投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

毎日王冠 2017 出走予定馬:ソウルスターリング、総合力高く隙が無い…相手が超豪華メンバーで力関係が焦点

2017 10/8(日)
第68回 毎日王冠(GII) 東京芝1800m
予想用・出走予定馬一覧
毎日王冠2017の予想用・出走予定馬一覧

 登録馬の数は少ないながらもまさに少数精鋭、豪華メンバーが集まった中で今年のオークス馬ソウルスターリングが毎日王冠に出走予定だ。古馬、牡馬の一線級を相手に初めての戦いとなるが、オークスで見せた圧巻の抜け出しを武器に並み居る実力馬を抑えて本番に弾みをつけたいところ。オークス馬の始動戦、進化を遂げる一戦となるか。


 個人的にはどちらかというと天皇賞春の方が舞台が合っていて、毎日王冠だと若干危険かもしれないと思っている。この馬の場合武器はギアチェンジと基礎スピード面をそこそこ持っているというバランスにあると思っているので、仮にスローからのL3最速戦でとなると勝ち切るところまでどうか?ペースの作り方が重要かな。凱旋門で残念だったルメールが引きずってなければ良いが。


オークス(GI) 1着 18頭1枠2番
東京芝2400m良 2:24.1 61.7-57.8 S^4
12.7 - 11.6 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.2 - 11.6

 まずは前走圧倒的なパフォーマンスだったオークスから振り返る。ペースは見てもらえればわかる通りで、3.9と超超スローまで落ち込んだ。ラップ推移的にはL4の4角地点丸々が11.6とペースが上がっていて4F戦という中で、最序盤のドスローの内のポジショニングが重要だったし、4角で通したところも影響があったとみていいだろう。


 2番枠から好発を切って楽に2列目ポケットで進めていく。道中もかなり緩いので流石に少し掛かり気味ではあるが問題なく前にスペースを取って向こう正面では落ち着く。3角で前のスペースが空いたところをスッと取って先頭列に並びかけ、そのまま馬なりでプレッシャーをかけつつペースを引き上げて出し抜き気味に直線に入ってくる。序盤ではまだ本仕掛けをせず少し促す程度で先頭に立つ。L2でもまだ余裕を持っていたがここで内からモズカッチャンに並ばれて一旦は前に出られたか?というところからL1で盛り返しての完勝だった。


 このレースの難しいところは最序盤が余りにも遅すぎたことと、L4の地点からの4F戦になったのでここでの立ち回りが影響しているであろうということ。L1で伸び切れなかったアドマイヤミヤビとの比較でみると難しくなるし、実際問題2着のモズカッチャンとの比較でみる必要があるとは思う。モズも最内を完璧に立ち回ったが、モズの方が先に本仕掛けをしていたと思うしその分がL2の地点での脚色で詰められた要因だろうと。逆にソウルスターリングの場合は前受けして馬なりに近い形でじわっと仕掛けて、本仕掛けを坂ぐらいまで待てていた。それに4角でロス少ない立ち回りがラストのひと踏ん張りに繋がったかなと。それと極端なスローバランスにまで持ち込んだことで末脚の絶対量を高めてきた感はある。実際高速馬場ではあったにせよ後半5Fをレースラップ57.8で前でまとめるのはこの時期としては結構破格だからね。


桜花賞(GI) 3着 17頭7枠14番
阪神芝外1600m稍 1:34.6(+0.1) 46.5-48.0 H^1
12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

 桜花賞はマイルの距離だが稍重で時計が掛かっていた中での1.5とハイペース。かなりのハイまで肉薄するレベルだし、L3最速も11.5とトップスピードを問われず、中間12秒台も挟まない淡々とした流れだったことがこの馬にとってはマイナスに作用したとみている。ある程度のペースまでなら対応可能だが、基本的には後半の末脚を引き出せないとという印象。


 14番枠からここでは五分のスタート、無理はせずにじわっと進めながら好位の外を取っていく。終始淡々とした流れの中で好位の外からレーヌミノルを見ながら、4角辺りで手が動いて直線。序盤でレーヌミノルとともに伸びてくるが、この段階ではレーヌの方が良い脚でなかなか食らいつくのに一苦労。L1の坂の上りでもジリジリとしか伸びてこないがそれでもレーヌとの差は若干詰める。最後はリスグラシューに差し込まれての2着だ。


 まあここまで速い流れで息を入れることができないと苦しかったかなという印象。一応阪神JF、次のチューリップ賞でも見せているように平均ペースまでなら一脚を使えていたし、ハイ寄りのJFよりもゆったり目に運んだチューリップ賞の方がリスグラシュー比較でみても強い競馬ができていたことを考えても、また最終的にオークスで結果が出たことから考えても前半あまり急かさない方が良いタイプだった、と考えれば割とすっきりとする。いずれにせよ厳しい馬場で持ち味を削がれても3着に来るぐらいには世代間比較で強い、という証明はできているといえるのではないか。


チューリップ賞(GIII) 1着 12頭7枠10番
阪神芝外1600m良 1:33.2 46.4-46.8 M
12.4 - 10.7 - 11.1 - 12.2 - 12.2 - 11.4 - 11.3 - 11.9

 3走前のチューリップ賞は普通に強い競馬だったが、これぐらいのペースバランスならこなせるし、バランス的に余裕をもって入りやすい高速馬場の方が合っていたという感じ。平均だが中間で12.2-12.2
と緩めているし、前とは少し離れた位置にいたのでこの馬の3-3Fでも35.4-33.8と明確にスローのバランスで入れている。


 10番枠からまずまずのスタート、そこからは折り合いを意識しながら控えて好位の外。前2頭が少し離す中で4~5馬身ぐらい後ろで3角に入っていく。3~4角で前がペースを落とす中で外を回さず我慢、4角出口で外に持ち出して直線。序盤で一気に先頭に立ち後続を寄せ付けない。L1でもしぶとく踏ん張ってミスパンテールやリスグラシューを全く問題としなかった。


 結果的にリスグラシューは後半のトップスピード戦としては世代でも第2グループに入るレベルだし、それを相手に完勝というのをどこまで評価できるかは微妙なライン。パフォーマンスとしてはローズSを勝ったラビットランのインパクトもある。ただそれでも同週の日曜武庫川Sがスローではあるにせよ1:33.1ということを考えても時計的には優秀。そして動かされるタイミングでしっかりと伸びていたし、L1まで寄せ付けなかった。総合的に見ても同メンバーで2枚上だったと思う。


2017毎日王冠に向けての展望

 アイビーSでも坂の上りでしっかりと反応して伸びていたし、総合的に見て弱点が極めて少ない。特に後半の3要素はギアチェンジ、トップスピードの質、持続力とどこをとっても同世代ではトップレベルにあると思う。ただ、高いレベルで考えれば基礎スピード面をあまり問われない方が良いとは思うし、少なくともこのレベルまで来たときにドスローでとなると究極的な脚を使える馬も何頭かいる。そうなるとキレ、持続力総合的に見れば良くても特化すると質的にグレーターロンドンやマカヒキだったり、持続力的にリアルスティールだったりと、結構強敵がいるので、それを相手に前受してどこまで末脚勝負でやれるかが焦点。直線勝負でとなると多分最上位を相手にキレ負けする可能性はあると思うし、まあ今の段階では様子を見たいところ。飛ばしていいというタイプでもないが、全体のペースが極端なスローにならない程度には進めたい。いずれにせよまだ世代レベルが判然としない面もあるし、ここまで古馬のメンツが揃ってくると色々噛み合わないとと感じる。連下では押さえたいが、難しいところかなあ。個人的にはハイレベルまで来ると1800より2000の方が良いと思うので、秋の天皇賞の方が狙いやすいと思っている。仮にペースが上がってくると微妙な面も出てくるしね。



PR【今週は3日間連続重賞】入線2頭はわかる。あとは1頭。全レース3連単とりにいきます。

今週は祝日があり、土・日・祝と3日間も競馬を楽しめます。
そして、
7日(土)サウジアラビアロイヤルC(G3)東京1,600m
8日(日)毎日王冠(G2)東京1,800m
9日(祝)京都大賞典(G2)京都2,400m が開催!
この3レースの3連単をとりたい。それが今週の目標。

場所・距離・年齢など別々の条件ですが、ある共通点を見つけてしまいました。
それは、僕が信頼している情報元の一つから。

なぜここが信頼できるかと言うと、
2014年からの過去全レースの「予想」がサイトに残っていることを利用して、
2014年から2016年まで集計すれば、
「どんな傾向で当たって」「どんな傾向で外れているのか」わかります。

指数なんですが、どのくらい当たるのか例をだすと、
【先月無料予想で的中した一部】
24日(日)中山3R 馬単4頭BOX(12点 91.5倍的中 回収率762.5%)

23日(日)中山3R 3連複軸1頭流し(6点 54.8倍的中 回収率913.3%)


当たりすぎてこわいくらいです
⇒ コチラ

さて、今週の3つの重賞のある共通点ですが、それは、この指数が示す、
上位4位までの馬が必ず2頭入線している

さらに、京都大賞典にいたっては、過去3年間、
指数1位ですべて単勝的中

さらに、極論を言えば、3つの重賞すべてで、この指数上位4位までの馬を、
ワイドで買えば100%当たる

とにかく、今週勝つために、この指数を見てみてほしい。
この指数は、コラボ@指数という名前で、
運営者はデータオタクの北条直人。運営して4年目に到達。
的中率3連単37%単勝83%複勝93%

【おそらく、日本で一番的中率の高い指数サイト】

【指数公開日時】レース前日夕方
1、「今週のコラボ@指数」をクリック→指数チェック
2、「北条のブログ」をクリック→予想ブログチェック

【重賞以外のレースも見たい。どんどん稼ぎたい方へ】
1、「今週のコラボ@指数」をクリック→土日1~6レースまで無料公開
2、「コラボ放題プラン」をクリック→土日7~12レース指数公開
3、「予想方法の参考例」→「今週の買い目」→土日の少点数買い目公開
※9月実績一部:23日(土)阪神10R 指数上位4頭で3連単72,370円馬券的中。


自分の見たい予想やデータをチェックしてみてください。
⇒ コチラ

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

福島牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ウキヨノカゼ、1800mは長いと思うが…別定戦で地力最上位は間違いなく
ファルコンステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:ナイトバナレット、高速1400で出負けからのリカバーができるか?
中京記念 2017 出走予定馬:アスカビレン、嵌った時の決め手は確かも、相手強敵にペースへの不安もある
京成杯オータムハンデ 2017 出走予定馬:マルターズアポジー、前半すぐに支配できるかがポイント…中盤以降の強気の競馬は脅威
フローラステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:フローレスマジック、底知れぬ末脚魅力もエンジンの掛かりが少し遅い
新潟記念 2017 出走予定馬:マイネルフロスト、ここ3走は色々な展開で善戦…総合力を活かす積極的なレースメイクに期待
セントウルステークス 2017 出走予定馬:メラグラーナ、強烈な末脚は魅力も追込みが利きにくいレースで枠とスタートがカギ
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:キングハート、末脚を活かす形で台頭、前走は外から圧巻の勝ち方でここも注目
札幌記念 2017 出走予定馬:アングライフェン、コーナーでの立ち回りは器用だが、一瞬の脚をどこで引き出すか
函館スプリントステークス 2017 出走予定馬:セイウンコウセイ、駆け上がったGI馬、そのタイトルの名に恥じぬ走りができるか
クイーンステークス 2017 出走予定馬:マキシマムドパリ、今年は好調も…開幕週で1800mのスピード勝負に対応できるか?
神戸新聞杯 2017 出走予定馬:レイデオロ、ダービー馬の第一歩…総合的に成長したか、真価を問う一戦だ
阪神牝馬ステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:トーセンビクトリーと武豊、馬体の充実でマイルを克服し重賞連勝なるか?
小倉記念 2017 出走予定馬:サンマルティン、極限まで脚を残しての切れ味勝負向きの感あり…ただ今年の高速馬場は歓迎
京成杯2018 出走予定馬:ジェネラーレウーノ、葉牡丹賞で中山2000をクリアもスローで辛勝…不安も結構多く
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP