投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

秋華賞 2017 出走予定馬:モズカッチャン、ノってるミルコ・デムーロで不気味も…絞れるかと流れに対応できるか

2017 10/15(日)
第22回 秋華賞(GI) 京都芝内2000m
予想用・出走予定馬一覧
秋華賞2017の予想用・出走予定馬一覧


 フローラステークスではラストにしぶとく差し切り重賞制覇、オークスでも2着と台頭を示したモズカッチャンが秋華賞に出走予定だ。ただ、秋初戦となった前走のローズステークスではいつもの末脚を引き出し切れずの7着と結果を残せなかった。秋の大一番に向けては不満の第一歩となってしまったが、そこからの逆襲を誓って好調ミルコ・デムーロを背に最後の一冠を制すことができるか。


 前走のローズSは注目してみていたんだが、基礎スピード面の課題を克服できなかったかなという感じ。こうなってくると基本的に流れやすい秋華賞では信頼度で足りない。もちろんオークスやフローラSの様にスローならばと思うが。それと、前走の場合は馬体増が大きかったのもあるし、しっかりと絞れてくるかも含めて判断したい。


フローラS(GII) 1着 18頭1枠1番
東京芝2000m良 2:01.3 61.5-59.8 S^2
13.0 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 12.6 - 12.8 - 12.3 - 11.5 - 11.2 - 12.0

 まずは3走前の重賞初制覇の舞台となったフローラSから。この時は高速馬場でペースバランスで見ても1.7とかなりのスローに入っている。ラップ推移的に見ても3F勝負でL1はそこそこ落ち込んだ。後半の3要素をバランスよく問われ、前半はポジショニングが重要だった。


 1番枠から好発を切ってそこから控える形、2角で少し窮屈になって下げての3列目のポケット。道中も前にスペースを置いて楽に折り合って3角に入っていく。3~4角でも3列目のポケットで我慢、前に馬を置いた状況で直線。序盤で前の馬が外に行ってくれたのでスペースががっぽり空いてジリジリと伸びてくるがL2ではまだ2馬身半ぐらい差がある、L1でこれをきっちりと捕えての勝利。


 L1で結構落ち込んだなという印象だし、ここで差し込めたのは前のヤマカツグレースがちょっと甘かったというのも要因としてはあると思う。とはいえこの馬自身は恐らく11秒半ばではまとめているし、少なくともこのフローラS組の中では総合的に見て1枚上だったのは確かかなと。1番枠も功を奏したにせよいいスタートを切っていたからあの位置につけられたわけだし、前半のポジショニングも含めて総合的に高いレベルであることは示していた。ただし、スローではあったわけでペースが上がってどうかはもちろん課題として残る形に。


オークス(GI) 2着 18頭1枠1番
東京芝2400m良 2:24.4(+0.3) 61.7-57.8 S^4
12.7 - 11.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 オークスは結局その辺り、前半の基礎スピード面を全く問われなかったことと、再度枠が良くいい位置を獲れたことが大きかった。ペースは4秒近い超超スロー、ラップ推移は3角でソウルが外に出してから4角でペースアップしていて4F戦。4角地点での内での立ち回りは明らかにプラスになっていると。ドスローからのトップスピード持続戦の側面が強い。


 1番枠からまずまずのスタートを切ってしっかりと好位の内内を確保して進めていく。道中もドスローの流れの中で流石に若干掛かり気味だがそれでもソウルスターリングを前に置いて絶好の展開。3角では更に前にいたソウルが外に出してくれたことでそのスペースを確保しじわっと加速しつつ4角では最短距離で押し上げながら直線。序盤でも進路は完璧に獲れていて追い出されるとL2の地点では一旦ソウルスターリングに並びかけてくる。しかしL1では温存していたソウルがしぶとく踏ん張って最後は完敗だった。


 3着以下に対しては差を作っているんだが、これに関しては展開的に内有利だったとみている。3角でソウルが動いた段階で4角では流れていたわけで、ここで内を立ち回れているのは当然大きい。それでもソウルが仕掛けているのにL1でソウルに離されているということを考えれば末脚の絶対量という点では明らかに見劣った。楽に2着を確保できたのはL4-3で外から回した馬のロスが大きく、こちらは枠と展開がかなり噛み合っていたというのは大きいだろうと。それとドスローだったことで前につけられたことがそのままプラスに働いたという点もある。全体で流れた時に前目を取って踏ん張れるかはまた別問題だろうと。課題としてはそこも残ったまま。


ローズS(GII) 7着 18頭1枠2番
阪神芝外1800m良 1:46.2(+0.7) 46.4-46.9 M
12.4 - 10.9 - 11.3 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.3 - 12.0

 前走のローズSでは敗因と決めつけることはできないにせよ、少なくとも基礎スピードを問われた中で結果が出なかったのは事実。ペースは平均、中弛みがあったが馬場を考えると最速11.3はそこまで速くない。流れに乗って進めた馬としては結構しんどい競馬にはなっていて基礎スピードがないと前目の馬では難しかった。


 2番枠からやや出負けしてそこからリカバーしつつ、3列目の内内で進めていく。3~4角でも3列目の内で前にスペースを置いて理想的に直線に入ってくる。序盤で少し窮屈な面はあったがすぐにさばいて内に切り込む。しかしそこからの伸びがいまいちで、ラストは伸びあぐねての7着完敗だった。


 一応L2の段階ではそれなりに脚を使っていたんだけど、結局そこで甘くなってラストは完敗。ペースがそこそこ速かった中でポジションをとって行ったけど、結局それでは甘くなってしまったので前半あまり無理は利かないのかなというのはある。オークスもフローラSもスローの中で内枠を利していい位置をとれていたというのはあるし、流れた中でポジションをとって良いタイプではないかもしれない。またかといってTS持続力が高いというほどでもないのはオークスで見せているので、後ろから差し切る実力があるかというのも微妙なラインである。もちろんこのローズSでは休み明けで+14kgの影響があったともいえるのでここで決めつけるのは危険だが、少なくともクリアはできていないので信頼度は低くなる。


2017秋華賞に向けての展望

 少なくともオークス、フローラSで高いパフォーマンスを見せているのはスローで内枠、3列目からの競馬と理想的な入り方ができていたことが大きい。今回もそういう展開や枠になればいいんだが、ローズSを見てもペースが上がった時にどうか?というのは払拭はできていない。また馬体増の影響があったとすれば当然今回は絞れてこないと、というのも考えておきたいところだ。追い切りや当日の馬体重には注目しておいた方が良いだろう。オークス組がローズSで決して高いパフォーマンスを見せていたわけではないし、秋華賞は流れる傾向が強い。オークスは極端に遅かったのは事実だし、4コーナーの地点でペースが上がって立ち回りが問われた中で、上手く嵌っているのも事実。あまり信頼はしたくないかな。もちろん秋華賞でも内枠でスローからの3角下りで上手く内内立ち回れれば当然チャンスは大きい。昨年のような流れならばというのはあるかな。後はメンバーと枠の並びを見て最終的に判断したいが、現時点ではまず重い印は打ちたくないな、というところ。外枠を引けば軽視したい。



PR【3歳牝馬、予想で三冠獲ります】桜花賞・オークス共に三連単的中させた予想

春の桜花賞、オークスに続く3歳牝馬三冠の最終戦。
今週は獲りにいくレースは秋華賞G1。

予想で注目すべき点は、
「前走の着順」
「前走のタイム差」
「近走の芝重賞での上位人気馬」
などが上げられますが、集めた方がいい情報はたくさんあります。

集めても集めても足りない。
そして、本当にどの情報が重要なのかわからなくなる。
最終的に悩んで悩んで不完全の予想で競馬で挑む。
そんなことを経験したことないですか?

そこで一つ、予想方法の提案として取り上げたいのが「指数予想」
ただ単に、その指数が示す上位人気馬で馬券を買うだけ。仕組みは簡単です。

そして、その指数の中でも、3歳牝馬三冠「桜花賞、オークス、秋華賞」の内、
「桜花賞三連単94,890円、オークス三連単20,130円を的中させた指数」があります。

これは実際に僕がこの指数を参考にして買った的中PAT。
オークスは予定があって馬券購入できなかったので、桜花賞だけ。
そして・・・三連単購入にビビッて馬単だけにしたことを今も後悔しています。
秋華賞は三連単で勝負しにいきます。
【2017年4月9日(日) 桜花賞G1】


【膨大なデータから予想を勝手に出してくれる指数】
その指数が3歳牝馬をきっちり獲ってきた。
桜花賞、オークスの次は秋華賞三連単。
その指数は秋華賞を無料公開。
↓↓
コチラ

さらに重賞だけでなく、毎週全レースの指数も公開される。
比較的安定的中の6Rまでの前半戦。
荒れレース高配当決着が多い7~12Rまでの後半戦。

あなたはどのレース情報が欲しいですか?
今まで負けが続いた方。この指数を見たことありますか?
2017年、勝ち競馬で終わるには、今からでもまだ遅くない。
↓↓
コチラ

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【秋華賞2017】予想!ハーツクライ産駒のスタミナに期待
秋華賞 2017 出走予定馬:リカビトス、3戦3勝唯一の無敗馬…弱点は多いが最後は必ず突っ込む素材の魅力は確か
秋華賞 2017 出走予定馬:ポールヴァンドル、前目からも内からも器用に立ち回れるのは強み…枠順次第で圏内食い込み警戒か
秋華賞 2017 出走予定馬:アエロリット、総合力の高さは抜群…ギアの上げ下げ上手く、そのうえで最後までトップスピードを維持できるのが強み
秋華賞 2017 予想:本命01アエロリット
秋華賞 2017 出走予定馬:カリビアンゴールド、オークスは不利があり、それ以外は安定感光るが…
【秋華賞2017】枠順確定 1枠1番はアエロリット
秋華賞 2017 出走予定馬:ファンディーナ、V字回復はあるか?タフな馬場で引き付けての瞬時のギアチェンジが武器なだけに…
noimage
【秋華賞2017】出走予定馬 ディープインパクト産駒が3連勝中
秋華賞 2017 出走予定馬:ミリッサ、ローズSは我慢してラストの伸びはまずまずも…ロスなく立ち回ってどこまでか
【秋華賞2017】予想参考 京都芝コースはダンチヒ系が好調
秋華賞 2017 枠順確定:アエロリットは1枠1番、ゲートは少し不安定で一歩目がカギになる枠
秋華賞 2017 出走予定馬:リスグラシュー、名手武豊の手で牝馬三冠最後…秋の女王の座を奪取となるか?
秋華賞 2017 出走予定馬:ディアドラ、ルメールに乗り替わりがどう出るか?前走は厳しい流れを差し切り地力強化の感あり
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP