投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

毎日王冠 2017 出走予定馬:リアルスティール、勢いに乗ったミルコとの再コンビ、いい位置を楽に取って鋭さを引き出したい

2017 10/8(日)
第68回 毎日王冠(GII) 東京芝1800m
予想用・出走予定馬一覧
毎日王冠2017の予想用・出走予定馬一覧

 昨年はドバイの地、ドバイターフで鮮やかにGI奪取に成功したリアルスティールが毎日王冠に出走予定だ。昨年の秋の天皇賞ではモーリス相手に完敗も直線で鋭く伸びて2着を確保、中距離でトップレベルのパフォーマンスを見せてきた。今年は中山記念で8着と結果を残せなかったが鞍上にミルコ・デムーロを再度擁して万全の状態でここに臨む。国内GIタイトルを目指し、弾みをつける一戦としたい。


 昨年の天皇賞秋を見ても思うが、やっぱり本質的には前半は無理なく入った方が良いんだろうと。中山記念の場合は向こう正面で急激に速くなったし、コーナリングの上手さをかなり問われたと思うのでその辺りに弱点があったのかもしれない。府中に替わるのはプラスだと思うので、後はしっかりと末脚を出し切ってくれれば。


天皇賞秋(GI) 2着 15頭7枠12番
東京芝2000m良 1:59.5(+0.2) 60.8-58.5 S^2
13.3 - 12.0 - 11.6 - 11.9 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.5 - 11.0 - 11.7

 まずは昨年の天皇賞秋から振り返る。このレースは前後半のバランスで見れば2.3でかなりのスローなんだが、実は中盤以降はそこそこ流れていて12秒前後では入っていた。そこからのL2最速トップスピード戦という流れになる。


 12番枠からまずまずのスタートを切ってそこから無理なく中団の外目を確保と、外枠を考えれば最序盤のポジション取りはまずまず。道中少し掛かり気味になるがかなりのスローなのである程度仕方ない、モーリスを見る位置でしっかりと進めて3角。3~4角でもペースが大きく上がってこない中で中団の外から進めるがここでちょっと置かれて直線。序盤で先にモーリスに出し抜かれるが直線に入ってからの伸びはよく、L2の地点で中目からするすると伸びてきて2番手に上がる。L1ではそこから詰めるところまでは行かなかったが、ステファノスは楽に退けた。


 もともとキタサンブラックとは結構いい勝負をしていた馬で、ステファノス比較で見れば意外と妥当な結果ともいえなくはないと。モーリスがかなり楽に進めてしまったので難しかったがそれでも直線の段階では2列ぐらい後ろにいた状況で4角出口で少し置かれていた中で、そこから直線でギアチェンジが要求されてもスッと反応してL2の最速地点で切れた、というイメージ。坂の上りでしっかりと動けていたし、思った以上に強かった。レース全体の仕掛けのタイミングが遅かったのもあるし、その中で加速していく過程が良かった。逆に言えばL1はちょっと甘くなっているので一番高いギアに入れてからはそれを持続しにくいという感じはある。


ジャパンカップ(GI) 5着 17頭8枠16番
東京芝2400m良 2:26.4(+0.6) 61.7-58.9 S^2
13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

 ジャパンカップはペース自体は同じように遅いのだが、逆に仕掛けが速くなった中で勝負に行く形になったのがラスト伸びあぐねた要因かなと。2.8で超スローなのだがL4の4角地点から徐々に加速してのL3最速11.2。4角出口が絡んできているし、良馬場でも少し雨の影響があって時計が掛かり気味でもあった。L1が12.1と前のキタサンが刻んだとはいえ12.1と落としているし、TS持続力が問われた一戦と言える。


 16番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと先行させていく。ドスローの中で少し離れた好位の外で4番手という位置取りで悪くない入り方。3~4角では2列目まで押し上げて外から進めていくが徐々にキタサンブラックがペースを引き上げて直線。序盤で一瞬良い脚を使うのだがL2の段階では外に寄れながら伸びを欠く。ラストも食らいついていたがシュヴァルグランにも交わされて5着まで下がった。


 左手前に換えるタイミングが早かったと思うし、多分早い段階で甘くなったんだと思う。前につけたからというよりは、レース全体の仕掛けが早くなったことで本来の持ち味である切れ味を引き出すタイミングが早かったかなと。L3最速戦でしかも少し渋った馬場だったこともあって良さが出なかった感覚。距離というよりは菊花賞でもそうだが本仕掛けができるだけ遅い方が良い。菊花賞はL1で再加速しているようにキタサンとリアルの場合はL1まで脚を残していた格好。そのうえでギアチェンジの差でキタサンに見劣ったがL1では来ていた。この辺りがこの馬の難しいところで、ポテンシャルは高く有酸素運動下では長く脚を使えるけど、無酸素運動下にあるトップスピードに乗った状況に入ってしまうとそう長くは使えない。そんなイメージなので距離どうこうよりも本仕掛けをいかに遅らせられるかだと思っている。


中山記念(GII) 8着 11頭4枠4番
中山芝内1800m良 1:48.3(+0.7) 50.3-46.2 S^4
12.6 - 12.2 - 12.6 - 12.9 - 11.1 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.7

 前走の中山記念ではもうちょっと頑張ってほしい面もあったが、コーナーで速いラップを踏んでいる可能性が高い。このレースラップだと向こう正面でペースが上がってL4-3で11.6-11.6とコーナー地点で息が入っているんだが、それでもこれを外から押し上げるとなるとしんどいラップ推移。ここで脚を使わされてしまったのが痛かったかな。


 4番枠から坂スタートでもまずまずのスタート、そこから控えて好位馬群の中目で悪くない位置を確保する。道中もドスローの中で我慢の展開、最終的には中団に一を下げて3角に入る。3~4角でのペースアップで手が動いて追走、4角で外に誘導しながらだがここで鞭が入って反応に乏しい状態で直線。序盤でそこからの伸びはなく、L1まで良いところないまま完敗の8着だった。


 中山の高速馬場でドスローから5Fで速いラップを連続する形になってしまったのが響いたと思う。5Fの上がりで見ればレースラップで57.3だからタイトに立ち回らないと話にならなかったし、この馬みたいに本当にいい脚は一瞬タイプの馬だと向こう正面からコーナー地点でこれだけ速いラップを連続されてしまうと成す術がなかったかな、とみている。皐月賞で2着したときも全体のペースは平均だったが仕掛けが遅く12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.4 - 11.6とL2最速だったことがこの馬にとっては功を奏したとも言えるし、今の自分の評価としてはそういう感じでスローからのTS持続が一番ダメなんだろうと。


2017毎日王冠に向けての展望

 そこまでペースが上がりにくいワンターンの東京1800mならやれるかなとは思っているが、少なくとも自分の評価としては距離はもうちょっとあった方が良いタイプだと思っている。天皇賞秋の方が噛み合いやすいと。なのでここでどう評価するかは難しい面もある。昨年の安田記念では結構楽なペースだったと思うが前に行って動けなかったしもともとマイルは忙しい感じはしていた。1800でもペースが上がってきてどうかだが、個人的には1800で自身が無理をしなければ距離自体は何とかなると思う。ただし、毎日王冠の場合は傾向的に見てもL3最速率が高い。こうなってくるとトップスピードに乗るタイミングが早くなるわけで、これまでそこからの減速地点では甘かったということを考えれば前哨戦で強く狙えるタイプではないかもしれない。この条件だとTS持続力を高いレベルで持っている馬、前目から速めに仕掛けてTS持続で勝負できる馬を上位に取りたい。強く狙うとしたら内枠を引いたときとしたい。



―――――――――――――――――――――――

【先週】スプリンターズSも情報通り7650円的中!

この秋は現在4週連続で【重賞的中】継続中


今週は自信の一鞍を特別無料公開!!

≪しかも今なら!3点で教えます≫
―――――――――――――――――――――――

【毎日王冠】ソウルスターリングは勝てるのか?

結論は3点馬券で無料公開!

―――――――――――――――――――――――

◆この秋も情報通り◆
必然の的中ラッシュ!

阪神2日目9R新涼特別
◎ディーズプラネット
2万9820円的中

阪神8日目9Rヤマボウシ賞
◎テイエムオスカー
2万3210円的中

中山3日目3R
◎セイウンクールガイ
2万1290円的中

中山7日目2R
◎イルルーメ
2万0140円的中

中山2日目12R
◎チュラカーギー
1万9780円的中

中山7日目12R
◎スズカグラーテ
1万9030円的中

中山8日目9RカンナS
◎オジョーノキセキ
1万7650円的中

中山6日目6R
◎バレッティ
1万4270円的中

中山2日目9R木更津特別
◎ダイワドレッサー
1万4230円的中

中山1日目6R
◎ラストプライドワン
1万2010円的中

中山1日目11R紫苑S
◎ディアドラ
1万1870円的中

中山3日目6R
◎ミコジェンヌ
1万1440円的中

その他的中多数!

毎日王冠の3点馬券はコチラ
pngワールド:毎日王冠300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

京阪杯 2017 出走予定馬:セイウンコウセイ、高松宮記念馬も…ここ2走の内容が酷く復調は遠い気も
阪神カップ 2017 出走予定馬:アポロノシンザン、逃げてハイペースでもOK…一息入れての加速性能が高く不気味な逃げ馬
ホープフルステークス 2017 出走予定馬:ルーカス、追い切りでの放馬でも回避せず…状態面の不安もあるが力で捻じ伏せられるか?
キーンランドカップ 2017 出走予定馬:モンドキャンノ、京王杯2歳Sのように前半無理せずゆったり入ってこそ良さが出そう
日経新春杯2018 出走予定馬:ソールインパクト、トップスピード戦では甘く…54kgを活かし前目からしぶとさで勝負したい
レパードステークス 2017 出走予定馬:ノーブルサターン、常に過小評価だがギアの上げ下げが上手く新潟1800は面白そうな条件
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ファストアプローチ、血統はタフな洋芝向き…距離延長で怖さもあり警戒したい
中山金杯 2018 予想用ラップデータ:前半スローになりやすく、L2最速率高し…序盤のポジション取りは重要か
シンザン記念2018 出走予定馬:ファストアプローチ、キレ負けはするが器用でポジション取り、要所で動ける武器はある…
札幌記念 2017 出走予定馬:マイネルミラノ、馬場が悪いと不安も…良馬場なら条件は揃っているはず
紫苑ステークス 2017 出走予定馬:ルヴォワール、2戦2勝無敗の不気味な才女…春の遅れを取り戻せるか?
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:カデナ、春のクラシックは不満…ダービーもラストがいまいち、阪神外回りの2400で逆襲できるか?
関屋記念 2017 出走予定馬:ブラックムーン、トップスピードの持続力は非凡…も、やはりゲートが拙く後方一手なのが
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:ナイトバナレット、出遅れ癖は痛いが、今の馬場でどこかで緩めばチャンスは浮上
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:クリノクーニング、前走は3着以下をぶっちぎる圧倒的なパフォーマンス…ペースカギも素材は非凡
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP