投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京都大賞典 2017 出走予定馬:トーセンバジル、末脚は魅力もどうしても後ろからになり…開幕週の京都だと展開が向かないと…

2017 10/9(祝)
第52回 京都大賞典(GII) 京都芝外2400m
予想用・出走予定馬一覧
京都大賞典2017の予想用・出走予定馬一覧

 今年は阪神大賞典でも3着と重賞戦線でも目途を立ててきたトーセンバジルが京都大賞典に出走予定だ。前走の新潟記念では後方からそれなりには伸びてきたもののやはり2000は少し短かったか、という内容の7着。今回は距離を延ばして2400m、秋のGIシーズンを考えればここでは賞金を加算したいところだが強敵撃破となるか。


 まだこのレベルでは簡単ではないかなとは思っているが、京都の外回りだし無欲で内で我慢しながらTS持続が噛み合えば圏内食い込みは十分ある範囲かな。最低限の位置は取ってほしいが。


オクトーバーS(16下) 1着 10頭7枠7番
東京芝2400m良 2:27.8 62.7-59.5 S^3
13.0 - 11.6 - 12.7 - 12.9 - 12.5 - 12.5 - 13.1 - 12.8 - 12.5 - 11.7 - 11.2 - 11.3

 まずは5走前のオクトーバーS勝ちから。ペースは3.2で超スロー、ラップ推移的にもL3から11秒台だが2F戦に近い競馬になってL1でも11.3とあまり落としていない。トップスピードの質を要求された一戦。


 7番枠からやや出負けして後方からの競馬となる。向こう正面でも後方2番手で進めてアルターを前に置きながら3角。3~4角でも後方外でアルターの後ろ、仕掛けを待ちながら出口で促して直線で大外。序盤でそこからの反応は地味でまだ後方集団、L2の地点でようやく明確に伸びてきて1馬身ちょっと、L1できっちりと前を捕えて突き抜けての完勝だった。


 2着がここにも出てくる目黒記念3着馬ハッピーモーメントで、アルターやラブラドライトといったオープンまで上がった馬たちもいたわけだがその中でL2-1の伸びは一枚上だった。外から勢いをつけてはいるが序盤の加速地点でグンと伸びたわけではなくギアチェンジは並だが、トップスピードに乗ってからの質、持続力は高いレベルにあるなという感じ。ただ一方でやはり最序盤のゲートが甘く、あの位置になってしまうのは高いレベルでは当然ネックになる。


新潟記念(GIII) 7着 17頭7枠13番
新潟芝外2000m良 1:58.1(+0.2) 59.0-58.9 M
12.9 - 10.9 - 11.4 - 11.7 - 12.1 - 12.3 - 12.0 - 11.4 - 11.2 - 12.0

 前走の新潟記念はペースが平均まで上がったし基礎スピードを要求されたことでどうかという競馬だったが、結果的には思ったよりやれたなという感じ。ラップ推移的にもL2最速11.2でそんなに速くないし、それでもしっかりと最後は伸びてきたのは一定の評価が必要。ただやっぱり前半がネックであの位置だと難しい。


 13番枠からやはりやや出負けして無理はせずに後方からの競馬。道中も淡々としている流れの中で割と凝縮した馬群という流れで後方外外を回す羽目に。3~4角でも後方外外で仕掛けを待ちながら直線で大外。序盤で一頭だけ外ラチに近い大外に持ち出し、そのままL2でジリジリと伸びて好位列までさを詰める。L1までしぶとくなだれ込んではきたが7着までだった。


 3~4角で少し息が入っているのはいるが、前半2000m戦の厳しい流れの中で最後まで脚を使ってきたのは結構意外ではあった。まあバランス的には3-3Fではあるにせよ37.2-33.7と顕著なスローバランスではあるので、5Fで見れば長く脚を使ってきている形かなと。平均ペースでやれたというよりは前半を無理せず後半の5Fを速く走れるという辺りも長距離型かなという感じはある。前半ただでさえ苦しいのに2000でこの面子ではあの位置は仕方ないし、この馬の脚は使っていると思うのでそう悲観するほどではないかな。


●阪神大賞典(GII) 3着 10頭4枠4番
阪神芝内3000m良 3:02.8(+0.6) 61.5-60.4(FA12.08)-60.7 S^1
12.8 - 11.8 - 11.6 - 12.7 - 12.6 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 11.7 - 11.8 - 12.3

 阪神大賞典も適性的には微妙だが振り返っておこう。かなりの高速馬場状態でペースは綺麗な平均ペース。ラップ推移的にも中間13秒台を踏むことなく、淡々と進めながらのL3最速でポテンシャル戦となった。


 4番枠から出負けしてここも後方からの競馬。スタンド前でも後方2番手で進めてシュヴァルグランを見ながら1~2角へ。向こう正面でシュヴァルグランが外に出してサトノが動いていくという中でこの2頭の後ろから仕掛けを待って3角。3角ではサトノの直後を突く形、4角出口で外に出して直線。序盤で大外に持っていくがここで一気にサトノに離される。L1でもジリジリと伸びて3番手には上がってくるが、最後は詰めきれず完敗の3着だった。


 この距離で3~4角でも正攻法で外からサトノの直後、それでもジリジリとなだれ込んだしこれはこれで評価できるかなと。ただシュヴァルグランとの比較でみて完敗だし、何よりポテンシャル的にそこまで優位に立てない上にシュヴァルの方がポジショニングが上手い。この辺を踏まえてもやっぱり全体的な面でちょっと足りないというのは感じるかな。


2017京都大賞典に向けての展望

 少なくともトップスピードの質、持続力、ポテンシャルはそこそこ持っているので3~4角でペースが上がる中で上手く我慢して内内を立ち回れれば圏内は十分チャンスがあると思う。ただし、そこまで嵌る必要があるし、そのうえで同タイプとしては恐らくフェイムゲームの方が全体的に上。最序盤のポジションでフェイムに対して優位性を獲れないタイプだし、枠の助け、展開の助けを除けばフェイムゲーム以上の評価はしにくい。加えて言えば前目からポジションを獲れる馬が京都外2400では逆転してくる可能性も高くなるわけで、オクトーバーSから考えれば総合力を持つハッピーモーメントも厄介かもしれない。そう考えるとなかなか狙いづらいだろうと思う。ペースが上がっても大丈夫なので、平均から仕掛けが早い、とかそういった厳しい流れでどこまでやれるかは見てみたいんだが、馬券的に見るとどうしても最序盤がネックになってしまう。展開的に嵌りそうでなければ基本的には消しの方向かな。


PR【外厩からの刺客】障害戦で結果をだした!

先週は、
30日中山1Rで単勝440円的中などの無料予想も提供してますが、


それよりも、配当が荒れる障害レースで4,000,000円超えの配当を的中させています!

今週は、7.8.9日、確実1鞍ずつ障害戦がありますね!
配当が欲しい方、負け続きの方、一発大逆転を狙ってみてはいかがですか?

外厩仕込みの競馬予想「遠藤さんの予想」は、
コチラ(無料)


僕の9月の一番大きい的中はというと、これに比べたら額が小さいですが206,850円の的中です。
-------------------------------
9月24日(日) 阪神7R
三連単フォーメーション18点:41,370円的中
払戻合計:206,850円(1点500円)
回収率:2,298%
-------------------------------

400万ほしい!!

このサイトには遠藤さんがいるので、他にはマネできない強みがあります!

それは、外厩から携わり、直接競走馬に騎乗できる遠藤さんであれば、
【実際に乗りこなした能力差の判断が可能】
【騎手間の情報交換が可能】

過去データなどではなく、外厩からの情報は【最新でレースに直結する有力な情報】です。

今週の競馬予想のプラスになるはずです。
⇒コチラ(無料)

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:ラインミーティア、夏のスプリント王者が秋の大一番でも末脚発揮となるか
阪神カップ 2017 出走予定馬:シャイニングレイ、短距離適性を示し、CBC賞のバテ差しは立派…休み明け、ゲート、折り合いと不安も多いが…
AJCC2018 出走予定馬:ミッキースワロー、究極レベルのキレは魅力も…展開的に微妙か?
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:タガノカトレア、前走端午Sは惨敗も敗因はハッキリ…穴候補で不気味な一頭だ
中日新聞杯 2017 出走予定馬:ヴォージュ、高速馬場で前半スローなら後半は長くいい脚を使え…条件は揃った感あり
鳴尾記念 2017 出走予定馬:ラストインパクト、古豪復活の舞台となるか?ロングスパートになりやすいこの条件は良さそうで
札幌記念 2017 出走予定馬:ディサイファ、一昨年の覇者で洋芝巧者は確かも…ここ数走をどう判断するか?
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウキヨノカゼ、1800mは長いと思うが…別定戦で地力最上位は間違いなく
中山金杯2018 出走予定馬:セダブリランテス、1周コースの2000は適性的に噛み合いそう…適性を活かして粘り込みとなるか
CBC賞 2017 出走予定馬:エイシンスパルタン、鉄砲は得意で1200m戦でも底知れず…混戦を断てるか?
シリウスステークス 2017 出走予定馬:マスクゾロ、連覇を狙う立場…ロンスパでどうかと57.5kgのハンデは気になるところ
阪神カップ 2017 出走予定馬:モズアスコット、4連勝の勢い…厳しい流れでもスッと反応できる魅力でここも面白い
中山牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウキヨノカゼ、中山1800で持ち味の鋭さをロンスパで分散させられると微妙
ローズステークス 2017 出走予定馬:リスグラシューと武豊、ラスト1冠に向けて、前哨戦で成長を見せられるか?
エプソムカップ 2017 出走予定馬:マイネルミラノ、バランスを取るのが難しい馬だが、支配できれば能力は確かで丹内次第
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP