスは高かったが、アエロリットがまともに出て前目で競馬をしてくれば手強いと思うし、ローズS上位勢は侮れない。それでもこちらも叩いて上昇気配を見せることができれば逆転の余地もあるし、何より前走はあくまで前哨戦。賞金が足りている馬なので、叩いての上積みを見込んでもいいはずだ。枠順も含めてその辺りを踏まえて総合的に判断していきたい。現時点では一応連下候補の筆頭としておくが、対抗まで視野に入れている。



PR【3歳牝馬、予想で三冠獲ります】桜花賞・オークス共に三連単的中させた予想

春の桜花賞、オークスに続く3歳牝馬三冠の最終戦。
今週は獲りにいくレースは秋華賞G1。

予想で注目すべき点は、
「前走の着順」
「前走のタイム差」
「近走の芝重賞での上位人気馬」
などが上げられますが、集めた方がいい情報はたくさんあります。

集めても集めても足りない。
そして、本当にどの情報が重要なのかわからなくなる。
最終的に悩んで悩んで不完全の予想で競馬で挑む。
そんなことを経験したことないですか?

そこで一つ、予想方法の提案として取り上げたいのが「指数予想」
ただ単に、その指数が示す上位人気馬で馬券を買うだけ。仕組みは簡単です。

そして、その指数の中でも、3歳牝馬三冠「桜花賞、オークス、秋華賞」の内、
「桜花賞三連単94,890円、オークス三連単20,130円を的中させた指数」があります。

これは実際に僕がこの指数を参考にして買った的中PAT。
オークスは予定があって馬券購入できなかったので、桜花賞だけ。
そして・・・三連単購入にビビッて馬単だけにしたことを今も後悔しています。
秋華賞は三連単で勝負しにいきます。
【2017年4月9日(日) 桜花賞G1】


【膨大なデータから予想を勝手に出してくれる指数】
その指数が3歳牝馬をきっちり獲ってきた。
桜花賞、オークスの次は秋華賞三連単。
その指数は秋華賞を無料公開。
↓↓
コチラ

さらに重賞だけでなく、毎週全レースの指数も公開される。
比較的安定的中の6Rまでの前半戦。
荒れレース高配当決着が多い7~12Rまでの後半戦。

あなたはどのレース情報が欲しいですか?
今まで負けが続いた方。この指数を見たことありますか?
2017年、勝ち競馬で終わるには、今からでもまだ遅くない。
↓↓
コチラ

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

秋華賞 2017 追い切り・調教評価:全体で出しつつも、終い力強く反応からの強烈な加速ラップ!
秋華賞 2017 出走予定馬:ヴゼットジョリー、昨年新潟2歳Sの覇者も…2000mへの延長も不安、上位相手に物足りないところもあり
秋華賞 2017 出走予定馬:ディアドラ、ルメールに乗り替わりがどう出るか?前走は厳しい流れを差し切り地力強化の感あり
秋華賞 2017 出走予定馬:カリビアンゴールド、オークスは不利があり、それ以外は安定感光るが…
秋華賞 2017 予想用ラップデータ:ペースが速くなりやすく…基礎スピードをもって中団前後で進められる馬が有利
秋華賞 2017 出走予定馬:アエロリット、総合力の高さは抜群…ギアの上げ下げ上手く、そのうえで最後までトップスピードを維持できるのが強み
秋華賞 2017 出走予定馬:リカビトス、3戦3勝唯一の無敗馬…弱点は多いが最後は必ず突っ込む素材の魅力は確か
秋華賞 2017 枠順確定:アエロリットは1枠1番、ゲートは少し不安定で一歩目がカギになる枠
秋華賞 2017 予想:本命01アエロリット
秋華賞 2017 出走予定馬:モズカッチャン、ノってるミルコ・デムーロで不気味も…絞れるかと流れに対応できるか
【秋華賞2017】プレ予想 アエロリットは押し切ることが出来るのか
秋華賞 2017 出走予定馬:レーヌミノル、桜の女王もマイルまでが限界?前走も甘く、不安の方が大きいか
【秋華賞2017】予想参考 京都芝コースはダンチヒ系が好調
【秋華賞2017】枠順確定 1枠1番はアエロリット
秋華賞 2017 出走予定馬:メイショウオワラ、ローズS5着はこのレベルに目途、立ち回りが噛み合えば怖さはある一頭
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP