投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

京都大賞典 2017 出走予定馬:サウンズオブアース、横山典弘と札幌記念で一つの目途、前目から一瞬のキレを引き出す競馬を期待

2017 10/9(祝)
第52回 京都大賞典(GII) 京都芝外2400m
予想用・出走予定馬一覧
京都大賞典2017の予想用・出走予定馬一覧


 史上最強の2勝馬と言っても過言ではないだろう、昨年のジャパンカップでも2着とGI、重賞勝ちは当然ないがGIの常連サウンズオブアースが京都大賞典に出走予定。ドバイシーマクラシックではブービーと結果が出なかったが、復帰初戦の札幌記念では4着と善戦。秋はもちろんGIタイトルだが、その前に遅すぎる重賞タイトルを手中に収めたい。


 総合力の高さは現役屈指だが、逆に言えばそれだけ決定的な武器はないということになる。ジャパンカップでもしっかりと伸びてきているようにスローからのトップスピード戦で質的にも持続力的にも高いレベルにあるんだが、それでもL1ではシュヴァルグランに見劣った。京都2400で問われる前半のポジショニングも上手いし要所で反応できるし瞬間的な切れ味も高いレベル。昨年はちょっと物足りなかったが相手も強敵でこの面子なら総合的に隙が少ないかな。


ジャパンカップ(GI) 2着 17頭6枠12番
東京芝2400m良 2:26.2(+0.4) 61.7-58.9 S^3
13.3 - 11.3 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.2 - 11.4 - 12.1

 まずは何といっても4走前のジャパンカップ2着から。善戦マンらしい、まず勝てそうにないがそれでもきっちりと2着を確保するというまさにシルバーコレクターの真骨頂。ペースは2.8で超スロー、ラップ推移的にもL3最速でTS持続特化戦という展開。


 12番枠から五分のスタート、そこから楽に好位を確保して進めていく。道中はリアルスティールの後ろから少し下げて中団ぐらい、スペースを置きつつ余裕をもって3角。3~4角でも中団の外からじわっと押し上げてラストインパクトの後ろから中団で直線。序盤で外に出してからL2の地点で鋭く伸びて一気に2列目まで並びかける。しかしその勢いもL1では甘くなって最後は2着確保まで。


 内容的にもスローからのTS持続特化、その中でも11.9のL4から加速していく段階、L2で減速と言ってもまだ11.4と維持しているところで鋭く伸びてきた。L1でも最後の最後で甘くなっているのdTS持続という点ではキタサンブラックやシュヴァルグランに見劣った形だが、それでも速い地点ではシュヴァルグランに対して明らかに優位に立てていた。この面子の中ではトップスピードの質でキタサン意外には優位に立てていたと思うし、ゴールドアクターをこれで撃破できているようにかなり強い2着だったと思う。


京都大賞典(GII) 4着 10頭7枠8番
京都芝外2400m良 2:25.7(+0.2) 62.0-58.6 S^3
12.7 - 11.5 - 12.0 - 13.0 - 12.8 - 12.2 - 12.7 - 13.0 - 11.9 - 11.1 - 11.1 - 11.5

 昨年の京都大賞典も見ておきたい。どう見ても後ろ過ぎたことの方が大きい。ペースは3.4で超々に肉薄する超スロー、ラップ推移的にはL3で既に最速タイの11.1、4角地点の立ち回りが重要ではあったしデウスが伸びてきたのもその辺だろうが。


 8番枠からゲート自体はまずまず、そこから無理せず控える形で中団にいたのだが折り合いを意識しているうちにいつのまにか後方にというミルコらしからぬ消極的な競馬で内に入り込む。向こう正面でもペースが上がらず後方2番手で中団馬群の後ろを追走。3~4角でも内目で我慢しながら促して直線。序盤で進路確保で少し強引に外に出すと、そこからは流石の伸びを見せるがL1ではラブリーデイとの差が詰まってこなかった。


 休み明けで状態面もあったかもしれないが、やはり結論から言えば後ろ過ぎた。瞬間的な切れ味はここでも見せているけど、流石に淀の2400m戦でL3からトップスピードを要求されてしまうと内なく立ち回ったキタサンやデウス、トップスピード戦では緩やかに下降線と言えどもトップレベルにあったラブリーデイを差すというのは難しい。それだけのトップスピードを維持する能力はないので、逆に前半どのポジションを取るかというのは重要になってくるだろうと。一昨年の京都大賞典なんかはドスローで最速地点の直線序盤では当時トップスピード戦最強のラブリーデイ相手に一瞬キレで優位に立てていた。あれをある程度前目で引き出せるのが本来の持ち味で、昨年の敗因は枠が悪くミルコの消極的なポジショニングのウエイトが大きいだろうと。


札幌記念(GII) 4着 13頭5枠7番
札幌芝2000m良 2:00.7(+0.3) 60.7-59.7 S^1
12.7 - 11.0 - 11.7 - 13.0 - 12.3 - 12.1 - 11.9 - 11.9 - 11.8 - 12.0

 ドバイシーマクラシックでブービーとなって、そこから休養明けの初戦となった札幌記念では及第点の競馬。洋芝で時計もそこそこ掛かっていた中、ペースは1秒程度のややスロー。ラップ推移的に見ても後半のポテンシャル戦でL1は落としていない。基礎スピードもある程度は問われたが基本は後半のロンスパに対応できるポテンシャルが問われた。


 7番枠から五分に出てそこからある程度促しつつの先行争い。最終的には少し控えて2列目の中目で我慢と結構いいポジションを取る。道中も少し緩んで2列目の真ん中で我慢する展開だが、向こう正面以降はそこそこはペースも流れていて途中から好位の内内に下げて3角。3~4角でもエアスピネルの後ろで内目を立ち回りつつ、手ごたえを残して直線なのだが進路どりで拙ったか少し置かれる。L1ではそれでもしぶとく踏ん張って3着争いには加わってきたが最後は甘くなった。


 本来なら要所でスッと伸びてくるイメージなのだが、エアスピネルの後ろが怪しいとなってからは外に誘導しつつ、直線入りでパトロールを見ても接触はあったがそこまでしんどくない競馬だったと思うが少し置かれた。ただそこから一瞬は脚を使ってきたし悪くない競馬だったかな。トップスピード戦の方が良いのは間違いないし、タフな馬場の中でそれなりに前半も流れていた、2000m戦でこれができたのは収穫だと思う。負けはしたんだがかなり内容がある競馬だったし、これまでの詰めの甘さを克服できる希望は見いだせたかなと。


2017京都大賞典に向けての展望

 基本的にはスロー専用の認識で良いと思う。流れた中で結果を出したことは高いレベルでは一度もない。基本的には有馬記念2着、ジャパンカップ2着がそうであったようにスローの中である程度速いラップを要求されるトップスピード戦が理想。またポテンシャル面もある程度は持っていて、有馬2着時は2段階加速の中で強い競馬だった。ただ完全なポテンシャル戦となると札幌記念もいまいち、昨年の有馬でも悪くはないがポテンシャル特化型相手には苦戦している。ロンスパになっても対応可能だがそこからもう一段の鋭さを引き出せる舞台が良い。のだが、本当にいい脚は一瞬しかないので安定はするんだが勝ち切れないのはその辺りだと思う。前走の札幌記念で収穫となったのは2000のあのペースである程度位置を取ってもやれたということ。これなら2400に延ばして積極的にレースを支配していく競馬で前受出来ればこれまでの甘さを解消できる可能性が高い。後ろからだと本当に良い脚は一瞬という中で押し上げるところで使い切ってしまう感じだし、じわっとペースを引き上げるて小出しに脚を使っていくのは有馬2着時の2段階加速の競馬からも問題ないと思うので、前で進めてペースを徐々に引き上げて本仕掛けを遅らせる競馬が多分この馬にとっては一番だろうと。ノリなのでその辺を仕掛けてきそうな感はある。前走の先行策もどの程度前目につけられるか?というのと、そこからコントロールできるのか?というのを探っていた感じ。今回内枠を引くようなら本命を打っても良いかなと。これまでは後ろから届かない、それには述べている通り理由もある。前受けできれば解消できることだし、徐々に引き上げて直線序盤で一瞬の脚を一気に突き放すところで使えれば案外あっさりもあると思う。ノリとのコンビで内枠なら全力で狙いたい一頭か。


<PR>
━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

 創業36年【ホースメン会議】

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評
    1日1鞍の渾身予想
 天皇賞・秋当日の10/29まで無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━
■直近の的中買い目

9/24 阪神7R 4万1370円的中
9/23 中山6R 1万4270円的中
9/18 阪神10R 1万0620円的中
9/17 中山7R 4万6300円的中
9/16 阪神12R  1万7510円的中
9/10 京成杯AH 1万3920円的中
9/9  中山12R  2万1690円的中
9/2 小倉11R  2万0800円的中
8/27 新潟2歳S 4万9030円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法
pngホースメン会議:京都大賞典300_250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

チャレンジカップ 2017 出走予定馬:ジョルジュサンク、前走ドスローからの上がり勝負で粘り込み…展開次第だがマイネルミラノが厄介
札幌2歳ステークス 2017 出走予定馬:クリノクーニング、前走は3着以下をぶっちぎる圧倒的なパフォーマンス…ペースカギも素材は非凡
ファルコンステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:デスティニーソング、1200m2勝もなずな賞は勿体ない競馬…流れて基礎スピードを活かしたい
シンザン記念2018 出走予定馬:ファストアプローチ、キレ負けはするが器用でポジション取り、要所で動ける武器はある…
アルゼンチン共和国杯 2017 出走予定馬:アルバート、58.5kgも出し切れれば1枚上…ギアチェンジが難で上手く進路を作って行けるかがポイント
京王杯スプリングカップ 2017 出走予定馬:レッドファルクス、1400mへの延長もむしろ好材料か?ゆったり入って末脚を出し切りたい
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:ドロウアカードと武豊、パワーが要る今の馬場は合いそう…強敵相手、全体で平均ペースを作りたい
京都大賞典 2017 出走予定馬:トーセンバジル、末脚は魅力もどうしても後ろからになり…開幕週の京都だと展開が向かないと…
武蔵野ステークス 2017 出走予定馬:ベストウォーリア、ルメールとの新コンビで活路を拓けるか…府中は良いがここ3走は物足りず
京成杯2018 出走予定馬:ダブルシャープ、最後方大外ぶん回しの札幌2歳Sは圧巻…距離を延ばしてポテンシャル発揮を狙う
福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:クロコスミア、先頭から一瞬で出し抜く脚は一級品…前走は仕掛け早く
目黒記念 2017 出走予定馬:ヴォルシェーブ、前走詰まりながらも突き抜けたが、坂スタートの不安定でポジション次第で危うさも…
セントウルステークス 2017 出走予定馬:アルティマブラッド、北九州記念はハイペースの中でも一定の目途、良い位置につけて粘りこめれば
京成杯2018 出走予定馬:コスモイグナーツ、逃げ粘りは警戒…芙蓉Sはキレ負けで距離の問題ではなさそう
フラワーカップ 2017 出走予定馬・プレ予想:デアレガーロ、ドスローばかりだが…ゲートセンス良くロンスパ実績もあり面白い一頭
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP