投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京都大賞典 2017 出走予定馬:フェイムゲーム、出し切った時はGI級も…二の足遅くスパッとは切れずでスローの上がり勝負では難しい…

2017 10/9(祝)
第52回 京都大賞典(GII) 京都芝外2400m
予想用・出走予定馬一覧
京都大賞典2017の予想用・出走予定馬一覧

 前走の目黒記念では強烈な末脚を披露して久しぶりの勝利の美酒を味わった古豪フェイムゲームが今年の秋は京都大賞典に出走予定。ルメールに乗り替わって府中の長い直線を存分に活かして突き抜けた目黒記念は、まだまだ古豪健在を証明するに十分なパフォーマンス。京都は天皇賞春でも2着と実績を残しているが2400mの距離がどう出るか。


 目黒記念は嵌ったこと、やや低調なメンツだったことはあるが、それでもインパクトは大きかった。高速馬場でのトップスピード持続戦という点でも結構高いレベルにあるが、流石に超高速馬場の京都2400だと前半のポジショニングで苦労するし、トップスピードの質という点では見劣るのでその辺りをどう考えるかだろう。


目黒記念(GII) 1着 18頭6枠12番
東京芝2500m良 2:30.9 60.7-59.7 S^1
7.2 - 11.0 - 11.2 - 12.7 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 12.3 - 12.4 - 12.2 - 11.3 - 12.0 - 11.8

 前走目黒記念から振り返る。当時はダービー当日、青嵐賞で2:23.8が出ているように超高速に近い馬場だったのは間違いない。その中で1秒のややスローだがこれは単騎大逃げ馬が刻んだもの。実質的に見れば恐らく1000通過は番手で目視推定62秒前半。超スローとみていいだろうが、逃げ馬のラップ推移的には淀みなく進んで3~4角で一気に2列目が差を詰めていてのL3最速戦。恐らく2列目以降はコーナーで相当速いラップを踏んでいて仕掛けが早い展開だとみていいと思う。TS持続特化戦だ。


 12番枠から坂スタートでゲート自体はまずまずなのだが行き脚がつかずにどうしても後方からの競馬となってしまう。道中も淡々とした流れを単騎逃げ馬が作る中で少しずつリカバーしていたが中団の外で3角を迎える。3~4角でも中団の外目を回してロスを作りながら直線。序盤の最速地点でジリジリとした伸びらがL2の減速地点以降から本領発揮で徐々に詰めて3列目、L1でまとめてバテ差しての勝利だった。


 ヴォルシェーブはTS持続戦ではあまり強い馬ではないと思っていて、要所の反応、トップスピードの質で勝負するタイプ。それが3~4角でもこちらと同じぐらいロスがあったので、それを差したというのは一定の評価が必要もそこまで高く評価するのは危険かなという感じはある。3着がそんなにトップスピードを長く維持できないハッピーモーメントだったし、クリプトグラムなんかは1年ぶりだった。色々考えると難しいが、ヴォルシェーブとの比較で見ればTS持続特化なら58kgでも地力が違うので勝ち切っても当たり前という感じはある。この馬は春の天皇賞でゴールドシップに強襲した時もそうだが、高速馬場が合っていて、そのうえでしっかりとエンジンをかけきって減速地点でばてずにグンと来る。それがこの展開では単騎大逃げを捕まえに2列目以降が3角から勝負しに行った流れなら出し切れれば力が違う。もちろんロスがあったし流石だなとは思ったが、元々の評価がゴールドシップに対してポテンシャルで勝負できるレベル、という評価なのでこれで評価を上げるという感じではない。レベル的には楽だった中で、近走が不満で人気を落としたが出し切って順当に、という見方の方が良いと思う。


アルゼンチン共和国杯(GII) 5着 15頭5枠8番
東京芝2500m良 2:33.8(+0.4) 63.0-59.0 S^4
7.5 - 11.5 - 12.5 - 12.7 - 12.6 - 12.3 - 12.8 - 12.5 - 12.4 - 12.4 - 11.7 - 11.1 - 11.4

 逆にスローでトップスピード戦でも昨年のアル共見たいに緩い流れから一気にトップスピードにという競馬は合わない。このレースの場合12.4-11.7-11.1と段階的にで極端なギアチェンジを問われたわけではないが、質的にも足りなかったし完全に上位勢に器用さで見劣った形になる。


 8番枠から坂スタートで五分には出たがここも行き脚がつかずに後方からの競馬になってしまう。道中はドスローで団子状態の中後方馬群の中で動く意識を持てないまま3角となる。3~4角でも後方で包まれて直線。序盤で少しブレーキしてそこから内のスペースを拾っていくが反応は地味。L2でもキレ負けしつつもジリジリとは伸びるのだがL1までなだれ込むだけの5着完敗だった。


 緩い流れからスッと動いてスパッと切れろ、と言われても無理というのがこの馬の適性なのでこうなってしまうと府中では苦しい。2走前のダイヤモンドSも長距離の中でそういう競馬になってしまって動けなかったが、要所の反応を問われるような競馬ではどうしようもない。それと前半はどうしても行き脚がつかない馬なので、これがネックになっている。この距離だと安定しないのはこの辺が原因だろう。


ジャパンカップ(GI) 17頭6枠11番
東京芝2400m良 2:27.3(+1.5) 61.7-58.9 S^3
13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

 このジャパンカップは個人的にはもうちょっと頑張ってほしかったなと思う。ペースは2.8で超スロー、良馬場で時計が掛かる馬場にはなっていたがそれでもL3最速11.2で出し切りやすい展開だったはず。シュヴァルグラン辺りが頑張っているのでそれに先着とまではいわないまでもL1での伸びが欲しかった。まあ少しギャンブル的な競馬になったのはあるが。


 11番枠から出負けして後方から、内に進路を取って促しながらポジションを上げようとする。向こう正面でも促しながら馬場の悪い内のスペースを拾いながら徐々にポジションを押し上げて3角では好位の最内。3~4角でも馬場の悪い最内を突いて好位で直線。しかし序盤で追われた段階でもう脚がなく、ラストまで良いところのないままの惨敗だった。


 この時の状態面というもあるかもしれないが、中盤以降で内から押し上げながらで脚を使ってしまったのかなという感はある。アル共では展開が合わなかったので完敗もこの馬としては悪くない内容だったので、中盤リカバーしたとはいえドスローの流れの中で甘くなったというのは気になる負け方かな。雨に関してもド不良のダイヤモンドSでも2着とやれているわけで、多少渋った、多少悪い馬場だったからと言ってここまで沈む馬でもなければ展開でもなかったはず。まあ前走のアル共でパフォーマンスを戻してきたとは思うのであまり悲観はしないでおくが、物足りない競馬だったと思う。


2017京都大賞典に向けての展望

 勝つチャンス自体はあると思うんだが、そうなるにはかなり嵌らないといけない。最序盤の二の足が非常に遅いので後方からの競馬はまず間違いないところ。そして高速馬場自体は良いがここ2年は完全な3F勝負になってしまっていてL1も12秒台からは程遠い。アル共の勝ち方もそうだし、シップを追い詰めた天皇賞春もそうだが、基本は減速地点でばてずに食い込むのが売りなので上がり勝負では質的に足りないし位置取りも悪い中では苦しくなる。ここ2年のパターンならまず難しいだろう。一方で、あり得るとすればヒットザターゲットの年の様にスロー超早仕掛けで3~4角でペースが上がり切っている中で内を立ち回って直線では減速、という流れでのバテ差し。多分だがこれかズブズブの重馬場になるかしか勝つだけのチャンスはないと思う。前半がネックだしスパッとは切れないので前が主導権を握ってしまうと手も足も出ない、というのはアル共でもダイヤモンドSでも示しているからね。この馬の場合は地力は現役屈指だが、出し切れるかどうかが重要なので相手よりも展開やコースが全てだと思う。2400だと位置が難しいし、基本的にはよほどのことがない限り3~4角で上がり切ることはない、3~4角で勝負に行くと前がペースを引き上げてくるので4角出口でトップスピードに乗った状況でロスが大きくなるというかなり難しい条件…ルメールがどう乗ってくるかかな。


PR【別格】マル秘)毎日王冠(G2)

天皇賞秋(G1)のデータが拾える毎日王冠(G2)
この一戦は、今後のG1勝利へ向けて、大事な一戦です。
外枠不振、馬体重は500kg未満が入線率激高。
など言われていますが、どうでしょうか。

先日のスプリンターズステークス。
外枠優勢、ブリザードやビックアーサーが好走はしてくれました。
ブリザードは直前大口も入ったので、狙ってた方は多かったのではないでしょうか。

そして内枠でも2枠は狙い目と思ってました。
3番人気セイウンコウセイ。まさかの11着。
今までのデータがすべて崩れましたね。
中枠での勝ち組は、新潟開催のスプリンターズステークス以来でした。

8番レッドファルクス 1番人気

「やっぱり強い馬は強い。」そう感じたレースでした。

さて毎日王冠はどうなるでしょうか。
ソウルスターリングかマカヒキか。
僕はサトノアラジンを押します。前走安田記念で1着なんで。
迷いますね。

そこで、僕が信頼できる情報元を一つ。
なぜここか信頼できるかというと、重賞に特化した無料予想の質が高いからです。


無料予想家は5名います。その中でも重賞に特化した【重賞請負人】の予想。

さらに、現段階では、毎日王冠の3連単予想は「提供予定」になっています。
毎週無料予想を見ているのですが「提供されたときは、ほぼ当たってます」。

直近で大きな的中は、
--------------------------
09月03日 新潟11R 新潟記念(G3)
提供点数 42点/推奨1点1,000円
人気順着順:6人気-1人気-12人気
3連単払戻:132,650円(1,326.5倍)
獲得合計:1,326,500円
--------------------------

【毎日王冠(G2)】の予想が公開されるのを待ちましょう。
サイト内、メール、細かくチェックして公開された予想を見落とさないようにしてくださいね。
↓↓
コチラ

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

AJCC2018 出走予定馬:トミケンスラーヴァ、距離延長で覚醒…主導権を握ってしぶとく粘り込め
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:リエノテソーロ、NHKマイルC2着の実績評価も…前走が物足りず
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウキヨノカゼ、1800mは長いと思うが…別定戦で地力最上位は間違いなく
七夕賞 2017 出走予定馬:ヴォージュ、瞬時の反応鈍く、早めに仕掛けての押し切りを狙いたい
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:クイーンズリング、昨年は2列目からの鋭い抜け出しで圧倒…力通りなら一枚上だが状態面がカギ
セントライト記念 2017 出走予定馬:クリンチャー、ダービーは包まれてドスローではどうにも…とにかくレースを主体的に作れ!
レパードステークス 2017 出走予定馬:アディラートと武豊、なかなか勝ち切れないが…レースを支配して勝機を掴め
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:タガノアスワド、ここ2走極端なスローだが、前目から引き出す一瞬のキレは非凡
札幌記念 2017 出走予定馬:タマモベストプレイ、前走道悪でしぶとく2着…条件整えば条件整えば2000でも怖い一頭で
オールカマー 2017 出走予定馬:タンタアレグリア、ここ2走のパフォーマンスは高く力は最上位…ただ過程が怪しいので
小倉記念 2017 出走予定馬:ヴォージュ、七夕賞は58秒ペースで失速も…ある程度の流れには対応できるはずで、ここが正念場だ
毎日王冠 2017 出走予定馬:マカヒキ、今年は国内で鋭さを蘇えらせたい…ライバルに向けて完全復活でエールを送れるか
七夕賞 2017 出走予定馬:スズカデヴィアス、楽に前を取れるかは重要、ロンスパだと苦しいが仕掛けが遅れれば警戒
青葉賞 2017 出走予定馬・プレ予想:ベストアプローチ、なかなかかみ合わないが素質は確か…今回こそしっかりと末脚を出し切りたい
マイラーズカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:イスラボニータ、ペースの対応力、ギアチェンジ上手く器用だが使える脚は短い
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP