投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

今年一番の大混戦!東京盃2017 の予想/展望

昨日の白山大賞典、◎コパノチャーリーはスタートで終わってしまいました…。かなり期待していただけに残念ですが、これも競馬ということで改めて仕切り直し、本日の東京盃、明日のレディスプレリュードと続くレースを頑張りますm(__)m

いろいろ書く前にエネイブルおよび凱旋門賞について少しだけ。

エネイブルの勝利は血統的にもとても興味深い。

エネイブルは父ナサニエル、母の父がサドラーズウェルズ。

ナサニエルの父はガリレオ、その父がサドラーズウェルズ。

つまり…サドラーズウェルズの3×2

ココまできつい近走交配は近年の競馬ではなかなか見られなかった。最近の日本競馬で活躍した馬となるとアドマイヤドバイがそこそこ有名か。

アドマイヤムーン×母父サンデー。アドマイヤムーンは母父がサンデーサイレンスなので、サンデーサイレンスの3×2。

ちなみにアドマイヤドバイは最終的にはレース中の故障で予後不良に。

近親交配を介して最終形として生まれたという意味ではエルコンドルパサーもそうだが、直接的な意味での濃い血となると、日本国内ではシンコウキング(1997年高松宮杯勝利)だろうか。

父がフェアリーキング、その父ノーザンダンサー。母系の3代母がノーザンダンサー。ノーザンダンサーの2×3

近例だとどうか。例えば、オルフェーヴル(その父ステイゴールド、その父サンデーサイレンス)×ディープインパクト牝馬だとかなり近親のように思えるが、これでも3×3。最近だと、キョウヘイ、リーチザクラウン×母父ダンスインザダークで同様に3×3。

2×3となると、例えば超わかりやすくすると、

ハーツクライ×ディープインパクト牝馬

これで2×3が完成。恐ろしい気もするけど、その恐るべき配合で偉業を成し遂げたのがエネイブルだった。 続きを読む
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

【さきたま杯 2017】予想@浦和競馬+2017-2018 POG オススメ馬/ダイワメジャー産駒編
noimage
noimage
noimage
帝王賞回収率1000%超から、今日のスパーキングレディーカップも渾身の予想!
【交流重賞】船橋競馬/日本テレビ盃 2017 予想展望
noimage
noimage
noimage
東京大賞典2017予想展望~前走優雅に”乗馬”でただ1周してきただけの福永=ケイティ、結局は展開待ち丁半博打のサウンド、横綱不在のダート路線~
【交流重賞の旅】クイーン賞 2017 予想&展望~水曜日に馬券が当たれば週末がもっと楽しくなる~
noimage
noimage
noimage
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP