投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京都大賞典 2017 出走予定馬:シュヴァルグラン、デムーロに替わってどんな競馬をしてくるか?…京都の2400mで前半のペースと位置がカギとなりそう

2017 10/9(祝)
第52回 京都大賞典(GII) 京都芝外2400m
予想用・出走予定馬一覧
京都大賞典2017の予想用・出走予定馬一覧

 力をつけてきて今年は天皇賞春でもサトノダイヤモンドに先着の2着、シュヴァルグランが京都大賞典に出走予定だ。前走の宝塚記念ではギャンブル的と言える逃げの手に打って出たものの結果は8着。鞍上にミルコ・デムーロを擁して陣営の意気込みを感じる一戦だ。ポテンシャルを全開にして勝利をモノにし、晩秋の大一番に繋げたい。


 前走の宝塚記念の逃げての負け方で色々と思うところはあったかもしれないし、単純に南部杯との兼ね合いで福永が盛岡にとなったのか。ミルコできっちりと勝ち切りたい、というところだろうが京都の高速馬場でとなると幾らか難しい面もあるかもしれない。特に天皇賞春の場合は福永がかなり上手く乗ったと思うので、トリッキーな舞台で正攻法でどうかが焦点となる。


天皇賞春(GI) 2着 17頭3枠6番
京都芝外3200m良 3:12.7(+0.2) 58.3-74.0(FA12.33)-60.2 H^2
12.9 - 11.5 - 11.2 - 11.3 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 13.0 - 12.5 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 12.2 - 11.6 - 11.7 - 12.2

 まずは上半期でサトノダイヤモンドに先着した天皇賞春から振り返る。この時はかなりの高速馬場状態でレコードも出たが、どちらかというとレコードに関しては展開面が大きかった。ペースはハイでヤマカツライデンが引っ張ったが、離れた番手の位置でも恐らく平均~ややスロー程度。しかも中盤のハロン平均が12.33で、ここで逃げ馬との差が詰まっているように2列目以降はこれより速いと思う。なので2200通過で見ても終始ハロン12ぐらいで淀みなく3角まで入っているのかなと。3200mなのだがこの距離での基礎スピードが要求されている。


 6番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと出して行く積極策、キタサンブラックを意識しながら進めていく。スタンド前では好位列の外で進めてキタサンよりは2列後ろで向う正面へ。ここでヤマカツライデンがペースを落としているのだが、キタサン以下はここでじわっと差を詰めてその流れの中で好位の外から仕掛けを待ちつつ3角。3角ではヤマカツとの差はかなり縮まっていて、キタサンを目標に外からじわっと動いていく、4角でサトノダイヤモンドが外から来たのでこれに合わせて追い出してキタサンブラックを目標に2番手まで押し上げて直線。序盤でそこから出し抜かれ気味にはなったがL1では追撃開始、最後はキタサンがいっぱいになった中でじわっとは差を詰めての2着だった。


 一旦は2馬身差まで離されたところをL1で詰めたようにポテンシャル面は流石のものを見せた。またサトノダイヤモンドは外からの押し上げとなったが、これを前で受ける形で4角ペースを引き上げてしっかりとその外を回させたことが逆転に繋がったと思う。ポジショニングと仕掛けのタイミング(キタサンが動いたのはあるにせよ)の良さでサトノを逆転したのだからこれに関しては福永の手腕に依るところが大きいだろう。非常に上手く乗ったしバランスのいい進め方だったと思う。正攻法の中では100点の競馬だった。それと、3200mではあるが中盤での淀みがない中でしっかりと結果を出してきたというのも強みで、本質的にはやはりこれぐらいの距離が良いんだろうなと。阪神大賞典でもポテンシャル面でサトノダイヤモンドに見劣っていたけど、京都の場合はやはり3~4角の立ち回りが凄く重要だからね。その差が響いていたと思う。


ジャパンカップ(GI) 3着 17頭8枠17番
東京芝2400m良 2:26.3(+0.5) 61.7-58.9 S^3
13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

 5走前のジャパンカップ3着もこの馬としては強敵相手に健闘したといえるが、ここではサウンズオブアースに先着を許す形。ペースは2.8で超スロー、ラップ推移的にもL3最速のトップスピード持続戦。雨の影響もあって少し渋っていた良馬場だった。


 17番枠からまずまずのスタート、そこから無理はせずに中団の外で進めて行ってサウンズオブアースを見るような位置取り。向こう正面でもスローの流れの中でポジションを変えずに中団の外のまま3角を迎える。3~4角で持サウンズオブアースの直後でマークするような感じで出口で仕掛けて直線。序盤で追い出されるがこの段階ではまだジリジリとした伸びで中団の一角。L2でもサウンズに差を広げられたがL1最後の方でジリジリと詰めてきて最後はサウンズに半馬身差の3着だった。


 伸びてきた地点で考えれば明らかにL1も後半、残り100m辺りでようやく伸びたなという感じ。サウンズが諦めたというのもあるがゴールドアクターとの比較でみても明確にL1できているのでこの馬自身がバテ差しでようやく伸びてきたと感がる方が良いだろうと。低レベルなうちならアル共でもトップスピード戦でそれなりにやれていたが、それでも最速地点ではヴォルシェーブの脚色の方が良かった、L1でしっかりというところなので恐らくこの馬はトップスピード戦でもL1までばてないポテンシャルが持ち味だろう。3着まで好走できたのは渋ったこともあるかな。


宝塚記念(GI) 8着 11頭5枠5番
阪神芝内2200m稍 2:12.6(+1.2) 60.6-59.1 S^1
12.5 - 11.1 - 11.6 - 13.1 - 12.3 - 11.7 - 11.6 - 11.8 - 11.7 - 11.8 - 12.2

 前走の宝塚記念では結果的に逃げの一手となったことがマイナスに働いた可能性はある。ただ、それだけでなく雨が降っていた中で1.5秒のスローからの超ロンスパ、6F戦となっている。完全にポテンシャル戦に特化した競馬でもあった。サトノクラウンが突き抜けたことからも確かだろう。


 5番枠からまずまずのスタート、そこから様子を見ながらではあるがじわっと出していってハナを取り切る。そこからはペースをコントロールしてスローに持ち込もうとするのだが、ここで外からサトノクラウンが動く意識を見せたのでそのフェイクに反応したキタサンブラックやシャケトラがペースアップする流れで超ロンスパを前で先導する形になってしまう。3~4角でも先頭列で進めているが既に手が動いていて4角で外からシャケトラ、キタサンに並ばれて呑み込まれる。そのまま直線で下がってしまって最後もキタサンは交わしたが8着完敗だった。


 もちろん逃げての完敗だし、スローロンスパの形の中でこういう競馬になったのは辛かった。それと、全体のペースで見ればスローなんだが、阪神2200はどうしても1角までの距離が長いので最序盤が上がりやすく、3Fで見れば35.2とこの馬の最序盤の入り方としては抜けて速い。逃げてというのもあるけど、本来この展開ならもうちょっとやれていいのが甘くなったのは前半の段階でかなり脚を使っていたという可能性はあるかもしれない。見た目だけなら結構楽に行けた感じだけど、やはり阪神2200はステイヤーにとって前半の進め方は重要だからね。ここで少しオーバーペース気味だった可能性はある。


2017京都大賞典に向けての展望

 絶妙に難しいかも、と思っている。超高速馬場がどうかで天皇賞春では上手く2着を確保したが3200mだからこそ入りも楽にあの位置を取れたという感じ。仮に2400で1角までの距離が長い舞台となる今回、全体のペースが上がってきたときに良い位置を取れるか、また取ったとしてそれで前半に脚を使わないか?というのは一つある。2500付近ではやや基礎スピード的に足りない印象があるし、ドスローだからこそアル共でもやれたと思う。また阪神大賞典にしても3000超なので平均ペースで良さが出た感じで、2400だと前半に課題が出てくると思う。それと、加えて言うならトップスピードの質的にはさほどでもない。L1でようやくというタイプなので、京都の外回りの3~4角で外から動く形になるとそこでペースを引き上げられれば速度的に足りずに天皇賞春のサトノダイヤモンドみたいに本来のL1のバテ差しも削がれるリスクが出てくる。いずれにせよ前半の基礎スピード面がこの距離ではネックになってくるし、スローでもトップスピードの質的に手ごわい馬が多い。内内で我慢してというような競馬は狙いにくい立場でもあるので、ここは結構危ういかもと思っている。スローからのTS持続で3~4角内内で我慢できればもちろん手ごわいが、正直馬券的には手を出したくない条件かな。



PR【今週は3日間連続重賞】入線2頭はわかる。あとは1頭。全レース3連単とりにいきます。

今週は祝日があり、土・日・祝と3日間も競馬を楽しめます。
そして、
7日(土)サウジアラビアロイヤルC(G3)東京1,600m
8日(日)毎日王冠(G2)東京1,800m
9日(祝)京都大賞典(G2)京都2,400m が開催!
この3レースの3連単をとりたい。それが今週の目標。

場所・距離・年齢など別々の条件ですが、ある共通点を見つけてしまいました。
それは、僕が信頼している情報元の一つから。

なぜここが信頼できるかと言うと、
2014年からの過去全レースの「予想」がサイトに残っていることを利用して、
2014年から2016年まで集計すれば、
「どんな傾向で当たって」「どんな傾向で外れているのか」わかります。

指数なんですが、どのくらい当たるのか例をだすと、
【先月無料予想で的中した一部】
24日(日)中山3R 馬単4頭BOX(12点 91.5倍的中 回収率762.5%)

23日(日)中山3R 3連複軸1頭流し(6点 54.8倍的中 回収率913.3%)


当たりすぎてこわいくらいです
⇒ コチラ

さて、今週の3つの重賞のある共通点ですが、それは、この指数が示す、
上位4位までの馬が必ず2頭入線している

さらに、京都大賞典にいたっては、過去3年間、
指数1位ですべて単勝的中

さらに、極論を言えば、3つの重賞すべてで、この指数上位4位までの馬を、
ワイドで買えば100%当たる

とにかく、今週勝つために、この指数を見てみてほしい。
この指数は、コラボ@指数という名前で、
運営者はデータオタクの北条直人。運営して4年目に到達。
的中率3連単37%単勝83%複勝93%

【おそらく、日本で一番的中率の高い指数サイト】

【指数公開日時】レース前日夕方
1、「今週のコラボ@指数」をクリック→指数チェック
2、「北条のブログ」をクリック→予想ブログチェック

【重賞以外のレースも見たい。どんどん稼ぎたい方へ】
1、「今週のコラボ@指数」をクリック→土日1~6レースまで無料公開
2、「コラボ放題プラン」をクリック→土日7~12レース指数公開
3、「予想方法の参考例」→「今週の買い目」→土日の少点数買い目公開
※9月実績一部:23日(土)阪神10R 指数上位4頭で3連単72,370円馬券的中。


自分の見たい予想やデータをチェックしてみてください。
⇒ コチラ

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:カフジテイク、府中で見せる破壊力ある末脚は魅力…前走不満も直線の長い舞台でエンジン全開なるか
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:カデナ、春のクラシックは不満…ダービーもラストがいまいち、阪神外回りの2400で逆襲できるか?
マーメイドステークス 2017 出走予定馬:クインズミラーグロ、展開不問の器用な実力馬…詰めの甘さをポジションと器用さでカバーできるか
府中牝馬ステークス 2017 出走予定馬:アドマイヤリード、瞬間的な切れ味はトップクラスだが、ゲートが不安定で色々噛み合えば
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:ミスマンマミーア、北海道からの刺客…非凡なポテンシャルで中央の壁を破れるか?
セントライト記念 2017 出走予定馬:サーレンブラント、春は少し物足りずも…バテ差しでどこまで食い込めるか
AJCC2018 出走予定馬:ブラックバゴ、位置取りがどうしても悪くポテンシャル非凡も中山2200は合わなそう
ユニコーンステークス 2017 出走予定馬:テイエムヒッタマゲ、九州産馬の星も昇竜Sは少し時計的に物足りず、ゲートを活かして粘れるか
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:サトノアラジン、昨年同様超高速馬場で坂の上りでの強烈な切れ味を引き出したい
毎日王冠 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、総合力高く隙が無い…相手が超豪華メンバーで力関係が焦点
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:ラインミーティア、夏のスプリント王者が秋の大一番でも末脚発揮となるか
チャレンジカップ 2017 出走予定馬:マキシマムドパリ、2000に戻ったこのレースでマーメイドSの再現を狙えるか?
プロキオンステークス 2017 出走予定馬:イーデンホール、昨年秋以降の充実は評価も、強敵相手に末脚勝負で立ち向かえるかが焦点
ローズステークス 2017 出走予定馬:ミスパンテール、チューリップ賞で見せた末脚は武器…ここ2走は噛み合わず、挽回を期待
サウジアラビアRC 2017 出走予定馬:ダノンプレミアム、新馬戦は厳しいロンスパから最後まで差をつける強い競馬…器用さを持っているかがカギ
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP