投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

毎日王冠 2017 レース回顧・結果:リアルスティール、またミルコだ…絶妙な位置から仕掛けを待ちつつ直線の坂でグンと切れて接戦を制した!

3日間開催のため今開催分は10/9(月)の22:00からツイキャスでの回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net


2017 毎日王冠(GII) 東京芝1800m良
レース回顧・結果

1:45.6 47.8-45.6 S^2
12.8 - 11.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.1 - 10.7 - 11.7

 ん~まあこういう展開もあり得るかなとは思っていたけど東京1800っぽくない流れにはなっている。ソウルスターリングが出負けして出して行ってハナを取り切る形になった。ルメールもそこを意識したことでオークスでは積極的に3~4角で動かす形をとったのをここでは待つ形をとって直線勝負に。その分だけL2最速、府中の上り坂地点で10.7と非常に速いラップを踏んでいることからもわかるように、段階的にも動かず直線勝負で仕掛けも遅い、という傾向。府中の1800は基本的にL3最速になりやすい傾向なんだがそこがずれたのが大きいかな。


1着リアルスティール


 8番枠から五分のスタートを切ってそこから無理せず中団で進めていく。ただ下げ過ぎずに道中は好位までの先行集団から少し離れた中団の集団で一番前とこの辺りのバランスのとり方が絶妙のミルコ・デムーロ。3角では中団の外で仕掛けをじっと待ちつつ4角でじわっと促しながらもまだ仕掛けを待って直線。序盤でも馬なりで入ってきて坂の上りでゴーサイン、L2の坂の地点でグンと伸びてきて外のサトノアラジンの追撃を振り切り体1つ出る。ラストはサトノに再度食らいつかれたがきっちりと凌ぎ切った。


 ソウルスターリングが崩れてリアルスティールがきっちりと勝ち切れたのが今回の展開を表しているかなと思う。結局本仕掛けが遅かったことで直線坂の上りでの瞬間的な切れ味勝負になった。ここまで本仕掛けを待てている。もちろん4角辺りからじわっとは促しているがここではまだ12.1と速くないしそこまで詰めていない。トップスピードに乗るまでが良い馬だし、乗ってしまってからは甘くなるがそれをゴール板のできるだけ手前に引きつけられたからここまでキレたという感じはするけどね。秋の天皇賞でも瞬間の切れ味だけならモーリス以上じゃないか?というぐらい動けていたし、リアルスティールはやっぱり前半はゆったり入れないとダメで、中盤以降の幅が広いからなるべくここで上手くポジションを上げつつも本仕掛けを手前まで待つというのが理想だと思う。段階的に脚を使えるしミルコみたいに動くイメージをもってじわっとと一気にを使い分けられる騎手が合ってると思うね。祐一だとどうしても仕掛けは待つけどその前段階で3~4速ギアぐらいのイメージで動く意識がないから。本当にいい脚を長く使えるわけじゃないから、今日のミルコみたいに最序盤~中盤でまずいい位置を取って悠然と構えたいね。トップスピードを引き出せればこの路線ではトップレベルであることは示せたし、秋の天皇賞も昨年のような展開で今回のような位置取りと仕掛けの持って行き方ができれば勝負できると思う。


2着サトノアラジン


 12番枠からやや出負けという程度、ただ無理はせずに後方に控えてじっくりと。道中も後方過ぎはせずにリアルスティールの後ろをマークするような感じで少し掛かり気味も3角に入っていく。3~4角でリアルの後ろから促しながら正攻法で直線。序盤で鞭が入ってL2の地点でリアルに並びかけたいがここで一瞬リアルに出し抜かれる。それでもL1までしぶとく食らいついて決定的とまでは行かないが差を詰めての2着惜敗だった。


 1800は長いと思っていたんだけど、展開的にL2最速で仕掛けが遅れる中でのトップスピード勝負になった分かなあ、それでもL1まで伸びてきていたのでこの馬の場合は内内で包まれてはロスが無かろうが本当にパフォーマンスを落とすのかもしれんね。今回や安田記念もそうだけど、やっぱりロスを覚悟で大外ぶん回す方が良いんだろうか。それにしても普通に強かったし、リアルスティール比較でみてもこれだけやれれば秋の天皇賞でもチャンスはあるかもと思わせるレベルだね。一介のマイラーでは終わらないとみるべきか。いずれにせよ外から順々にギアを上げて行く形の方がこの馬の末脚を最大限に引き出せるというのはもう確定的でいいと思う。マイルだからだとも思っていたが、明らかにこちらの方がこれまでのマイルTS持続戦や1800路線でのパフォーマンスから比べて高いからね。秋天だと外枠過ぎるとしんどいけど、それでも内で包まれるよりは適度に外の方が良いね。


3着グレーターロンドン


 7番枠から出負けして後方からの競馬はいつも通り。道中も後方でワンアンドオンリーの後ろぐらいから3角ではまだ我慢、4角でサトノアラジンを意識しながらその後ろで直線。序盤で外に出してL2の坂の上りでフルスロットルに持ち込みたいが少し伸び始めが遅い。L1に入ってからはジリジリと来ていたが前2頭との差をじわっと詰めた程度で3着がやっとだった。


 まあこのレースのラップ推移でサトノやリアルより後ろから差すこと自体困難ではあったと思うからある程度仕方ない。ただ、L2の地点でもっとスパッと来るイメージだったのが少し置かれていた。確かに4角出口まで内外で少し迷った分、直線までにサトノの外から勢いをという感じにはならなかったのはあるし、その辺が微妙に本来来てほしいL2の地点での伸びあぐねに繋がったかも。ただ、それでもL1できていたというほどでもないし、誤差の範囲。もしかしたら状態面もベストというところまでいかなかったかもだが賞金をここで全く積めなかったのは今後を考えると痛いね。中距離でもやれるかなと思っていたんだが、及第点と言えどもこの路線でとなると最上位を争うところまでとなるとちょっと足りないかもしれない。


4着ダイワキャグニー


 3番枠からまずまずのスタート、そこからスッと先行争いに加わって逃げも辞さない、という構えを見せるが最終的にはソウルを行かせて番手と理想的なポジションを確保。そこからのコントロールも割とできていてスローの流れにうまく持ち込む。3~4角で外のヤングマンが絡んでくるが仕掛けを待って我慢我慢、4角でもまだ促さずに直線。序盤でもまだ軽めに促す程度、ソウルの仕掛けを待っていたがソウルの手ごたえが悪いので坂を上り切ったところぐらいで追い出す。L1までしぶとく抵抗していたが最後は3着争いを取りこぼしての4着だった。


 結構健闘したな、という感じ。セントポーリア賞でもトップスピード戦で高い適性を見せていたし、プリンシパルSでは基礎スピードを問われたやれたが今回は明らかに前者に近い展開。仕掛けを待って最速地点で楽にソウルを競り落としたけど、結局トップスピードの質の違いでリアルやサトノ相手にこれだけのリードでは苦しかった。前半飛ばしていたらソウルが手ごわかった可能性もあるから何とも言い難いけど、府中のこれぐらいの距離が合っているのは確かかな。ただ2000でとなるとスローでは多分勝ち負けまでとなると難しいので、プリンシパルSの様にある程度ペースが速い中でいい位置を取ってというところを狙ってほしいかな。前目の馬では最先着だしヤングマンパワーを抑え切ったのは結構評価していいと思っているので。


5着ヤングマンパワー


 9番枠からまずまずのスタート、そこから押しての先行策だが内の各馬が思った以上に競ってくるので途中で諦めての4番手。下げてからも比較的落ち着いてスローの流れに乗れていて2列目外で3角。3~4角で外からじわっと先頭列に並びかけてプレッシャーをかけるが前もペースをそんなに上げて行かない中で直線勝負。序盤で追い出されるが楽にダイワキャグニーに出し抜かれてしまう。L2の地点でエンジンが掛かるとそれなりに伸びてくるが流石に外2頭にはキレ負けする。L1ではしぶとくフライついて3着争いの一角も5着完敗。


 ん~まあこの馬もイメージとしてはソウルスターリングと同じで、もうちょっと3~4角でペースを引き上げてほしかった。まあこちらは最低限意識的には外から入っているし並びかけてプレッシャーをかけているのである程度仕方ないけど、どうしても前がペースを上げない中で探りながら勢いをつけられずに直線に入ってきているのでギアチェンジで置かれている形。L2ではそこそこ来ていたので加速までの持って行き方がちょっと難しかったかなと感じた。もうちょっとロンスパ的に入っていければこの距離でもやれるとは思うんだけどね。スローで直線勝負では東京新聞杯でもキレ負けしていたわけなので。距離云々というよりは上手く3~4角を使っていけるかどうかだろうね。今後どこ行くか分からないけど、天皇賞秋でも内枠引いてややスローで前受しつつ3~4角でじわっと上げられたら不気味さは秘めていると思うけどね。直線勝負にしすぎると良くない。


6着マカヒキ


 2番枠から出負けして後方からスタートだが、そこから枠を利してリカバー、最終的には好位の内目まで押し上げていく形になる。道中も折り合って前にスペースを置いてと悪くない競馬。3~4角でもまだペースが上がって行かない中で4角で促しながら前のスペースを活かして直線。序盤で追い出されるが反応はいまいちで、スペースも狭い。L2出鞭がバンバン入るが狭いところを嫌がっている感じでいまいち。L1ではそれなりに伸びてくるがそれなりで6着完敗。


 ダービーの時は狭いところを突くときに結構良い感じで伸びていたんだけどなあ。進路確保もスムーズではなかったし、内田ががちゃがちゃしていたのが良くなかったんかなあという感じもする。まあ今回は相手が強かったという側面もあると思うし、現状を受け入れる必要はあるかもしれないね。ダービー馬だという思いを早いうちに切ってしまった方が良いかもしれない。今回の展開ならもうちょっと頑張ってほしかったし、狭かったけど反応が甘かったというのは物足りない事実。この展開で来てこそのマカヒキだと思うし。天皇賞秋でもこの展開ならとは思っているんだが、それで走れなかったわけでちょっと評価を下げて入りたい。


8着ソウルスターリングこちら



━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想11/5まで無料

 さらに昨年9万5520円的中の
秋華賞【全頭徹底分析】も特別公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■直近の的中買い目

10/1 凱旋門賞 1万0600円的中
9/24 阪神7R 4万1370円的中
9/23 中山6R 1万4270円的中
9/18 阪神10R 1万0620円的中
9/17 中山7R 4万6300円的中
9/16 阪神12R  1万7510円的中
9/10 京成杯AH 1万3920円的中
9/9  中山12R  2万1690円的中
9/2 小倉11R  2万0800円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法
pngホースメン会議:秋華賞300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

平安ステークス 2017 レース回顧・結果:グレイトパール、試金石の舞台で輝きを示す…ハイペース上等、押し上げ前を潰しての圧勝!
函館2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:カシアス、しぶとく最後まで伸び切って重賞初制覇!
目黒記念 2017 レース回顧・結果:フェイムゲーム、ルメールここでも主役…早仕掛けの流れで出し切って古豪復活!
阪神カップ 2017 レース回顧・結果:イスラボニータ、ラストランには惜しいラストの末脚…高速馬場のハイペースで真価を発揮しレコード!
noimage
noimage
ユニコーンステークス 2017 レース回顧・結果:サンライズノヴァ、中弛みで上手く取り付いて強烈な末脚、ラスト11秒台で完勝!
チャレンジカップ 2017 レース回顧・結果:サトノクロニクル、ロンスパで長く脚を使う展開で、上手く立ち回って勝利をもぎ取った!
noimage
セントライト記念 2017 レース回顧・結果:ミッキースワロー、坂の上りで自身推定10秒台、異常な高速馬場を味方に鋭く突き抜けた!
noimage
フェアリーステークス2018 レース回顧・結果:プリモシーン、外から強烈に突き抜けクラシックを意識できるパフォーマンスで勝利!
シンザン記念2018 レース回顧・結果:アーモンドアイ、異次元の末脚を道悪で発揮しまとめて差し切る圧巻の競馬!
マーメイドステークス 2017 レース回顧・結果:マキシマムドパリ、スローで積極策、早めに動いてねじ伏せた!
ダービー卿チャレンジT 2017 レース回顧・結果:ロジチャリス、スローを番手でと理想的に進めて抜け出し完勝!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP