投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:レッドファルクス、連覇に向けて…コーナーで外からでも最後まで伸びてくるのが強み

2017 10/1(日)
第51回 スプリンターズステークス(GI) 中山芝外1200m
予想用・出走予定馬一覧
スプリンターズステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 スプリンターズステークスの出走予定馬の全頭展望、大トリを飾るのは昨年のスプリンターズステークスの覇者、連覇を狙う実力馬レッドファルクス。今年は1400m重賞の京王杯スプリングカップで強烈な末脚を披露も、高松宮記念では3着にとどまった。安田記念3着は立派も1200m戦線で結果を出してきた実力馬、持ち場に戻って末脚炸裂と行きたいところだ。


 昨年のCBC賞、スプリンターズSもそうだが基本的にトップスピードを維持する能力が非常に高く、コーナーで速いラップを踏まれても長く最後まで維持できてしまうのが強み。ただし、個人的には1200ならまず高速馬場の方が良いとは思っていて、全体のペースが上がって忙しないバランスで入るのは好ましくないと思っている。宮記念では少し渋っていてその中で1.1のかなりのハイまでは行った。そこでL1が甘くなったのは意外だったし、京王杯SCなんかでは重馬場でも顕著にスローの中で弾けている。マイルに延びても前半無理をしない方が良いぐらいだったので、できれば高速馬場が望ましい。昨年同様7秒台の決着の中で速過ぎなければ…という感じかな。


スプリンターズS(GI) 1着 16頭7枠13番
中山芝外1200m良 1:07.6 33.4-34.2 H^1
11.8 - 10.5 - 11.1 - 11.2 - 11.2 - 11.8

 まずは何といってもスプリンターズS。このレースは6着までが0.1差の範囲で収まる激戦だったが、その中で外から問答無用で差し切ったという点ではやはり見た目以上に強い競馬だったと言っていいと思う。ペースは0.8でややハイ程度に収まったがその辺もあって中団の外では進められた。ただコーナーの地点でも終始11秒台前半をキープしていたのでコーナーでのロスが響いているのは言うまでもない。


 13番枠から五分に出てそこからある程度促してついていきつつ中団の外でCBC賞よりは前目で競馬ができる。道中もペースがそこまで上がってこないので位置取りをキープするのは割と楽で3角。3~4角でもペースが落ちてこない段階で外外から勝負に行く横綱競馬で3列目で直線。序盤ではまだジリジリとした伸びだがL1の坂の上りでグンと来て最後はまとめてなでぎった。


 あれだけロスがあってもL1で一番の伸びを見せているようにとにかくトップスピードの持続力が高い。コーナーで11秒前半を刻んでいる中で4~5頭分外で置かれずついていくとなると恐らく実質的には10秒台に入るレベルの速度を要求されていると思う。CBC賞でもそうだったがコーナーで速いラップを連続することに非常に長けている、という感じの内容だった。ここではハイペースではあったが1秒に入らない程度のややハイでもあり、後半勝負のウエイトが大きかったのもこの馬にとっては幸いした感がある。


高松宮記念(GI) 3着 18頭4枠7番
中京芝1200m稍 1:09.0(+0.3) 33.8-34.9 H^2
12.3 - 10.3 - 11.2 - 11.4 - 11.3 - 12.2

 高松宮記念の場合は二つほど噛み合ってなかった可能性がある。ひとつはペースで1.1のかなりのハイまで入っていたことと、この馬自身もそこそこポジションを取って自身で34.4-34.6と平均も前掲ラップ。それと、馬場が重くて高速馬場でトップスピードに乗ってからの持続力で結果を出してきたこの馬としてはそこが削がれた感はある。


 7番枠から五分のスタート、そこから積極的におっつけながらいい位置を狙って好位の内となる。3~4角でも内内で前にスペースが空いているところを積極的に詰めていって2列目に近いところで直線。ただ坂の上りのところで伸び自体が地味でそれでも2列目で頑張る。しかしレッツゴードンキに内からすくわれる形で2着を確保できずの3着だった。


 ここでは確かにロスなく立ち回ったし、結果的に内の各馬が上位をほとんど占めているので底は噛み合っていると思う。コーナーで速いラップを維持していた中で最短距離を通せた。ただ、個人的にはL2の地点で既に脚色自体物足りないなと感じたし、ドンキに内から差されたとなると前半に原因があったかなと。この馬場であのペースで積極的に好位を確保という競馬だとこの馬にとってはちょっとしんどかったかなと思うし、その分がいつもの末脚を引き出すところまでいかなかったという認識。もちろんぶっつけ本番というよりは香港帰りの影響が大きかったというのもある。色々複合的に見たいが、展開的には噛み合ったようでこの馬の適性から考えると馬場とペースという2点で微妙に本領を発揮とまでは行かなかったかな。


京王杯スプリングC(GII) 1着 13頭7枠10番
東京芝1400m重 1:23.2 36.4-34.2 S^3
12.8 - 11.3 - 12.3 - 12.6 - 11.6 - 11.1 - 11.5

 重馬場でも京王杯スプリングCの場合は各騎手が意識しすぎたことと馬場がそこまで悪化しきってなかったことで問題なく末脚を発揮できた。ペースは見てのとおりで2.2の超スロー、ラップ推移も見てのとおりでL2の坂の上りで最速、坂の上りでのギアチェンジを含めてトップスピードの質、持続力と後半3要素に特化したレースになっている。もちろんある程度タフな馬場でトップスピードに乗せるだけのパワーは必要だったと思うが、バランス的に前半は非常に遅いというのは分かりやすいと思う。


 10番枠から五分には出てそこから無理せず控えて中団馬群の真ん中で我慢。流石に手綱を引っ張りっぱなしだがドスローなので仕方がない。3~4角でも中団馬群の中で我慢を強いられる展開だがドスローなので団子状態で直線を迎える。序盤で進路が無く一旦は最後方列まで吸収されるが空いてから鞭が飛んでスッと反応、坂の上りで先頭列に並びかける。そのままL1で突き抜けてと完勝だった。


 ここでの収穫は思った以上にギアチェンジ面を見せてきたなというところ。直線で進路が無いので序盤は最後方(と言っても2~3列ぐらいで2~3馬身の範囲だが)まで下がって、そこからL2の坂の上りで進路確保、鞭が入ってスッと伸びてきた。そのうえでL1まで寄せ付けなかったので案外トップスピード戦に特化してしまった方が良いのかもしれない。もちろんここではサトノアラジンは進路確保が拙かったので出し切れなかったにせよ、1400路線の馬を相手に末脚勝負に特化して勝ち切れることを考えても単純に馬場がどうこうよりもバランス的に楽ができるかどうか?という感じかなと。


2017スプリンターズステークスに向けての展望

 多分この馬は距離に関してはかなり融通が利くと思う。トップスピード戦という前提なら多分東京1800とかでもこなせるだろうと。トップスピードの質もあるが持続力が非常に高いのが売り。それが京王杯SCでは後半勝負に特化して質に加えてギアチェンジまで高いレベルであることを証明した。このレベルまで来てしまうと1200より長い方が良いかもしれないなと感じる。CBC賞を勝った時の様に高速馬場で前後半のバランス的にスロー寄りの平均、となると3~4角で10秒台後半を連続する中で外外を追走しながらL1まで伸びてくるTS持続はえげつない。なので前半無理のない程度のハイペースで中団ぐらい、という昨年のイメージがそのまま当てはまればいいなというところ。それ以外となると基礎スピード型がペースをある程度引き上げてポジションが後ろでとなると時計勝負的には届かないケースも出てくるし、1200でもかなりのハイまで持っていかれてしまうと後半の末脚が削がれるリスクは考えた方が良いかもしれない。トップスピードの持続力が非凡だし、コーナーでロスがあっても最後まで伸びてくるので前半さえ無理せず進めれば大きく崩れる可能性は低い馬だと思う。今年は昨年よりもハイレベルの可能性が高いので、それでズドンと捕えきれるかどうか。TS持続力はこの面子でも1枚上で最上位だと思っているので、今回も信じて本命にするかな…?というところで悩んでいる。昨年はよほどのことがない限りこの馬、という自信があったが今年は1200色が薄れてきている感はあるのと前が飛ばす可能性が高そう。パンパンの良馬場なら多少ロスがあってもやれちゃうと思うので、適度に外枠で馬場が良ければこの馬を本命にしたい。


PR【先週の万馬券結果】と【レッドファルクスやセイウンコウセイを負かす可能性が高い条件】

どーも!
馬を愛し、競馬を続け、収支が伸びてるJ.boyです!

先週はおかけ様で、コラボ指数を使い続けて7万馬券。いただきました!

==================
23日(土)阪神10R 夕月特別
【買い目】
4頭BOX 24点/1点300円
コラボ指数で示された上位4頭を購入
【購入馬】
フロムマイハート(オッズ 3番人気)
レーヌドブリエ(オッズ 5番人気)
ラヴアンドドラゴン(オッズ 1番人気)
エールデュレーヴ(オッズ 6番人気)
【結果】
1着:レーヌドブリエ(オッズ 5番人気)
2着:エールデュレーヴ(オッズ 6番人気)
3着:フロムマイハート(オッズ 3番人気)
3連単払戻:72,370円

【僕の収支】
購入金額:7,200円
払戻合計:217,110円
収支:プラス209,910円 
【夜の行動】
叙々苑で男友達に約50,000円分おごる豪遊・・・
調子にのりすぎたと反省。
==================
今週、50,000円取り戻す!
↓↓
コラボ指数はコチラ

さぁ!今週から、とうとうG1が始まりますね!興奮します!

【秋のスプリント王決定戦 スプリンターズS】


スプリンターズSは、1,200mの短距離レース。
2015年は1着~15着まで0.5秒の間にゴールするほどの大混戦!
//////////////////////////////////////////////////////////////////
9番以下人気が馬券になったのは7年連続。
3連単が10万馬券以上になったは3年連続。
2014年、前走安田記念17着の11番人気サクラゴスペルが2着。
2013年、前走キーンランドC8着の13番人気スノードラゴンが優勝。
//////////////////////////////////////////////////////////////////
何が起きてもおかしくないレース。ですが、ある程度データで絞れる結果が出ました!

血統適性、過去成績、前走成績、スピード指数、展開、馬場、枠順、追い切り・・・・

こんな条件を絞っていくと、ある共通点がありました。
ある馬が抜き出て、
レッドファルクスやセイウンコウセイを負かす可能性が高い条件などです。

みなさんも、自分の手でデータをまとめてみてください。


なんて大変なことできませんよね笑 根性論です。

それをシステムで一発で絞り出ししてくれるのが、僕が使ってる「コラボ指数」です。

ちょっと見てみたいって思いました?

僕がまだ使ってなかったら速攻見ますね!だって情報はないよりあった方がいいですから。
スプリンターズSは読みずらいので、なおさら情報は多い方が有利です。



だって10万馬券獲りたいんだもん!
1点200円かけて30万くらい大勝ちしたいんだもん!


スプリンターズS、コチラから特別無料公開です。
アドレス送信後、返信メールから「うまコラボ」のサイトに入って見れます。

※ちなみに、日曜日昼くらいに公開される「北条のブログ」。
説明が大変なんで理由は聞かないでください。見ればわかります。
勝つために必須。絶対チェックしてください。
あと、重賞以外にも無料公開されてるレースがあるので、色々と指数を見てみてください!
↓↓
コチラ

16日 オークランドレーシングクラブトロフィー 馬単で206,340円獲得!\(^o^)/
投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:ダンスディレクター、今年は復調、切れ味確か…中山への輸送、直線の坂、ペースと不安もあるが
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:ビッグアーサー、昨年の雪辱を晴らせるか?…宮記念の再現できればも、ぶっつけで状態面がどうか
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:スノードラゴン、3年前の覇者も近年緩やかに下降線…良ではキレ負け懸念
スプリンターズステークス2017 予想参考 中山芝1200m勝ち馬に共通する血統
スプリンターズステークス2017 枠順確定 連覇を狙うレッドファルクスは4枠8番
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:ファインニードル、二の足が速くコーナリングが上手で器用なタイプ…外回りの1200が合うかどうかがポイント
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:メラグラーナ、良馬場なら切れる…1200でも瞬間的な切れ味で戦いたい一頭で、上手く噛み合うかどうか
スプリンターズステークス 2017 結果速報:レッドファルクス、鋭く外から伸びて強烈に差し切り連覇達成!
スプリンターズステークス2017 予想 実力は2頭が抜けている
スプリンターズステークス 2017 追い切り・調教評価:ラストの反応が抜群、力強いフットワークで楽々抜け出した!
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:フィドゥーシア、ビリーヴとの親子制覇を狙うも…1200の前走が完敗なのは気がかり
スプリンターズステークス2017 プレ予想 レッドファルクス今年も有力
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:レッツゴードンキ、宮記念では内からしぶとく…渋った馬場が得意で前半いかに抑えて進められるか
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:モンドキャンノ、トップスピードの持続力で良さも…1200は忙しい感
スプリンターズステークス 2017 出走予定馬:ブリザード、余力を持っての末脚は不気味も、ゲートが不安定でペースが上がってどうかの不安も
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP