投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

【スプリンターズS2017の有力馬診断(中篇)~本年の中山芝千二戦は全て前目馬が勝利・今開催の激走馬は全て内枠前目馬(※雨馬場&未勝利戦除く)~】&馬場考察&Rレベル&次走チェック馬

大西直弘スプリンターズS2017予想無料公開
04年優勝騎手大西直弘の【スプリンターズS1点予想】無料コチラ!
ワールド:スプリンターズS490-160
------------------

☆スプリンターズSの大穴◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(6位)で公開中!
☆当ブログに初めてお越しになった方は考えるヒントブログとは?トリセツ記事(印の意味など予想の見方からブログの軌跡まで)からご覧下さい
お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------
☆馬場考察
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向 (※馬場差は[S超高速~C並~F超低速]の7段階表記) ]

中山…土はやや内有利、日はイーブン/土はB、日はA
阪神…土日共にイーブン/A

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
中山…4週目/Bコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はA
阪神…4週目/Cコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はA

☆先週のレースレベル(暫定値)(ブログでは土曜分のみ)
(※以上=Hレベ以上 CD=水準上レベル =水準下レベル DE=低レベル =超低レベル)
無題uyyi

☆先週のレースからの次走[激走]要チェック馬リスト(抜粋)
[日曜阪神10R(1600万下)] 7着ジャズファンク
コノ馬の二大特徴としては[高速馬場得意]と[イン競馬得意]がある。
ハービンジャー産駒のイメージとは違ってこれまでの良績は高速馬場に集中しており、前々走なんかが典型だが内枠を引いてイン立ち回り競馬で浮上してくるタイプ。
前走は雨馬場の外差し馬場でその長所が完全に消された場面で、今回はインを捌けずに直線で包まれて完全に差し遅れてしまう悪い時の武豊Jらしい差し不発。
良馬場内枠条件で、できれば人気薄の立場で思い切ったイン競馬を試みるコトができそうな場面で穴の魅力増す一頭。
(ちなみに、芝での差し追い込み馬での騎乗振りにこそ武豊Jの調子が表れる(バロメーターになっている)と思っています…レース映像をよーく見ていれば当分野でのムラは一目瞭然ですよね・・・?。実際に、逃げ先行馬の成績は毎年ほぼ一定ですが、差し追い込み馬での成績はジェットコースターなんですよ。)

【スプリンターズSの有力馬診断(中篇)】
▽レッツゴードンキ 牝5 岩田 55 栗東 梅田智
今春は本来はヴィクトリアマイルを目標にしたローテの予定だったが、スプリント路線地盤沈下で高松宮記念のレベルが低いと見るや急遽出走を表明した経緯だった。

昨年高松宮記念後には『コノ馬は世間からは半ば暴走タイプのイメージもあったと思うが、そんな馬が前走高松宮記念では14番手追走になっていた。何故そうなっていたかと言えば、単純に短距離戦に使ったからなのだが、もう少し突き詰めればコレ(14番手追走)がコノ馬の走力(スピードの無さ)であり、やはり短距離馬ではないというコトだろう…(略)…』と書いた。
その後はスプリント重賞(函館SS・キーンランドC)での連続3着にしても共に非スプリンターでもこなせる程度の軽いペースだった。そして本年高松宮記念2着(スプリント戦では自己最高着順)はこれまでの中で最も時計の掛かる決着(スプリント性能問われぬ決着)が大きかったはずで、そもそもこういう馬場は得意であるし、G1レースでは初めてイン突きながらも不利なく脚を伸ばし続けられる理想の競馬が叶った末の好結果…逆に言えばこれだけ全て上手くコトが運べても2着止まりで限界を示す内容だったとも。

昨年スプリンターズSは7人気9着だった馬…そこから劇的に馬が変わっているワケでもないだろうし、高松宮記念よりも適性低いスプリンターズSに於いて決して安パイ評価できる馬ではない。

―ノボバカラ 牡5 蛯名 57 美北 天間
初芝だった前々走函館SSでの出遅れ上がり最速7着が少し評価される向きがありましたが、あんなのは超Hペースで出遅れて勝負圏外からの自分のペースでロス無く走れたから良い脚を使えたというだけの話で…価値はゼロに近い様なモノ。
その後のキーンランドCを見る限りでも、やはり芝スプリントで通用するスピードは持ち合わせていない模様。


△セイウンコウセイ 牡4 幸 57 美北 上原
高松宮記念激走については、ダートレースでの良績や芝道悪での良績からも当時の渋化急坂のタフな条件への適性面での勝利という側面もありそう。その上で、同じく4歳馬で当路線頂点を窺おうとしていたシュウジ・ソルヴェイグが自滅且つ他には非スプリンターや古い馬ばかりが上位入線という、言わば地盤沈下路線での消去法的な勝利であるとも。

前走函館SSについては、シュウジが刻んだ前半3F32.2は仮に超高速馬場だとしても文句無しに速いラップであるし、そもそも函館1200コースは前半時計が出ないコース設計なのでやはり相当速いラップだったと言って良い。その逃げ馬マークで早めの競馬をしてしまった分の4着だったコノ馬は強い競馬をしていたのは間違いない。また、ローテの狭間での惰性の出走で本気度も無かった一戦であるし、敗戦でも評価は下げられない。

重賞レースでの好結果は高松宮記念1着のみというポッと出の馬だけに、同齢シュウジやソルヴェイグがそうであった様に一戦だけで過大な評価をしてしまうのは非常に危険とも言える、いつでも日替わり王者が誕生し得る群雄割拠な情勢だけに…普通なら4歳馬の高松宮記念馬には王者で居続ける様な期待をしてしまうのですが、あの高松宮記念だけでそうとも言い切れないのが・・・(全幅の信頼まではできませんが、でも相対的には不安要素小さい買わなければならない一頭と見ます)。

--------------------
☆スプリンターズSの大穴◎候補馬の馬名は
人気ブログランキングへ(現在6位)で公開中!
《→先週土曜メイン予想(中山芝千二)時にも同様のコトを書いたが、本年の当コース(良馬場・新馬未勝利除く)はほぼほぼ逃げ先行馬しか勝っていない。
唯一の例外はやや外有利馬場での施行だったオーシャンS(メラグラーナ)のみで、渋化馬場での差し追い込み馬勝利2つも同様に外差し馬場でのモノだった。
ちなみに、今開催の当コース(新馬未勝利除く)での穴好走馬は全て内枠(1~3枠)馬で、その内の1頭を除いて逃げ先行馬だった。
現時点では今週末にそういう馬場に傾く材料は無いので…そしてデータで語るのは好きではないですが、別にデータがなくとも主観的にも今の状況は逃げ先行馬に相当追い風が吹いていると思っています(本来的には上級路線=G1スプリンターズSとなればそれは覆る方向の風が吹きますが、そうとも言い切れない様な低レベルG1戦の様相なので)。
そこで注目したいのは…前走は精神的なモロさを出して凡走を喫した〇〇〇〇〇ですが、前々走Hペース横綱競馬好走を見ても決して弱い馬だとは思いませんし…コノ馬のスンナリ逃げ番手戦法は恵まれる可能性高いですし今回脅威になってもおかしくないと見ます。

この注目馬の馬名はココをクリックで開く人気ブログランキング で見られます!

次回は「有力馬診断の後篇」を水曜深夜24時に更新します!

お気に入りのブログの更新通知をLINEで受け取れるようになりました

--------------------

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

◆第13回 【単勝馬券】管理人の早起きは三文の得!になればいいなぁ・・・
香港国際競走が「Japan Cupification(ジャパンカップのように成りつつある)」ことが香港で問題に
【東京スプリント】データまとめ&予想
noimage
noimage

盛岡1~5レース

【フローラステークス2018の予想】
noimage
【パドック直前情報】阪神8R 1番人気診断
◆8月15日(木)【中央・地方】更新記事まとめ◆【ブリーダーズGC(Jpn3)】
noimage
noimage
ジェネラーレウーノはクラシックでどれだけ活躍出来るか?
ソルドラード弱すぎワロタwwwww
【フェブラリーステークス2019の有力馬診断(後篇)】~[サンライズソア]近走も相変らずゲート挙動難でスタート失敗リスク孕み…スタ◎ルメール&モレイラ→スタ△田辺替わりで果たして?~
noimage
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP