投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

シリウスステークス 2017 出走予定馬:ミツバ、ポテンシャルの高さは間違いない…3角までにいいポジションを取れるかがポイント

2017 9/30(日)
第21回 シリウスステークス(GIII) 阪神ダ2000m
予想用・出走予定馬一覧
シリウスステークス2017の予想用・出走予定馬一覧

 強烈な末脚を武器に連勝、交流重賞のマーキュリーカップを制して勢いに乗るミツバが昨年以上を目指してシリウスステークスに出走予定だ。ダートの長距離路線で結果を出してきた実力馬だが、やはり持ち味は末脚を長く維持できるポテンシャルの高さ。今回もそれを引き出したいし、昨年よりもいい位置を狙いたい。


 できれば少し外枠の方が良いかなと思う。ベテルギウスSではそれでも良かったが、このレベルまで来ると内で包まれてポジションが悪い状況からとなると昨年のような感じになりかねない。3~4角では外から早めに前にプレッシャーをかける立場が望ましいし、特に対マスクゾロという観点では非常に重要だろうと。出し切れれば最上位だと思っているが。


ブリリアントS(OP) 1着 16頭1枠2番
東京ダ2100m良 2:10.3 60.7-62.9 H^2
7.0 - 10.9 - 11.4 - 12.1 - 12.5 - 13.5 - 13.6 - 13.1 - 12.1 - 11.7 - 12.4
 
 ラップ推移がある2走前のブリリアントS完勝から見ていこう。2頭ほどが少し離して逃げていたのだが、それでもある程度流れていたとは思う。少し離れた3番手で見ても平均よりは確実に速かったかな。ただ中盤で13.5-13.6-13.1と大きく緩んだことで直線入りでは団子になったし、こういうパターンは後ろからの馬にとっては前半無理せず取り付けてと楽な展開。


 2番枠からまずまずのスタート、そこから外の各馬が内に切り込んでくるので控えて中団で進めていく。最終的には外目に誘導してしっかりと向こう正面では動く意識。3~4角では前が一気にペースを落としていく流れの中で大外から捲っていく形。4角では接触もあったがそれでも楽な手ごたえで2列目で直線。序盤で追い出されてすぐに先頭に並びかけ、L2でしぶとく抜けだす。L1でも後続を寄せ付けずの完勝だった。


 ここに関しては展開が噛み合った面があるが、それでも後半余力があり過ぎてトップスピード面を問われたのがそこまで突き離せなかった要因かなとも。ただ、もちろんだがこのレベルならそれでもトップスピードの質でまずまず高いレベルにあったし、何よりL1で寄せ付けなかったというのは評価できる。中弛みで取り付いた形なので過信は禁物だが、この馬の場合はむしろこれでもちょっと緩かったかも、というのはあるので。


マーキュリーC(JpnIII) 1着 14頭2枠2番
盛岡ダ2000m稍 2:02.1 

 前走のマーキュリーCも強い競馬だった。稍重で時計がかなりで安い盛岡にしてはやや平凡かなというところもあった。ペースバランスが読みにくいレースだがこの馬の3-3Fで36.6-36.3で平均、1000の段階ではまだ前との差はそこそこはあったので恐らくややハイぐらいじゃないかなと。


 2番枠から五分に出て進めてい行くが内枠でもあるので前には行けず、外への誘導を優先して中団の外から入っていく。向こう正面では外からしっかりとポジションを押し上げながら3角で外。3~4角の緩いコーナー、下り坂で好位の外から追走、鞭が入って4角出口で2列目に並びかけて直線。序盤でしぶとく伸びて先頭に並びかけ、L1で粘り込むピオネロをしっかりと捕えきっての勝利。


 ラップが無いので読みにくいのだが3~4角でも各馬が仕掛けて進めていたことを考えれば大体ポテンシャル戦とみていいだろう。恐らく淀みないややハイぐらいの流れの中で脚を出し切る形で結果を出してきた。ピオネロはこの展開で内で完璧に立ち回ってかなり噛み合ったがこれを外から正攻法で撃破できたのは大きな収穫。前半流れている中であのポジション取りになってもやれるのだから後ろ過ぎない方が良い。


シリウスS(GIII) 4着 11頭8枠11番
阪神ダ2000m稍 2:02.1(+0.4) 60.5-61.2 M
12.6 - 11.3 - 11.4 - 12.9 - 12.3 - 12.5 - 12.3 - 12.1 - 11.8 - 12.5

 昨年のシリウスSでは結果的に勝負所までにいい位置を取れなかったのが響いた。ペース自体は平均の範囲、後半も前がこのラップを維持しきっているわけで、これを差すというのは簡単ではない、という流れ。


 11番枠から五分のスタート、ただ芝地点で接触もあって行き脚つかずに最後方というところで進めていく。向こう正面ではある程度取り付いたがそれでも後方集団。3~4角で外から勝負に行く形になるが前も余力を持っていて徐々に加速していく流れで置かれて直線。序盤でそこからL2最速、前も一脚を使う中でこの馬もジリジリとは伸びる。L1でしっかりと4番手には上がったが、結局は位置取りが悪く届かないという4着だった。


 3~4角で大外を回しながらも一頭だけ上がり35秒台に入っているように脚自体は見せてきた。ただ、やはり最序盤の行き脚が微妙だったというのは少し引っ掛かるところかな。芝スタートがいまいちで、接触があったにせよ最序盤であの位置では難しい。また1~2角で起こりがちな中弛みの程度もこのレースでは小さかったので、3角までに押し上げるというのも難しい競馬になった。まあいずれにせよ、3角までに好位ぐらいにいたいところ。ただベテルギウスSでは内枠からそんなに悪くない出方だったのでこの時はたまたまかも。まあ当てにはしづらいが。


2017シリウスステークスに向けての展望

 ペースが速くても問題ない馬だし、やはり基本的にはマーキュリーCみたいに前半ある程度の位置を確保しないといけない。昨年のシリウスSはマスクゾロが相当うまく進めたとは思うので、ああなって2000mで取り付くタイミングがないと難しいが、本来1~2角で緩みやすい阪神2000という舞台はこの馬にとってポジションをリカバーしやすい舞台。ただし、内枠を引いてしまうと行き脚がつく前に前に入られてしまってポジションを落としながらになるし、そうなると難しい。少なくとも1角までに外に出したいところで、でないと1~2角の緩みで押し上げられないパターンは十分ある。ポテンシャルは最上位だと思うが、3角までに最低でも中団は欲しい。器用さという点ではピオネロの方が上で、前走と同じような展開になった時に阪神2000m戦となると芝スタートやハンデ差1.5kgも含めて逆転される可能性はある。現時点では連下~重い印も視野に入れている、本命にするかどうかは枠の並び次第。1~2角で前を向けそうなときは評価を上げたい。


<PR>
―――――――――――――――――――――――

【スプリンターズS】馬券的に注目できるのはこの3頭!

◎○▲で決まれば想定300倍以上!!


―――――――――――――――――――――――
今年のサマースプリントシリーズも高配当的中連発!!

【北九州記念】1万5940円的中!

【キーンランドC】4570円的中!

【アイビスサマーダッシュ】7210円的中!

★★★★★★★★★★★★★

第51回 スプリンターズS (G1)
絞りに絞った3連複・3連単≪1点馬券≫無料で教えます

★★★★★★★★★★★★★

◆この秋も情報通り◆
必然の的中ラッシュ!

阪神2日目9R新涼特別
◎ディーズプラネット
2万9820円的中

中山3日目3R
◎セイウンクールガイ
2万1290円的中

中山7日目2R
◎イルルーメ
2万0140円的中

中山2日目12R
◎チュラカーギー
1万9780円的中

中山7日目12R
◎スズカグラーテ
1万9030円的中

中山6日目6R
◎バレッティ
1万4270円的中

中山2日目9R木更津特別
◎ダイワドレッサー
1万4230円的中

中山1日目6R
◎ラストプライドワン
1万2010円的中

中山1日目11R紫苑S
◎ディアドラ
1万1870円的中

中山3日目6R
◎ミコジェンヌ
1万1440円的中

その他的中多数!

スプリンターズSの絞りに絞った1点はコチラ!
pngワールド:スプリンターズS300-250

投資家の英知をすべての人に。GogoJungle

関連記事

AJCC2018 出走予定馬:ミッキースワロー、究極レベルのキレは魅力も…展開的に微妙か?
セントウルステークス 2017 出走予定馬:メラグラーナ、強烈な末脚は魅力も追込みが利きにくいレースで枠とスタートがカギ
中京記念 2017 出走予定馬:ダノンリバティ、高速馬場ならペースが速くても対応…今の中京の馬場は噛み合いそうで
七夕賞 2017 出走予定馬:フェルメッツァ、福島民報杯は最後までばてずに食い込む…2000mで前を取れたのは好材料
京都大賞典 2017 出走予定馬:フェイムゲーム、出し切った時はGI級も…二の足遅くスパッとは切れずでスローの上がり勝負では難しい…
オールカマー 2017 出走予定馬:モンドインテロ、札幌日経オープン連覇で力証明も重賞では壁が厚く…ワンパンチ足りないのが
ターコイズステークス 2017 出走予定馬:リエノテソーロ、NHKマイルC2着の実績評価も…前走が物足りず
ラジオNIKKEI賞 2017 出走予定馬:ライジングリーズン、強敵を破ったポテンシャルは魅力…小器用な脚を要求されてどうか
オールカマー 2017 出走予定馬:タンタアレグリア、ここ2走のパフォーマンスは高く力は最上位…ただ過程が怪しいので
CBC賞 2017 出走予定馬:ティーハーフ、馬場不問、前半無理せず鋭さを引き出してくるがワンパンチ足りない
ローズステークス 2017 出走予定馬:レーヌミノル、距離不安を払拭できるか?末脚勝負では分が悪い
七夕賞 2017 出走予定馬:ヴォージュ、瞬時の反応鈍く、早めに仕掛けての押し切りを狙いたい
ファルコンステークス 2017 出走予定馬・プレ予想:デスティニーソング、1200m2勝もなずな賞は勿体ない競馬…流れて基礎スピードを活かしたい
新潟記念 2017 出走予定馬:タツゴウゲキ、今後は55kgに…新潟の2000でスローだと微妙な感はあり…
中京記念 2017 出走予定馬:アスカビレン、嵌った時の決め手は確かも、相手強敵にペースへの不安もある
レジまぐ商品の購入はこちら!

Menu

HOME

TOP