投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

スプリンターズステークス 2017 レース回顧・結果:レッドファルクス、ゆったり入って坂の上りで推定10秒台の強烈な切れ味を引き出しての勝利

毎週日曜の22:00からツイキャスでのスプリンターズステークスなど重賞回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

2017 スプリンターズステークス(GI) 中山芝外1200m良
レース回顧・結果

1:07.6 33.9-33.7 M
11.9 - 10.8 - 11.2 - 10.9 - 11.1 - 11.7


 ペースは前半が33.9というのが表記されて遅いなという感じ。ダイアナがもうちょっと突くかなと思っていたが、ワンスインナムーンにかなり楽なペースを作らせた。その結果L3の4角地点で加速してここで外を回した馬は基本的にはしんどくなったと思う。L1はそれなりに落としているが、これを差し切ってきたというのはレッドファルクスは凄いな、という感じ。いずれにせよ後ろからの馬はトップスピードの質、持続力が両方高くないとさせなかったし、前にいた馬は3~4角で内を回せた方が有利だった。4角で外から勝ちに行く馬には厳しい競馬になっている。


1着レッドファルクス


 8番枠から五分には出てそこから促されながら中団の中目にはつけていく。ただ前半の段階でペースがそう上がってこない中でセイウンコウセイの後ろでスペースを確保するのを優先。3~4角でも我慢を強いられるが中目から徐々に外に誘導、それでもまだ中団の中目で直線。序盤で捌いてから坂の上りでグンと伸びると最後はすさまじい切れ味でまとめて差し切った。


 もともと1200でも後傾バランスの方が良いと思っていた馬なので、平均ペースまでで落ち着いたのはむしろ歓迎できたかなと思う。それでもきっちり差し切れたのはL3が最速の流れになったのが大きい。この馬自身は4角でそれなりにロスがあったのだが、この馬の場合はロスなんか関係なくてとにかくトップスピードに乗ってしまえば質、持続力ともこの路線では抜けているという末脚を引き出し切りたい。ミルコは3角で動けない段階で既に4角まで外に持って行きつつ勢いを削がない、というところを優先していたし、4角出口以降からも進路を取ってしっかりと伸びてきた。馬自身もスローならばその分鋭さを増す、というのは京王杯SCでも見せていたことだし、超高速馬場のCBC賞で10秒台を連続する中でも大外を回して最後まで伸びてきた。それぐらいの実力があるので直線序盤で進路ができれば違った、というところだろう。ただL1の段階では5馬身はあったのでまずL1で10秒台に入っているしとんでもない切れ味を坂の上りで見せてきている。本質的にスプリンターじゃないからこそ緩めの流れでスパッと切れたといえるわけで、これは強烈な武器だろうね。まあこの路線では末脚の絶対量…質量とも最上位なので、ロスがあっても出し切れれば強い。ただドンキの勝ちパターンをあっさり差すところまでとは思わなかった。ドンキにとっては理想的だったと思うんだけど、馬場が軽かった分とレッドファルクスが後傾で鋭さを引き出してきた点が逆転に繋がったかもしれんね。しかしミルコはレッドファルクスとは抜群に合ってるんだよなあ。どこまでも伸びていく感じは凄い。今回もそうだが自身の走破バランスでは明確にスローの方が良いと思う。1200だとレース全体で平均が一番合っているかな。


2着レッツゴードンキ


 2番枠からやや出負け、そこから押してはいたが無理はせずにスノードラゴンの前に出すという程度でコントロール、折り合い面で少し苦労していたが緩い流れなのである程度仕方なく、それでも前のフィドゥーシアとの間にスペースをキープして進める程度にはできていた。3~4角で前がペースを引き上げた中で最内完璧に立ち回って直線でそのままの勢い。序盤で2列目に並びかけてL1でワンスが下がってきたところを一気に内からすくったが、まとめて大外レッドファルクスに面倒見られた。


 まあ対レッドという観点だともうちょっとレース全体の仕掛けが遅ければ瞬間的な脚で内から出し抜くチャンスはあったと思う。L1で甘くなったのはやっぱりL3最速でここで脚を使っていたのでそこまで鋭さを維持できなかったかなと。ただ、それでもコーナー地点で完璧に立ち回ってのものなのでかなり嵌っている。それでも差し込まれたという点ではやっぱりレッドファルクスを褒めないといけないと。ただ宮記念同様力のあるところは見せているし、これぐらい緩い流れでも内内で我慢した方が末脚を引き出せるので、この馬も前向きな気性で意識が前に行きがちだけど前半あまり無理をしない方が良いだろうと。その点でも本質的なスプリンターという感じはしないんだけどね。まあ今日に関しては内枠を完璧に活かせたし、L3最速自体は仕掛けが早いもコーナーで最短距離を通せたし、噛み合ったうえでの2着だから、勝ったレッドファルクスを褒めないといけない。


3着ワンスインナムーン


 6番枠からまずまずのスタート、そこから押してハナを主張、楽に取り切ってそこからはペースをコントロール、ダイアナヘイローが控えてくれたことでペースを緩く進めて支配していく。3~4角でその分早めに仕掛けて出し抜きながら進めて1馬身半ほどで直線。序盤でそこからしぶとく踏ん張って先頭をキープも、坂の上りで少ししんどくなって最後は伸びを欠き3着までも小波乱を演出の3着。


 まずは主導権を取ってレースを平均に支配できたことが大きいとは思う。出来ればもうワンテンポ仕掛けを待ちたかったかもしれないけど、3~4角の段階で出し抜く選択もアリだし、実際直線前半までは、あわやだったからね。ただL1の坂の上りで明確に甘くなった感はあるし、最後はまた踏ん張っているんだけど、もしかしたらその辺りが響いていたのかもしれない。減速地点で上り坂を迎えたくないタイプなのかなと。今回は主導権を獲れたのもあるし4角の段階で1馬身半ほど開いていたという状況にも恵まれた、また追い切りも誰が見ても良く見えたんじゃないかというぐらい良かったと思うので、まあすべてが噛み合ってのものかな。正直ちょっと足りない中で恵まれたものだという認識。本質は1400ぐらいで基礎スピードを活かす形の方が合っているとは思う。使える脚がそんなに長い感じはしないしね。


4着スノードラゴン


 1番枠からやや出負け、そこから無理はできずに後方の内内で進めていく形になる。道中も前がペースを緩めてくる中で後方でドンキの後ろで我慢を強いられる。ただ4角入りぐらいで前が飛ばしてくれたのでペースが上がって内を追っていきながらスペースを拾いつつ中団に押し上げて直線。序盤から最後までしぶとくジリジリと伸び続けて着順を上げて行ったが3着までは届かず、最低人気の大波乱とまでは行かなかった。


 まあ…レッドファルクスを物差しにすれば流石に16番人気というのは人気が無さ過ぎたかもしれんが、それでも考えうる中で最高の展開にはなっている。良馬場で高速状態だったのが辛いところだったけど、この馬自身最内で無理せずロスなくL3最速で出し切っているのでこれはかなり恵まれたと思う。ただ、それでもレッドファルクス比較で同じ様にそとを回した昨年との差が詰まってないことからも、レッドファルクスとの比較でスローバランスでのトップスピードの質、持続力の絶対量が違ったんじゃないかなと。この馬は後傾でもある程度脚を使えるけどやっぱり坂の上りで10秒台とかそういう脚を使われてしまうと難しい。この馬の脚では差を詰めていると思うんだけどね。内からでも勢いをつけやすい展開だったのでそこはかなり良かったと思う。まだまだ第一線でやれるし馬鹿にしちゃいかんね…。一瞬焦ったわ。


5着ブリザード


 12番枠から五分には出ていたが少し窮屈になって後方に下げる形。そこからリカバーして緩い流れの内に中団から行為ぐらいまで一気に押し上げてファインニードルの後ろぐらいを狙う。3~4角ではビッグアーサーの後ろにつけて直線。序盤で進路ができていたがL1でレッドファルクスの切れ味に屈し自分の脚は使っていると思うが5着までだった。


 スタート後に押して少しふらついて挟まれてしまったので結構難しい展開だったとは思うし、取り付いていく過程でも少しブレーキを踏んでとリズムは拙かった。それでも最後は伸びてきていて、これは感覚的にこれまでの香港で見せていた通りで前半ペース的に楽な方が良いんだろうと。1200で厳しい流れになると甘くなっていて1400の方が競馬がしやすそうな感じだったし、今回はスムーズではなかったけど前半が緩い方だったので序盤で楽ができたのが後半末脚を引き出してきた要因になるかなと。香港のスプリンターはこのレベルで強い…というよりは、香港でももうちょっと緩い流れの1200ならやれるんじゃないかなと思う。


7着メラグラーナ


 9番枠からやや出負け、そこから無理はせずに中団から後方に下げてというパターンで案の定レッドファルクスの後ろを徹底マーク。3~4角でもレッドの後ろから進めようとするが置かれてスペースを広げて直線。序盤で内を突く根性もなく外に持ち出して最後はレッドほどではないにせよそこそこ鋭く伸びてきたがなだれ込むだけに。


 The戸崎圭太。としか言いようがないね。予想通り過ぎて。ビッグアーサー福永なんか去年の借りを返すべくしっかりと乗ってきたというのに戸崎の体たらくと来たら…。まあ重く買ってなくてよかったし、この競馬だとスムーズだったとしてもレッドファルクスを差すところまでは無理だからあっても3着だっただろうとは思っているけど、戦略だけでなく騎乗もミスっているからこういうことになる。展開的にはこの馬にとってはそう悪くはない流れだったわけで、レッドのケツを追いかける癖を直さないと。これは馬というより鞍上の問題でしょう。緩い流れであの段階でリスクを取ってでも内を突かないと話にならないし、4角で前がペースアップしているところで動く意識がないからレッドファルクスとの比較でも置かれていた。これがそのままミルコと戸崎との決して埋めることのできない要所の意識の差につながる。パトロールを見てもらえばわかりやすいが、3角の段階で前にスペースを置いているミルコはそこを使って早い段階で手を動かしてペースアップに対応している。戸崎は前にスペースを置いていないからミルコが動いてから慌てて動かしているからそこにタイムラグが生じて置かれる。結局大外に出すしかないし、ああなっては如何とも。メラグラーナは仕掛けを待った方が良いとは思うんだけど、あの位置であれをやるとどうしようもないし、ああなったら腹を括って内に絞れと思うんだけどね。何がしたかったのかちょっとよくわからない。


11着セイウンコウセイ


 3番枠から出負けしてリカバーしながら出して行く、スッと前にフィドゥーシアに入られて好位列の真ん中で進めていくが道中緩められる中でも折り合いそのものは割とスムーズ。3~4角でもダイアナヘイローの後ろで進めていたがそのダイアナが下がってきて中団に取り付かれて直線。序盤で立て直して追い出すがいまいち。L1でも伸び切れずの11着完敗だった。


 ん~…まあ不運もあったとは思う。ペースが上がっていく4角で当てにしていたダイアナヘイローがダメで動けないまま直線では手ごたえの良いビッグアーサーの後ろを狙ったらそれも微妙な手ごたえに。ただこの馬自身進路があったしそこを割ってくるほどの脚が残っていなかったという感じはするので、単純に不運だけで片付けられないかな。正直休み明けの影響があったんじゃないかなと感じる負け方だった。もともとそんなに初戦から走ってくる方ではないしね。それと前走の反動が取り切れていないとか、そういった面は考えた方が良いかもしれないね。高速馬場だったけど、この馬自身トップスピード戦でもある程度やれていた馬なので、ここまで崩れた要因としては状態面に求めたいかな。条件が違うとはいえ宮記念の上位がそのままワンツーしているわけでスノードラゴン辺りも来ているからこの馬自身の能力を引き出せなかった感覚。


15着ダイアナヘイロー


 7番枠からまずまずのスタート、スッと二の足で前目を主張するがワンスインナムーンが行ったのでそれを追いかける形。ただ道中ブレーキしてペースをスローにコントロールする方向へ進めていく。3~4角で前がペースを引き上げた時に対応できずに4角で置かれて3列目。序盤で追い出されて反応できず。L1の坂の上りでも巻き返すことはできずの惨敗だった。


 まあ、結果はともかくだ…。正直何をしたかったのか全くよくわからない競馬になった。一息入れること自体は悪くないと思うけど、全体のペースをある程度上げての話。前が33.9と緩い流れで進める中で、この馬自身それよりも1馬身半ほど開けて入って行けば当然34秒台の入りになる(自身ラップで34.1-34.2)。この馬って基本的にはハイペースで結果を出してきた馬なわけで、少なくともワンスインナムーンに対してもっと突いていく必要が戦略上必要だったはず。それをせずにペースをスローダウンしたってそりゃどうにもならんでしょ…って感じ。ちょっと何がしたかったのかよくわからない。もちろんレースレベル的に結局宮記念組が上位だったともいえるから、仮に自分の競馬に持ち込んだからと言って勝てたかはわからないし、使い詰めて状態が下がってきていたという懸念も十分ある。ただ、それとはまったく別の問題として、この馬自身の適正ペースを踏めたのに抑えてしまったというのは個人的には納得がいかない騎乗やね。きっちりと仕事をしてから凱旋門賞の解説に出てもらわんと。結果はどうあれ、これなら仕方ないと思わせるのが騎手の仕事やろ。しっかりしてくれないと困る。豊はたまにこういうことやるけど、少し幻滅する騎乗だったわ。



PR【今週は3日間連続重賞】入線2頭はわかる。あとは1頭。全レース3連単とりにいきます。

今週は祝日があり、土・日・祝と3日間も競馬を楽しめます。
そして、
7日(土)サウジアラビアロイヤルC(G3)東京1,600m
8日(日)毎日王冠(G2)東京1,800m
9日(祝)京都大賞典(G2)京都2,400m が開催!
この3レースの3連単をとりたい。それが今週の目標。

場所・距離・年齢など別々の条件ですが、ある共通点を見つけてしまいました。
それは、僕が信頼している情報元の一つから。

なぜここが信頼できるかと言うと、
2014年からの過去全レースの「予想」がサイトに残っていることを利用して、
2014年から2016年まで集計すれば、
「どんな傾向で当たって」「どんな傾向で外れているのか」わかります。

指数なんですが、どのくらい当たるのか例をだすと、
【先月無料予想で的中した一部】
24日(日)中山3R 馬単4頭BOX(12点 91.5倍的中 回収率762.5%)

23日(日)中山3R 3連複軸1頭流し(6点 54.8倍的中 回収率913.3%)


当たりすぎてこわいくらいです
⇒ コチラ

さて、今週の3つの重賞のある共通点ですが、それは、この指数が示す、
上位4位までの馬が必ず2頭入線している

さらに、京都大賞典にいたっては、過去3年間、
指数1位ですべて単勝的中

さらに、極論を言えば、3つの重賞すべてで、この指数上位4位までの馬を、
ワイドで買えば100%当たる

とにかく、今週勝つために、この指数を見てみてほしい。
この指数は、コラボ@指数という名前で、
運営者はデータオタクの北条直人。運営して4年目に到達。
的中率3連単37%単勝83%複勝93%

【おそらく、日本で一番的中率の高い指数サイト】

【指数公開日時】レース前日夕方
1、「今週のコラボ@指数」をクリック→指数チェック
2、「北条のブログ」をクリック→予想ブログチェック

【重賞以外のレースも見たい。どんどん稼ぎたい方へ】
1、「今週のコラボ@指数」をクリック→土日1~6レースまで無料公開
2、「コラボ放題プラン」をクリック→土日7~12レース指数公開
3、「予想方法の参考例」→「今週の買い目」→土日の少点数買い目公開
※9月実績一部:23日(土)阪神10R 指数上位4頭で3連単72,370円馬券的中。


自分の見たい予想やデータをチェックしてみてください。
⇒ コチラ

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

シンザン記念2018 レース回顧・結果:アーモンドアイ、異次元の末脚を道悪で発揮しまとめて差し切る圧巻の競馬!
オールカマー 2017 レース回顧・結果:ルージュバック、北村宏司とのコンビで久々に末脚を爆発させ勝利!
ターコイズステークス 2017 レース回顧・結果:ミスパンテール、直線で待たされながらも進路確保から鋭く反応と新たな一面を見せての勝利!
noimage
レパードステークス 2017 レース回顧・結果:ローズプリンスダム、ハイペースで直線外に出してからが圧巻の番狂わせ!
noimage
阪神カップ 2017 レース回顧・結果:イスラボニータ、ラストランには惜しいラストの末脚…高速馬場のハイペースで真価を発揮しレコード!
noimage
noimage
チャレンジカップ 2017 レース回顧・結果:サトノクロニクル、ロンスパで長く脚を使う展開で、上手く立ち回って勝利をもぎ取った!
金鯱賞 2017 レース回顧・結果:ヤマカツエース、変則連覇達成、余勢を駆っていざ大坂春の陣へ!
noimage
青葉賞 2017 レース回顧・結果:アドミラブル、虹が掛かった府中で圧倒的な走りを披露し、堂々と掴んだダービーへの切符!
noimage
ローズステークス 2017 レース回顧・結果:ラビットラン、台風空振りの軽い馬場の中で和田竜二渾身の末脚炸裂!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP