投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

シリウスステークス 2017 レース回顧・結果:メイショウスミトモ、出来の良さと展開がマッチし強烈なバテ差しで番狂わせ!

毎週日曜の22:00からツイキャスでのスプリンターズステークスなど重賞回顧ライブとなります。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!
http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

 

2017 シリウスステークス(GIII) 阪神ダ2000m良
レース回顧・結果

2:03.9 61.6-62.3M
12.8 - 11.3 - 11.5 - 13.5 - 12.5 - 12.3 - 12.3 - 12.0 - 12.5 - 13.2

 ペースは平均の範囲内だがややハイ寄り。阪神2000らしく1~2角で13.5と強烈に緩んで、そこからのロンスパ戦となっているし、L3最速となったので本仕掛けが早い。昨年と似て非なる展開となっているが、これでピオネロが来たのはやはり全体のペースがややハイ寄りまで上がったのが大きいかなというところ。基礎スピードも高いレベル、仕掛けどころも早いのでポテンシャルも高いレベルで問われている。


1着メイショウスミトモ


 4番枠から芝スタートでまずまずのスタート、そこから控える形で好位の内内を確保で楽にいいポジション、そこからは抑えてという形で進めていく。向こう正面でしっかりとコントロールしてメイショウイチオシを前においてスペースを確保しながら進めていく。3~4角でメイショウイチオシが下がってきたのでそれを交わして一つ外、4角でそのスペースを上手く使って最内に再び切って直線。序盤で外に誘導してしぶとく伸びてくると、L1で前2頭の競り合いをまとめて交わし去っての勝利となった。


 まあここまできれいに嵌って勝ち切るところまで嵌るとは流石に思ってなかったけど、やっぱり距離延長がプラスに出たなという感じ。芝スタートも良かったかもだが最序盤で急かさずにあの位置を獲れたのがまず大きいし、そのうえで中弛みからのロンスパになったからね。ポテンシャル自体はラジオ日本賞で自身でゆったり入った時にポテンシャルの高さってのを相当なレベルで見せていたからね、この距離でロンスパになれば勝ち切れるかまではともかく勝負になって良いと。これからはこの路線を使っていってほしいかな。前半急かされない方が良いと思う。噛み合ったとはいえ地力、ポテンシャル自体がないと最後まで貫けないわけで、追い切りも良かったしこれを単穴指定できたのだけは自分で自分を褒めてやりたいw本命対抗スッとんだけど。


2着ドラゴンバローズ


 5番枠からまずまずのスタート、そこから序盤少し立ち上がる不利を受けつつもコントロールして2列目から最終的に番手を確保。道中も番手でレースを支配しつつ徐々に前のマスクゾロにプレッシャーをかけていく。3~4角では並びかけて早めの競馬を展開しマスクゾロにプレッシャーをかけて直線。序盤で外から来るピオネロとの叩き合いに持ち込み、L1でしぶとく抜け出したところに一気にメイショウスミトモに来られて2着と惜しい敗戦だった。


 負けはしたがいいスタートを切って番手を確保、この距離で楽にレースを支配できたしそこから後半のロンスパ、L3最速と早めの仕掛けでマスクゾロの一瞬の脚を潰しに行って上手く勝負を仕掛けられたと思う。ただ、メイショウスミトモはノーマークだったと思うしこの競馬をして差されてしまったなら仕方がないかな。ただこの馬もスミトモほどしっかりとみてきたわけではないので何ともだが、2000への延長自体はプラスに働きそうだなとは感じていたし、実際この距離でゆったり前を確保したことで持ち味の後半のポテンシャルを引き出してきたという認識かな。この馬の場合ポテンシャルだけでなくある程度速いラップを踏む形でもやれるので、個人的にはこちらの方がメイショウスミトモよりは地方交流…特に南関東の大井、川崎辺りは噛み合いそうな気はするね。この馬も1900~2100辺りを使ってほしい印象かな。


3着ピオネロ


 13番枠からまずまずのスタートを切ってそこからじわっと促しながら先行策、2列目に並びかけて最終的には2列目の外で進める形になる。中弛みは昨年より大きかったがそれでも全体のペースはややハイ寄り、という流れでしっかりと2列目の外で勝負。3~4角でドラゴンバローズの外から勝負に行って直線。序盤でそこから追いだされて手ごたえほどの脚を使えず。L1もしぶとく踏ん張ったが3着まで、それでも4着以下との差は作った。


 ピオネロなんかは使える脚が短いからちょっともったいなかったかもしれないが、まあ仕方ない。ドラゴンバローズが3~4角で勝負に行ってペースを引き上げる中でその外となるとそこで脚を使っちゃう感じになる。昨年L1できたのはL2最速でも3~4角で我慢して要所で一瞬の脚を活かせたというのが大きいと思うからね。まあ3着なので自分的には良いんだけど、2着を狙うという観点ならドラゴンが動いたときに我慢して一頭分内を回しても良かったかなとは思う。要所は動ける馬だからね。全体のペースが速かった中で前を取った序盤のポジショニングは良かったと思う。馬自体はやっぱりある程度流れた方が良いんだよね。絶対的に末脚を持っているわけでなく、ペースを引き上げても末脚を削がれないところが魅力だから。これを活かす競馬が理想かな。1800はちょっと短い感じがするし、帯に短し襷に長しってところはあるかもしれんが、噛み合えば強敵相手でもやれる馬。


4着トップディーヴォ


 15番枠からや出負けしたもののそこからしぶとく先行争いに加わって行ってピオネロの一列後ろまで持っていく。道中も好位の外で進めて3角に入っていく。3~4角でペースが上がっていく中で好位の外から追走するがここで少し置かれて直線。序盤で少しふらつきつつジリジリとは伸びてくるがメイショウスミトモに前に出られる。L1ではジリジリとバテ差す程度の脚は使ったが4着完敗だった。


 出負けが痛かったかな。まあもともとスタートが良い馬というわけではないし、芝スタートで外枠で出遅れるとあそこまでリカバーできただけでも御の字としないといけないだろう。前受けして粘り込みたかった、3~4角でロスなく立ち回りたいタイプの馬だったのでL3最速で外から勝ちに行って4着なら成長を見せてきていると思う。重賞でも戦えるだけのレベルには来ているので、後は前半もう少し安定していい位置を獲れるようになれば。やっぱり内枠が欲しいね。


5着スリータイタン


 10番枠から五分には出てそこから序盤は様子を見つつ内に誘導、上手く内のスペースを確保して後方で我慢する。道中も最後方に近い位置で進めながらも各馬が仕掛けていく中で我慢して3角でも内目を立ち回る。4角で持馬群の中目を追走、少し待たされて後方で直線。序盤で中目の進路ががっぽりあいたのでそこからスムーズに内に誘導しつつ勢いをつける。L1までしぶとく伸びてきて5着を確保した。


 この5着は恐らく健闘の部類ではあると思っているが、この馬も2000で芝スタートの中無理せず進めて中弛みで取り付きつつ向こう正面でのロンスパというポテンシャル戦のウエイトが強い中で浮上してきたんだろうと。1800路線でもゆったり入ってロンスパ、という流れの方が良さが出ていたし、2100でも全体で流れるよりも丹沢Sみたいにスローからの超ロンスパの方が良さが出ていたからね。まあその点では噛み合っていて、ハンデも54kgと恵まれたのもある。ただ3~4角自体はロスがそれなりにはあったし待たされた分もあったと思うので4着までなら完璧にさばけていたらもしかしたらというのはあるかな。それでも上位とは差があった。


7着マスクゾロ


 6番枠からまずまずのスタートだったが少し飛び上がるような感じにはなりそこから急かしてハナを取り切る。昨年は大きく緩めなかったが1~2角の急コーナーで13.5と顕著に中弛みに持ち込む形になりそこからは終始ドラゴンバローズに早めのプレッシャーを受けて3角。3~4角でドラゴンに並ばれて早めに仕掛けざるを得なくなって直線。序盤の段階で抵抗できずに3番手に後退。L1で下がって7着完敗だった。


 去年の秋山がいかにうまかったか、というところなんだよなあ。前半の1~2角が重要で、ここで緩めすぎたことで後続に向こう正面以降終始突かれ突かれになってしまった。全体のペースは速いんだけど、緩みが大きいから前半無理しなかった馬が中盤以降で勝負に出易くなったことでL3最速のロンスパ戦になってしまったと。こうなるとこの馬も基本は全体で厳しい流れからの一足というところなので、苦しくなってしまったかなと。ただ馬自身にももうちょっとやれて欲しかった気持ちはある。57.5kgというハンデも影響があったと言わざるを得ないかなあ。


8着ミツバ


 12番枠から五分に出てそこからある程度促しながらだが後方からの競馬になる。道中も中団馬群の後ろぐらいで進めて行って向こう正面でじわっとペースが上がる中で促しながら3角に入っていく。ただ3角の段階でかなり手ごたえが悪くおっつけられながらも全くついていけずに後方。4角で大外からようやく押し上げる段階に入ってそれでも後方で直線。序盤で手ごたえよりは伸びてくるがいまいち。L1までなだれ込むだけの8着に終わった。


 う~ん…敗因をどこに取るのかが難しい負け方だなあ。ただやはり一番は3角手前から全く動けていなかったことになる。ペースアップ自体はじわじわとした流れだったので、決してギアチェンジが要求されたわけではない。向こう正面、コーナーに入る前の段階で動けてなかったし鞭も入っていたので鞍上も反応が悪いという認識だったはず。それでも動けなかったことを考えると、かなり物足りない内容。休み明けで仕上がってなかったのかなあ…というぐらいで、もうちょっとやれて欲しかった。展開的にも、まああの位置になってしまったのは難しかったにせよ、ポテンシャルを出し切りやすい展開だったので終始外はしんどくてもL1は顕著に伸びてほしかったけどね。これも57.5kgが響いているのかどうか。


11着モルトベーネ


 3番枠から五分に出てそこから促されて先行策、少し掛かりながら前半を進める形になる。中弛み以降は落ち着いていてむしろおっつけながらの追走。3~4角では最内を立ち回って我慢しながらと理想的な進め方で直線に入ってくるが序盤から伸びあぐねてL1で失速した。


 ん~…パターンとしては多分前半で脚を使った形になるとは思う。最序盤が速くて前半3Fは35.6だからハロン12よりも速いし、レース平均がハロン12.4になるのでこの部分が速い中で掛かりながらポジションを取りに行ったのが結果として…という感じかなとは思う。この馬も顕著にスローバランスがあっていた馬だから、その辺の影響はあったかもしれない。結果論だけどここまで流れればもうちょっと後ろからでも良かったかなというところ。まあ仕方ないけどね。それとこの馬もやっぱり57.5kgっていうハンデに休み明けも響いているとは思う。ゆったり入れる条件なら1800でも怖い馬で、本質的には距離は長い方が良いとは思っているんだけど、あまり決めつけない方が良いかも。もうちょっと様子を見て判断したい。1900以上で崩れていることも多いからね…。


PR【今週は3日間連続重賞】入線2頭はわかる。あとは1頭。全レース3連単とりにいきます。

今週は祝日があり、土・日・祝と3日間も競馬を楽しめます。
そして、
7日(土)サウジアラビアロイヤルC(G3)東京1,600m
8日(日)毎日王冠(G2)東京1,800m
9日(祝)京都大賞典(G2)京都2,400m が開催!
この3レースの3連単をとりたい。それが今週の目標。

場所・距離・年齢など別々の条件ですが、ある共通点を見つけてしまいました。
それは、僕が信頼している情報元の一つから。

なぜここが信頼できるかと言うと、
2014年からの過去全レースの「予想」がサイトに残っていることを利用して、
2014年から2016年まで集計すれば、
「どんな傾向で当たって」「どんな傾向で外れているのか」わかります。

指数なんですが、どのくらい当たるのか例をだすと、
【先月無料予想で的中した一部】
24日(日)中山3R 馬単4頭BOX(12点 91.5倍的中 回収率762.5%)

23日(日)中山3R 3連複軸1頭流し(6点 54.8倍的中 回収率913.3%)


当たりすぎてこわいくらいです
⇒ コチラ

さて、今週の3つの重賞のある共通点ですが、それは、この指数が示す、
上位4位までの馬が必ず2頭入線している

さらに、京都大賞典にいたっては、過去3年間、
指数1位ですべて単勝的中

さらに、極論を言えば、3つの重賞すべてで、この指数上位4位までの馬を、
ワイドで買えば100%当たる

とにかく、今週勝つために、この指数を見てみてほしい。
この指数は、コラボ@指数という名前で、
運営者はデータオタクの北条直人。運営して4年目に到達。
的中率3連単37%単勝83%複勝93%

【おそらく、日本で一番的中率の高い指数サイト】

【指数公開日時】レース前日夕方
1、「今週のコラボ@指数」をクリック→指数チェック
2、「北条のブログ」をクリック→予想ブログチェック

【重賞以外のレースも見たい。どんどん稼ぎたい方へ】
1、「今週のコラボ@指数」をクリック→土日1~6レースまで無料公開
2、「コラボ放題プラン」をクリック→土日7~12レース指数公開
3、「予想方法の参考例」→「今週の買い目」→土日の少点数買い目公開
※9月実績一部:23日(土)阪神10R 指数上位4頭で3連単72,370円馬券的中。


自分の見たい予想やデータをチェックしてみてください。
⇒ コチラ

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

セントウルステークス 2017 レース回顧・結果:ファインニードル、上手く立ち回って直線で抜け出し嬉しい重賞初制覇!
フェアリーステークス2018 レース回顧・結果:プリモシーン、外から強烈に突き抜けクラシックを意識できるパフォーマンスで勝利!
noimage
スワンステークス 2017 レース回顧・結果:サングレーザー、内を上手く立ち回って接戦を制し嬉しい重賞初制覇!
ターコイズステークス 2017 レース回顧・結果:ミスパンテール、直線で待たされながらも進路確保から鋭く反応と新たな一面を見せての勝利!
noimage
noimage
青葉賞 2017 レース回顧・結果:アドミラブル、虹が掛かった府中で圧倒的な走りを披露し、堂々と掴んだダービーへの切符!
京王杯スプリングカップ 2017 レース回顧・結果:レッドファルクス、直線まで我慢もしっかり加速し突き抜ける完勝!
シンザン記念2018 レース回顧・結果:アーモンドアイ、異次元の末脚を道悪で発揮しまとめて差し切る圧巻の競馬!
noimage
noimage
東京スポーツ杯2歳ステークス 2017 レース回顧・結果:ワグネリアン、厳しい流れでポテンシャルを爆発させての完勝!
noimage
中山牝馬ステークス 2017 レース回顧・結果:トーセンビクトリーと武豊、鮮やかに進路を確保しスッと抜け出しての完勝!
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP