投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

毎日王冠 2017 出走予定馬:マカヒキ、今年は国内で鋭さを蘇えらせたい…ライバルに向けて完全復活でエールを送れるか

2017 10/8(日)
第68回 毎日王冠(GII) 東京芝1800m
予想用・出走予定馬一覧
毎日王冠2017の予想用・出走予定馬一覧

 昨年の日本ダービー馬ながらも今年はまだ勝ち切れずにいるマカヒキが毎日王冠に出走予定。同期のライバルにして現役最強候補の一頭だったサトノダイヤモンドが凱旋門賞で欧州馬たちに返り討ちに遭い、世代レベルが問われている現状。昨年マカヒキも凱旋門賞の舞台で苦杯を舐めたが、鞍上に内田博幸を迎え、立て直して同期のライバルに向けて力強いエールとなる復活の走りを見せたい。


 前走の大阪杯も悪くはないし、京都記念に関しては馬場も展開も噛み合ってなかった。結果的にサトノクラウンが宝塚記念を制しているわけで、そんなに悲観するほど悪くはない。3歳の内は坂の上りでのトップスピードの質はトップレベルにあったと思うし、今の段階でも通用していいはず。ただこの馬もどちらかと言えば天皇賞秋向きかなとは思わなくはない。全体で流れてとなると1800では基礎スピード的に少し不安があるかな。ただ、もともと血統的にはウリウリの下なので距離短縮が合う可能性もあるんだが。


日本ダービー(GI) 1着 18頭2枠3番
東京芝2400m良 2:24.0 60.0-58.0 S^2
12.6 - 11.1 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 12.9 - 13.1 - 11.8 - 12.0 - 11.6 - 11.0 - 11.6

 この日本ダービーは非常に強かったと思っているが、その中でも瞬間的な切れ味でサトノダイヤモンドに対して優位に立っていたとみたい。ペース自体はかなりのスロー、そこからL5で11秒台に入っての2段階加速戦、L2の坂の上りで11.0と強烈なラップを踏んでいてここでもう一段の鋭い脚を使えたかどうかが問われている。


 3番枠からまずまずのスタートを切ってそこから内のスペースを確保しながら中団を労せず、エアスピネルの後ろを取っていく。序盤で縦長の展開、その流れの中でサトノダイヤモンドとほぼ同じ位置で内を立ち回って3角までスムーズに進めていく。3~4角でも中団馬群の中目を通しながら前のエアスピネルを目標にする感じで直線。序盤で外に出したいのだがサトノダイヤモンドに蓋をされる感じでなかなか持ち出せず。しかしL2の坂の上りでエアとサトノの間をすっと割って一気に切れる。そのままL1でサトノに食らいつかれるがしっかりと競り落とした。


 L2の坂の上りの地点でレースラップが11.0なのでほぼ間違いなくL2で10秒台の脚を使ってきているといえる。L2の段階ではまだ2馬身は差があったし、ここで進路確保で後手を踏んでいたのに一気に切れて先頭に並びかけてきたし、抜け出してからサトノダイヤモンドのL1の差し返しという抵抗には苦しんだがそれでも瞬間的な切れ味の凄さを見せたと言っていいと思う。また、それも単に完全な3F勝負というわけではなく、一応段階的に加速しながらでレースラップで見て5Fが58.0と速いラップを刻む中でもう一段鋭い脚を使ってきたというのは凄い。この時のマカヒキが強かったのは確かだと思っている。


京都記念(GII) 3着 10頭3枠3番
京都芝外2200m稍 2:14.3(+0.2) 60.2-61.3 H^1
13.0 - 11.5 - 11.9 - 11.8 - 12.0 - 12.6 - 12.9 - 12.4 - 12.3 - 11.9 - 11.8

 昨年の凱旋門賞惨敗ショックから今年初戦の京都記念も3着と結果が出なかった。ただ、ダービー馬としての期待を背負っていたというのも大きい。一応ややハイなのだがこれは単騎逃げのヤマカツライデンらのもので、離れた3番手で見れば実質的にはかなりのスローぐらい。結果的に見てスローロンスパでは宝塚記念で強かったようにサトノクラウンはかなりの強敵だったわけなので、それを考えれば決して悪くない3着だったと思う。


 3番枠からやや伸びあがるような感じになって五分には出たが少し遅れる感じにはなった。それでも最終的には5番手で中団には入っていく。向こう正面では単騎逃げの2頭が引き離した中でスマートレイアーの外から進めながら3角。3~4角でもスマートレイアーの外からサトノクラウンを目標に仕掛けながら直線に入ってくる。序盤の地点では外からスッと伸びてきて一旦はサトノクラウンに並びかけている。しかしL1で甘くなって最後は内で我慢していたスマートレイアーにも先着を許す3着だった。


 内容的に見てもタフな馬場でのポテンシャル戦に近い競馬。L2の地点で差を詰めているし恐らく11秒半ばの脚は要求されているとは思うんだが、それでもトップスピード戦ではないのでマカヒキのこれまでのパフォーマンスを考えれば未知数の領域だった。サトノクラウンとの比較で見ればこの展開で前受けされて0.2差ならそんなに悪くないはず。というよりも、マカヒキに対しての適性的にみた過剰人気と、サトノクラウンに対する適性的な歌唱人気がお互い大きいから負けて残念みたいになっていると思うんだけど、この一戦に限って言えばサトノクラウンは宝塚で証明しているようにまさしくGI級のパフォーマンス。サトノクラウンに関してはポテンシャルだけなら現役最強かもとも思っている自分としては、それを相手に外から勝負に行ってこれなら悪くないと思う。


大阪杯(GI) 4着 14頭8枠14番
阪神芝内2000m良 1:59.3(+0.4) 59.6-59.3 M
12.3 - 11.1 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

 前走の大阪杯に関しては明らかに後ろ過ぎたと思う。ペース自体は確かに平均だがこれも単騎気味に逃げていたマルターズアポジーのもの。キタサンブラックの位置では明確にスローだったと思うし、L3でキタサンが動いたことを考えても実質的に見ればL3最速でのTS持続戦だった可能性が高い。


 14番枠からやや出負け、外枠から促していくがやはり前は難しい、結果的にかなり後方からの競馬となってしまう。向こう正面でも逃げるマルターズが単騎で実質はかなりのスローという流れの中で後方のまま3角。3角でヤマカツエースを目標にその外から動いていくという競馬を選択、L3の4角地点で各馬が押し上げるという中でその外から置かれ気味に直線。序盤でそこからの伸びはいまいち、L1の坂の上りでもなだれ込むだけの4着だった。


 普通に後ろ過ぎた。あのスタートでは仕方ないところもあるんだが、結局スローで後半恐らく4~5馬身で速いラップを要求される形になったのもあるので瞬間的な鋭さが最大の武器であるマカヒキにとってはちょっと難しい競馬だったかなと思う。ただ、このレースだけではないけど、個人的にはマカヒキはあまりコーナーで速い脚を使うのが得意ではないんじゃないかなと感じている。皐月賞でもレースラップ的には3~4角で減速して緩い流れになっているんだが、外から動く形でもディーマジェスティに置かれていた。ダービーでも鋭く反応したのは直線で余力があったからこそともいえるし、皐月賞も直線最後の坂の上りで来ていた。


2017毎日王冠に向けての展望

 凱旋門賞は超ハイペースで時計勝負になっていたわけで、そこで前半から終始外外という流れでは辛かったと思う。京都記念はポテンシャル戦だし、前走の大阪杯は後ろ過ぎたことと外から早めに3~4角を通して分散しながら押し上げていく必要があったがコーナリングがあまりうまくないのかなと感じた一戦。弥生賞も直線勝負、L1の坂の上りで一気に来ているし、皐月賞でもペースは早かったが後方で我慢して超高速馬場でL1の坂で来ている。この馬は基本的には直線で、それも上り坂地点で余力があるときが合っていると思う。ダービーが噛み合ったのは3~4角で1段階目の加速と言っても11秒後半~12秒。L2の11.0の地点でグンと来ているように坂の地点での鋭さが武器だと思う。だからL1よりもL2の地点で坂があってここで活きてくる府中の方が合っているというのは個人的な印象。ただ秋の天皇賞の方が面白そうというのはここでもあり、毎日王冠はL3最速の仕掛けになりやすい。この馬自身TS持続を比較する相手がサトノダイヤモンドとかになるので判断が難しいが、最上位相手には切れ味で優位に立っていたと思う。その点がどうかだろう。ここ2走の敗因をそこまで悲観することはないが、ある程度いいポジションが欲しいしこの距離だと後方からになる可能性もある。仕掛けも早くなりがちなので府中でもベストではないかなと。馬券的に強く狙うところまではまだ何とも言えないが、連下では押さえておきたい一頭かな。



PR【今週は3日間連続重賞】入線2頭はわかる。あとは1頭。全レース3連単とりにいきます。

今週は祝日があり、土・日・祝と3日間も競馬を楽しめます。
そして、
7日(土)サウジアラビアロイヤルC(G3)東京1,600m
8日(日)毎日王冠(G2)東京1,800m
9日(祝)京都大賞典(G2)京都2,400m が開催!
この3レースの3連単をとりたい。それが今週の目標。

場所・距離・年齢など別々の条件ですが、ある共通点を見つけてしまいました。
それは、僕が信頼している情報元の一つから。

なぜここが信頼できるかと言うと、
2014年からの過去全レースの「予想」がサイトに残っていることを利用して、
2014年から2016年まで集計すれば、
「どんな傾向で当たって」「どんな傾向で外れているのか」わかります。

指数なんですが、どのくらい当たるのか例をだすと、
【先月無料予想で的中した一部】
24日(日)中山3R 馬単4頭BOX(12点 91.5倍的中 回収率762.5%)

23日(日)中山3R 3連複軸1頭流し(6点 54.8倍的中 回収率913.3%)


当たりすぎてこわいくらいです
⇒ コチラ

さて、今週の3つの重賞のある共通点ですが、それは、この指数が示す、
上位4位までの馬が必ず2頭入線している

さらに、京都大賞典にいたっては、過去3年間、
指数1位ですべて単勝的中

さらに、極論を言えば、3つの重賞すべてで、この指数上位4位までの馬を、
ワイドで買えば100%当たる

とにかく、今週勝つために、この指数を見てみてほしい。
この指数は、コラボ@指数という名前で、
運営者はデータオタクの北条直人。運営して4年目に到達。
的中率3連単37%単勝83%複勝93%

【おそらく、日本で一番的中率の高い指数サイト】

【指数公開日時】レース前日夕方
1、「今週のコラボ@指数」をクリック→指数チェック
2、「北条のブログ」をクリック→予想ブログチェック

【重賞以外のレースも見たい。どんどん稼ぎたい方へ】
1、「今週のコラボ@指数」をクリック→土日1~6レースまで無料公開
2、「コラボ放題プラン」をクリック→土日7~12レース指数公開
3、「予想方法の参考例」→「今週の買い目」→土日の少点数買い目公開
※9月実績一部:23日(土)阪神10R 指数上位4頭で3連単72,370円馬券的中。


自分の見たい予想やデータをチェックしてみてください。
⇒ コチラ

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

サウジアラビアRC 2017 出走予定馬:テンクウ、前走は内が空く楽な展開も一定の反応を見せ…
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:イーデンホール、昨年秋以降の充実は評価も、強敵相手に末脚勝負で立ち向かえるかが焦点
ニュージーランドトロフィー 2017 出走予定馬・プレ予想:タイセイスターリー、出脚良くなり…基礎スピードを活かす競馬で勝負したい
小倉記念 2017 出走予定馬:ベルーフ、2年連続連対と相性良い舞台…厳しい流れの方が良いタイプ
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:ライジングリーズン、強敵を破ったポテンシャルは魅力…小器用な脚を要求されてどうか
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:スワーヴリチャード、菊花賞回避で状態面がカギ…勝負所でスッと動けるのは魅力
中日新聞杯 2017 出走予定馬:ロードヴァンドール、直線では手応え以上にしぶといが…コーナーで動けない面があり
中日新聞杯 2017 出走予定馬:マウントロブソン、素材は確かも不器用な面アリ…コーナーでついていくのに苦労するのがどう出るか
京都2歳ステークス 2017 出走予定馬:マイハートビート、ポテンシャルは底を見せず…キレ負けしない流れが理想
アイビスサマーダッシュ 2017 出走予定馬:フィドゥーシア、新潟1000の適性を前走で示し…出負けが無ければ楽しみな一戦
セントライト記念 2017 出走予定馬:アルアイン、皐月賞馬の実力を新コンビのルメールが引き出しダービーの雪辱なるか?
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:ベイビーキャズ、1000mからの延長が噛み合いそうな感はあり…前走時計は平凡も注意
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:タガノアスワド、ここ2走極端なスローだが、前目から引き出す一瞬のキレは非凡
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:カシアス、叩いた未勝利戦でパフォーマンスを上げ持ち時計はNo.1…変にペースが落ちなければ
函館2歳ステークス 2017 出走予定馬:パッセ、初の函館で洋芝はカギも前走の時計は優秀だ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP